はっと気が付けば・・・

f0346196_17130533.jpg

白木蓮がコブシに先がけて咲き始めた。

「親の意見と茄子の花は千に一つも無駄はない」と言う諺がある。
親の意見と冷酒は後で効くとも言われるが お酒が飲める年齢になり 親になり子供に説教する年になって初めて親の有難さが身にしみて感じる。

災害で知人 身内を家まで失った方々の体験談を聞くと悲しみは如何ほどだろうと思う。
自分が置かれている当たり前の毎日がどれほど幸せな日々かと改めて感じる。

日々安泰に暮らせることに感謝。

# by o-rudohime | 2017-03-09 16:09 | 絵手紙の花と野菜 | Comments(10)

目的達成出来ず ~マルタ島~

てっきりマルタ島は淡路島の半分しかなくイタリアに近いのでイタリアの一部だと思っていた。
地図で探しても点でしか示されて無くシチリア島の方がよほど大きい。
共和国であると知った時は「へぇ~そうなんだ」と驚いた・・もしかしてあなたもその内の一人?

ちゃんとマルタ語もあり一時期イギリス統治下の時期(車はイギリス植民地時代の名残で左側通行)があったので公用語は英語 勿論イタリア語も通用する。

f0346196_14343327.jpg
f0346196_14344307.jpg
f0346196_14351027.jpg
急な坂道と曲がりくねった道がマルタ島の特徴。
地中海のヘソと呼ばれ聖ヨハネ騎士団が住み着いた歴史ある島で有名 そのため階段は少なく(甲冑を付けて階段は登りにくい)あっても3~4歩 歩いては1段上がると言うゆる~い階段だった。

f0346196_14402340.jpg
f0346196_14402756.jpg
観光用の馬車も多く見られた。
白馬がオシャレなシューズ?を履いていた。

マルタ島へ行った目的は人口の2倍はいると言われる猫を見る事だった。

f0346196_14441943.jpg
f0346196_14442462.jpg
探さなくてもよく見かけたのは犬 洋服を着た犬は1匹も見かけなかった。
f0346196_14452191.jpg
街中で見かけた犬の落とし土産入れ。

f0346196_14460834.jpg
猫の餌場にはカリカリの餌 ケチャップ色したスパゲッティなどが置かれていたが主はいなかった。
マルタ猫協会と言う組織を作り島ぐるみでネコを保護しているそうだ。

観光大使役をしているのではと思う(あくまで猫好きの意見)
f0346196_14461387.jpg
第一猫発見
島国なのに猫が多いのは昔は漁師町だったのでネズミ退治にエジプト時代に連れてこられたのではと言われている。

f0346196_15002475.jpg
スフインクスのポーズをとってくれたネコ
紀元前のエジプトでは猫は神として崇め祭られたことがあった。
そこで一席
「犬は餌をくれる人間を神だと思い 猫は飼い主が餌を与えてくれるので自分が神だと思っている」 
さてあなたはどちら派?

f0346196_14595537.jpg
f0346196_15000418.jpg
二人のおじさんが神かシモベか分からないがおじさんから餌を貰って食事中。


f0346196_14462647.jpg
f0346196_14463584.jpg
マルタ島の猫は手で餌を食べると聞いた事があった。
ホテルの朝食のハムを持って行き与えてみたが手は使わなかった。
大勢で一つの皿から食べる時には我先にと顔がぶつかり合うのでつい手を使うのではと思う。

f0346196_15001404.jpg
5日間で見た猫は5匹のみ 朝市で魚が売られている場所にも猫1匹見かけなかった。

念願かなってマルタ島まで来てみた猫が5匹だけだとは 帰るに帰れないと言いたいところだが自宅の近所にも地域ネコがいることだし・・・







# by o-rudohime | 2017-03-09 06:37 | 旅の思い出 | Comments(18)

茶々さんお答します ~絵手紙~

絵手紙は基礎さえ学習していれば後は見たままではなく感じたままを描けばいいと思っている。
(かなり負け惜しみの言葉だが)

絵手紙友から教室で短い時間を決められ早く書く練習をしたと素晴らしい絵が送られてきた。
本来は筆の先端を持って10cmの線を1分かけて書く。

f0346196_22143205.jpg
初めてコメントを頂いた茶々さん(ブログを書かれていない様なのでここでお返事します)から箸を使って絵を描く時 箸は削って描くのかと質問された。
全くの自己流 先生の資格も持ってないのでお答えするのもおこがかしいが・・・
太く力強い線を描く時は先の平たい箸を使っている。
同じ箸でも使い込むと先が細く丸くなったこの頃が一番好き。

f0346196_22142767.jpg
細い線を出したいアネモネの花びらの様な場合は楊枝を使う。

2月17日の赤かぶは串にガーゼを巻き付けた筆を使って描いてある。
木の枝等も面白い線が出て良いと思う。
茶々さん・・・と言う事でよろしいでしょうか。






# by o-rudohime | 2017-03-08 12:57 | 絵手紙

矢張り派手すぎるかな ~絵手紙~

マルタ共和国から帰国 諸事情があり写真整理が全く進まない。

3週間後には南太平洋のクルージングに出かける。
クルージング中に「何々を着よう」というテーマの日があり南太平洋ということもありトロピカルな洋服を着る日がある。

f0346196_19134007.jpg
少々と言うか かなり派手な新品の洋服を千円で買った。
色とりどりのアネモネが描かれている。
f0346196_19135112.jpg
f0346196_19135565.jpg
f0346196_19140001.jpg
f0346196_19140763.jpg
f0346196_19141379.jpg
今月の絵手紙のテーマはアネモネに決めた。

さぁ そろそろマルタ共和国の写真を整理しなくては......








# by o-rudohime | 2017-03-08 09:04 | 絵手紙 | Comments(18)

至福の時

f0346196_16480098.jpg
絵に添えた言葉は9世紀のインドのナーラーヤナの短詩を拝借。

好みが違えば美しく感じる物も違って来る。
好みも時と共に変わって行く。

陶芸を始めたのは花器を作るのが目的だった。
出来上がった花器にどんな花を入れようかと考える時は至福の時
f0346196_16473825.jpg
f0346196_16474444.jpg
f0346196_16475130.jpg
しばらく旅に出ます。


# by o-rudohime | 2017-02-19 07:06 | 絵手紙

もも太郎ママ なんと良い響きなんでしょう

全国に絵手紙仲間が沢山いるが交友をするきっかけはお誕生日の月に絵手紙を送ったのが始まりの方が多い。

絵手紙友会に入会したのは去年の3月だった。
3月生れの私に早笑子さんから桜の絵が描かれたBirthdayカードが届いたのが交流の始まり。

f0346196_13253240.jpg
f0346196_13254658.jpg
f0346196_13320133.jpg
住所印等を沢山頂いているが 誕生祝いに「もも太郎ママへ」と可愛いもも太郎づくしの印を送って下さった。

獣医さんでペットの名前 ○○のママと呼ばれるのを嫌う人もいるだろうが 私は「ママじゃありません ばぁやです」と言いながらも嬉しい。

手のひらサイズの和綴じのノートも一緒に頂いた。
f0346196_13533790.jpg
何もお返しは出来ないがせめて猫好きの早笑子さんに猫の絵でも・・・

# by o-rudohime | 2017-02-18 13:54 | 絵手紙

イシュトバーン大聖堂のミイラの手 ~ブダペスト~

ハンガリー国王であったイシュトヴァーンの名前が付けられた聖イシュトバーン教会の中は普通の教会と違って見えた。
f0346196_13522310.jpg
f0346196_13525964.jpg
主祭壇にはキリストではなく大理石で作られたイシュトヴァーン国王の像がある。
ハンガリーのキリスト教化に貢献したとして聖人になった。

f0346196_13530876.jpg
主祭壇左側に立派なパイプオルガンがある。
この教会でコンサートが開かれることもあるそうだ。

f0346196_14005513.jpg
天井 そこに描かれたフレスコ画が素晴らしい。

f0346196_14010315.jpg



f0346196_14122859.jpg

f0346196_14010988.jpg
f0346196_14011746.jpg
美しいステンドグラス

f0346196_14025991.jpg
主祭壇ではない位置にキリストの磔刑画があった。

f0346196_14143464.jpg
マリア像はキリスト像より更に見えにくい場所に会った。

さて いよいよ聖イシュトバーンのミイラ化された手を見に行きます。
f0346196_14170471.jpg
黄金 宝石で作られたイシュトバーン大聖堂を模した中に右手が収められている。
眺めようとした途端に暗闇に・・・ガイドがコインを入れると明るくなった。
f0346196_14172066.jpg
f0346196_14172615.jpg
右手は「最初はグ~」握りしめられていた。
切り口は黄金でふさがれているのでグロテスクには感じなかった。

神社仏閣の御神体と同じ意味があるようだ。
f0346196_14173484.jpg
レントゲンで検査もされたようだ。

端折りながら 途中で1月の旅行記がはさまりながらもやっと書き終えました。

ご覧になって頂けた方 イイネを頂けた方 有難うございました。





# by o-rudohime | 2017-02-18 07:21 | 旅の思い出 | Comments(10)

つい本音が・・・

f0346196_10270638.jpg
f0346196_10271399.jpg
部屋に居てもカーテン越しに部屋の中まで赤く染まるような昨日の夕焼け空。
独り暮らしが身に染みる黄昏時なのに気持ちまでが赤色。

f0346196_10435713.jpg
外出をあまりしないので話す相手はペットの[もも太郎」だけ。
多くをしゃべっても もも太郎は理解不能 ただ「ももちゃん可愛い~ね」だけを連発する。

最近の流行語なのか 何を見ても「かわいい~」
洋服の品定めをしている時 かわいい~と言われた。
「ばぁさんに向かってかわいい~はないだろう バカにしているのかい」と思ったが慣れとは恐ろしい。

勧誘の甘い言葉は聞きたくないが・・・・



# by o-rudohime | 2017-02-17 14:27 | 絵手紙の花と野菜 | Comments(14)

聖イシュトヴァーン大聖堂  ~ブダペスト~

f0346196_16455876.jpg
f0346196_16460684.jpg
ブダペストの街中に「聖イシュトヴァーン大聖堂」がありその前の広場でクリスマスマーケットが開かれていた。

中欧4カ国を巡るツアーに参加した目的はクリスマスマーケットを見る事。
数か所を見たがドイツのクリスマスマーケットに匹敵するのはこの場所の様に感じた。

f0346196_16555770.jpg
f0346196_16560485.jpg
さっとマーケットを見て気になっていた聖イシュトヴァーン大聖堂へ行く。

f0346196_16583390.jpg
f0346196_16590203.jpg
f0346196_16585535.jpg
大聖堂正面の彫刻が素晴らしい。

f0346196_17005598.jpg
普段は使われることないドアにはキリストの弟子たちが彫刻されている。
f0346196_17001869.jpg
f0346196_17002675.jpg
聖イシュトヴァーン大聖堂のドームの高さはライトアップで美しかった国会議事堂と同じ高さの96mある。
f0346196_17382636.jpg
この教会には2つの鐘楼があり右側の鐘は9トンありハンガリーで一番大きい。
広場から鐘楼が写せるが今はクリスマスマーケットが開かれていて写せなかった。

教会の中で世にも不思議な物を見た。





# by o-rudohime | 2017-02-17 07:34 | 絵手紙

縁ありまして・・・

この季節の絵手紙はひな祭りに関した絵が多くなります。
吊るし雛を描くのに28cm×10cmの長いハガキに描きました。
わずか三個の絵を描くために 少しでも吊るし雛の雰囲気を出したかっただけ。
f0346196_11422521.jpg
これをご覧になって頂いている方とは縁あっての事。

人間関係は微妙ですね 
親しくしていた人と自然消滅 もう一度会いたいと思っていても会えず 
二度と顔も見たくないと思っていた人にはよく出会う。
顔も見たくない人とは縁があるのかと思うと気持ちは複雑です。

赤い糸で結ばれていたはずの人なのにピンクの糸に変わり 最後は白い糸になってしまった。
それでも気になるのは縁が切れたと思ってもどこかでつながっているのかもしれないと思ってしまう。

皆様とのご縁は末永く・・・・









# by o-rudohime | 2017-02-16 14:08 | 絵手紙 | Comments(16)


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

告白 じつは私も泥棒だったのです
at 2017-03-24 13:16
花泥棒の現場を押さえる
at 2017-03-24 07:36
ダンレライオン なんと怖い名..
at 2017-03-23 13:25
♪今はもう秋~♪
at 2017-03-23 07:44
お勧め通り美味しかった!
at 2017-03-22 19:43
あなたは長命寺派それとも 道..
at 2017-03-22 06:46
お勧めする訳ではありませんが
at 2017-03-21 16:16
雨の日もいいわね
at 2017-03-21 07:28
ウオンテッド
at 2017-03-20 14:17
遠目でも目立つドームのあるカ..
at 2017-03-20 07:10
つい他人と比較したくなる ~..
at 2017-03-19 14:13
マルタ島 あちらこちらの観光
at 2017-03-19 07:14
シフォンを丸めると ~絵手紙~
at 2017-03-18 14:16
騎士団の為の聖ヨハネ大聖堂 ..
at 2017-03-18 06:41
一足先の衣替え
at 2017-03-17 13:46

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

☆eiさん 木蓮に見え..
by o-rudohime at 19:08
☆アリスさん アリスさ..
by o-rudohime at 19:05
☆umi bariさん ..
by o-rudohime at 18:59
ハイ、植物音痴の私でも ..
by ei5184 at 18:42
himeさんの描かれたマ..
by ayayay0003 at 17:30
楽しいことにスイッチオン..
by umi_bari at 13:39
☆旅プラスさん 餌を差..
by o-rudohime at 12:44
☆ukicoさん 野生..
by o-rudohime at 12:39
キバタン器用ですね。 ..
by tabi-to-ryokou at 10:59
おはようございます♪ ..
by ukico32744 at 09:57

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
BAGUS!
たんぶーらんの戯言
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
花の調べ
My slowlife ...
ROMA 【在ローマ ヘ...
近所のネコ2
さぬき写真工房
aviの額
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
Sauntering 
ゆっくりゆったり
人生とは ?
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
Night Flight...
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
でん、でん、でん。。。。
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
トチノキの詩
小さな幸せ 田舎暮らし ...
俺の心旅
やませみ物語
slow life
ぎんネコ☆はうす
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
リンデンの心のままに綴る...
ふくとぽん
続・感性の時代屋
チェロママ日記
kaorainne日記Ⅱ
さぬきジェンヌのおいしい日和
亀の遠写近写②
でんでんでん2
バリ島大好き
気のむくままに・・・2

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ