寺でも神社でもある平泉寺白山神社~通称平泉寺~

717年に開かれた平泉寺白山神社は明治時代に神仏分離令により寺号を捨てたとパンフレットに描かれている。
今は平泉寺 別名白山神社と呼ばれ宮司は平泉姓である。

f0346196_07102660.jpg
平泉寺は今発掘作業中で田畑、山林から地坊院跡 石畳道が発見されている。
参道入り口に「東尋坊」が住んでいた跡があった。
あの自殺の名所と言われる東尋坊の名前の由来がここに記されていた。
自殺したくなるのはもしかして東尋坊の霊が呼んでいるのか・・・そうだ、きっとそうに違いないと勝手に思いこむ。

f0346196_07105324.jpg
f0346196_07112030.jpg
なだらかな石段を登って行くと常夜燈があった。
苔むした燈籠の傘に宿り木の如く木が生えていた。

f0346196_07114217.jpg
肉眼ではよく見えないが屋根のついた鳥居の下に丸く葵のご紋があった。
文献を読むと江戸幕府が云々と書いてあった。

f0346196_07121620.jpg
f0346196_07141957.jpg
f0346196_07134205.jpg
西芳寺と共に苔寺としても有名、今は夏の為青々としたコケは見れずコケに黒い花? が咲いていた。

f0346196_07150342.jpg
f0346196_07151505.jpg
本殿は想像以上に質素で小さく感じた。
娘との旅だったが「あ」「うん」の呼吸で可愛いあの子のためにセミの抜け殻探しをした。


# by o-rudohime | 2014-08-08 07:43 | 旅の思い出 | Comments(0)

十分満足

川北花火、山代田楽見物がメインの旅行だったが福井県にある平泉寺白山神社にも行った。
行く途中に大野市と言う所を通った。

去年第8回「越前大野感性はがき展」で作品を募集していた。
テーマは「里」 ちょうど秋の彼岸花が咲くころ、実家のお墓参りに行く予定だったのでタイトルの里は描く気を起こさせてくれた。

f0346196_06363851.png
f0346196_06563825.jpg
5131名の参加者の内入賞は51点 絵が良かったのではなく文章が面白かったのだろうと思うが嬉しい。
今大野市の町中に500点ほどが立札として飾られている。

# by o-rudohime | 2014-08-08 07:01 | 絵手紙 | Comments(2)

3本足の烏が見つけた山代温泉1

f0346196_10204652.jpg
山代温泉町にある服部神社で8月3日 第19回目の山代大田楽が行われたのを見に行った。
ホテルからバスで5分余り、そこからは歩いていく。
途中に明治時代の古総湯を復元したこけら葺き屋根の建物がライトアップされ雰囲気十分。

f0346196_10322092.jpg
大田楽は平安時代末期から室町時代にかけ全国で流行し忽然と消えた芸能「田楽」を故5世野村万之丞が(野村萬斎の叔父)演出構成し躍動感あふれるリズムと踊り華やかで雅な衣装 笛の音(最初から最後の1時間30分間演奏し続けていた超イケメン)が幻想の世界へと引き込んでいく。

山代大田楽が間もなく始まる。
鳥居近くの良い席が与えられ最後までよく見ることが出来た。

f0346196_10235494.jpg
たいまつの火がともされいよいよ大田楽が始まる。

f0346196_10240666.jpg
f0346196_10241552.jpg
f0346196_10242841.jpg
f0346196_10244744.jpg
カラフルな衣装と傘をかぶり神社奥からおごそかな音楽に合わせて行進。

f0346196_10520851.jpg
緋色の衣裳に天狗の面を付けた王舞が鬼門を鎮め場を浄める舞が獅子によって笛の音、太鼓の響きによって静かに力強く始まる。

f0346196_10570649.jpg
f0346196_10571644.jpg
f0346196_10572632.jpg
烏に扮した若者によって温泉に浸した笹を観客に向かって振り浄めてくれる。
最後に笹を観客に向かって投げる。

ストリーのある演出、衣裳 音楽のテンポ、想像していた田楽以上に素晴らしく合間なく行われるパフォーマンスに引き込まれていく。






# by o-rudohime | 2014-08-07 11:04 | 旅の思い出 | Comments(2)

3本足のカラスが見つけた山代温泉2

f0346196_09274437.jpg
獅子舞 黄色 もえぎ色など鮮やかな色の獅子がテンポの速い音楽に合わせ舞い跳ねます。
こちらまでノリノリ。

f0346196_09425133.jpg
奏上 田楽法師一行の長 田主(たあるじ)~野村万蔵~が白装束に翁烏帽子で現れ神に向かって田楽法師の来訪を報告する。

f0346196_09280046.jpg
f0346196_09311273.jpg
総田楽 様々な楽器(くれつづみ ささら 銅拍子 など)の音色に合わせ乱舞、福を呼ぶと言われる宝撒きの菓子が撒かれた。
新年のおみくじ通り良い年のようで菓子を2個もゲット小さな福でいいから舞い込んでほしい。
なんて心にもないことを思っていたら期待通り宝くじは300円が2枚大当たり・・・希望通りの小さな福。

f0346196_09300659.jpg

f0346196_09290927.jpg
田楽法師一行は服部神社の鳥居まで行進(行復)

f0346196_09294265.jpg
観客も参加して演者と一緒になって乱舞。

想像以上に耳から目から心から楽しませてくれた山代大田楽だった。





# by o-rudohime | 2014-08-07 10:21 | 旅の思い出 | Comments(2)

ニュージーランド人をキウイって呼ぶのよ

f0346196_08473267.jpg
袋モモンガの もも太郎用にキウイを買った。
そら豆くらいの量しか食べないので残りは私はがおすそ分けしてもらう。
矢張りゴールド色のキウイが美味しいと思う。

# by o-rudohime | 2014-08-07 08:54 | 絵手紙の花と野菜 | Comments(0)

超小物

陶芸をしていてと少し土が残ってしまった時は まめ皿 箸置きなどの小物を作る。

f0346196_07262895.jpg
12cm×5cm 超小さい花器
f0346196_07263601.jpg
円周5㎝はラップの芯を使って作った。

f0346196_07281170.jpg
パピルス(シペラス)類は好きで水たまりさえあれば植える。

f0346196_07265547.jpg
f0346196_07275603.jpg
ちょこっと花を活けるにはこの小さな花器は重宝。

# by o-rudohime | 2014-08-06 07:38 | 陶芸 | Comments(2)

グリーンカーテンと赤い実

f0346196_06584228.jpg
グリーンカーテンとしてパッションフルーツを植えてあるがついに食べ時がきた。

f0346196_06531288.jpg
この様にグリーン色から赤くなれば食べ時。

f0346196_06532208.jpg
f0346196_06533455.png
酸っぱいです! 
肥料不足とは思えないので種類でしょうか ヨーグルトに混ぜて食べると香りがよく酸味も和らぎます。

f0346196_06534434.jpg
以前住んでいた家では黄色いパッションフルーツが取れましたがこれは甘酸っぱく何個でも一度に食べられました。
良い香りがし始めるとカラスと争奪戦になりそれでも熟して落ちるのを待ちます。

# by o-rudohime | 2014-08-06 07:07 | 絵手紙の花と野菜 | Comments(0)

一夜の夢~北国大花火川北大会~

8月2日に石川県 手取川中洲で行われた川北花火を観に行ってきた。
両手で首を支えてなければいけないほど真上に花火が上がり火薬の匂いとお腹に響く音は最高!
f0346196_10170259.jpg
雨の心配もなく花火大会が始まった。

f0346196_10163692.jpg
f0346196_10165263.jpg
私の技術ではこの程度しか写せなかった。

f0346196_10290285.jpg
翌日の新聞に載っていた花火、2万発が打ち上げられたそうだ。

f0346196_10365497.png
花火と言えば山下清氏を思い浮かべる。
今の時代の花火を見ればどんな風に描くだろうか。

f0346196_10292691.png
花火の名前に〇〇菊というのが多い。
取ってつけた菊の写真だが台湾で見た造花ではない菊の花。

# by o-rudohime | 2014-08-05 10:55 | 旅の思い出 | Comments(2)

待ちに待った花が咲いた

f0346196_09351798.jpg
紅白のメダカ夫婦から黒いメダカを中心に紅白のメダカと増えに増え水槽が4個にもなってしまった。
睡蓮用の鉢、大きな壺 発泡スチロール 衣裳箱と鑑賞用などと言っていられない。

f0346196_09345938.jpg
f0346196_09363444.jpg
f0346196_09364975.jpg
f0346196_09370223.jpg
f0346196_09355670.png
水草にホテイアオイ 睡蓮を入れてあった。
4日前の旅行に行くときは蕾だったが帰って来るのを待っていたかのように今朝睡蓮の花が咲いてくれた。
小さく親指姫のような花だがやっと咲いてくれたのでうれしい。


f0346196_09335789.jpg
f0346196_09342454.png






# by o-rudohime | 2014-08-05 09:51 | | Comments(0)

雨よ降らないでおくれ

これから山代温泉で行われる北国大花火川北大会へ行ってきます。
f0346196_05585309.jpg
f0346196_05593777.jpg
f0346196_05595393.jpg
f0346196_06001304.jpg
ガーベラは花火を思わせます。
(どう見ても花火に見えない?  思い込みも大切です)

f0346196_06070543.jpg
雨が降っても花火は中止にならないそうです。
傘をさして花火見物・・・・考えただけで涙目になります。









# by o-rudohime | 2014-08-02 06:10 | アレコレ話 | Comments(2)


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

ちょっと早めのクリスマスプレ..
at 2017-11-24 14:10
緊張のパレスチナ自治区
at 2017-11-24 06:04
3コマ漫画
at 2017-11-23 15:32
ダ・ヴィンチの[最後の晩餐]..
at 2017-11-23 11:43
イエスが拷問された鶏鳴教会
at 2017-11-23 05:58
恒例なので ~ツワブキ~
at 2017-11-22 16:16
イエスが最後に祈った万国民の..
at 2017-11-22 12:27
死者復活の山 オリーブ山 ~..
at 2017-11-22 06:10
説明の必要な絵
at 2017-11-21 17:35
念願叶って行った嘆きの壁 ~..
at 2017-11-21 04:41
心の垣根
at 2017-11-20 16:31
終日クルーズのエンターテイメント
at 2017-11-20 12:47
ロードス島ともお別れ
at 2017-11-20 05:49
戌の出番なし ~年賀状~
at 2017-11-19 15:39
中世にタイムスリップした様な..
at 2017-11-19 11:46

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

タグ

最新のコメント

こんにちは。 また 旅..
by pikorin77jp at 11:57
おはようございます^^ ..
by horopyonn-0624 at 08:33
☆かずたんさん 猫に見..
by o-rudohime at 21:03
☆かずたんさん 顔を描..
by o-rudohime at 20:57
にゃんこの毛繕いの様子が..
by kazutanumi at 20:01
あら可愛い。 洒落た可..
by kazutanumi at 19:58
☆umi bariさん ..
by o-rudohime at 16:43
☆ぴこさん 絵手紙の良..
by o-rudohime at 16:40
☆旅プラスさん プレゼ..
by o-rudohime at 16:37
☆ATSUKOさん ド..
by o-rudohime at 16:34

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
BAGUS!
たんぶーらんの戯言
コバチャンのBLOG
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
花の調べ
My slowlife ...
幻に魅せられて…
「ROMA」旅写ライター...
近所のネコ2
さぬき写真工房
がちゃぴん秀子の日記
気まぐれ日記
aviの額
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
花便り
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
月夜飛行船
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
花鳥撮三昧
Sauntering 
一場の写真 / 足立区リ...
ゆっくりゆったり
人生とは ?
美は観る者の眼の中にある
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
ぶらり散歩 ~四季折々フ...
Night Flight...
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
でん、でん、でん。。。。
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで行ってきます
ちゃたろうと気まま日記
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
トチノキの詩
小さな幸せ 田舎の主婦は...
俺の心旅
猫じまん
すまいるらいふCAFE ...
お転婆シニアのガーデニン...
slow life
ぎんネコ☆はうす
花々の記憶   hap...
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
リンデンの心のままに綴る...
ふくとぽん
Titanic of J...
続・感性の時代屋
チェロママ日記
インパクトブルー
kaorainne日記Ⅱ
さぬきジェンヌのおいしい日和
亀の遠写近写②
晴れ時々曇りな日
でんでんでん2
銀の絵手紙
へぇ、おおきに
バリ島大好き
気のむくままに・・・2
2016からのスタート:...
皇 昇   
貧乏なりに食べ歩く 第二幕

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ