♪エエ~コラ~♪ ボルガ川下り

ボルガ川を13日かけてモスクワからサンクト・ペテルブルグまでの間の川下りをしたことがあった。

f0346196_15444493.jpg
川船なので5階建ての小さな船で行く。
マコヤスキー号 喫水2.9mと浅く 総トン数3800t 全長125m 幅16.5m 乗客260名 今回はフランス人 日本人を中心にアメリカ人数人のロシア人が乗船していた。

f0346196_15445098.jpg
f0346196_15445642.jpg
リラの花がまっ盛り 見渡す限りタンポポが咲き乱れ街中はタンポポの綿毛がたまり場を作っていた。

f0346196_15453884.jpg
f0346196_15540450.jpg
油を流したようなベタ凪の川を進んで行く。
ダーチャと呼ばれる郊外にある別荘の様な家が建ち並んでいる。
ロシアがソ連と言われた頃から続く電気も水道もなく週末を過ごすための家。
ロシア人が真面目に働かないのは週末の農作業でくたびれているから と言うジュークがある。

f0346196_15452491.jpg
f0346196_15453254.jpg
川下りの定番水門が至る所にある。
水門に船が入ると水を抜き(黒くなっているところまで水があった)水位を下げる。

f0346196_16054373.jpg
次の扉が下がり水位が同じになった所 結構感動的なシーンだった。

f0346196_16080539.jpg
水門内には数隻の船が入るので私が乗った船とほぼ同じ大きさの船と後先になりながら航海をすることになる。

f0346196_16161397.jpg
f0346196_16153767.jpg
今でも印象に残っている水没した教会。
スターリン時代にたくさんの水門が建設された。
政治犯 服役中の人々の犠牲もあったが700村近くが水没した。
美しい景色だったが複雑な気持ちになる。

f0346196_16221830.jpg
リンゴの花も咲き 美しいモスクワからサンクト・ペテルブルグまで航海 上陸した様子は順次。
















by o-rudohime | 2016-05-10 04:46 | 旅の思い出 | Comments(14)
Commented by at 2016-05-10 04:57 x
永遠のマダム
ダーチャほか どの様に記憶(記録)しているのですか?
知識の宝庫ですね。
3800トンですか。 500トンの船で 大阪まで出ていた田舎人としては、巨大な船舶です。

Commented by o-rudohime at 2016-05-10 05:27
☆ムッシュ凧さん
それなりに記録してあります。
前回行った所の記憶さえ薄らぎ始めていますがメモったりこの様な形で残しておけば後で読み返せますからね。
川クルージングは海と違って景色を近くで見ることが出来 目線も低い位置ですのでキャビンに引きこもっていても退屈しません。
雨の中の京都 如何でしたか。
Commented by at 2016-05-10 05:47 x
永遠のマダム
頭脳の中を含めた その整理状態に憧れますね。
羨ましい!

雨の京都、それなりに良かったですよ。
信号待ちのタクシーの窓が 少し開き
川崎出身の舞妓ちゃんが、「お兄さん! うちの誕生日 XXX、ロッテのガーナのポップジョイ 待ってま~す」と連呼しながら 走り去りました。
ボケ防止に言ってくれたと思い、すぐスーパーに行って記憶を頼りに 購入しました。
花ちゃんとも 奇跡に近い遭遇数回で 段々と心を盗まれて行きました。

Commented by linden2151026 at 2016-05-10 06:06
リラの花やリンゴの花ご満開の今頃いらっしゃったんですね。
いろんなところにいらっしゃったとおもいますが、いちばんお好きなところはどちらですか?
Commented by ei5184 at 2016-05-10 06:10
川が長くなりますと、水門が必要になりますか!
以前ナイル川のナイトクルーズした時と
比べ物にならないくらい 大きな客船です!
海は期間が長すぎるので、2泊くらいのドナウ川下りは
機会があれば行ってみたいと(笑)
Commented by o-rudohime at 2016-05-10 06:35
☆ムッシュ凧さん
矢張りいい出会いがあったのですね。
可愛いおねだりですね これなら会う度にプレゼントできるでしょう。
花ちゃんと度々会えるのは縁があるからですよ。 
東京へ出てきた時偶然の出会いがあれば・・・どんな方か解らないので無理ですね。
Commented by o-rudohime at 2016-05-10 06:40
☆lindenさん
旅はいい季節 私にとっては花が咲いている時期に行きたいです。
旅で印象深いのはアラスカクルージングでしょうか。
念願の氷河が崩れるのを見ることが出来ました。
地中海クルーズも良かったです。
最悪はインド旅行 食事が口に合わず以後カレーが食べれなくなっています。
Commented by o-rudohime at 2016-05-10 06:46
☆eiさん
ドナウ川クルジングは様々なコースがあり観光する場所も陸からは行けない様な所へ行けるので楽しいですね。
今ダイヤモンドプリンセスが日本発着で2人で1人分の料金と言うサービスコースが発表されました。
勿論申し込み済みです。

Commented by ayayay0003 at 2016-05-10 09:25
ロシアは、2年前にお初で訪ねてみましたが
バルト3国とのコラボだったので日数にしたらわずか・・・
しかも、サンクト郊外にある夏季の離宮からサンクトまで
ホバークラフトクル―ズ?に乗りましたが海の水が汚くてビックリ~
父は、これじゃ瀬戸内海のが綺麗だ!意味ない!と言う程~(>_<)
こんな美しい川クルーズもあるのですね(^^♪
リラの花、私たちが訪ねたのも6月だったので満開でした♪
サンクトは、綺麗な街でしたが、なんだか日本人にはちょっぴり怖いというのがロシアの印象です。
でも食べ物が美味しかったし、また機会があれば訪れてみたいので、旅の思い出のアップよろしくお願いします(^^♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-05-10 11:22
こんにちは
モスクワからサンクト・ペテルブルグまで13日もかかるんですか。
勿論、観光もしながらですよね。
このツアーに日本人が多いというのは、時代の変化を感じます。
ソ連時代は、例え観光でも、やはり怖いという印象がありましたが、
今は美しい教会の建造物や、エルミタージュをはじめ美術館が人気ですね。
「川クルージング」は景色が近くて退屈しないというのに納得です。
乗ったことありませんが、夜は景色が見れなくて退屈しますか。
大型クルーズ船みたいに、ショーとかもあるんでしょうか。
Commented by o-rudohime at 2016-05-10 15:29
☆アリスさん
アリスさんと同じようにバルト3国を周ってから行くクルージングがありもう一度サンクト・ペテルブルグまで行ってみたいですね。
再度訪ねるのならリラやマロニエの花が咲くいい季節ですね。
ロシアは結構観光するところがあり楽しいです。
Commented by o-rudohime at 2016-05-10 15:35
☆旅プラスさん
モスクワからサンクト・ペテルブルグまで距離にして約700㎞ 東京~岡山位でしょうか。
川船は海と違って夜は航海せず昼間はあちこちの観光とユックリのんびりの旅です。
ショーがなくともバーがありちょっとしたイベントもあり退屈することはなかったですね。
エルミタージュ美術館は素晴らしかったです。
Commented by linden2151026 at 2016-05-11 04:23
氷河がくずれていくさまをみれるアラスカクルージング。すてきですね。
Commented by o-rudohime at 2016-05-11 04:56
☆lindenさん
lindenさんはパリ在住ですからビザもいらないのでヨーロッパは気楽に旅が出来るでしょうね。
日本からはヨーロッパまでが大変 旅の3日はそれに費やされてしまいます 時差もありますからね。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

ヴィラヌフ宮殿の庭 ~ワルシ..
at 2018-09-22 16:46
閉鎮花って知っていますか
at 2018-09-22 12:38
ワジェンキ宮殿2 ~ワルシャワ~
at 2018-09-22 07:40
ご用心 ご用心
at 2018-09-21 17:36
ワジェンキ宮殿内部1 ~ワル..
at 2018-09-21 10:27
水上宮殿 ~ワルシャワ~
at 2018-09-21 07:26
ワルシャワの街散策2
at 2018-09-20 14:07
風呂敷のたたみ方
at 2018-09-20 06:17
儚い命は尊く美しい
at 2018-09-19 13:08
ハイテクにはついていけない ..
at 2018-09-19 07:24
お国言葉
at 2018-09-18 12:38
ショパンの心臓は柱の中 ~ワ..
at 2018-09-18 07:50
微笑がえし
at 2018-09-17 13:09
ワルシャワ旧市街散策1
at 2018-09-17 07:35
柔和な心 ~カラメル画~
at 2018-09-16 13:49

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

☆たむたむさん 先輩後..
by o-rudohime at 22:36
☆ぎんネコさん 今の子..
by o-rudohime at 22:32
☆かずたんさん 環境に..
by o-rudohime at 22:25
o-rudohimeさん..
by tamutamu0401 at 22:24
☆17;29の鍵コメさん..
by o-rudohime at 22:21
☆旅プラスさん 何とか..
by o-rudohime at 22:19
心配は時間の無駄。 親..
by horopyonn-0624 at 21:22
閉鎮花、、、へえ~蕾のう..
by kazutanumi at 20:00
うわ~~、今日はコメ返の..
by tabi-to-ryokou at 17:22
☆zakkkanさん ..
by o-rudohime at 16:43

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
たんぶーらんの戯言
コバチャンのBLOG
北国の花鳥風月
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
963-7837
花の調べ
My slowlife ...
幻に魅せられて…
近所のネコ2
楽・遊・学・ビバ人生!!
がちゃぴん秀子の日記
気まぐれ日記
ワットモーイ  オランダ...
aviの額
常陸のT's BLOG
岳の父ちゃんの Phot...
4にゃん日記+
蒸気をおいかけて・・・少...
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
花便り
toriko
Changun-kun
小さな旅で観た情景
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
月夜飛行船
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
花鳥撮三昧
Sauntering 
一場の写真 / 足立区リ...
ゆっくりゆったり
人生とは ?
美は観る者の眼の中にある
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
ぶらり散歩 ~四季折々フ...
気ままな食いしん坊日記2
わんわんぶー
♪Princess Cr...
Night Flight...
will
ネコと文学と猫ブンガク
風と花を紡いで
ぽとすのくずかご    
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
日記のような写真を2
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで行ってきます
ちゃたろうとゆきまま日記
写真画廊 ナカイノブカズ 2
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ひだまりのなかで
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
薫の写心
小さな幸せ 田舎の主婦は...
俺の心旅
猫じまん
すまいるらいふCAFE ...
お転婆シニアのガーデニン...
slow life
ぎんネコ☆はうす
日々雑感
花々の記憶   hap...
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
陽だまりの道
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
ふくとぽん
屋根裏部屋の落書帳
Titanic of J...
続・感性の時代屋
インパクトブルー
kaorainne日記Ⅱ
ちょっと田舎暮しCali...
ありがとうの毎日に♪
亀の遠写近写②
晴れ時々曇りな日
でんでんでん2
銀の絵手紙
まゆみのお絵描き絵手紙
ミセス サファイア 静け...
ヨルゴスのソウルヘルズ
へぇ、おおきに
前を向いて「ひまわり」
バリ島大好き
らくがき塗り絵あそび
気のむくままに・・・2
ジャコの「何気ない日々の中で」
さぬきジェンヌのおいしい...
皇 昇   
貧乏なりに食べ歩く 第二幕
ステキな暮らしLabo.
言の葉の優しさに・・・
みゅうとの暮らし
Gorilla9qc's...
登志子のキッチン
そんな男の独り言2
トチノキの詩2
暁橋のたもとから
四季いちご
散策綴り
気まぐれ絵手紙
蒼月の絵手紙 ex

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ