人気ブログランキング |

<   2018年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

花は華 ~ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ~

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイで沢山の花をやたらと写しました。
整理しきれずコンパクトにまとめました。

f0346196_22101356.jpg
パステルで描いた蘭 パフィオフイラムの正面と後ろ姿 結構面白い形です。
横から見ると
f0346196_22102047.jpg
アヒル口に見えました。
つい先日物事は四方八方からといった言葉を思い出しました。

f0346196_22204787.jpg
f0346196_22205433.jpg
八重のアマリリスとゼラニュム
赤の他人ながらよく似た衣装を着ています。

f0346196_22225235.jpg
f0346196_22225947.jpg
つる性の花 ただの色違いですがベルの様でガクが可愛いですね。

f0346196_22242250.jpg
f0346196_22243301.jpg
ちょっとイラ! とする足長蜘蛛の様な蘭もあれば

f0346196_22261144.jpg
純白で楚々とした蘭もありました。

f0346196_22271281.jpg
f0346196_22271883.jpg
蕾からはとても想像出来ない花を咲かせています。
育ててみたい花です。

f0346196_22284307.jpg
造花かと思う桃の花 旧正月に欠かせない花です。

花と香りに酔いしれたシンガポールの植物園でした。。









by o-rudohime | 2018-03-22 05:10 | 海外旅行 | Comments(23)

感謝を込めて ~ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのダリア~

地上の楽園・・と言う感じがするガーデンズ・バイ・ザ・ベイ内部は各国の花が咲いている。

f0346196_08290778.jpg
f0346196_07514470.jpg
f0346196_07513787.jpg
f0346196_07513172.jpg
f0346196_07512095.jpg
f0346196_07511068.jpg
f0346196_07505652.jpg
f0346196_07510232.jpg
f0346196_10011823.jpg
ダリアの花集団 一番最初に目に入った花。


by o-rudohime | 2018-03-21 16:55 | 絵手紙の花と野菜

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ ~シンガポール植物園~

シンガポール マリーナ・ベイに巨大な植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」がある。
植物園までホテルの車で送ってもらった。

目印は
f0346196_13351274.jpg
f0346196_13352768.jpg
高さ25~50mもある人工の木「スーパーツリー」が12本
25mの2本のツリーの間には128mの遊歩道がある。
このツリーには太陽光のエネルギーを利用する機能が付いている。

f0346196_13351906.jpg
彼方に乗船した「マリナーオブザシーズ」が見えた。

f0346196_13353586.jpg
f0346196_13441483.jpg
チケットを売っているビジターセンター前は旧正月ムード満載。

f0346196_13444864.jpg
f0346196_13445471.jpg
戌年にちなんで苔に覆われた犬が飾られている。
目玉から涙が・・・この目玉も種から作られ涙に見えたのは種から出始めた芽。

f0346196_13464560.jpg
菊の花は旧正月には欠かせない花 街中でも黄色い菊の花が飾られていた。

f0346196_13465136.jpg
高さ35mの滝はミストの噴射により霧の中にいるように感じた。

f0346196_13465640.jpg
f0346196_13470117.jpg
滝の頂上(6F)まではエレベーターがあり標高2000mの設定になりひんやりしている。
1000mの所まで散策路を下って行った。

いよいよドームの中散策。




by o-rudohime | 2018-03-21 05:35 | 海外旅行

柔軟な心

思い込みで決めつけてしまう事がある。

あんな風にしたかったのに出来なかった
ああするべきだった・・・とほんのちょっと反省と後悔をする。

嫁に出した器を描いた。
まん丸い湯呑と思っていたが見る方向によってはそうでもなかった。
f0346196_13005675.jpg
f0346196_13010150.jpg
物事を四方八方から考えれば「それもあり」 悩み悔やむほどの事ではなかったのではと思う。

f0346196_13010663.jpg
視点を変えて物事を見る「しなやかでやわらかな心」を持ちたい。





by o-rudohime | 2018-03-20 13:17 | 絵手紙の花と野菜

シンガポールの休日 ~ホテル~

2月初旬シンガポール発着のクルーズに出かけた。
ホテルで乗船前日1泊 下船後2泊した。

旅費はマイデージで無料 船もほぼ50%OFF と言う事でホテルはTHE RIYZ CARLTONのクラブルームに宿泊した。

f0346196_17102747.jpg
部屋は特別豪華とは思わなかったがバスルームからの眺めは最高だった。

f0346196_17112756.jpg
部屋から真下を眺めると旧正月のイベントが行われていた。

f0346196_17113387.jpg
少し先にはマーライオンが見え

f0346196_04384302.jpg

f0346196_17114022.jpg
f0346196_17115257.jpg
夕日に輝くマリーナベイサンズ その下には蓮の花のように見えるアートサイエンスミュージアムが見える。
丁度太陽がマリーナベイサンズの向こう側に沈みホテルのガラスが黄金色に光っていた。

f0346196_17150183.jpg
f0346196_17151359.jpg
f0346196_17150741.jpg
部屋の窓には去りゆく酉年を名残惜しいのか鷹? 鷲?まさか鳶? がやってきた。
窓に近づいても逃げる様子がない。
初夢に現れるより実物が見れたことに感激。

f0346196_17184468.jpg
大晦日 旧正月なので街のレストランからホテルに入っているレストランさえお休み(メインダイニングはやっていた)
少々宿泊費の値段は高いがクラブルームを予約したおかげで酒は飲み放題 食いっぱぐれるれる事もなく安くついたような気がした。

f0346196_17185074.jpg
シンガポールではお正月に「ローヘエ」を食べる。
7種の野菜と刺身が乗った刺身サラダのような物を作って貰った。
大皿から取るとき高く持ち上げて取るのが正式な食べかた。
甘酸っぱいプラムソースのような微妙な味。

f0346196_17245157.jpg
黄昏時 ワイングラス越しに見えるマリーナベイサンズ
数種類あるワインからなじみのあるオーストラリア産のシラーズを選んだ。

f0346196_17340809.jpg
贅沢も時にはいいものだ。









by o-rudohime | 2018-03-20 04:30 | 海外旅行 | Comments(24)

自然界に学ぶこと

またもや相撲界に予想外の春の嵐が吹きましたね 桜がやっと咲き始めた季節に。

f0346196_09591147.jpg
皆様の写真を見ていると前ボケ 後ボケ(正式な呼び方ではないが)で素晴らしい表現をされています。
何とか絵手紙で表現できないかと。

空洞になった頭で考えましたよ
答えがこの絵 バックを顔彩でピンクに染め描けばなんとなく・・考えあぐねるほどでもないことでした。

時期が来れば花が咲き 
動物の世界でも時期が来れば恋人探しに奔走

f0346196_09591841.jpg
自然界に見習うことが沢山あります。




by o-rudohime | 2018-03-19 14:07 | 絵手紙の花と野菜

万(よろず)の神様 一同に会す ~冠櫻神社~

冠櫻神社(かんえいじんじゃ)で ご朱印を書いて下さった女性にサインを求められた。

要領を得ない話だったが(自分の理解力は棚上げ)去年の暮に宮司殺人事件が起きた東京下町にある富岡八幡さんがどうのこうの
この神社でも何か問題があるようで署名してほしいと言われた。

しめ縄が飾られた場所には神様が祭られているのだろうがあまりにも多く何の神様だから解らなくなる。



f0346196_17013662.jpg
f0346196_17014451.jpg
f0346196_17015413.jpg
f0346196_17020198.jpg
f0346196_17020773.png
鳥居の横に石があり立て看板には必ず願いが叶うと書かれている。
願い事は一つと言うのは確かにと思う。

願い事が多すぎ 一つに決められず次回にと言う事で・・・

f0346196_17133881.jpg
穴の開いた古銭「寛永通宝」までが祀られていた。
先の見通しが良くなります様に  そんなお願いをするのかな。

f0346196_17134693.jpg
白鳥神社
能書きは読まなかったがこの近くに白鳥町と言う所があり何等か関係ありそう。

f0346196_17135472.jpg
子宝 安産の石
石に手を置いて・・と書かれているがきっと私の様に(今さら子宝も安産も関係ないが)石の上に座りたくなる不届き者がいるに違いない。

f0346196_17140140.jpg
ポチがお手をしているのではありません。
神馬なのでしょうが寄進した方はこんなイメージの馬じゃないと思われている事でしょう。

まだまだ奥の方にも祠があったがスルー。

f0346196_17140884.jpg
瀬戸内海の夕陽がまぶしいです。
こんなにいい天気なのに高松空港から飛行機が飛ばず 瀬戸大橋経由で東京駅に帰って来ました。
行きは飛行機だったので東京駅から電車で羽田空港に置いてある車を取りに・・・12時間の長旅です。





by o-rudohime | 2018-03-19 07:09 | 海外旅行 | Comments(18)

南の島からやってきたヤドカリ

f0346196_15173867.jpg
隼人という真っ黒い猫を飼っている早笑子さんが南の島へ旅行に行き[星の砂]を拾って来たらヤドカリが3匹もいたそうだ。
星の砂を頂いたので急いでヤドカリを探したが・・・
きっとこんなヤドカリかな。

f0346196_15224863.jpg

再度しっかり肉眼で見える星の砂を送って下さった。
初めて見たが何とロマンチックな砂です事。

f0346196_15254412.jpg
宇宙に浮かんでいる星のように見えませんか。

f0346196_22123319.jpg
早笑子さんが四季折々が描かれた住所印を沢山作って下さった。 
こぼれ桜が描かれている住所印 4月いっぱいは使える。

5月は菖蒲6月は・・・絵手紙を出すのが楽しくなる。









by o-rudohime | 2018-03-18 17:57 | 絵手紙 | Comments(11)

目的はハート型のご朱印 ~冠櫻神社~

高松空港の近くにある讃岐15社第7番札所 冠櫻神社(かんえいじんじゃ)へご朱印を貰いに行った。

最近の若い女子に大人気のご朱印 ハート型のご朱印狙いで娘が(中年女子)どうしても行きたいと言う事でついて行った。
f0346196_14494564.jpg
f0346196_14495309.jpg
f0346196_14502079.jpg
作務所に誰もいず(と思っていた)ずらりと並んだお札 お守り その中からカラーコピーされたご朱印を1枚買った。
代金は箱に入れる。
勿論日付など書かれていない。

神社を一巡りして帰って来ると作務所にいた女性に3種類あるご朱印の内の2個(コピーされた1個はすでに買っていた)のご朱印をお願いした。

誰かとおしゃべりしながら書いたので間違って3個書いてしまったが1個はおまけと言われた。
何だか心がこもっていず 有難味が薄い。
最も書いて頂く方も信仰心薄しでお互いさまだが。

f0346196_14495983.jpg
f0346196_14500741.jpg
樹齢300年とも言われている樟樹

f0346196_15025940.jpg
f0346196_15030859.jpg
冠櫻神社に陰陽師で有名な阿部晴明が一時神主をしていたそうだ。


隣にはハートご朱印 縁結びの神様
f0346196_15102768.jpg
f0346196_15103516.jpg
冠櫻神社の狛犬の手首には「ミサンガ」が数本結わえられている。
さすが縁結びで有名な神社らしい・・と言うかこれって自分の腕に巻くのよね。
(密かな縁を願っている中高年者が自分の手首では目立つので狛犬に託したのかもしれないと勝手な想像)

f0346196_15153353.jpg
f0346196_15154054.jpg
この神社には一度では書ききれないお参り所があるので次回に・・・





by o-rudohime | 2018-03-18 07:59 | 海外旅行

旅は道ずれと言う事で ~讃岐の寝釈迦~

江戸時代「嵯峨の立ち釈迦 讃岐の寝釈迦」と言われた讃岐の寝釈迦が法然寺にあります。

嵯峨の立ち釈迦は清凉寺のお釈迦様を指す。
立ち釈迦像は日本各地を回ったのでお賽銭を投げられた傷が沢山あるらしい。

f0346196_11292145.jpg
木像の法然上人が祀られている本堂を通り(今年は厄年で御参りが出来ない)

f0346196_11292866.jpg
毘沙門様の前を直進 この先に収められている三仏堂へと行く

三仏堂には等身大の法然寺代々の住職像がずらりと並んでいる。
すり足で進まなければいけない暗さ これが結構怖いんですよ
信仰心のなさなのでしょうかね。

f0346196_11383963.jpg
f0346196_11384503.jpg
寝釈迦が見渡される大広間
県指定有形文化財の三仏像 その前に寝釈迦 それを取り巻く釈迦の入滅を嘆く弟子や動物たちがいます。

f0346196_11435939.jpg
お釈迦さまの頭部の位置にいる弟子と動物たち

f0346196_11440953.jpg
f0346196_11441403.jpg
足元にも嘆き悲しんでいる弟子の像がありました。

ご朱印を貰うだけに訪れた法然寺で貴重な体験が出来ました。



by o-rudohime | 2018-03-17 14:00 | 海外旅行


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

単細胞な脳
at 2019-07-17 16:39
猫に惹かれて十輪寺詣で ~..
at 2019-07-17 07:41
シロクロつけなくても
at 2019-07-16 12:38
御朱印目当ての天龍寺詣で
at 2019-07-16 07:41
2度目のお盆 ~カラメル画~
at 2019-07-15 15:05
損得抜きのふるさと納税
at 2019-07-15 07:04
♬ウッフン つまんでごらんよ..
at 2019-07-14 12:48
大英博物館 ~最終編~
at 2019-07-14 07:55
ひねくれ者
at 2019-07-13 13:20
大英博物館 ~その2~
at 2019-07-13 07:25
香りに誘われて
at 2019-07-12 13:10
大英博物館 ~その1~
at 2019-07-12 07:49
意地悪バァさんのきつい一言
at 2019-07-11 13:20
日本と英国の薔薇庭園
at 2019-07-11 06:53
楽園
at 2019-07-10 13:26
ロンドン街歩き
at 2019-07-10 07:36
気合を入れたが・・・
at 2019-07-09 14:48
ロンドン塔エトセトラ ~最終編~
at 2019-07-09 07:07
江戸っ子だね~
at 2019-07-08 13:15
もも太郎にもおすそわけ
at 2019-07-08 07:04

以前の記事

2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
国内旅行
海外旅行
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

タグ

最新のコメント

☆たむたむさん 千円札..
by o-rudohime at 19:16
o-rudohime さ..
by tamutamu0401 at 09:26
☆ちょびんこさん 猫ち..
by o-rudohime at 21:19
☆zatkkknさん ..
by o-rudohime at 21:14
☆旅プラスさん 笹を束..
by o-rudohime at 21:06
☆パパリンさん 最近の..
by o-rudohime at 21:02
☆テッチさん 韓国旅行..
by o-rudohime at 20:58
☆eiさん 京都の祇園..
by o-rudohime at 20:49
☆ATSUKOさん 写..
by o-rudohime at 20:43
☆umi-bariさん ..
by o-rudohime at 20:38

ホームページ

お気に入りブログ

春夏秋冬
Taka's Ph...
絵手紙の小窓
たんぶーらんの戯言
コバチャンのBLOG
北国の花鳥風月
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
963-7837
花の調べ
My slowlife ...
幻に魅せられて…
近所のネコ2
楽・遊・学・ビバ人生!!
がちゃぴん秀子の日記
ひだまり●●●陽のあたる...
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
音楽・スィーツ・そしてB...
ワットモーイ  オランダ...
aviの額
常陸のT's BLOG
岳の父ちゃんの Phot...
4にゃん日記+
大地の四季
夕暮れと蒸気をおいかけて・・・
いけのさい~子育てと教育...
cool witch
六 屋
ゲ ジ デ ジ 通 信
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
花便り
toriko
その日・その日
Changun-kun
小さな旅で観た情景
気のむくままに・・・
happy-cafe*v...
雲母(KIRA)の舟に乗って
月夜飛行船
花追い人の絵手紙いろいろ♪
がらくーた**
一喜一憂 日々の暮らし
風の便り
絵を描きながら
花鳥撮三昧
Sauntering 
花は桜木、
天使と一緒に幸せごはん
三日坊主
一場の写真 / 足立区リ...
おだやかなとき
ゆっくりゆったり
人生とは ?
赤煉瓦洋館の雅茶子
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
ぶらり散歩 ~四季折々フ...
気ままな食いしん坊日記2
わんわんぶー
♪Princess Cr...
Night Flight...
will
ネコと文学と猫ブンガク
風と花を紡いで
ぽとすのくずかご    
墨のかほり
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
日記のような写真を2
あかね雲キレイ♪
黒猫瓦版
クーのひとりごと
柴わんことにゃん太郎
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
の~んびりと・・・
晴れ時々そよ風
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで行ってきます
ちゃたろうとゆきまま日記
写真画廊 ナカイノブカズ 2
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ひだまりのなかで
ゆうさんちのご飯日記
静かな時間
シンシアの部屋
小さな幸せ 田舎の主婦は...
NONKOの絵手紙便り
俺の心旅
いととはり
猫じまん
すまいるらいふCAFE ...
元気ばばの青春日記 気持...
お転婆シニアのガーデニン...
slow life
ぎんネコ☆はうす
笑顔がいちばん ♪
日々雑感
花々の記憶 
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
陽だまりの道
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
Salon de deux H
ふくとぽん
屋根裏部屋の落書帳
Titanic of J...
長月より
感性の時代屋 Vol.2
インパクトブルー
kaorainne日記Ⅱ
MakikoJoy 上北...
季節の風を追いかけて
ちょっと田舎暮らしCal...
ありがとうの毎日に♪
亀の遠写近写②
明日には明日の風が吹く
晴れ時々曇りな日
でんでんでん2
銀の絵手紙
祭りバカとは俺の事(仮)
まゆみのお絵描き絵手紙
ミセス サファイア 静け...
ヨルゴスのソウルヘルズ
へぇ、おおきに
- 光景彡z工房 - ◇...
月のように風のように
あの日、あの時、あの場所で
前を向いて「ひまわり」
バリ島大好き
らくがき塗り絵あそび
気のむくままに・・・2
関空から旅と食と酒紀行
ジャコの「何気ない日々の中で」
なんでもブログ
さぬきジェンヌのおいしい...
皇 昇   
貧乏なりに食べ歩く 第二幕
ダイアリー
只今、元気に療養中
ステキな暮らしLabo.
言の葉の優しさに・・・
みゅうとの暮らし+れおん
Gorilla9qc's...
登志子のキッチン
そんな男の独り言2
トチノキの詩2
暁橋のたもとから
blueletter
気まぐれ絵手紙
蒼月の絵手紙 ex
ポルトガル便り~ヨーロッ...
Weblog : ちー3歩 Ⅱ
ふたり暮らしの生活向上委員会
蒼穹、 そぞろ歩き2
アリスのトリップ2
平凡で幸せな毎日

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ