ロングスティしたいロードス島

プロフィールに猫を載せるくらいですから猫大好き人間です。

ロードス島で「これでもか!」と言うほど猫に出会えました。
出会った順番に・・・
f0346196_15082997.jpg
f0346196_15083625.jpg
f0346196_15084184.jpg
ゴミ箱をあさっていた黒猫 黒猫に出会うと良い事があると言われているので朝食の時持ちだしたハムを与えました。

f0346196_15090509.jpg
f0346196_15091158.jpg
貫禄のあるこの子はかなり気に入りました。
その訳は・・・
f0346196_15091753.jpg
仲間を沢山集めてくれました。

f0346196_15125340.jpg
f0346196_15125827.jpg
f0346196_15130531.jpg
f0346196_15131297.jpg
f0346196_15132897.jpg
上2枚の写真には3匹の猫が写っています。
見付けられた方は黒猫のご利益があるでしょう そう願いつつ探してください。

f0346196_15131995.jpg
f0346196_15165865.jpg
この子は度胸のある猫です。
人や車が行きかう道路の真ん中で石畳みのつなぎ目をホリホリ 気持ちよさそうに用足しを始めました。

f0346196_15133568.jpg
ロードス島のマンホール

小さな島ながら細い道が迷路の如く この先行き止まりと言う道はないので地図を見ながら島めぐり 猫巡りが出来ました。



# by o-rudohime | 2017-11-17 04:21 | 旅の思い出

隣の芝は青く見えるが・・・

関西人と関東人は人にもよるが言い方 受け取り方に違いがあると思う。

関西人に「あほやな~」と言われるのと関東人に「バカじゃないの」と言われるのとはと受け取り方が違う。

いつも親子で旅をしているが関西のおじさんに「なんでそんなにお金があるんや」と単刀直入に聞かれた。
もちろん若い時 一生懸命働いたからだと本音を言った。


f0346196_10213457.jpg
商売をしていればそりゃ良い時もあり東証二部上場を考えた時期もありましたよ。
バブルと共に弾け飛んでしまいましたが。

小切手のババ(不渡り)を引き夜逃げ寸前の時もありましたね。

人生って「デコボコ道」 そんなものではないでしょうか。







# by o-rudohime | 2017-11-16 13:23 | 絵手紙の花と野菜

アテネ旧市街プラカ地区散策

アテネは超有名ではないがまだまだ遺跡の残っている場所があります。
f0346196_16500502.jpg
車窓からゼウス神殿を見ただけで訪れなかった。
近くで見たい気持ち十分。
f0346196_16501932.jpg
歩きながら街散策 
ランチもこの街だった。
案内された場所がテラス 添乗員さんの一声「スリや置き引きなど不用心だから」と店の中になった。
私的にはテラスのほうが良かったが。
(今年還暦を迎え添乗員歴25年のベテラン女性 現地のガイドも仕切れるツワモノで頼もしかった)

f0346196_16502869.jpg
雑貨お土産屋さんの看板猫

f0346196_16504542.jpg
交通量の多い所にあったアドリアノス門
ゼウス神殿へと続く2世紀に建てられた高さ18m 巾13・5mの門

f0346196_16505391.jpg
そのすぐそばには1960年の映画「Never on Sunday」で有名なメリナ・メルクール像がある。
女優を辞めた後文化大臣までになり大英博物館にあるギリシアのパルテノン・フリーズを返還する交渉を成立させたがいまだに実行されていない。

そう言えばギリシアのおばさんの声はメリナ・メルクールの様なシャガレ声の人が多かったような気がする。

f0346196_16510149.jpg
そばでは豆売りが紙袋€1で売っていた。

f0346196_17073908.jpg
f0346196_17074655.jpg
オリンピック競技場
非常口スタイルの走る格好で写真を写していた高齢者 杖をもたせてやりたくなった根性悪の私。


f0346196_17124603.jpg
f0346196_17123825.jpg
アテネ観光を終え船に帰って来た。
この日はメインダイニングでワインを買った飲みかけを持ち込み和食レストランへ行く。

ショップもそうだが乗船2日目位から25%引きのバーゲンが始まり最終的には75%OFFになった。
レストランもリピーター(この会社は4回目の乗船)と言う事もあり最初から30%OFF 2人でお腹イッパイ食べても4000円ほどなので3回も通った。
最後の頃は5000円ほどで食べ放題になったがとてもそんなに食べれない。

f0346196_17114844.jpg
いよいよアテネを出航 ロードス島に行く。






# by o-rudohime | 2017-11-16 06:59 | 旅の思い出 | Comments(8)

ひとつでもペア

ツアー旅行に出かけると色々なカップル(夫婦)とご一緒する。

買い物好きの奥様が買った荷物を両手に持った御亭主 一休みの後置き忘れきつく叱られ 見るからに「天下はあんたのもの」

反対に大きな荷物を奥様が持ちその後を御亭主さんが三歩下がって付いていく。

どちらもほほ笑ましい。
1個でもペアと呼ばれる洋梨もこんな光景を見れば私同様うらやましいと思うだろう。

f0346196_13231419.jpg
先日病院へ行った時健康について質問された。
体重は?
その後に血圧を測った。
当然普段より高め 

血圧が高かったのは格好いい先生と差し向かいになった為ではないのは確か。
女性に体重を聞く先生なんてキライ!


# by o-rudohime | 2017-11-15 13:45 | 絵手紙

イマジネーション一杯のパルテノン神殿

オリンピアの遺跡は建て物の基礎が残っていたり欠けらがあるだけだったのでどんな建物があったのか想像が出来なかった。

f0346196_15244399.jpg
f0346196_15245585.jpg
f0346196_15250380.jpg
標高156mの小高いアクロポリスの丘に紀元前447年~438年にペルシャ戦争の勝利を祝って建てられたパルテノン神殿は大理石で作られている。
遠くからでも丘の上に白くそびえ立っているのが良く見える。

f0346196_15303835.jpg
1982年世界遺産になった標識の所でここで働く人がストライキを行おうと言う幕を張っていた。
ガイドさんがパルテン神殿ではいつ終わるかも解らない復興工事が延々と行われ続けていると説明があった。

ストライキと言えば
帰国の為コペンハーゲン空港へ行った時 ケータリング会社(すべての航空会社の機内食)が1週間のストを行ったが今朝解決した。
しかし機内食の用意が出来ない。
バウチャーとして一人9000円相当(エコノミは半額)を渡すので飲食物を買ってほしいと言われた。

ホットドック600円ほどの物価高 それでもスマホの電卓片手に買いまくった。
スカンジナビア航空の食事はまずくはなかったがバウチャーの方がありがたかった。
今回の旅の嬉しいアクシデントだった。

f0346196_15470122.jpg
イロド・アティコス音楽堂
2世紀頃大富豪のアティコスが妻の死を悼んで建てた。
今でも6000席あるここでコンサートが行われる。

f0346196_15495428.jpg
階段を登り切った所にあるプロピュライア(前門)は人の山

f0346196_15531230.jpg
f0346196_16003172.jpg
パルテノン神殿は女神アテナの為に建てられた。
アテナは知恵 芸術 工芸 戦略を司るギリシア神話の女神。
神殿内に祀られていた1140kgの金と象牙で作られた高さ12mのアテナ像は政治の中心がコンスタンティイーブルに移った時に解体された。

f0346196_16094561.jpg
f0346196_16104123.jpg
f0346196_16105262.jpg
ここにある6体はレプリカ 1体は大英博物館に5体はアクロポリス博物館で見る事が出来た。
f0346196_16110603.jpg
f0346196_16160273.jpg
アクロポリス博物館では近くで見れた。
ドレーブたっぷりの美し衣装をまとった均整の取れた美しい像だった。







# by o-rudohime | 2017-11-15 08:02 | 旅の思い出 | Comments(8)

失敗は必ずしも成功のもとではない

ここ数回野菜の根が寝癖が付いたように跳ねたのを書いている。
少しでも変化の有る様にと無意識に描いたようだ。

f0346196_09370127.jpg
23×12cmの大判ハガキに大きな蕪を描こうと思ったらこんな単純な絵になってしまった。
ハガキ代が勿体ないような気がするが空白の美? と言う事もある・・と旨い言い訳が出来たかしら。

いつもぶっつけ本番 添える言葉の字の配置も考えず書くので うそ八百の言葉になった。
やりなおす勇気がない。

「わたし失敗しないので」 言ってみたいひとこと。

# by o-rudohime | 2017-11-14 12:30 | 絵手紙の花と野菜

神話の世界あれこれ

オリンピックの始まりについては諸説あるが全知全能の神ゼウスの為に競技会が開かれたとか
ヘラクレスが約束を破ったエリス王アウゲイアスを倒したのちに競技会を開いたとか
紀元前776年に疫病の流行に悩んだエルス王がアポロンの神託によって行われたとも言われている。

オリンピア博物館に展示れている物を一度では掲載しきれないが自分好みだけを載せたい。

f0346196_17525428.jpg
勝利の神 ニケの像 
博物館に入った途端に目に入った。
顔が無いのが残念だがヴィーナスにも負けない美人だったのは間違いなしだと想像する。
風になびく衣裳の裾が美しい。


ゼウスは偉大な神であったが英雄色を好む(ナポレオンなんて目じゃない浮気者)で妻のヘラを悩ませる。
ゼウスが あちこちで産ませた子供達を殺したりいじめたりした様だ。

f0346196_21044718.jpg
ゼウスとヘラ
下方で「見てられないよ」と笑っているのは誰か?

f0346196_17531346.jpg
f0346196_17532241.jpg
ヘルメス像 名前も気に入ったが旅や交通の神 音楽 スポーツ等万能の神
f0346196_19074095.jpg
ヘルメスの像は四方から見る事が出来る。
逆光ながら後ろ姿も見事な肉体 モデルがいたと思うが・・・
左右から見るとそれぞれ表情の違う顔に見える。

左側に台があるのはディオニュソスを抱き左に重心がかかっているため倒れないようにしてあるそうだ(どうでもいいことだが)

f0346196_18292730.jpg
f0346196_19231613.jpg
f0346196_19261990.jpg
f0346196_19263429.jpg
神殿の破風彫刻
中央で右手をあげているのはアポロン

f0346196_19192472.jpg
f0346196_19302083.jpg
f0346196_19303213.jpg
f0346196_19304593.jpg
f0346196_19305024.jpg
オリンピックの協議が始まる前を表している。
中央にゼウス 右側にペロプスとヒッポダメイア ゼウス左側にはオイノマス王と后
右手が耳に・・電話をかけているのではなく預言者 

これらの場面にもそれぞれ物語があり読むと結構面白い。

f0346196_19383448.jpg
f0346196_19383999.jpg
f0346196_19384618.jpg
ライオンは雨どいなどに使われている。

f0346196_19385706.jpg
イルカの様に見えるが可愛い。

大英博物館には沢山のオリンピアからの発掘品が展示されている。

カタコロンを出港 翌日はピレウス着 アテネのアクロポリス見学に行く。

































# by o-rudohime | 2017-11-14 06:38 | 旅の思い出 | Comments(8)

ポパイのほうれん草

f0346196_11170430.jpg
子供の頃は甘い物に飢えていたのでほうれん草の根元の赤い部分が甘く好んで食べていた。
習慣とは恐ろしい 今でも最初に根の部分を食べる。

好物を最初に食べる人 最後まで取っておきユックリ味わう人と様々。
サザエさん宅の様に兄弟 姉妹がいる人はまず食べられては大変と最初に好物を食べるのではと思う。

嫁ぎ先の姑は ほうれん草がクタクタになるまで茹で水で晒し細かく刻んでいた。
まるでポパイのほうれん草の様に(ポパイは缶詰のほうれん草を流し込んでいる)
後に分かったがほうれん草嫌いの亡夫に食べさせようと言う親心だった。

そりゃ~夫をしつけましたよ ほうれん草大好き人間の私に合わせるように。
お蔭でデブと呼べるほどに育ちました。




# by o-rudohime | 2017-11-13 11:59 | 絵手紙の花と野菜

1日出遅れたオリンピア遺跡観光

f0346196_15102978.jpg
写真は絵はがきを拝借した.
見学に行った前日に「ヘラの宮殿」で2018年冬のオリンピックが開かれるピヨンチャンへの聖火の採火が李首相参加の元セレモニーが行われたと聞かされた。

ここがその場所と言われたが中華鍋でも置いてあればこの様な光景が想像できたのにと思った。
建物の土台があるだけではどんな建て物か想像力の乏しい私には想像ができない。

f0346196_15204340.jpg

f0346196_15190432.jpg
f0346196_15191112.jpg
f0346196_15192556.jpg
f0346196_15193761.jpg
f0346196_15191950.jpg
紀元前776年から393年までゼウスに捧げるために古代オリンピックが開かれた。
遺跡には競技練習場 4年に一度行われていた競技の参加者用の宿泊所 沐浴場などの跡が残っている。

f0346196_15264738.jpg
古代オリンピックの観客は15万人とも20万人(見たことがある様に書いたが文献から引用)とも言われているが女性は参加は勿論見学も許されてなかった。
競技者に不正がない様参加者は裸体だったからとも言われている。
(ここで冗談かと思ったが本気だった様で「今でも4年に1度オリンピックをやっているか」 と質問をしたお金持ちの男性 奥様に黙ってなさい と叱られていた)

1896年に近代オリンピックが再開され(1989年世界遺産に指定)ゼウスの妻レラの神殿跡で採火される。
これが前日に行われたと言う訳である。
f0346196_15290430.jpg
競技場の外側を馬車で見学することも出来る。

f0346196_15291582.jpg
f0346196_15374425.jpg
遺跡で暮らす犬と猫 こちらの方が興味があった。

f0346196_15375024.jpg
シクラメンの生い茂る遺跡を後に 遺跡のすぐそばにある博物館へ行く。
ここは興味深かった。


# by o-rudohime | 2017-11-13 05:35 | 旅の思い出 | Comments(9)

無口な癖に一言多い

黙っていろと言われなくても1日中口をきかなくても過ごせる。
独り暮らしでせいぜいもも太郎に話しかける位でめったに外出しないから当たり前と言えばそれまでだが。

f0346196_11141208.jpg
著名人でさえあの一言さえ言わなければよかったと思う方がいる。
最近大滑りした知事さんがいたが弁がたつだけに悔しさいっぱいだろう。

旅先の教会内で少々耳の遠いツアー仲間が隣で大きな声で「ここははなぜこんなに柱が多いのだ」と言っている。
つい 「教会だから」と答えてしまった。
薄識ながら教会は身廊と側廊からなり立っているくらいは知っていたので答えた。

「ここが教会ぐらいは解る」との返事が返って来た。
説明したくても教会内は「お静かに」

人を馬鹿にして・・と思われたのではないか 説明した方がいいのではないかと悩んだ。

のちに少々アルツハイマーが出始めていることを聞いたので説明はしなかった。

口を開ければ余計な一言が飛び出す恐れあり 注意しなくては。

「ここだけの話よ」には口が堅いので内緒話を聞かせて下さいませ。
話のネタに困っていますが決してここで話題には出しませんから 多分。










# by o-rudohime | 2017-11-12 12:59 | 絵手紙の花と野菜


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

ちょっと早めのクリスマスプレ..
at 2017-11-24 14:10
緊張のパレスチナ自治区
at 2017-11-24 06:04
3コマ漫画
at 2017-11-23 15:32
ダ・ヴィンチの[最後の晩餐]..
at 2017-11-23 11:43
イエスが拷問された鶏鳴教会
at 2017-11-23 05:58
恒例なので ~ツワブキ~
at 2017-11-22 16:16
イエスが最後に祈った万国民の..
at 2017-11-22 12:27
死者復活の山 オリーブ山 ~..
at 2017-11-22 06:10
説明の必要な絵
at 2017-11-21 17:35
念願叶って行った嘆きの壁 ~..
at 2017-11-21 04:41
心の垣根
at 2017-11-20 16:31
終日クルーズのエンターテイメント
at 2017-11-20 12:47
ロードス島ともお別れ
at 2017-11-20 05:49
戌の出番なし ~年賀状~
at 2017-11-19 15:39
中世にタイムスリップした様な..
at 2017-11-19 11:46

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

こんにちは。 また 旅..
by pikorin77jp at 11:57
おはようございます^^ ..
by horopyonn-0624 at 08:33
☆かずたんさん 猫に見..
by o-rudohime at 21:03
☆かずたんさん 顔を描..
by o-rudohime at 20:57
にゃんこの毛繕いの様子が..
by kazutanumi at 20:01
あら可愛い。 洒落た可..
by kazutanumi at 19:58
☆umi bariさん ..
by o-rudohime at 16:43
☆ぴこさん 絵手紙の良..
by o-rudohime at 16:40
☆旅プラスさん プレゼ..
by o-rudohime at 16:37
☆ATSUKOさん ド..
by o-rudohime at 16:34

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
BAGUS!
たんぶーらんの戯言
コバチャンのBLOG
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
花の調べ
My slowlife ...
幻に魅せられて…
「ROMA」旅写ライター...
近所のネコ2
さぬき写真工房
がちゃぴん秀子の日記
気まぐれ日記
aviの額
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
花便り
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
月夜飛行船
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
花鳥撮三昧
Sauntering 
一場の写真 / 足立区リ...
ゆっくりゆったり
人生とは ?
美は観る者の眼の中にある
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
ぶらり散歩 ~四季折々フ...
Night Flight...
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
でん、でん、でん。。。。
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで行ってきます
ちゃたろうと気まま日記
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
トチノキの詩
小さな幸せ 田舎の主婦は...
俺の心旅
猫じまん
すまいるらいふCAFE ...
お転婆シニアのガーデニン...
slow life
ぎんネコ☆はうす
花々の記憶   hap...
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
リンデンの心のままに綴る...
ふくとぽん
Titanic of J...
続・感性の時代屋
チェロママ日記
インパクトブルー
kaorainne日記Ⅱ
さぬきジェンヌのおいしい日和
亀の遠写近写②
晴れ時々曇りな日
でんでんでん2
銀の絵手紙
へぇ、おおきに
バリ島大好き
気のむくままに・・・2
2016からのスタート:...
皇 昇   
貧乏なりに食べ歩く 第二幕

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ