人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

スイッチの切り替え

f0346196_11200927.jpg
今さら書く事でもないのですが素質がないので決して絵を上手に描こうなんて思っていません。

猫を描いて犬に間違えられることはありませんが 問題は花や野菜
送った絵手紙に間違えられたコメントを頂く事があります。
そんな時はそういう事にしておこうと割り切れます。
f0346196_11255404.jpg
ゴミ捨て場に咲いていたスミレの種から育てた子が今花を咲かせています。
描く時はすみれ色に・・ということで上の絵はスミレです。

f0346196_11120572.jpg
f0346196_11121280.jpg
失敗作をごまかすのはお手の物
同じ花を描き額を付ければ薔薇に
花の下を伸ばせば親指姫の故郷チューリップになります。

ネガティブな気持ちになった時の切り替えは難しいです。
一呼吸置いたくらいでは無理です。

ウキウキする春 しかし花粉症にも悩まされます
スイッチの重点をどちらに置けばいいのか迷いますが春はウキウキでしょうか。



by o-rudohime | 2019-02-28 16:00 | 絵手紙の花と野菜 | Comments(14)

フランス以外で見た事もある絵 ~ルーブル・アブダビ美術館~

ルーブル・アブダビ美術館に展示されている作品はルーブル美術館 オルセー美術館 パリ装飾美術館のフランスからの貸出50% アブダビの収蔵品50%が展示されている。

f0346196_14193765.jpg
f0346196_14194421.jpg
本来のタイトルは何というのか気になる。

f0346196_14194955.jpg
f0346196_14195503.jpg
この絵もよく見るがフランス以外の美術館で見たような気がする。

f0346196_14221230.jpg
ゴッホ作 自画像

f0346196_14222222.jpg
セザンヌ作 赤い岩

f0346196_14223276.jpg
ピカソ作

f0346196_14233307.jpg
マネー作 「笛を吹く少年」

f0346196_14234991.jpg
ジャック=ルイ・ダヴィット作 アルプス越えをするナポレオン
この絵は5枚描かれている。

f0346196_14325893.jpg
ロダン作

f0346196_14330716.jpg
作者は見落としたがシルエットを見せる工夫が気に入っている。

もう1度だけ絵を掲載します。









by o-rudohime | 2019-02-28 07:36 | 海外旅行

そんなつもりじゃなかったのよ

何気なく言った言葉が人を傷つけていたって事を後に知ることがあります。
単刀直入に話す性格なので特にあるように思います。
f0346196_10123331.jpg
お世辞かもと思いながらも言われて木に登りたくなることもあります。
過大なお世辞は嫌味に聞こえる事もありますが。
f0346196_10123979.jpg
男子と女子共通の言われたくない一言は容姿について ではと思います。
開き直って自虐ネタにすることもありますがね。

f0346196_10124400.jpg
f0346196_10124964.jpg
アネモネは色によってそれぞれの花言葉があります。
絵手紙を受け取って下さる方が気にしないことを願いつつ。

f0346196_10312298.jpg
ミューシャのメガネケース
こんな風に両手にいっぱいのアネモネ 一度でいいから抱えてみたいですね。




by o-rudohime | 2019-02-27 13:49 | 絵手紙の花と野菜 | Comments(18)

買ったり借りたりのルーブル・アブダビ美術館 ~ドバイ~

美術館めぐりは趣味の一つですが海外では日本の美術館と違い写真が撮れるのは嬉しいです。

ルーブル・アブダビ美術館に展示されているエジプトの作品を集めてみました。
f0346196_15302726.jpg
f0346196_15303804.jpg
f0346196_15304510.jpg
f0346196_15312904.jpg
数多くある作品からインスタバエするのを選びました。

f0346196_15305663.jpg
エジプトのカイロ博物館などでもよく見かけるミイラを作る時取り出した内蔵入れる「カノポス壺」です。
桃太郎物語はこれから始まったのではと思ってしまいます。

パピと呼ばれるヒヒ(猿)     肺     
ドュアムトエフ(犬)       胃
ケベフセヌエフ(鳥)       腸
そしてイムセティ(人 桃太郎)  肝臓
この4個はセットになり内臓が収められている。

f0346196_15311371.jpg
f0346196_15311936.jpg
時代も書かれていました。

エジプトとは関係ないと思いますが面白いので
f0346196_15474216.jpg
f0346196_15474701.jpg
数多く展示されているが間隔を取って展示されているので見やすかった。

次回は絵画です。




by o-rudohime | 2019-02-27 06:56 | 海外旅行

納得させられる当て字

普段何気に当て字だと思わず書いていることがある。
本来は普段は「不断」と書くべきらしい。

国の名前を漢字で書くと
亜米利加  仏蘭西  独逸  伊太利亜 などと当て字で書きます。

春が旬の魚に鰆(サワラ)があります。
字を見ただけで春の魚だと理解できます。

さて 春告魚はなんと読むかお解りでしょうか。

f0346196_13043209.jpg
絵を見ると増々解らなくなったかも知れませんね。
f0346196_13044068.jpg
絵手紙友さんが作ってくれた愛用の竹筆で描きました。

アッ! 目が会いましたか
春告魚と書いてメバルと読みます。

当て字って可笑しいですね。
新作の当て字考えてみませんか。

ワタシの名前は純烈 純情 純真(ちょっと違うナ)
不純の純といえば納得させられそうですね。





by o-rudohime | 2019-02-26 13:36 | 絵手紙 | Comments(14)

海外で見る日本の文化 ~ルーブル・アブダビ美術館~

2017年11月にオープンしたルーブル・アブダビ美術館には仏像 屏風 浮世絵などが展示されていた。

f0346196_17020941.jpg
甲冑の持ち主の名前が書かれていたが忘れてしまった。
人気があり正面から撮すのに順番待ちをした。

f0346196_17051780.jpg
f0346196_17052269.jpg
f0346196_17052740.jpg
f0346196_17053386.jpg
作者 時代などが書かれていたが・・・
最後の像もメイド・イン・ジャパンだったと思う。

f0346196_17092849.jpg
f0346196_17093343.jpg
f0346196_17094543.jpg
f0346196_19504552.jpg
屏風4点
日本地図に北海道がない!
出島を意識してか九州が詳しく描かれている。

f0346196_17105012.jpg
f0346196_17105645.jpg
それぞれにこの様な説明がされている。

f0346196_17104321.jpg
浮世絵
版画のためよく見かける画面に出会える。

f0346196_17123951.jpg
アイヌの面  と書かれていた。

思いの外日本の作品が多いように感じた。










by o-rudohime | 2019-02-26 07:29 | 海外旅行

角度さまざま

最近は印鑑を使う機会が少なくなったが絵手紙に落款や住所印を押すことは多い。

書類に印鑑を押せば曲がっている
ただ左斜めに傾ける(右肩上がりで縁起も良さそうに感じる)とごあいさつの意味になり「それがいい~」と金融業界で言われた時期があったそうだ。

鳥が歩くように握手しながら頭をピョコピョコ下げる姿はあまり見かけなくなり正しい姿勢で握手をする人が多い。

道やエレベータなどで「お先に」と譲ってくれたときは軽く会釈する事が多い。
外国人も軽く頭を下げて「いいえ~どういたしまして」と答えてくれる。
言葉が全てでないと思う一瞬。

f0346196_09310642.jpg
花器
陶芸をしていた時期壺を沢山作っていたが変わった形をとこんなのを作った。
乾燥させる都合上 角度はこれが限度。

急須にチャレンジした事もあった。
持ち手と注ぎ口の角度をちゃんとしないとお茶がよぼってしまったり蓋に穴を開け忘れお茶が出なかった事もあった。

f0346196_09312731.jpg
f0346196_09313311.jpg
結果的に使えるような急須は作れず挫折した。



by o-rudohime | 2019-02-25 14:53 | 絵手紙 | Comments(20)

最大の目玉観光 ~ドバイ~

クルーズに出かけたのに日本を発って3日目に乗船です。
それまでドバイの観光が続きます。

旅の目的の一つに2017年11月にオープンしたドバイ ルーブルアブダビ美術館でレオナルド・ダ・ヴィンチの「サルバトール・ムンディ」を観ることだった。

f0346196_10425802.jpg
f0346196_10430898.jpg
ルーブル・アブダビ美術館の計画から10年 総工費6億ユーロを費やし完成した。
ルーブルブランド使用料5億2500万ドル(貧乏人のヒガミから金額が気になります)
絵などの使用料金その他などを入れるとフランスに1000億円支払った。
白い壁に白い字で看板が書かれているが金ピカでインスタ栄えするよう書いてほしかった。

f0346196_10432422.jpg
f0346196_10433099.jpg
印象的はドーム状の天井の模様はモスクで見られるアラベスク模様
日本の電通本社を設計したフランス人 ジャン・ヌーヴェル氏の設計。

美術館内のマップを貰いレオナルド・ダ・ヴィンチコーナーを確認。

f0346196_10433713.jpg
レオナルド・ダ・ヴィンチ作「ミラノの貴婦人の肖像」
ガラスのない絵を飾りフラッシュ無しなら撮せる。
ガードマンがここだけには張り付いていた。

f0346196_10434291.jpg
幻に終わったレオナルド・ダ・ヴィンチの「サルバトール・ムンディ」 (画像はお借りしました)
508億で落札され話題になったダヴィンチの絵はまだ展示されていなかった。
イスラム教徒が多いドバイで青いローブをまとったキリストが右手で天を指差し左手に水晶を持っている絵に莫大な金をつぎ込むのは余程の美術愛好家??

次は日本の作品を








by o-rudohime | 2019-02-25 07:17

情熱のかけ方それぞれ

ブログを掲載する日は絵手紙もアップするようにしている。
毎日描くのは苦にならない。

絵手紙協会の今年のテーマに同じ人に365日毎日絵手紙を描き送りキャッチしてもらおうというのがある。
受け取った方達も当然返事を出さなければならないだろう。
どちらも大変だと思う。

f0346196_15292884.jpg
娘が桜井幸子著の「絵手紙に役立つ千字文」という本を買ってくれた。

残念ながら数年前 絵友さんに本を借りて千字文を書いた事があった。

f0346196_15292195.jpg
f0346196_15293633.jpg
f0346196_15294248.jpg
椿の花 お雛様で始まり桜の絵で終わっているのを見ると1ヶ月足らずで書き上げたようだ。
今見ても我ながら アッパレ! と思う。

人様に送ってこそ絵手紙 千字文はあくまで練習帳だが自分自身に送る絵手紙でもあると思っている。


by o-rudohime | 2019-02-24 13:10 | 絵手紙

バカと煙は高い所が好き ~ドバイブルジュ・ハリファ~

自他ともに認めるバカですが高いところは苦手なんですよね~
よってこのタイトルは私には当てはまらない・・思い込みかもしれませんが。

ドバイには2017年今回と同じ季節にクルーズで訪れ6ヶ月ぶりだという雨を降らせた自称雨女。
同じクルーズでも観光ルートは前回のほうが充実していた。
懐かしいと思う所が多かった。

f0346196_23235398.jpg
シェイク・ザイード・グランド・モスク
今回は外観のみの観光だったが前回は内部に入り
f0346196_13560691.jpg
f0346196_13555918.jpg
世界一大きい7億円のシャンデリアが3個
世界一大きい9億円のペルシャ絨毯を見てきていた。

モスクの名前は550億円を投じて作った人の名前
完成を見ることなく亡くなり彼の葬儀が最初のセレモニーになった。

f0346196_09340359.jpg
ピンクモスク
ここも外観のみの見学。

f0346196_13573422.jpg
1200店舗が入っているドバイショッピングモール
無料で見れる水槽の前はいつも人が集まっている。

f0346196_13572873.jpg
ブルジュ・ハリファ
高さ828m 124階125階が展望台になっているがわずか1分で到着する。
この建物にはアルマーニホテルドバイがありレストランで食事をすることも出来る。

f0346196_13574362.jpg
f0346196_13574976.jpg
もやっているのは周りが砂漠に囲まれているため。

f0346196_13575832.jpg
この前に立って写真を撮すと天使にみえる・・・はず。






by o-rudohime | 2019-02-24 07:10 | 海外旅行 | Comments(18)


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

最新の記事

単細胞
at 2019-08-17 15:35
又もやプリンセスクルーズ
at 2019-08-17 07:50
中津祇園 引き出し ~大分県..
at 2019-08-16 17:40
王者
at 2019-08-16 13:44
禅寺にあるマリア観音 ~大分..
at 2019-08-16 08:04
別府 ガハマテラスの食事
at 2019-08-15 16:50
今日は何の日
at 2019-08-15 11:46
別府の宿 ~ガハマテラス~
at 2019-08-15 06:32
情熱の炎 ~大分 ななせの火..
at 2019-08-14 16:36
絵の命は線か色か
at 2019-08-14 13:32
奇祭 振り万灯籠  ~大分市~
at 2019-08-14 07:34
病こうじて
at 2019-08-13 17:26
元気なのは花だけ ~大分県く..
at 2019-08-13 13:16
御朱印集めに奔走
at 2019-08-13 07:31
いつも一緒の亡き仔達
at 2019-08-12 16:28
不信心ながら寺詣  ~大分県..
at 2019-08-12 13:14
狭いながらも楽しい我が家
at 2019-08-12 07:57
もも太郎や頂きものだよ 
at 2019-08-11 16:51
ありがたや ありがたや羅漢寺..
at 2019-08-11 13:40
醤油屋の雛人形 ~大分県日田~
at 2019-08-11 07:51

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
国内旅行
海外旅行
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

ed pharmacie..
by GeraldEmorm at 12:10
こんばんは (*^^*)..
by fleunn at 19:54
☆かずたんさん ブータ..
by o-rudohime at 10:31
猫ライオンにクスクス (..
by kazutanumi at 09:23
☆umi-bariさん ..
by o-rudohime at 21:05
☆アリスさん 季節の早..
by o-rudohime at 21:00
☆ぴこさん 藍染の技法..
by o-rudohime at 20:54
☆パパリンさん 世間で..
by o-rudohime at 20:50
☆zakkkanさん ..
by o-rudohime at 20:47
☆ATSUKOさん ブ..
by o-rudohime at 20:42

ホームページ

お気に入りブログ

春夏秋冬
Taka's Ph...
絵手紙の小窓
たんぶーらんの戯言
コバチャンのBLOG
北国の花鳥風月
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
ぶりんの部屋
963-7837
花の調べ
My slowlife ...
幻に魅せられて…
近所のネコ2
楽・遊・学・ビバ人生!!
がちゃぴん秀子の日記
ひだまり●●●陽のあたる...
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
音楽・スィーツ・そしてB...
ワットモーイ  オランダ...
aviの額
常陸のT's BLOG
岳の父ちゃんの Phot...
4にゃん日記+
大地の四季
夕暮れと蒸気をおいかけて・・・
いけのさい~子育てと教育...
cool witch
六 屋
ゲ ジ デ ジ 通 信
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
花便り
toriko
その日・その日
Changun-kun
小さな旅で観た情景
気のむくままに・・・
happy-cafe*v...
雲母(KIRA)の舟に乗って
月夜飛行船
花追い人の絵手紙いろいろ♪
がらくーた**
一喜一憂 日々の暮らし
風の便り
絵を描きながら
花鳥撮三昧
Sauntering 
花は桜木、
天使と一緒に幸せごはん
三日坊主
一場の写真 / 足立区リ...
おだやかなとき
ゆっくりゆったり
人生とは ?
赤煉瓦洋館の雅茶子
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
ぶらり散歩 ~四季折々フ...
気ままな食いしん坊日記2
わんわんぶー
♪Princess Cr...
Night Flight...
will
ネコと文学と猫ブンガク
風と花を紡いで
ぽとすのくずかご    
墨のかほり
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
日記のような写真を2
あかね雲キレイ♪
黒猫瓦版
クーのひとりごと
柴わんことにゃん太郎
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
の~んびりと・・・
晴れ時々そよ風
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで行ってきます
ちゃたろうとゆきまま日記
写真画廊 ナカイノブカズ 2
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ひだまりのなかで
一瞬をみつめて
ゆうさんちのご飯日記
静かな時間
シンシアの部屋
小さな幸せ 田舎の主婦は...
NONKOの絵手紙便り
俺の心旅
いととはり
猫じまん
すまいるらいふCAFE ...
元気ばばの青春日記 気持...
お転婆シニアのガーデニン...
slow life
ぎんネコ☆はうす
笑顔がいちばん ♪
日々雑感
花々の記憶  happy...
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
陽だまりの道
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
Salon de deux H
ふくとぽん
屋根裏部屋の落書帳
Titanic of J...
長月より
感性の時代屋 Vol.2
インパクトブルー
kaorainne日記Ⅱ
MakikoJoy 上北...
季節の風を追いかけて
ちょっと田舎暮らしCal...
ありがとうの毎日に♪
亀の遠写近写②
明日には明日の風が吹く
晴れ時々曇りな日
でんでんでん2
銀の絵手紙
祭りバカとは俺の事(仮)
まゆみのお絵描き絵手紙
ミセス サファイア 静け...
ヨルゴスのソウルヘルズ
へぇ、おおきに
- 光景彡z工房 - ◇...
月のように風のように
あの日、あの時、あの場所で
前を向いて「ひまわり」
バリ島大好き
らくがき塗り絵あそび
気のむくままに・・・2
関空から旅と食と酒紀行
ジャコの「毎日 好きな事...
なんでもブログ
さぬきジェンヌのおいしい...
皇 昇   
貧乏なりに食べ歩く 第二幕
ダイアリー
只今、元気に療養中
ステキな暮らしLabo.
言の葉の優しさに・・・
みゅうとの暮らし+れおん
Gorilla9qc's...
登志子のキッチン
そんな男の独り言2
トチノキの詩2
暁橋のたもとから
blueletter
気まぐれ絵手紙
蒼月の絵手紙 ex
ポルトガル便り~ヨーロッ...
Weblog : ちー3歩 Ⅱ
ふたり暮らしの生活向上委員会
蒼穹、 そぞろ歩き2
アリスのトリップ2
平凡で幸せな毎日

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ