人気ブログランキング |

期待いっぱいだった処女航海船 MSCベリッシマ

MSCの乗船は2017年 1月 2013年3月にはMSCプレチオーサで処女航海をしている。

学習しないバカですよね 
特別に処女航海のイベント等ないのをすっかり忘れ又もや乗ってしまいました。

f0346196_15264359.jpg
f0346196_15263264.jpg
f0346196_15265151.jpg
(写真はホームページより拝借)
MSCベリッシマ総トン数 167,600トン (過去に乗った船の中では一番大きい) 
乗客   5,714名(イギリス出港なので第1位乗客数はイギリス人なんと2位は日本人750人程、中国人に負け      ない日本語が飛び交う賑やかさ)
キャビン数 2244室 キャビンのカテゴリーは15ほどありヨットクラブを選んだ。
全長315m 幅43m 高さ65m(18階フロアー) ヨットクラブの部屋は15 16階前方にあり思いの外揺れる。


写真2枚目はコインセレモニー  船とクルーと旅の安全な航海を願って2枚のコインを船のキール(竜骨)に溶接する。

それから進水式セレモニー
MSCのゴッドマザーであるソフィア・ローレンがベリッシマ・ガレリアと呼ばれるレストラン ショップ 夜にはダンスホールにもなる長さ96mもあるプロムナードでセレモニーが行われた(そうだ)

f0346196_16061813.jpg
f0346196_16053898.jpg
f0346196_16060223.jpg
f0346196_16064613.jpg
f0346196_16065879.jpg
キャビンは前回同様ヨットクラブを選んだ。
ウエルカムドリンク(シャンパン)は飲むことなく 冷蔵庫の中(飲み放題)も朝夕2回ベットメーキングに来た時無くなっていれば追加してくれる。
フレッシュオレンジジュースを初日に頼むと毎朝届けてくれた。
お決まりのマカロンは嬉しかった。

f0346196_16104911.jpg
f0346196_16105442.jpg
ヨットクラブ専用のラウンジもあり軽いスナックや飲み物は無料でいつでも頂ける。

f0346196_16124631.jpg
今回のベリッシマヨットクラブの階段がシルバーのスワロスキーになっていた。
前回はゴールドのスワロスキーだったのに・・成金趣味から脱か?

f0346196_16150080.jpg
エレベーター下にある黒い部分にクルーズカート(部屋のキー代わりになったり船内の買い物のクレジットカードにもなり上下船の時は身分証明書代わりにもなる)をかざせば
f0346196_16150688.jpg
行き先がこのように表示され他の階の人が乗っていてもフリーパスで行ける。
ショーが終わり一斉にエレベーターに人が集まった時は便利だがヒンシュクを買うこと間違いなしのすぐれ物。

次回は進水式のセレモニーが行われたプロムナード近辺を。














by o-rudohime | 2019-03-31 09:42 | 海外旅行 | Comments(20)
Commented at 2019-03-31 10:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by umi_bari at 2019-03-31 11:20
凄い大きいんですね、驚くばかりです。
ホテルが航海をしているんですね。
良いですね、お見事バグースです。
Commented by ei5184 at 2019-03-31 13:57
これまた凄い客船ですね! 海に浮かぶ豪華ホテル!
客室もこれが船の中とはとても思えませんね~
これから始まる旅行記、楽しみです!

お見舞いの絵手紙をありがとうございました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-03-31 14:14
こんにちは、素晴らしい船ですね。
マカロンや、ラウンジの小さなケーキや、飲み物には手を付けませんが、
冷蔵庫の呑み放題のアルコール類は、1日に3・4回はお世話になりそうです。
恐ろしや、オールインクルーシブ。
私が乗ったら、自堕落な日々を過ごしそうです(^。^)
Commented by aaic5454 at 2019-03-31 14:41
これだけ大きいと、揺れないのでしょうか?
迷子になりそうですね(^^;)
船旅は、食事やおやつの食べ過ぎで、下船する時体重が増えていそうです。
                でん母
Commented by horopyonn-0624 at 2019-03-31 18:13
巨大タワーの船ですね。。。

大海原に出たら揺れないのでしょうか
上の階なんて、ふわふわしそうなんですが
もう何回も乗船なさっているので
体が慣れていらっしゃるのかしら?

Commented by o-rudohime at 2019-03-31 19:24
☆10;22の鍵コメさん
お大事に 
そしてお気をつけて。
Commented by o-rudohime at 2019-03-31 19:34
☆umi bariさん
12万トンを超える船になると余り大きさの違いを感じません。
下船して見てあまりの大きさにびっくりはしますね。
ホテルと言うより小さな町って感じがします。
Commented by o-rudohime at 2019-03-31 19:37
☆eiさん
手術後の経過も良いようで良かったです。
ただ運転ができないのは不便でしょうね。
この船はシルク・ドゥ・ソレイユの公演もありショーはそれなりに良かったです。
問題は食事ですね。
Commented by o-rudohime at 2019-03-31 19:41
☆旅プラスさん
飲み放題食べ放題と言われると案外手を付けないです。
部屋では一切アルコールは飲まずフルーツもぶどうとみかんに手を付けたくらいです。
有料レストランではタダ飲みの裏技を見つけました。
その話は後ほど。

Commented by o-rudohime at 2019-03-31 19:45
☆でん母さん
今回に限って非常にわかりやすい所にキャビンがありレストラン ショーなどを見に行くにも余り歩くことなく良かったです。
普段の揺れがゆりかごの如くでよく眠れます。
Commented by o-rudohime at 2019-03-31 19:51
☆ぎんネコさん
いつもは5階か6階あたりの中ほどのキャビンで揺れは余り感じません。
今回は15階の前方 低気圧が来ていることなどもあり結構揺れました。
来年この船が日本を中心にクルーズするそうです。
九州にも寄港するかもしれませんよ。
Commented by tamutamu0401 at 2019-03-31 20:24
o-rudohimeさん!こんばんは^^

最近のクルーズ船って超豪華ですね!
私にはとても乗れそうにありませんが(笑)
船の上に超一流ホテルが乗っかってる感じがします。
大阪港にクイーンエリザベスが入港した時に見に行ったことが有りますが、船にビルが乗ってるような気がしたのを思い出しました。
私の憧れですね。
                            たむたむ
Commented by 19510909 at 2019-04-01 05:48
おはようございます

姫さまのお住まいは地上?船上?
そんなことを考えながら
新年号発表を待っているジジイだす(・・;)
Commented by aamori at 2019-04-01 07:13
おはようございます。
すごい船で、、、
おいしそうなスナックなど、、、
船の旅は、私だと確実に、体重が増えてしまいますね。
ソフィア・ローレン、
今は84歳なんですね、、かっこいいです、、
始めてイタリアに行ったとき、
イタリアには彼女みたいのがいるのかと思ったら、
イタリアでも、かなり個性的なお顔なんですね、
英人ロザンナのロザンナ風はよく見かけましたが。
Commented by kazutanumi at 2019-04-01 09:31
豪華クルーズ客船 ほんと豪華ですね。
憧れです!
船上とは思えないホテルのような客室。

↑街がそのまますっぽり船の中に入ってるみたい。
猫を飼う前に行っておくんだったなぁ。(笑)
Commented by o-rudohime at 2019-04-01 11:35
☆たむたむさん
クイーンエリザベス号は9万トン この船は16.7万トンですからかなり大きいですね。
来年4月にクイーンエリザベスが日本に来ます。
早割 リピーターの利点を利用して予約しますた。
生きていることを前提の予約です。
Commented by o-rudohime at 2019-04-01 11:39
☆パパリンさん
船が大きければいいと言う訳ではないです。
クルーの質の良さ=高級船とは限らないですね。
発表予定の時間オーバーしても新年号が発表されません。

Commented by o-rudohime at 2019-04-01 11:52
☆ATSUKOさん
今この一瞬に新年号「令和」が発表されますた。
ソフィア・ローレン昔のイメージのままです素敵ですよね。
船の命名式は女性がする習わしのようでベリッシマとは美しいという意味のようです。
ちなみに昔小さな船を持っていましたが亡夫がプリティジューンなんて名前を付けてくれました
顔が見てみたいでしょう?  驚き桃の木です。
Commented by o-rudohime at 2019-04-01 11:57
☆かずたんさん
キャビンもピンからキリまであります。
これは中の上でしょうか。
今までのヨットクラブにはバスタブがあったような気がするのですがこの船にはないのが難点でした。
無料でサウナ スパなどもあります。
ペットがいる頃は2週間の旅が限度でしたね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

単細胞な脳
at 2019-07-17 16:39
猫に惹かれて十輪寺詣で ~..
at 2019-07-17 07:41
シロクロつけなくても
at 2019-07-16 12:38
御朱印目当ての天龍寺詣で
at 2019-07-16 07:41
2度目のお盆 ~カラメル画~
at 2019-07-15 15:05
損得抜きのふるさと納税
at 2019-07-15 07:04
♬ウッフン つまんでごらんよ..
at 2019-07-14 12:48
大英博物館 ~最終編~
at 2019-07-14 07:55
ひねくれ者
at 2019-07-13 13:20
大英博物館 ~その2~
at 2019-07-13 07:25
香りに誘われて
at 2019-07-12 13:10
大英博物館 ~その1~
at 2019-07-12 07:49
意地悪バァさんのきつい一言
at 2019-07-11 13:20
日本と英国の薔薇庭園
at 2019-07-11 06:53
楽園
at 2019-07-10 13:26
ロンドン街歩き
at 2019-07-10 07:36
気合を入れたが・・・
at 2019-07-09 14:48
ロンドン塔エトセトラ ~最終編~
at 2019-07-09 07:07
江戸っ子だね~
at 2019-07-08 13:15
もも太郎にもおすそわけ
at 2019-07-08 07:04

以前の記事

2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
国内旅行
海外旅行
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

☆たむたむさん 千円札..
by o-rudohime at 19:16
o-rudohime さ..
by tamutamu0401 at 09:26
☆ちょびんこさん 猫ち..
by o-rudohime at 21:19
☆zatkkknさん ..
by o-rudohime at 21:14
☆旅プラスさん 笹を束..
by o-rudohime at 21:06
☆パパリンさん 最近の..
by o-rudohime at 21:02
☆テッチさん 韓国旅行..
by o-rudohime at 20:58
☆eiさん 京都の祇園..
by o-rudohime at 20:49
☆ATSUKOさん 写..
by o-rudohime at 20:43
☆umi-bariさん ..
by o-rudohime at 20:38

ホームページ

お気に入りブログ

春夏秋冬
Taka's Ph...
絵手紙の小窓
たんぶーらんの戯言
コバチャンのBLOG
北国の花鳥風月
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
963-7837
花の調べ
My slowlife ...
幻に魅せられて…
近所のネコ2
楽・遊・学・ビバ人生!!
がちゃぴん秀子の日記
ひだまり●●●陽のあたる...
本当に幸せなの?
気まぐれ日記
音楽・スィーツ・そしてB...
ワットモーイ  オランダ...
aviの額
常陸のT's BLOG
岳の父ちゃんの Phot...
4にゃん日記+
大地の四季
夕暮れと蒸気をおいかけて・・・
いけのさい~子育てと教育...
cool witch
六 屋
ゲ ジ デ ジ 通 信
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
花便り
toriko
その日・その日
Changun-kun
小さな旅で観た情景
気のむくままに・・・
happy-cafe*v...
雲母(KIRA)の舟に乗って
月夜飛行船
花追い人の絵手紙いろいろ♪
がらくーた**
一喜一憂 日々の暮らし
風の便り
絵を描きながら
花鳥撮三昧
Sauntering 
花は桜木、
天使と一緒に幸せごはん
三日坊主
一場の写真 / 足立区リ...
おだやかなとき
ゆっくりゆったり
人生とは ?
赤煉瓦洋館の雅茶子
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
ぶらり散歩 ~四季折々フ...
気ままな食いしん坊日記2
わんわんぶー
♪Princess Cr...
Night Flight...
will
ネコと文学と猫ブンガク
風と花を紡いで
ぽとすのくずかご    
墨のかほり
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
日記のような写真を2
あかね雲キレイ♪
黒猫瓦版
クーのひとりごと
柴わんことにゃん太郎
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
の~んびりと・・・
晴れ時々そよ風
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで行ってきます
ちゃたろうとゆきまま日記
写真画廊 ナカイノブカズ 2
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ひだまりのなかで
ゆうさんちのご飯日記
静かな時間
シンシアの部屋
小さな幸せ 田舎の主婦は...
NONKOの絵手紙便り
俺の心旅
いととはり
猫じまん
すまいるらいふCAFE ...
元気ばばの青春日記 気持...
お転婆シニアのガーデニン...
slow life
ぎんネコ☆はうす
笑顔がいちばん ♪
日々雑感
花々の記憶 
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
陽だまりの道
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
Salon de deux H
ふくとぽん
屋根裏部屋の落書帳
Titanic of J...
長月より
感性の時代屋 Vol.2
インパクトブルー
kaorainne日記Ⅱ
MakikoJoy 上北...
季節の風を追いかけて
ちょっと田舎暮らしCal...
ありがとうの毎日に♪
亀の遠写近写②
明日には明日の風が吹く
晴れ時々曇りな日
でんでんでん2
銀の絵手紙
祭りバカとは俺の事(仮)
まゆみのお絵描き絵手紙
ミセス サファイア 静け...
ヨルゴスのソウルヘルズ
へぇ、おおきに
- 光景彡z工房 - ◇...
月のように風のように
あの日、あの時、あの場所で
前を向いて「ひまわり」
バリ島大好き
らくがき塗り絵あそび
気のむくままに・・・2
関空から旅と食と酒紀行
ジャコの「何気ない日々の中で」
なんでもブログ
さぬきジェンヌのおいしい...
皇 昇   
貧乏なりに食べ歩く 第二幕
ダイアリー
只今、元気に療養中
ステキな暮らしLabo.
言の葉の優しさに・・・
みゅうとの暮らし+れおん
Gorilla9qc's...
登志子のキッチン
そんな男の独り言2
トチノキの詩2
暁橋のたもとから
blueletter
気まぐれ絵手紙
蒼月の絵手紙 ex
ポルトガル便り~ヨーロッ...
Weblog : ちー3歩 Ⅱ
ふたり暮らしの生活向上委員会
蒼穹、 そぞろ歩き2
アリスのトリップ2
平凡で幸せな毎日

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ