人気ブログランキング |

カテゴリ:アレコレ話( 303 )

家庭内の主従関係

男女平等が当たり前と言われながらも難しい問題があります。

「亭主関白」 だの「かかぁ天下」という言葉は 死語になりそうでなっていない家庭は外部から見ると一目瞭然。

一番見極めが良いのはペットのような気がする
犬は群れたがるので自分は家族の一員と思い格付けする
殆どの家庭で NO1は自分自身(犬)と思い NO2はご飯係か散歩係。

猫は群れず 甘えるのは勿論ご飯係で自分の母親代わりに思っている 
例えご飯係が男子でも甘え上手で母親代わり

多頭飼いしていれば猫同士で格付けをするそうだ。

娘がサザナミインコを飼っているが当然一番偉いのはインコ
NO2は餌係で遊んでくれる娘
娘の夫さんは眼中に入ってないそうだ。

それでも旅行で娘がいないと懐くが 当然下僕的存在
娘が帰った途端に無視。

私は喜んでご主人さまであるペットに尽くしていた。

家庭内の主従関係_f0346196_15023324.jpg
オートバイでお散歩 
座る場所は格下は後ろの方か?

家庭内の主従関係_f0346196_15023980.jpg
下僕の運転手 こでれも十分満足のようです。




by o-rudohime | 2020-06-27 16:24 | アレコレ話

生まれ変われるなら草食動物がいい

最近 たむたむさん(https://tamutamu04.exblog.jp/)の記事でカワセミの親離れの大変さを読んだ。

飢えで死ぬほど悲惨な事はないと思っているので 今まで飼ったペットは全てデブ
もちろん自分自身も・・・
地獄に落ちても飢餓地獄だけはご勘弁をと思っている。

ゴルフ場では様々な鳥に出会う

生まれ変われるなら草食動物がいい_f0346196_21093442.jpg
生まれ変われるなら草食動物がいい_f0346196_21094287.jpg
鴨の親子
悠々とフェアウエイを行進
この鴨が威嚇する時は口を開け 蛇のような格好をするから嫌い!

生まれ変われるなら草食動物がいい_f0346196_09580447.jpg
体調35cmほどのモモイロインコ
集団で行動するので目立つ。

生まれ変われるなら草食動物がいい_f0346196_21101680.jpg
池の周りには頭の黒いアイビスがいる
街中にもいてゴミ漁りをする雑食

生まれ変われるなら草食動物がいい_f0346196_21100939.jpg
バンファミリー
睡蓮の葉の上を歩く忍者のような鳥

出来れば池の周りには行きたくないがボールが勝手に転がっていく。

生まれ変われるなら草食動物がいい_f0346196_21092280.jpg
オーストラリアでは雨が降れば無断でゴルフ中止は常識
ハーフ(9ホール)くらいで雨に振られると 次回に残りのハーフが廻れるよう交渉する。
プレー費が高い所は返金交渉 
交渉を得意とする人がいるので助かる。




by o-rudohime | 2020-06-26 08:12 | アレコレ話

閻魔大王と袖の下

夫が亡くなってから娘が御朱印集めを初めた
寺参りをするなんて なんと信心深い子だと思った

母が亡くなった時も集めた御朱印帳を数冊持たしてくれた。
この当たりまでは 自慢話。

閻魔大王と袖の下_f0346196_16023871.jpg
数年前から御朱印集めに日帰りは難しいのではと思う遠方まで出かけるほどハマっている。

自粛中は寺から通販してもらっていた。
閻魔大王と袖の下_f0346196_16024755.jpg
閻魔大王と袖の下_f0346196_16033247.jpg
鳥好きなのでこんな御朱印もある。

閻魔大王と袖の下_f0346196_16122249.jpg
閻魔大王と袖の下_f0346196_16123363.jpg
閻魔大王と袖の下_f0346196_16124537.jpg
閻魔大王と袖の下_f0346196_16130440.jpg
これらも御朱印です
1000円から1500円するそうです。

閻魔大王と袖の下_f0346196_16143438.jpg
閻魔大王と袖の下_f0346196_16144049.jpg
閻魔大王と袖の下_f0346196_16144560.jpg
閻魔大王と袖の下_f0346196_16145623.jpg
雑誌の表紙ではありまえん
れっきりとした御朱印です。

最近は若い男子の御朱印集めが流行っているようです。

地獄の沙汰も金次第なんて言葉は古すぎ
この様な御朱印を持って行けば 閻魔大王様も手加減してくれるのではないでしょうかね。

もしかして 閻魔帳から名前がもれていると嬉しいのだが。

閻魔大王と袖の下_f0346196_16350273.jpg
にゃ~ん イヤ~ン~
怖い顔のおっちゃんのいる 地獄なんか行きたくな~い
きれいなお姉さんのいる極楽に行きた~い

カーテンに登ったり 寝ているお母さんの顔の上を歩かないと約束するから。





by o-rudohime | 2020-06-24 16:40 | アレコレ話 | Comments(27)

アリスパティシエからの贈り物

アリスさん(https://arischan2.exblog.jp/)から沢山の贈り物を頂きました。
アリスパティシエからの贈り物_f0346196_22232670.jpg
2段重ねのさくらんぼ 
何はさておき もも太郎に1粒お供えしてから撮影開始です
一段目は娘におすそ分けします
勿論 初物です。

愛媛産のみかんジュース わざわざ買いに行って下さったそうです。

アリスパティシエからの贈り物_f0346196_22231366.jpg
アリスさんお手製の「ガトーパスク」 恥ずかしながら初めて聞く焼き菓子です
パスク地方の伝統的なお菓子 模様はローブリューと言うそうです。
日持ちすると言われましたが アッという間に食べてしまいそう。

アリスパティシエからの贈り物_f0346196_23591441.jpg
エクストラバージンオリーブオイルはシリアルナンバー付き
オリーブ酢 これもお初にお目にかかります。

蜂蜜がほんのり入ったオリーブオイルに木の実やドライ果実を漬けたオリーブオイルコンフィ
生産者名の付いた白い野ばらの蜂蜜は 又レモン漬けを作ろうと思います。

アリスパティシエからの贈り物_f0346196_22233376.jpg
さぬき名物の半生うどん 生パスタ 故郷の味です。
アリスパティシエからの贈り物_f0346196_22234138.jpg
さくらんぼがたっぷり乗ったチョコレートムース
カカオたっぷり(64・5%) のそれはそれは美味しいムースケーキです。
(食レポートが下手なので上手く伝えられません)

アリスパティシエからの贈り物_f0346196_08160558.jpg




by o-rudohime | 2020-06-24 08:18 | アレコレ話

習慣

コロナ対策に手洗いが奨励されています
日本人にとって当たり前と思っている手洗いの習慣が「余り」ない国もあります。

欧米人の多くが咳をする時 腕で口元を隠しますが日本人は手で口元を覆います
コロナ騒ぎの時は欧米人の様に腕で と言われました。

アジア以外の国では クシャミをしようものならBiess you(神の御加護を)と言わるので Sanksと答えます。
習慣といえども クシャミぐらいで大げさですよね。


習慣_f0346196_18130211.jpg
習慣_f0346196_18130907.jpg
ハンカチの木
黄色いのが花です。

洋画 外国ドラマを見ていると 女性が泣くシーンになると男性がハンカチを差し出す
女性は涙と鼻をかんで男性に返す。

ハンカチは男女共 鼻をかむために持っているそうです
鼻をすすると言うことはゲップをするくら失礼なことで 人前で鼻をかむのは当たり前 面白い習慣に感じます。

習慣_f0346196_18131775.jpg
ハンカチの木
勿論女性もハンカチで鼻をかみますが キッチンペーパーやナフキン等を使い回しをします
その都度ゴミ箱には捨てません
鼻をすすることなく まめにかむのでペーパーでも恐ろしい状態にはならないようです。

昔は(ティッシュ)ペーパが貴重品だった時の習慣なのでしょうか。

女性の服にポケットがない時は 鼻をかんだ紙を洋服の腕の中(貴婦人がレースのハンカチを取り出すシーンを見ます)
又はブラの紐に紙をはさんでおくそうです。

勿論ハンカチは洗濯して使います

習慣を変えるのは並大抵ではありません
コロナが終止符を打つのはワクチンだけでは収まりそうにないです。

習慣_f0346196_23134746.jpg
手洗いよし!

習慣_f0346196_23134012.jpg
マスクO.K




by o-rudohime | 2020-06-23 09:09 | アレコレ話

花盛り

狭い花壇には草も生える隙間がないほどに花を雑然と植えてある。

花盛り_f0346196_16531377.jpg
花盛り_f0346196_16531993.jpg
10本700円ほどのダリアを20本まとめて植えてある
背が低いまま花を付けた。

花盛り_f0346196_16532546.jpg
花盛り_f0346196_16533139.jpg
花盛り_f0346196_16533736.jpg
花盛り_f0346196_16535907.jpg
花盛り_f0346196_16535231.jpg
この一角が特に華やか。

花盛り_f0346196_17071760.jpg
ミツバチはやってくるがてんとう虫は見たことがない。


by o-rudohime | 2020-06-22 17:07 | アレコレ話

人と話をする時どこを見て話でしょうか

日本人の多くが目を見ながら話すそうです
私もそのうちの一人です
「目は口ほどに物を言い」と言われますがそれ程の目力ではありませんが。

刑事ものドラマでも「目が泳いだから怪しい」なん言われますからね。

欧米人の多くが口元を見ながら話すそうです
日本人で口を覆って話す人を時々見かけますが 欧米人はどう思っているのでしょう。

ここまでは前書き
顔_f0346196_15503742.jpg
欧米人 特にイギリス人はマスクをするのが「非常に」苦手の様です。
原因は口元を見ながら話す習慣から来ているのではとも言われています。

サングラスで相手の目が見えないと何となく胡散臭く感じ 正体が解らないと思うことがあります。

ところでマスクには賞味期限があるそうです
多分医療用のマスクだと思いますが。

顔_f0346196_11173390.jpg
そんなに私を見つめて 猫なで声でラブコールしないで・・・
その気になってしまうじゃないの。

おばちゃん 勘違いしたらあかん
おばちゃんの後ろにあるチュ~ルが気になるねん

じらさんと はよ頂戴。
(関西弁3級の資格を認定されています  しらんけど)





by o-rudohime | 2020-06-21 15:57 | アレコレ話

魚屋さんとペリカン

オーストラリア ゴールドコーストにチャリス・シーフードという大きな魚屋さんがある。

フイッシュ&チップスも好みの魚を言えば揚げてくれる
日本と違って生牡蠣も1年中あり(生産地は様々)よく買いに行った。

マグロは赤みも トロも同じ値段 大抵トロの部分が売れ残っているので 時間に追われて買いに行く事はない

魚屋さんとペリカン_f0346196_22031824.jpg
魚屋さんでペリカンの餌付けが13時30分頃に行われる。

駐車場の電柱には早くから来たペリカンが待機
大きい図体でここに着地するのはベテラン?

この下は要注意 気が付かない人は帰りにお土産を貰うことになる。

魚屋さんとペリカン_f0346196_22044307.jpg
内海になっているので子供が泳ぐには安心

魚屋さんとペリカン_f0346196_22053910.jpg
魚屋さんとペリカン_f0346196_22064945.jpg
のどかな景色です

魚屋さんとペリカン_f0346196_22055298.jpg
13時30分頃になると 魚のあらの入ったバケツを持ったお兄さんが餌を投げ始める。
一口貰うと後ろに下がる
小さいペリカンはお兄さんが食べられるように投げてやる。
1日100kg近くのあらが出るそうだ。

今でも名物になっていると思う。

by o-rudohime | 2020-06-21 07:49 | アレコレ話

緊張した板門店見学 ~1~

謎の多い北朝鮮 金与正氏が兄金正恩氏に変わって最近は目立つ行為を行っている。

数年前 韓国経由でチェンマイへ行った時 一度は行ってみたかった板門店へ行った。
ソウルから高速道路で1時間30分ほどの所にある。

緊張した板門店見学 ~1~_f0346196_10263659.jpg
イムジン河に沿って行く
ツアー参加者の日本人は娘と二人だけ 国境を超え板門店へ行く訳ではないが パスポートが必要
参加にあたって細かい注意事項があった。

問題が起きたい時 走りやすいようにサンダル禁止
迷彩服禁止  北朝鮮兵隊を挑発するようなミニスカート タンクトップ禁止等。

誓約書にサインをさせられ(この時パスポートが必要) 見学は二列に並び列から離れないよう 
又 指差しは拳銃と間違えられる恐れがあるので禁止
撮影も許可が出た所のみと厳しい。

緊張した板門店見学 ~1~_f0346196_10272830.jpg
            (お借りした写真)
韓国の国旗掲載塔

緊張した板門店見学 ~1~_f0346196_10273500.jpg
これは北朝鮮の国旗掲載塔
韓国より高く160mあり 国旗は巾30mと大きすぎたなびくことはないそうだ。
お互いの国の電波障害が目的の塔。

緊張した板門店見学 ~1~_f0346196_10274175.jpg
            (撮影禁止のため写真はお借りしました)

このゲート前でバスを乗り換える
共同警備区域なのでアメリカ兵と韓国兵が警備にあたっている

韓国警備兵は家柄 成績がよく 北に脱走する恐れのないエリートが選ばれる
ガイドさんによれば
北朝鮮兵の体格は平均身長165cm 体重50kg
それに比べ韓国兵は平均身長175cm 体重65kg
同じ民族なのにこの差は何だ?  
緊張した板門店見学 ~1~_f0346196_10275535.jpg
緊張した板門店見学 ~1~_f0346196_11085808.jpg
当時板門店を訪れる韓国側観光客は75000人  北朝鮮観光客は9000人(ロシアからの観光客はこちら側)
この写真を撮す直前まで向かいの北朝鮮建物2階ベランダに人が数人いた
人影が見えなくなり 撮影OKが出た。

緊張した板門店見学 ~1~_f0346196_10280397.jpg
北朝鮮建物右端の小高い所に北朝鮮の監視塔がある

緊張した板門店見学 ~1~_f0346196_10281840.jpg
緊張した板門店見学 ~1~_f0346196_10282455.jpg
緊張した板門店見学 ~1~_f0346196_10283072.jpg
青い小屋のこちら側には半身を隠した韓国監視兵
この小屋の真中にコンクリートで作られた38度線がある。

ここでトランプ氏と金正恩氏が38度線を行き来したのはつい最近のように思われる。

バスは停止することなく スピードを落としシャッターチャンスをくれた。

緊張した板門店見学 ~1~_f0346196_11175966.jpg
軍事調停委員会のテーブルの真中に黒い置物が南北境界線 左側が韓国 右側が北朝鮮になっている。

ここで一休み。







by o-rudohime | 2020-06-18 13:04 | アレコレ話

見返り美人

朝のウオーキングコースは出かける前に決める
雲があれば海へ行こう!
雲間から出る朝日は面白い。
見返り美人_f0346196_21501267.jpg
見返り美人_f0346196_21501973.jpg
見返り美人_f0346196_21502599.jpg
ゴールドコーストの砂浜を歩くとキュッ! キュッ!と音がする細かい砂。
波もありサファーが喜びそうな朝。

見返り美人_f0346196_21503101.jpg
小高い丘から東を見れば太陽が・・・
振り返れば
見返り美人_f0346196_21503978.jpg
見返り美人_f0346196_21504734.jpg
朝帰りの満月が西空から「おやすみなさい」
朝の月は風情がある。

by o-rudohime | 2020-06-18 08:07 | アレコレ話


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

梅雨の晴れ間
at 2020-06-29 16:03
美人の条件
at 2020-06-29 07:49
存在感
at 2020-06-28 16:18
中国長江2400kmの旅 ~..
at 2020-06-28 08:53
家庭内の主従関係
at 2020-06-27 16:24
お庭拝見 ~プリントして贈る~
at 2020-06-27 08:36
お庭拝見 ~1~
at 2020-06-26 15:54
生まれ変われるなら草食動物がいい
at 2020-06-26 08:12
左巻きでも良いのでは
at 2020-06-25 16:24
漢字はアート
at 2020-06-25 07:49
閻魔大王と袖の下
at 2020-06-24 16:40
アリスパティシエからの贈り物
at 2020-06-24 08:18
甘い汁を吸う
at 2020-06-23 16:24
想い
at 2020-06-23 16:19
習慣
at 2020-06-23 09:09
花盛り
at 2020-06-22 17:07
林の中を這いずり回る ~ゴルフ~
at 2020-06-22 08:53
at 2020-06-21 15:57
魚屋さんとペリカン
at 2020-06-21 07:49
猫派と犬派
at 2020-06-20 16:31

以前の記事

2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 11月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
国内旅行
海外旅行
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

online pharm..
by Lestertat at 11:55
cvs pharmacy..
by Charlesglona at 22:15
online pharm..
by VictorEmolf at 11:00
hair growth ..
by Albertlew at 13:01
遠目でも目立つドームのあ..
by mkdptgmlbz at 11:56
ガンジス川クルージング ..
by crirybww at 13:06
buy propecia..
by KeithToolf at 00:57
ドイツの栄光の神堂ヴァル..
by sxjjstegjb at 23:25
buy propecia..
by KeithToolf at 19:31
order finast..
by KeithToolf at 14:07

ホームページ

お気に入りブログ

春夏秋冬
絵手紙の小窓
たんぶーらんの戯言
コバチャンのBLOG
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ぶりんの部屋
963-7837
柴犬の愛ちゃんと猫の心ち...
My slowlife ...
幻に魅せられて…
近所のネコ2
楽・遊・学・ビバ人生!!
がちゃぴん秀子の日記
ひだまり●●●陽のあたる...
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
音楽・スィーツ・そしてB...
ワットモーイ  オランダ...
aviの額
常陸のT's BLOG
岳の父ちゃんの Phot...
4にゃん日記+
大地の四季
夕暮れと蒸気をおいかけて・・・
cool witch
ゲ ジ デ ジ 通 信
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
花便り
toriko
その日・その日
Changun-kun
小さな旅で観た情景
気のむくままに・・・
happy-cafe*v...
雲母(KIRA)の舟に乗って
ゆっくり生きる
花追い人の絵手紙いろいろ♪
がらくーた**
一喜一憂 日々の暮らし
風の便り
絵を描きながら
花鳥撮三昧
Sauntering 
花は桜木、
天使と一緒に幸せごはん
三日坊主
おだやかなとき
ゆっくりゆったり
人生とは ?
赤煉瓦洋館の雅茶子
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
ぶらり散歩 ~四季折々フ...
気ままな食いしん坊日記2
わんわんぶー
♪Princess Cr...
Night Flight...
will
ネコと文学と猫ブンガク
写真とパピオン大好き3
風と花を紡いで
ぽとすのくずかご    
墨のかほり
休日登山日記
日記のような写真を2
あかね雲キレイ♪
黒猫瓦版
クーのひとりごと
柴わんことにゃん太郎
休日はタンデムツーリング
心のままに
の~んびりと・・・
晴れ時々そよ風
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで行ってきます
ちゃたろうとゆきまま日記
写真画廊 ナカイノブカズ 2
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ひだまりのなかで
一瞬をみつめて
ゆうさんちのご飯日記
静かな時間
シンシアの部屋
小さな幸せ 田舎の主婦は...
NONKOの絵手紙便り
俺の心旅
いととはり
猫じまん
すまいるらいふ ~ I ...
元気ばばの青春日記 気持...
お転婆シニアのガーデニン...
slow life
ぎんネコ☆はうす
笑顔がいちばん ♪
日々雑感
花々の記憶  happy...
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
陽だまりの道
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
Salon de deux H
ふくとぽん
屋根裏部屋の落書帳
Titanic of J...
長月より
感性の時代屋 Vol.2
macoleon~ソマリ...
インパクトブルー
kaorainne日記Ⅱ
MakikoJoy 上北...
季節の風を追いかけて
ちょっと田舎暮らしCal...
ありがとうの毎日に♪
亀の遠写近写②
明日には明日の風が吹く
晴れ時々曇りな日
でんでんでん2
十色記
銀の絵手紙
祭りバカとは俺の事(仮)
まゆみのお絵描き絵手紙
ミセス サファイア 静け...
"1匹猫"の目線で つい...
へぇ、おおきに
- 光景彡z工房 - ◇...
月のように風のように
あの日、あの時、あの場所で
前を向いて「ひまわり」
バリ島大好き
気のむくままに・・・2
ジャコの「毎日 好きな事...
なんでもブログ
皇 昇   
貧乏なりに食べ歩く 第二幕
ダイアリー
ステキな暮らしLabo.
言の葉の優しさに・・・
みゅうとの暮らし+れおん
Gorilla9qc's...
登志子のキッチン
そんな男の独り言2
トチノキの詩2
閉鎖しました。
blueletter
気まぐれ絵手紙
NOEMI
ポルトガル便り~ヨーロッ...
Weblog : ちー3歩 Ⅱ
ふたり暮らしの生活向上委員会
蒼穹、 そぞろ歩き2
何でもブログ
アリスのトリップ2
平凡で幸せな毎日
月夜飛行船2

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル