ヴィエリチカ岩塩坑1 ~ポーランド クラコフ~

ワルシャワから高速鉄道で2時間30分の所にあるクラコフへ行った。
世界遺産第一号に登録され1950年まで採掘されていた「ヴィエリチカ岩塩坑」を見学した。

f0346196_15591547.jpg
雨の中長蛇の列 幸いガイドさんが予約していたので並ぶことはなかったが早く着きすぎ売店などでウロウロ。

f0346196_15591962.jpg
ヴィエリチカ岩塩坑は全長300km 深さ300m 観光出来るのは地下63m~135mの間だけ。
坑内の気温は14~16度と言われていたが歩くと汗ばむ。
薄暗く 岩塩で滑りやすく 坑道は狭く 密閉恐怖症なので慣れるまで怖さがあった。

800段ほどある階段を下る人もいるが(エレベーターに乗れば倍近くの入場料を取られるらしい)我々は採掘に使われていた6人乗れば一杯になる木のエレベーターで下って行く。

故障をしてエレベータが使えないこともあると聞き確認してOK。

各ブースごとにある部屋のドアが閉まれば(手動式)次の部屋へと移って行く。
度々添乗員とガイドが人数確認をしている。
迷路の坑内 勝手に引き返すことも出来ずひたすら進むだけだった。

f0346196_16182193.jpg
岩塩を引き上げるシーンをやっと目が慣れた頃みた。

f0346196_16194791.jpg
白く塩が吹き出た壁。

f0346196_16202324.jpg
地動説を唱えたコペルニクスの像は岩塩に作業員によって彫刻されている。
目が暗さに慣れる前は首のない女性が自分の首を掲げているように見えゾ~っとした。

f0346196_16242136.jpg
最初に岩塩坑を発見したといわれる聖キンガ王女
これらの像も岩塩で坑夫達によって彫られた。
ギンガ王妃はヴィエリチカ岩塩坑の守護神とされている。

これにはいろいろな伝説がある。
ポーランド王との政略結婚(1239年)に乗り気でなかったハンガリーのキンガ王女が婚約指輪を大きな穴に投げ捨てた。
王妃となったキンガ妃がヴィエリチカに行った時捨てたはずの指輪が見付かり そこを掘る様に命じた。
広大な岩塩層が見付かり金と同じ価値のあった岩塩のお陰で国家事業として繁栄 王国の3分の1の財源を占め「白い金」と言われた。

f0346196_18061079.jpg
ポーランドの王カジミェシュ3世の像
クラクフ岩塩採掘法を発布した。

f0346196_22492432.jpg
岩塩を運ぶために深い地下に馬も飼っていた。
日光も当たらず長生きはできなかったそうだ。

f0346196_18032950.jpg
見上げると限りなく高い。



f0346196_18032242.jpg
岩塩で作られ彩色されたキリスト像
地下に潜ればいつ地上に出られるか解らない
事故で亡くなる坑夫も多く弔うためのキリスト像。



この後地下101mの所にある聖キンガ大聖堂へ行く。















by o-rudohime | 2018-09-24 08:17 | 旅の思い出 | Comments(19)
Commented by aamori at 2018-09-24 08:33
岩塩を取るために、、なかなか大変なんですね、、
初めてわかりました。日本は海があるから、、、
私、高いところも、地下深くも、嫌いです、、、
岩塩で作られ彩色されたキリスト像、なんだか悲しくなります。
Commented by ayayay0003 at 2018-09-24 08:36
おはようございます^^
地図を拝見すると、観光で行く場所は
一番浅い場所なのですね~それでも地下100mほども下るのですね!
100mも下ると気圧も違うはずで・・・チョット慣れるまでは不安でしたね!
岩塩、昔は貴重品で高価だったのですね!
像、暗いところで見たら確かに怖い!(笑)
興味深いお写真ありがとうございました(^^♪
Commented by sacromonster at 2018-09-24 09:33
岩塩を取るためにはこれ程の工夫と犠牲が(:馬も人間も:)あるんですね。良い事を教えて頂きました。
私共のツアーはクラクフには寄りませんでした。
ショパンの生家と何とか云う公園に立ち寄りました。
ショパンの生家では、クラクフ音楽大学のピアニストが演奏してくださいました。もう20年くらい前の事です。
Commented by kazutanumi at 2018-09-24 09:46
岩塩白い金と呼ばれるほど貴重な物だったんですね。
坑夫によって岩塩で掘られた彫刻像が興味深いです。
キリスト像が過酷な採掘作業を慰めていたんでしょうね。


Commented by ei5184 at 2018-09-24 11:28
海のない所での塩は大変貴重なんですね!
しかし、狭い、暗い、滑る・・・
敬遠してしまおうかな(笑)
himeさんの写真で、充分満足でした!
Commented by umi_bari at 2018-09-24 12:13
何か怖い恐ろしい話しに思えてしまいますが、これが現実なんですね、日本は海に囲まれていて良かったと思います。
Commented by tamutamu0401 at 2018-09-24 13:41
o-rudohimeさん!こんにちは^^

昔の岩塩の採掘って大変だったでしょうね!
岩塩はドイツへ行った時に買って帰ったことが有ります。
水に溶けにくく味は精製塩より丸みや旨味が有るのが特徴らしいですが私にはよく分かりません。
地下にも大聖堂が造られたんですね!
                            たむたむ
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-09-24 16:58
こんにちは、私はクラクフで、オプショナルツアーを買って、バスで
往復しましたが、そのツアー客の全員が選択の余地なく階段でした。
きっと安いツアーだったからでしょうね(^。^)
この坑内は、かなり暗いのに写真はどれも明るく撮れてますね。迫力あります。
そういえば私は高所も、閉所も大丈夫ですが、この坑道だけは途中で外に、
出たくなりました。ここは人間が長くいる場所ではないですね。
キンガ大聖堂だけは広くて、やっと一息つき、深呼吸したのを思い出しました。
もう6年前で記憶もあやふやですが、次回の大聖堂も楽しみにしてます。
Commented by o-rudohime at 2018-09-24 17:34
☆ATSUKOさん
エレベーターで下ってからも登ったり下ったりすると聞き行くのをやめようかと思いました。
娘が一番行きたい所だというもので渋々ついて行きました。
塩が金と同じ価値があると想うと日本は幸せな国だと思いますね。
Commented by o-rudohime at 2018-09-24 17:40
☆アリスさん
暗いところは苦手 ほとんどすり足状態です。
一部屋毎にドアを閉めるのは換気の風の流れの為だと思いますが気分的に息苦しさを感じました。

Commented by o-rudohime at 2018-09-24 17:48
☆sacromonsterさん
ワルシャワではプライベートコンサートでショパンの曲をピアノ演奏してくれました。
生家でも演奏をしてくれましたがゆっくり聞く暇がなかったのが残念でした。
随分前に行ったのですね
今も20年前と少しも変わってないと思いますよ。
Commented by o-rudohime at 2018-09-24 17:51
☆かずたんさん
ガイドさんは王のため喜んで塩の採掘をしたと言っていますたが・・・です。
信仰が心の支えになっていたのでしょうね。
2時間ほどの観光でしたが気持ちが疲れました。
Commented by o-rudohime at 2018-09-24 17:54
☆eiさん
長蛇の列はポーランド人が多かったのではと思いました。
後に書きますが地下レストランは人で一杯でしたから。
一度見ればいいかな~と思いましたね。
岩塩で作られたシャンデリアは忘れがたい光景でした。
Commented by o-rudohime at 2018-09-24 17:58
☆umi bariさん
一度地下に潜ればいつ地上に出られるか解らないと思うと残酷だと思います。
余程賃金が良かったのでしょうかね。
海の中と違ってあの閉鎖感は長くは耐えられませんね。
Commented by o-rudohime at 2018-09-24 18:02
☆たむたむさん
ここでも岩塩を売っていました。
結構安いのですが重そうで買わずじまいでした。
大聖堂用に広い空間に掘ったそうです。
一番広い空間でした。
Commented by o-rudohime at 2018-09-24 18:09

☆旅プラスさん
旅プラスさんも行かれたのですか
予約をしないとエレベーターの数が少なく人数も6人しか乗れないので先ず下りは中々乗れないでしょうね。
肉眼で見えるのはこの半分以下 裏技で出来る限り明るくしました。
宮殿内等もかすかにしか見えなくても明るくしています。
デジカメで撮したと思えないでしょう?
Commented by manekinntetti at 2018-09-25 08:12
himeさん♪ おはようございます。
旅の話を聞いたり、写真を見せて貰うのが大好きな私は、
いつも「いつか行きたいなぁ~♪」と思いながらウットリと見せてもらってます。

Commented by manekinntetti at 2018-09-25 08:13
あ!長男へのお祝いコメントをありがとうございました。
嬉しかったです。
Commented by o-rudohime at 2018-09-25 11:59
☆テッチさん
幸せいっぱいのご長男の結婚式の様子を拝見して幸せな気持ちにさせていただきました。
こちらこそ「ありがとうございました」 です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

ドバイでつっかえてしまったク..
at 2019-03-02 11:48
3月生まれの方 おめでとうご..
at 2019-03-02 07:23
春は弥生
at 2019-03-01 13:27
見知った絵はあったでしょうか..
at 2019-03-01 07:09
スイッチの切り替え
at 2019-02-28 16:00
フランス以外で見た事もある絵..
at 2019-02-28 07:36
そんなつもりじゃなかったのよ
at 2019-02-27 13:49
買ったり借りたりのルーブル・..
at 2019-02-27 06:56
納得させられる当て字
at 2019-02-26 13:36
海外で見る日本の文化 ~ルー..
at 2019-02-26 07:29
角度さまざま
at 2019-02-25 14:53
最大の目玉観光 ~ドバイ~
at 2019-02-25 07:17
情熱のかけ方それぞれ
at 2019-02-24 13:10
バカと煙は高い所が好き ~ド..
at 2019-02-24 07:10
吸うだけが空気ではない 読む..
at 2019-02-23 13:30

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

☆zakkkanさん ..
by o-rudohime at 17:02
☆ぎんネコさん お母様..
by o-rudohime at 16:54
☆かずたんさん 桜餅や..
by o-rudohime at 16:48
一度でいいから この言..
by zakkkan at 15:20
☆ぴこさん もしかして..
by o-rudohime at 11:45
小さい頃から桜餅は長命寺..
by kazutanumi at 11:45
☆パパリンさん 年代の..
by o-rudohime at 11:40
明日から 旅立ちですね。..
by pikorin77jp at 10:49
おはようございます。 ..
by 19510909 at 09:21
☆たむたむさん 桜の花..
by o-rudohime at 22:13

ホームページ

お気に入りブログ

Taka's Ph...
絵手紙の小窓
たんぶーらんの戯言
コバチャンのBLOG
北国の花鳥風月
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
963-7837
花の調べ
My slowlife ...
幻に魅せられて…
近所のネコ2
楽・遊・学・ビバ人生!!
がちゃぴん秀子の日記
ひだまり●●●陽のあたる...
気まぐれ日記
音楽・スィーツ・そしてB...
ワットモーイ  オランダ...
aviの額
常陸のT's BLOG
岳の父ちゃんの Phot...
4にゃん日記+
蒸気をおいかけて・・・少...
いけのさい~子育てと教育...
cool witch
六 屋
ゲ ジ デ ジ 通 信
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
花便り
toriko
その日・その日
Changun-kun
小さな旅で観た情景
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
月夜飛行船
花追い人の絵手紙いろいろ♪
一喜一憂 日々の暮らし
風の便り
絵を描きながら
花鳥撮三昧
Sauntering 
花は桜木、
三日坊主
一場の写真 / 足立区リ...
ゆっくりゆったり
人生とは ?
美は観る者の眼の中にある
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
ぶらり散歩 ~四季折々フ...
気ままな食いしん坊日記2
わんわんぶー
♪Princess Cr...
Night Flight...
will
ネコと文学と猫ブンガク
風と花を紡いで
ぽとすのくずかご    
墨のかほり
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
日記のような写真を2
クーのひとりごと
柴わんことにゃん太郎
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで行ってきます
ちゃたろうとゆきまま日記
写真画廊 ナカイノブカズ 2
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ひだまりのなかで
ゆうさんちのご飯日記
静かな時間
シンシアの部屋
薫の写心
小さな幸せ 田舎の主婦は...
NONKOの絵手紙便り
俺の心旅
猫じまん
すまいるらいふCAFE ...
お転婆シニアのガーデニン...
slow life
ぎんネコ☆はうす
笑顔がいちばん ♪
日々雑感
花々の記憶 
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
陽だまりの道
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
ふくとぽん
屋根裏部屋の落書帳
Titanic of J...
長月より
感性の時代屋 Vol.2
インパクトブルー
kaorainne日記Ⅱ
MakikoJoy 上北...
季節の風を追いかけて
ちょっと田舎暮しCali...
ありがとうの毎日に♪
亀の遠写近写②
明日には明日の風が吹く
晴れ時々曇りな日
でんでんでん2
銀の絵手紙
まゆみのお絵描き絵手紙
ミセス サファイア 静け...
ヨルゴスのソウルヘルズ
へぇ、おおきに
- 光景彡z工房 - ◇...
あの日、あの時、あの場所で
前を向いて「ひまわり」
バリ島大好き
らくがき塗り絵あそび
気のむくままに・・・2
ジャコの「何気ない日々の中で」
なんでもブログ
さぬきジェンヌのおいしい...
皇 昇   
貧乏なりに食べ歩く 第二幕
ダイアリー
pas mal な毎日 2
只今、元気に療養中
ステキな暮らしLabo.
言の葉の優しさに・・・
みゅうとの暮らし+れおん
Gorilla9qc's...
登志子のキッチン
そんな男の独り言2
トチノキの詩2
暁橋のたもとから
四季いちご
気まぐれ絵手紙
蒼月の絵手紙 ex
ポルトガル便り~ヨーロッ...
Weblog : ちー3歩 Ⅱ
蒼穹、 そぞろ歩き2

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ