人気ブログランキング |

カテゴリ:陶芸( 48 )

漢字はアート

欧米人は漢字をアートと感じている人が結構いる。

タトゥーに「確かにこれは漢字だわ」と思う字を彫っているのを見かける。

Tシャツの胸元にも意味が解っているのだろうかと思う字を書いたのを着ているのを見る。
漢字を書いたことのない字体なので 日本人が見てもアートぽく感じる。

陶芸教室に通っていた時 各自のマークを決めていた

漢字はアート_f0346196_21053389.jpg
逆三角に「純」が私のマークだった。
(絵手紙の落款も自分の名前の頭文字を使う)
オーストラリア人に自分の名前の漢字を教えてほしいと言われた。

漢字はアート_f0346196_21052277.jpg
一時漢字ブームになったことがあった。

名前は正面でも横でもなく 後ろに書く(押す)がどう云うわけか正面より後ろのほうが 見栄えがする作品になってしまう。
名前を見せびらかしているわけではないのだが・・・・

オリンピックが始まり世界各国から観光客が来るようになれば 漢字ブーム再来になるか?

by o-rudohime | 2020-06-25 07:49 | 陶芸

創作


絵手紙を描いても 陶芸をしていても つい自己流になってしまう

創作_f0346196_18245991.jpg
沙羅の花を見付けた
創作_f0346196_16541146.jpg
遠くからは山茶花と思ったが葉が違う

創作_f0346196_16541792.jpg
調べるとやはり沙羅の花だった。
この時は陶芸をしていた。

創作_f0346196_16542475.jpg
高さ35cm 沙羅をイメージしたはずなのに 何でこうなるんだろう

創作_f0346196_17152149.jpg
♪なんでだろう~ 何でこんな形になるんだろう~♪
しらんけど。

by o-rudohime | 2020-06-18 18:17 | 陶芸

楕円形の片口

陶芸でロクロを使う時は「無」にならないと形成出来ず よそ事を考えていると崩れてしまいます

丸い片口に凝って沢山作っていたが飽きてしまい 楕円形の片口を作った
と言っても丸く作り 両手で挟んで楕円形にするだけ。

楕円形の片口_f0346196_17405427.jpg
経10・5cm 高さ7・5cm 
中途半端な大きさなので持ち手を付けた

楕円形の片口_f0346196_17411469.jpg
9.5cm ×7cm 
一番失敗の少ない色

楕円形の片口_f0346196_17412171.jpg
楕円形の片口_f0346196_17412786.jpg
ドレッシング入れ そばつゆ入れなどに重宝していた
片口は貰ってくれる人がいたので結構な数を作った。



by o-rudohime | 2020-06-07 08:37 | 陶芸

赤い土で花器を作る

エアーズロック周辺の土は過去に見たことがないほどの赤い砂のような土だった。

赤い土で花器を作る_f0346196_12464229.jpg
ホテル 部屋の前の土

赤い土で花器を作る_f0346196_14380760.jpg
土蜂の巣もこの様に赤い
焼物を使ってみたくなった。

赤い土で花器を作る_f0346196_12465624.jpg
赤い土で花器を作る_f0346196_12470244.jpg
赤い土で花器を作る_f0346196_12465005.jpg
土と言うより砂に近いため ベタベタ貼り付けた。
備前焼きのように焼き締めで ザラザラ感が出したく釉薬は使っていない。

赤い土で花器を作る_f0346196_12470893.jpg
この花器は粘土にエアーズロックの土を混ぜて作った
粘土の方が多く 赤い色が余り出なかったが 土を加えるとバサバサになりこれが限度だった。


赤い土で花器を作る_f0346196_14580263.jpg
ちょっと 君たち
ちゃんとお仕事しなくちゃだめでしょう!

国立公園では土でも持ち帰ってはだめなのは知っているでしょう
誰もお姉さんが(私の事です 当時はもう少し若かったし 日本人は若く見られるので)土を袋に入れたのを見てなかったの?
見ていたけど 顔ばかり見ていて手元は見てなかったって言いたいのね

怖い顔だったので固まちゃったのか
それなら仕方がないわね。





by o-rudohime | 2020-05-06 17:07 | 陶芸

同じ釜の 熱 を食った仲

善は急げ!
今日早速「特別定額給付金申請書」を提出しました

いつ気が変って減額されても困りますからね。
10万円何に使おうか 考えると今夜は眠れそうにないです。

世の中思うように行かない事が結構あります
その中の一つに陶芸です。

同じ釜の 熱 を食った仲_f0346196_16542424.jpg
陶芸用の窯とロクロ
ガレージには車1台分が空いているのでそこで作業をしています
デジタル式の窯なのでセットすれば13時間ほどで1280度まで上がり 夜のほうが電気代が安いので寝ている間に焼きます
工事をしてもらい電圧?を上げてもらっています。

同じ釜の 熱 を食った仲_f0346196_17024681.jpg
同じ釜の 熱 を食った仲_f0346196_16550599.jpg
同じ釉薬で同じ様に焼いても出来上がりが違うことが多いです
そこが素人なのでしょう。
これは一緒に焼いた器です。

マンゴーが気になるのでは?
同じ釜の 熱 を食った仲_f0346196_17053991.jpg
同じ釜の 熱 を食った仲_f0346196_16545314.jpg
庭にマンゴーを植えてあります。
我が家のはこんな色ですが味は最高!

熟すると香りで食べ時がわかります。
一足違いでカラスに突かれる事が多く 少し早めに収穫します。

同じ釜の 熱 を食った仲_f0346196_18461719.jpg
ボクのママはカメラマンなんだよ
10万円貰ったらママと同じカメラを買ってもらうんだ
勿論ボクの10万円で買うんだよ

どうだい プロカメラマンみたいに見えるだろう

10万円ね~
思いっきり全部使っちゃおう~
勿論預金よ
どんな使いみちを考えているのでしょうかね
人様のお金でも気になります。









by o-rudohime | 2020-04-28 18:54 | 陶芸 | Comments(20)

初めチョロチョロ

技術も知識もなく噴水作りにチャレンジした
受け皿作りが難しい。

初めチョロチョロ_f0346196_18362884.jpg
窯を真上から見た画面
受け皿の大きさ 深さの記録が残っていないが 自分の窯では焼けなかったので教室の窯で焼いた。

初めチョロチョロ_f0346196_18321356.jpg
初めチョロチョロ_f0346196_18322366.jpg
水を勢いよく吹き上げると受け皿から水がはねてしまう
この大きさが限度。

初めチョロチョロ_f0346196_18323051.jpg
ビュッシュ・ド・ノエルもどきの 噴水もどき
高さがあるので水はチョロチュロ 切り株を伝わって流すしか出来なかった。

これ以上大きい受け皿を作る技術も気力もない
という訳で噴水作りは挫折。

初めチョロチョロ_f0346196_18324180.jpg
玄関前にあった噴水
これはちゃんと水が吹き上がっている。


by o-rudohime | 2020-04-23 20:33 | 陶芸

好きに説明はいらぬ

諺に「好きこそものの上手なれ」というのがありますが私に限っては意味のない言葉です。

人間国宝の方が「まだまだ修行の身です」と謙遜するのとは大違い
陶芸を30年余り続けましたが 売り物になるような物は何一つありません。

でも気に入ったのは少々あります。
好きに説明はいらぬ_f0346196_16480612.jpg
これなどはヒョウ柄でお気に入りの一つです。
好きに説明はいらぬ_f0346196_16481173.jpg
飾り皿と思って作った 同じヒョウ柄でもこれは気に入りません
炎の神様のいたずらが過ぎたと思っています。
好きに説明はいらぬ_f0346196_16483160.jpg
ハナミズキの街路樹が満開です。
つい描いて見たくなりますが 師匠もいないので適当に描いています
描くのが好きだから7年も続いているのでしょうか。

好きに説明はいらぬ_f0346196_16484362.jpg
コスプレの好きなトラちゃん 憧れはライオン
ライオンになりたくて自毛を集めタテガミを作り 自慢しにやって来ました
ライオンになりたいのを知っていたのに ついうっかり「虎みたいね」と言ってしまいました

好きに説明はいらぬ_f0346196_16484880.jpg
怒って吠えました
「ニャ~ ニャ~」
虎ではなくトラ猫になってしまいました。

話のオチが思い浮かびません
可愛いトラちゃんに
「うわ~ライオンだ こわ~い!」 の一言をお願いいたします。





by o-rudohime | 2020-04-12 17:20 | 陶芸

花と壺

花の名前は中々覚えられませんが花は大好きです。

結婚して間もなく 自分で花を作ろうと思いました
畑やタンブラーに植える花ではありません。

アートフラワーです。
当時は飯田深雪さんの全盛期 お弟子さんから教わり 大きい布を型紙通りに切り 染め 花びらを組み合わせる事から初め生けます。
仲人を数組していたのでお祝いにアートフラワーのブーケを作っていました。

花と壺_f0346196_10154590.jpg
その後はパンフラワー それも師範免許を取るまで続けられたということは好きだったからでしょうか。

フラワーデザインも習いそれは生花なので娘の結婚式の時や知人に頼まれてブーケを作っていました。
花と壺_f0346196_09485541.jpg
高さ35cmの壺
花を生けのに自分好みの壺がほしいと陶芸をはじめました。
花と壺_f0346196_09490219.jpg
豪州時代は庭に花を咲かせ 部屋の中はアートフラワーばかりでした。

今はひっそりとベランダに植木があるだけです。




by o-rudohime | 2020-04-07 10:17 | 陶芸

大胆不敵

日本人が握手する時 頭をピョコピョコ下げながらすると言われ馬鹿にされることがあります。

外国人が挨拶の時 同性同士が頬にキスをするのを見てヘッ!
抱き合う(ハグ)のは見慣れたのでなんとも感じなくなった。

コロナ騒ぎになってもつい習慣でキスしたりハグをしている画像を見る。
そんな時 日本人で良かったな~


豪州で趣味で陶芸をしていたが 現地の人と日本人では 色の好みがかなり違う。
大胆不敵_f0346196_12252591.jpg
まん丸ボールを作り 適当にむしっていくとキャンドルが出来あがる
結構ストレス解消になる。

シックで良い色だと気に入っていたが オーストラリア人には全く受けなかった。

大胆不敵_f0346196_12251945.jpg
大胆不敵_f0346196_12251218.jpg
この様なグエッ! と思う色が受ける
調子に乗ってむしり取りすぎるとか型くずれ いびつになるのでそれなりに難しい。


大胆不敵_f0346196_22093960.jpg
芸術家って作品にサインをするんだよね
練習してたんだけど 決まらないんだよ
作品を作るより難しいよ

作品かい
奥にチラッと見えるだろう
タイトルは「大胆不敵」さ







by o-rudohime | 2020-03-27 06:54 | 陶芸

進歩か後退か そこが問題だ

細かな手仕事は苦手です。

大ざっぱで見栄え良くと思っても そんな虫のいい話は早々ないですよね。
でもね~ 絵手紙って便利で描くものによってはそれがいい場合があります。

進歩か後退か そこが問題だ_f0346196_12250278.jpg
住所印を作って下さったり 竹や笹で筆を作って下さるS子さん作の竹筆です
使い込み過ぎて 坊主になりかかっていますがそれが又いい味を(勝手に思っているだけ)出してくれます。

進歩か後退か そこが問題だ_f0346196_12245539.jpg
見栄えはともかく大胆な線を出したい絵を描く時に使います。

弘法大師じゃないので描くものによって筆を使い分けます。

進歩か後退か そこが問題だ_f0346196_13025069.jpg
覚えているかい
一番最初に描いた絵手紙がピーマンだったよね
あの手が震えながら描いた初心者の気持ちはどこにいった!

モデルになってあげるから描いてみなよ。

怖い顔に手が震えます。













by o-rudohime | 2020-03-26 14:33 | 陶芸


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

梅雨の晴れ間
at 2020-06-29 16:03
美人の条件
at 2020-06-29 07:49
存在感
at 2020-06-28 16:18
中国長江2400kmの旅 ~..
at 2020-06-28 08:53
家庭内の主従関係
at 2020-06-27 16:24
お庭拝見 ~プリントして贈る~
at 2020-06-27 08:36
お庭拝見 ~1~
at 2020-06-26 15:54
生まれ変われるなら草食動物がいい
at 2020-06-26 08:12
左巻きでも良いのでは
at 2020-06-25 16:24
漢字はアート
at 2020-06-25 07:49
閻魔大王と袖の下
at 2020-06-24 16:40
アリスパティシエからの贈り物
at 2020-06-24 08:18
甘い汁を吸う
at 2020-06-23 16:24
想い
at 2020-06-23 16:19
習慣
at 2020-06-23 09:09
花盛り
at 2020-06-22 17:07
林の中を這いずり回る ~ゴルフ~
at 2020-06-22 08:53
at 2020-06-21 15:57
魚屋さんとペリカン
at 2020-06-21 07:49
猫派と犬派
at 2020-06-20 16:31

以前の記事

2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 11月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
国内旅行
海外旅行
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

タグ

最新のコメント

online pharm..
by Lestertat at 11:55
cvs pharmacy..
by Charlesglona at 22:15
online pharm..
by VictorEmolf at 11:00
hair growth ..
by Albertlew at 13:01
遠目でも目立つドームのあ..
by mkdptgmlbz at 11:56
ガンジス川クルージング ..
by crirybww at 13:06
buy propecia..
by KeithToolf at 00:57
ドイツの栄光の神堂ヴァル..
by sxjjstegjb at 23:25
buy propecia..
by KeithToolf at 19:31
order finast..
by KeithToolf at 14:07

ホームページ

お気に入りブログ

春夏秋冬
絵手紙の小窓
たんぶーらんの戯言
コバチャンのBLOG
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ぶりんの部屋
963-7837
柴犬の愛ちゃんと猫の心ち...
My slowlife ...
幻に魅せられて…
近所のネコ2
楽・遊・学・ビバ人生!!
がちゃぴん秀子の日記
ひだまり●●●陽のあたる...
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
音楽・スィーツ・そしてB...
ワットモーイ  オランダ...
aviの額
常陸のT's BLOG
岳の父ちゃんの Phot...
4にゃん日記+
大地の四季
夕暮れと蒸気をおいかけて・・・
cool witch
ゲ ジ デ ジ 通 信
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
花便り
toriko
その日・その日
Changun-kun
小さな旅で観た情景
気のむくままに・・・
happy-cafe*v...
雲母(KIRA)の舟に乗って
ゆっくり生きる
花追い人の絵手紙いろいろ♪
がらくーた**
一喜一憂 日々の暮らし
風の便り
絵を描きながら
花鳥撮三昧
Sauntering 
花は桜木、
天使と一緒に幸せごはん
三日坊主
おだやかなとき
ゆっくりゆったり
人生とは ?
赤煉瓦洋館の雅茶子
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
ぶらり散歩 ~四季折々フ...
気ままな食いしん坊日記2
わんわんぶー
♪Princess Cr...
Night Flight...
will
ネコと文学と猫ブンガク
写真とパピオン大好き3
風と花を紡いで
ぽとすのくずかご    
墨のかほり
休日登山日記
日記のような写真を2
あかね雲キレイ♪
黒猫瓦版
クーのひとりごと
柴わんことにゃん太郎
休日はタンデムツーリング
心のままに
の~んびりと・・・
晴れ時々そよ風
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで行ってきます
ちゃたろうとゆきまま日記
写真画廊 ナカイノブカズ 2
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ひだまりのなかで
一瞬をみつめて
ゆうさんちのご飯日記
静かな時間
シンシアの部屋
小さな幸せ 田舎の主婦は...
NONKOの絵手紙便り
俺の心旅
いととはり
猫じまん
すまいるらいふ ~ I ...
元気ばばの青春日記 気持...
お転婆シニアのガーデニン...
slow life
ぎんネコ☆はうす
笑顔がいちばん ♪
日々雑感
花々の記憶  happy...
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
陽だまりの道
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
Salon de deux H
ふくとぽん
屋根裏部屋の落書帳
Titanic of J...
長月より
感性の時代屋 Vol.2
macoleon~ソマリ...
インパクトブルー
kaorainne日記Ⅱ
MakikoJoy 上北...
季節の風を追いかけて
ちょっと田舎暮らしCal...
ありがとうの毎日に♪
亀の遠写近写②
明日には明日の風が吹く
晴れ時々曇りな日
でんでんでん2
十色記
銀の絵手紙
祭りバカとは俺の事(仮)
まゆみのお絵描き絵手紙
ミセス サファイア 静け...
"1匹猫"の目線で つい...
へぇ、おおきに
- 光景彡z工房 - ◇...
月のように風のように
あの日、あの時、あの場所で
前を向いて「ひまわり」
バリ島大好き
気のむくままに・・・2
ジャコの「毎日 好きな事...
なんでもブログ
皇 昇   
貧乏なりに食べ歩く 第二幕
ダイアリー
ステキな暮らしLabo.
言の葉の優しさに・・・
みゅうとの暮らし+れおん
Gorilla9qc's...
登志子のキッチン
そんな男の独り言2
トチノキの詩2
閉鎖しました。
blueletter
気まぐれ絵手紙
NOEMI
ポルトガル便り~ヨーロッ...
Weblog : ちー3歩 Ⅱ
ふたり暮らしの生活向上委員会
蒼穹、 そぞろ歩き2
何でもブログ
アリスのトリップ2
平凡で幸せな毎日
月夜飛行船2

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル