戦争の足跡 ~ビルマの竪琴~

f0346196_17172586.jpg
ミャンマーのサガインヒルにある日本人戦没者慰霊塔に行った。
写真のような乗り合いバスを2台貸し切り山道を登って行く。
日本から輸入された中古車(使用会社名がそのまま残っている)の方がクッションがいいのではと選び乗った。
体重の重さに係わらず皆さんピョンピョン跳ねオシャベリすれば舌を噛む事間違いなしと思った。

f0346196_17171793.jpg
日本人の慰霊碑はミャンマーの至る所にあるそうだ。

サガインヒル慰霊碑群のそばに「日本パゴダ」があった。
第31師団の第168聯隊(佐倉)の戦友会が3年がかりで昭和51年に完成したパゴダ。
塔には金箔が貼られ土地の人が清掃していた。

f0346196_11201826.jpg

f0346196_17322085.jpg
f0346196_17322628.jpg
数えきれないほどの戦没者の名前が刻まれている。
お参りしたくてもこの地まで来れない遺族もいらっしゃるのではと思うと心が痛む。
f0346196_17314741.jpg
f0346196_17315761.jpg
f0346196_17320473.jpg
ミャンマーではお墓を作る習慣がない。
清掃をしてくれている人に心から感謝の気持ちでいっぱい。

添乗員が代表してお線香を供えてくれたのでお参りした。
父の弟が沖縄で戦死しているので感慨深かった。

フィクションだと言われている「ビルマの竪琴」は市川崑監督によって2度映画化された。
肩にオウムを乗せ竪琴を持った元日本兵の姿を記憶している方もいらっしゃるのではと思う。






by o-rudohime | 2017-12-23 08:10 | 旅の思い出 | Comments(12)
Commented by umi_bari at 2017-12-23 08:15
今でも、日本からの慰霊の方々がいっぱい行かれていますね。
寄付も結構しているそうですね。
末永い友好を願うばかりです。
Commented by ayayay0003 at 2017-12-23 08:32
私もお墓参りする日本人がいることに感動しました~☆
そして清掃してくれる方にも(^-^)
ツアーで行ってお参りされるhimeさんたちにも(^^♪
バリ島にも知る人ぞ知るお墓があって随分若い時ですが家族でお参りしたことがあります。
ミュンマーもいつか訪ねてみたいです。
Commented by aamori at 2017-12-23 08:36
そうなんですね、、、日本人の慰霊碑が至る所に。
例によって、映画はちらっと見たことがあります。ちらっと。
いろいろな意味で、興味深い国です。
ミャンマーの日常生活、、どこか懐かしい
東京オリンピックの前の東京は、、
ちょっと、そんな雰囲気もあったのに。(若くないですよ私)
Commented by kazutanumi at 2017-12-23 09:19
同じ仏教国だからでしょうか、街中の人々の暮らしぶりは何か懐かしい感じさえしますね。
仏塔、寺院などの建物は、仏像こそありますけど、日本とは随分と様相がちがいます。インド、パキスタンあたりの影響なのかしら。
シュエダゴン パゴダはいちど見てみたいなあ。

沢山の亡くなった日本兵の慰霊碑が、大切に守られていていますね。
同じ戦争でも片や感謝され、片やいまだに恨まれて、、、まあどんな主義主張があっても、戦争は大きな犠牲が出るのは間違いないです。
Commented by pikorin77jp at 2017-12-23 11:25
どれも いいお写真ですね。時に ひとつ前の記事の写真たち。
その地の生活が凄く伝わってきます。
Commented by o-rudohime at 2017-12-23 13:24
☆umi bariさん
遺族にすればぜひ訪ねたい場所でしょうね。
ツアー会社の若い添乗員(次期社長を約束されている)よく気が付く人で日本からお線香を持って来ていました。
墓守をしてくださる方に感謝です。
Commented by o-rudohime at 2017-12-23 13:31
☆アリスさん
日本が侵略した地で日本人のお墓があるのは感動ですね。
オーストラリアにもいまだかつて戦争で上陸した唯一の国日本 彼の地で戦死した日本兵のお墓がありちゃんと近隣の人が墓守をしてくれています。
碑のある狭い地は日本国所有地になっています。
Commented by o-rudohime at 2017-12-23 13:37
☆かずたんさん
終戦後の日本を思いだしますね。
貧しくても心が豊かとはこのことではと思う親切で優しい国でした。
敗戦国の日本に向かって吠えられても困りますよね。
Commented by o-rudohime at 2017-12-23 13:45
☆ぴこさん
東南アジア方面は数か国行っていますが今回は特にリバークルーズだったので素朴な村を訪ねる機会が多かったのが子供時代を思い出されて良かったですね。
Commented by o-rudohime at 2017-12-23 13:53
☆ATSUKOさん
ビルマの竪琴のビデオを船上で見せてくれました。
観光地で托鉢している坊さんが思い浮かびましたが フィクションだと思いつつも感動しました。
クルーも一緒に見ていましたがどんな風に感じたでしょうかね。
もし日本が戦争に巻き込まれたらと思うと想像が出来ない程の怖さがあります。
Commented by ei5184 at 2017-12-23 15:41
ビルマの竪琴のビデオ・・・日本では見る機会も無くなりましたが、
現地で観せてくれるとは、嬉しいですね!
親日であると云う事だけでも、とても有難く、嬉しく思います。
Commented by o-rudohime at 2017-12-23 20:23
☆eiさん
昔ビルマの竪琴を見た時はたいそう感動しましたが現地でお坊さんの修行や現地の人の生活を見ると少々見かた考え方が甘いのではと思いました。
ノンフィクションじゃないのですから美化されて当たり前でしょうね。
親日国であることは痛切に感じました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

刺激を受けて
at 2018-11-09 11:17
振り出しに戻る ~ニューヨーク~
at 2018-11-09 07:28
働けど働けども・・・
at 2018-11-08 13:22
人口60人の小さな村ペギーズ..
at 2018-11-08 06:09
且座喫茶(しゃざきっさ)
at 2018-11-07 13:52
タイタニックとハリファックス..
at 2018-11-07 08:12
カナダにある町 シドニー
at 2018-11-07 07:04
うぬぼれ鏡
at 2018-11-06 12:19
グリーンゲーブルズハウス ~..
at 2018-11-06 06:01
赤毛のアンのグリーンゲイブル..
at 2018-11-05 16:51
やられた! 
at 2018-11-05 10:24
赤毛のアンゆかり地 プリンス..
at 2018-11-05 06:37
こんな流れで如何でしょうか
at 2018-11-04 15:39
$100のオプションツアー ..
at 2018-11-04 09:39
特別サービスの紅葉見物 ~カ..
at 2018-11-04 06:37

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

出発する前に 読んでくれ..
by manekinntetti at 08:00
☆テッチさん 豪華な焼..
by o-rudohime at 08:56
☆たむたむさん 紅葉時..
by o-rudohime at 08:48
いつも楽しませてもらって..
by manekinntetti at 08:20
o-rudohimeさ..
by tamutamu0401 at 19:55
☆eiさん 住人が60..
by o-rudohime at 19:44
映画「ハナミズキ」は知ら..
by ei5184 at 17:11
☆かずたんさん 青空と..
by o-rudohime at 16:55
☆旅プラスさん 昔から..
by o-rudohime at 16:52
☆umi bariさん ..
by o-rudohime at 16:48

ホームページ

お気に入りブログ

Taka's Ph...
絵手紙の小窓
たんぶーらんの戯言
コバチャンのBLOG
北国の花鳥風月
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
963-7837
花の調べ
My slowlife ...
幻に魅せられて…
近所のネコ2
楽・遊・学・ビバ人生!!
がちゃぴん秀子の日記
気まぐれ日記
ワットモーイ  オランダ...
aviの額
常陸のT's BLOG
岳の父ちゃんの Phot...
4にゃん日記+
蒸気をおいかけて・・・少...
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
花便り
toriko
Changun-kun
小さな旅で観た情景
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
月夜飛行船
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
花鳥撮三昧
Sauntering 
一場の写真 / 足立区リ...
ゆっくりゆったり
人生とは ?
美は観る者の眼の中にある
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
ぶらり散歩 ~四季折々フ...
気ままな食いしん坊日記2
わんわんぶー
♪Princess Cr...
Night Flight...
will
ネコと文学と猫ブンガク
風と花を紡いで
ぽとすのくずかご    
墨のかほり
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
日記のような写真を2
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで行ってきます
ちゃたろうとゆきまま日記
写真画廊 ナカイノブカズ 2
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ひだまりのなかで
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
薫の写心
小さな幸せ 田舎の主婦は...
俺の心旅
猫じまん
すまいるらいふCAFE ...
お転婆シニアのガーデニン...
slow life
ぎんネコ☆はうす
日々雑感
花々の記憶   hap...
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
陽だまりの道
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
ふくとぽん
屋根裏部屋の落書帳
Titanic of J...
長月より
続・感性の時代屋
インパクトブルー
kaorainne日記Ⅱ
ちょっと田舎暮しCali...
ありがとうの毎日に♪
亀の遠写近写②
晴れ時々曇りな日
でんでんでん2
銀の絵手紙
まゆみのお絵描き絵手紙
ミセス サファイア 静け...
ヨルゴスのソウルヘルズ
へぇ、おおきに
- 光景彡z工房 - ◇...
前を向いて「ひまわり」
バリ島大好き
らくがき塗り絵あそび
気のむくままに・・・2
ジャコの「何気ない日々の中で」
なんでもブログ
さぬきジェンヌのおいしい...
皇 昇   
貧乏なりに食べ歩く 第二幕
ステキな暮らしLabo.
言の葉の優しさに・・・
みゅうとの暮らし
Gorilla9qc's...
登志子のキッチン
そんな男の独り言2
トチノキの詩2
暁橋のたもとから
四季いちご
気まぐれ絵手紙
蒼月の絵手紙 ex

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ