若い男にプロポーズされる ~ミャンマーにて~

f0346196_13061110.jpg
いや~嬉しかったですよ 若い男が片膝をついて花1輪を差し出された時は
このスタイルってプロポーズですよね。

f0346196_13060434.jpg
受け取った花です。
勿論キャビンに持ち帰り飾っておきました。

f0346196_13062561.jpg
徒歩で回り切れる小さな村へ行った時です。
子供達と村を一回り 記念に日本人11名と村の子供たちの集合写真を写しました。

上陸した時 前日がお誕生にだったオーストラリア女性が飴をばらまいていました。
お誕生日の嬉さのおすそ分けだと解釈しました。

日本ではツアー旅行の時は子供に物を与えるのは禁止事項です。

船に帰る時数人の子供が道端の花を摘んで観光客に渡しています。
私の前に現れた男子(ピンクのシャツで少々はにかんでいる子)にどこで覚えたのか片膝をつき花を渡してくれました(少々舞い上がっているので同じ文章を又書いています)

お互いに無言・・・
花を受け取りそ~っと飴を手渡しました
それが私の返事です。
f0346196_13061910.jpg
船から眺めると彼が一人寂しそうに・・・

いい話でしょう ヴェネチュアが舞台だった映画「旅情」のシーンが思い浮かびませんか?
な~んだ つまんないそんな話・・・ヤキモチですか?

矢張り舞い上がっているのでしょうかね~ 人生最後のプロポーズを受けた幸せないっときでした。



by o-rudohime | 2017-12-22 07:31 | 絵手紙の花と野菜 | Comments(14)
Commented by 19510909 at 2017-12-22 07:38
最高です!全世界に向かって
いま、この時間に一番幸せなのは
私だぁぁぁぁぁぁ、と(*^-^*)

でも、彼にとっても
人生を賭けた行為だったのでは???
Commented by pikorin77jp at 2017-12-22 08:20
最後のお写真 胸にジンとくるものがありますね。
はにかんでるところが なんだか ちょっと切なくも感じます。
Commented by aamori at 2017-12-22 08:34
素敵素敵。。こんな若い男性から。
旅情は、ちゃんと見ましたよ。(テレビで)
初めてヴェネチアに行く前に、予習で、、、
期待したロッサノ・ブラッツィのような、ハンサムはいなかったです。(残念)
ジロー・ラモさんに似た方はかなりいましたが、、、
シクラメンの絵、、素敵、、
私、どうも葉っぱを描くのが、、面倒というか苦手で、、
かいたことないけど、描きたくなりました。
Commented by ei5184 at 2017-12-22 10:06
これは凄いお話ですね~ 年の差なんて気にしない(笑)

そうか、どんな時でもお花を準備しておこう!
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-12-22 11:08
きゃは~~~!!!(^。^)、良かったですね。
あのピンクのシャツに、ジーンズの子供ですね。可愛い~。
キャサリン・ヘプバーンの、ラストシーンは、今でも覚えてます。
彼は別れの列車が出る前に来て、きちんとお花を渡さなければ(^。^)
そして舞い上がりましたか~~、人生最後のプロポーズかどうかは、
まだ分かりませんよ。あと2回も3回もあるかも(^。^)
Commented by ayayay0003 at 2017-12-22 11:40
素敵なプロポーズのお話ありがとうございます(^_-)-☆
彼、しかも、オシャレですね☆
他の子供と比べるとシンプルな感じ~♪
お花を渡されるのは、嬉しいですね~(o^^o)
しかも、可憐なお花❤
子供達の集合写真をみると皆、カラフルでビックリです(*^ー゚)
Commented by o-rudohime at 2017-12-22 12:55
☆パパリンさん
日本人で片膝付いてプロポーズされた人 何人いるでしょうかね。
照れもせず(受け取る方も)純粋の気持ちっていいですね~
人生最大の記念にやり直しで娘にこのシーンを写してほしいと思いましたが彼の気持ちを思うとできませんでしたね。
Commented by o-rudohime at 2017-12-22 12:59
☆ぴこさん
「花を贈ったのにたった一個の飴か」 と思っているとは思いたくない姿でした。
つい映画のシーンにすり替えるなんて「アホと違うか!」の突っ込みだけは回避したいです。
Commented by o-rudohime at 2017-12-22 13:02
☆ATSUKOさん
ミャンマーの人は現地ガイドさんによるとハッピーエンドで終わる映画が好きだそうです。
シクラメンは年に1度くらいしか描きません。
絵手紙はこの程度の絵でも許される範囲だと思っています。
Commented by o-rudohime at 2017-12-22 13:08
☆eiさん
数本の花束よりただ1本の花に重さを感じました。
「おばぁちゃん年幾つ」と聞かれ年の数の花をくれたならギョ!
受け取らなかったでしょうね。
確かeiさんも毎年 奥様にお花をプレゼントされていますよね
必殺技を知っていらっしゃったのですね。
Commented by o-rudohime at 2017-12-22 13:15
☆旅プラスさん
村散策の時私の前になり後になりながら歩いていたのでしょうか
な~んて想像するだけでも楽しい思い出になります。
またこのようなチャンスがある様(ない ないと笑いを我慢しなくてもいいですよ)素朴な村巡りに行きたいですね。
Commented by o-rudohime at 2017-12-22 13:21
☆アリスさん
なんていう花か調べたくなります。
暖かい国だけありカラフルな服を着ていますよね。
ちょっと栄えた村の子(飴 飴とねだりながら付いてきます)と違ってクルーズでしか観光客が訪れない村人の素朴さは旅のタイトル「アジアの原風景を行く」にピッタリでした。
Commented by horopyonn-0624 at 2017-12-23 10:23
>お互いに無言・・・
花を受け取りそ~っと飴を手渡しました

鮮やかな黄色の花
ずっと心に残ります。
それとともに
ひめ様の優しさを感じました・・・。
Commented by o-rudohime at 2017-12-23 10:51
☆ぎんネコさん
ロマンチックでしょう?
観光客もあまり訪れない村でこんなシャレた形で花を渡していたのはこの子だけでした。
意味なんて解ってないのでしょうがビデオで見て格好いいと思ったのでしょうね。
他のおばさん達でなく後期高齢の私を選んでくれたことも嬉しかったですね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

ヴィラヌフ宮殿の庭 ~ワルシ..
at 2018-09-22 16:46
閉鎮花って知っていますか
at 2018-09-22 12:38
ワジェンキ宮殿2 ~ワルシャワ~
at 2018-09-22 07:40
ご用心 ご用心
at 2018-09-21 17:36
ワジェンキ宮殿内部1 ~ワル..
at 2018-09-21 10:27
水上宮殿 ~ワルシャワ~
at 2018-09-21 07:26
ワルシャワの街散策2
at 2018-09-20 14:07
風呂敷のたたみ方
at 2018-09-20 06:17
儚い命は尊く美しい
at 2018-09-19 13:08
ハイテクにはついていけない ..
at 2018-09-19 07:24
お国言葉
at 2018-09-18 12:38
ショパンの心臓は柱の中 ~ワ..
at 2018-09-18 07:50
微笑がえし
at 2018-09-17 13:09
ワルシャワ旧市街散策1
at 2018-09-17 07:35
柔和な心 ~カラメル画~
at 2018-09-16 13:49

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

☆たむたむさん 先輩後..
by o-rudohime at 22:36
☆ぎんネコさん 今の子..
by o-rudohime at 22:32
☆かずたんさん 環境に..
by o-rudohime at 22:25
o-rudohimeさん..
by tamutamu0401 at 22:24
☆17;29の鍵コメさん..
by o-rudohime at 22:21
☆旅プラスさん 何とか..
by o-rudohime at 22:19
心配は時間の無駄。 親..
by horopyonn-0624 at 21:22
閉鎮花、、、へえ~蕾のう..
by kazutanumi at 20:00
うわ~~、今日はコメ返の..
by tabi-to-ryokou at 17:22
☆zakkkanさん ..
by o-rudohime at 16:43

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
たんぶーらんの戯言
コバチャンのBLOG
北国の花鳥風月
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
963-7837
花の調べ
My slowlife ...
幻に魅せられて…
近所のネコ2
楽・遊・学・ビバ人生!!
がちゃぴん秀子の日記
気まぐれ日記
ワットモーイ  オランダ...
aviの額
常陸のT's BLOG
岳の父ちゃんの Phot...
4にゃん日記+
蒸気をおいかけて・・・少...
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
花便り
toriko
Changun-kun
小さな旅で観た情景
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
月夜飛行船
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
花鳥撮三昧
Sauntering 
一場の写真 / 足立区リ...
ゆっくりゆったり
人生とは ?
美は観る者の眼の中にある
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
ぶらり散歩 ~四季折々フ...
気ままな食いしん坊日記2
わんわんぶー
♪Princess Cr...
Night Flight...
will
ネコと文学と猫ブンガク
風と花を紡いで
ぽとすのくずかご    
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
日記のような写真を2
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで行ってきます
ちゃたろうとゆきまま日記
写真画廊 ナカイノブカズ 2
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ひだまりのなかで
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
薫の写心
小さな幸せ 田舎の主婦は...
俺の心旅
猫じまん
すまいるらいふCAFE ...
お転婆シニアのガーデニン...
slow life
ぎんネコ☆はうす
日々雑感
花々の記憶   hap...
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
陽だまりの道
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
ふくとぽん
屋根裏部屋の落書帳
Titanic of J...
続・感性の時代屋
インパクトブルー
kaorainne日記Ⅱ
ちょっと田舎暮しCali...
ありがとうの毎日に♪
亀の遠写近写②
晴れ時々曇りな日
でんでんでん2
銀の絵手紙
まゆみのお絵描き絵手紙
ミセス サファイア 静け...
ヨルゴスのソウルヘルズ
へぇ、おおきに
前を向いて「ひまわり」
バリ島大好き
らくがき塗り絵あそび
気のむくままに・・・2
ジャコの「何気ない日々の中で」
さぬきジェンヌのおいしい...
皇 昇   
貧乏なりに食べ歩く 第二幕
ステキな暮らしLabo.
言の葉の優しさに・・・
みゅうとの暮らし
Gorilla9qc's...
登志子のキッチン
そんな男の独り言2
トチノキの詩2
暁橋のたもとから
四季いちご
散策綴り
気まぐれ絵手紙
蒼月の絵手紙 ex

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ