絵手紙 ~先生の好きな花見っけ~

f0346196_18355517.jpg
泰子先生からデンマーク・カクタスの絵手紙が届いた。
シャコバサボテン、クリスマスの頃に咲くのでクリスマスカクタスとも呼ばれる。
先生からデンマークカクタスの絵手紙を頂いたのは4枚目になる。
私もそうだが好きな花を何度か掲載したり描き送ったりする。


# by o-rudohime | 2014-11-25 18:42 | 届いた絵手紙 | Comments(2)

あそびましょう~

f0346196_15484650.jpg
シャムネコを18年間飼っていたが亡くなって17年になる。
下町生まれの下町育ちなのに気位が高く抱っこが嫌い、お世話係の私には好き勝手をさせてくれた。
時には三味線に合わせ(それはないわね、言いすぎました)ネコ踊りを素直にさせてくれた アラエサッサ~
f0346196_15490398.jpg
f0346196_15491007.jpg
f0346196_15491781.jpg
猫の置物を収集している。
可愛さに応じて待遇が違う、一番のお気に入りの子は真珠の首飾りをし玄関でお客様を迎える。
f0346196_15492918.jpg
アンスリュムが蕾の時に虫に食われたらしい。

f0346196_15493780.jpg
こんな面白い物を見逃す訳にはいかない。
そうだ、あの子に見せたらきっと・・・・

f0346196_15494489.jpg
来年早々ベニスの仮面カーニバル見物に行くがその話を聞きつけさっそく仮面を付けて一緒に行きたいと言う。






# by o-rudohime | 2014-11-25 08:05 | アレコレ話 | Comments(0)

絵手紙 ~椎茸どんこ~~

f0346196_20365204.jpg
この手法に凝り始めたが色、雰囲気から画題が制限される。
シイタケのつもりだったが松茸の様になってしまった。
マ~ぁいいか 高級品に見間違えるならそれはそれなりに。

いずれは仏画に挑戦したいと始めたが夢と終わりそうな予感。


# by o-rudohime | 2014-11-24 08:05 | 絵手紙 | Comments(5)

何でも鑑定団に出してみようかしら

焼き物の道に入った人なら例え陶器でも青磁色の作品を作りたいと思うのではなかろうか。
f0346196_08321210.jpg
f0346196_08481542.jpg
父からさんざん能書きを聞かされ譲り受けた径26cmの中国明時代の青磁皿(名誉の為言い訳すれば実物はもっと深みのある緑色)
乞われて展示会に出品したのが父の自慢だがバラエティ番組「何でも鑑定団」の中島誠之助氏に鑑定してもらえば大うけするかもしれないが・・・価値が気になる。

f0346196_08322387.jpg
初期はろくろで薄い作品が作れず厚ぼったくなっているが焼き上がりを早く見たさに窯から出し冷め割れが貫入の様に見える怪我の功名的器。
ドングリの実の渋に浸け貫入を際立てさせた。

f0346196_08324062.jpg
径35cm飾り皿、それなりに気に入っている。

f0346196_08323360.jpg
多目的器、重いのが難点だが淡い色なので煮物入れに便利。





# by o-rudohime | 2014-11-23 09:10 | 陶芸 | Comments(2)

絵手紙 迷走中

f0346196_08263534.png
昨日の湯呑を(いくら粗茶ですがと言っても)ここに出すのは早すぎた。
フクロウを同じ技法で描いてみた。
木彫りの雰囲気が出たか?

# by o-rudohime | 2014-11-23 08:31 | 絵手紙 | Comments(0)

絵手紙 ~最初の一歩~

f0346196_08030575.jpg
初めての色付け方にチャレンジした記念すべき1作目、正式なやり方が解らず取りあえず自己流で塗ってみたが面白い。


# by o-rudohime | 2014-11-22 08:08 | 絵手紙 | Comments(0)

いざ出陣!

12月14日が選挙日に決まった。

会社が両国にあり12月14日忠臣蔵の討ち入りでお馴染みの吉良邸はご町内的存在。
鬼平犯科帳の中で有名な密偵大滝の五郎蔵、おまさ夫婦と義理の親子の盃を交わした舟形の宗平が煙草屋を構えていた場所に会社がある。
f0346196_13490032.jpg
f0346196_13491916.jpg
池波正太郎氏が存命なら鬼平犯科帳の続きが書かれこの場所がもっと有名な場所になっていたかもと思う。
鬼平犯科帳は架空の話だが地名、場所などは正確に書かれ墨田区が活性化を狙ってかゆかりの地に立札を建てている。
f0346196_13472771.jpg
忠臣蔵では悪役で有名になった吉良邸(今はお家断絶)の見取り図。
今は吉良邸保存会によって狭い場所ながら残されている。
f0346196_14272926.jpg
f0346196_14274281.jpg
f0346196_14275501.jpg
f0346196_14280543.jpg
12月14日は吉良祭が行われるが選挙と重なってしまった。

f0346196_19093734.jpg
吉良邸の西隣に回向院がある。
東日本大震災の時気仙沼にあった「地福寺」住職が御本尊を背負って逃げ津波から御本尊を守った話をテレビで聞いていた。
今、両国回向院で地福寺出開帳が開かれている。
お地蔵さん(延命地蔵菩薩)の前には気仙沼から運ばれた土が置かれ(ビニールでカバーがかけられている)その上に立ちお参りする。

f0346196_19103275.png
回向院の参道を入ると先ず大きい「力塚」が目に入る。
江戸時代から公共社会事業資金集めの相撲興行が回向院で76年間行われていた。
歴代相撲年寄りが祭られお相撲さんとは縁のある場所。
回向院の正面を真っ直ぐ行くと国技館がある。

f0346196_19183753.jpg
f0346196_19191185.jpg
f0346196_19225038.jpg
関東大震災供養塔、塩地蔵 馬頭観音菩薩 一言観音等諸々が祭られているが一番有名なのは鼠小僧(中村次郎吉)の墓。
勝負師、運がつくからと受験生等が塚の前にある削り石「お前立」を削って持ち帰る。

鼠小僧の墓の横に猫塚があるのは江戸っ子の洒落か?

f0346196_19284911.jpg
我が家の犬、猫達もお世話になったが動物慰霊塔もある。

以上両国下町案内でした。



























# by o-rudohime | 2014-11-22 07:52 | アレコレ話 | Comments(2)

いよいよ出番

ついに選挙になってしまいました。
いよいよ必勝だるまの出番です。

f0346196_19311043.jpg
こんなコメントを描いた絵手紙を「さあ選挙に出ようか」と思っている方、近親者には出せません。

出陣式(選挙に立候補するのに大げさな言い方だと思うが)当日左目に目玉を入れ(この時墨が流れると落選するというジンクスがあるそうだ)当選の暁には右に目玉を入れる。

最近はだるまの目入れは視覚障害者にとって差別だとだるまを置かない選挙事務所もあると聞く。
手も足もないだるまさんがこの世の中から消えるかもしれない、そんな馬鹿な~
そんな風に考える事の方が差別ではないかと思う。
(私は第1級障害者なので堂々と意見を述べる)


# by o-rudohime | 2014-11-21 08:34 | 絵手紙 | Comments(2)

こだわり

他人にはとうてい理解できないこだわりを持つ人がいると思う。

今日は勝負! バッチリ化粧、洋服(勝負パンツではない)も決め込んで出かけたはずなのに何の反応もない時ほどガッカリする事はない。

お~ぉ今日は良い写真が撮れた 受けること間違いなし・・と思ったが反応なし。
毎度のことであっても落ち込む。

一流の陶芸家は思惑と違うと破棄すると聞く。
真似た訳ではないが気に入らない作品を捨てると学校のバザーに出したいから貰っていいかと聞かれた時ほど舞い上がった事はない。

知人がヒマワリが好きと言われ活け込んでプレゼントすることにした。
f0346196_21120761.jpg
f0346196_21115749.jpg
f0346196_21120240.jpg
白を基調にヒマワリを入れたが気に入らず3度も入れ直した。
さほど違いが無いと思われそうだが私にすれば微妙に違う。
それなりのこだわりがある、素人ながら。


# by o-rudohime | 2014-11-20 08:16 | | Comments(2)

ひげって魅力的よね

子供や男を手なずけるのは苦手だが猫を手なずけるのはお手のもの。
f0346196_16564249.jpg
f0346196_16571828.jpg
f0346196_16565457.jpg
どんな子を見付けても「ミ~ちゃん」と猫なで声一つで、ダメなら餌で呼び寄せナデナデさせてもらう自信はある(muiさん宅のモカちゃんは例外)
毎日会っている内に向こうから駆け寄って来る子や家に遊びに来る子もいる。

f0346196_16573169.jpg
女の子だと思っていたタヌちゃん(勝手につけた名前だが呼ぶとやって来る)ある日マーキングしている姿を見てしまった。
抱っこして確かめると矢張りない!ニューハーフだった。

f0346196_16581234.jpg
f0346196_16582377.jpg
群生して野原に咲いていた「ネコのヒゲ」この立派なひげが魅力的で好きな花の一つ。


f0346196_16575256.jpg
わが家の亡き「ごん」もライオンカットをしながらもひげだけは立派だった。
死んだ時にひげと毛を記念に残し手元に置いてある。

f0346196_16580069.jpg
「俺さぁ~顔を洗うの忘れたけどさぁ紳士だから髭を剃って来たよ、遊んでよ~」人懐こいのが取りえの近所の犬。
勿論モモンガのもも太郎も立派な髭を蓄えている。

猫にひげがなかったらこの犬以上に間抜け顔ではと思う。
(主役は植物ネコノヒゲ、それだけでは味気ないので長々と猫の写真を載せてしまった)




# by o-rudohime | 2014-11-19 07:20 | アレコレ話 | Comments(8)


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

ちょっと早めのクリスマスプレ..
at 2017-11-24 14:10
緊張のパレスチナ自治区
at 2017-11-24 06:04
3コマ漫画
at 2017-11-23 15:32
ダ・ヴィンチの[最後の晩餐]..
at 2017-11-23 11:43
イエスが拷問された鶏鳴教会
at 2017-11-23 05:58
恒例なので ~ツワブキ~
at 2017-11-22 16:16
イエスが最後に祈った万国民の..
at 2017-11-22 12:27
死者復活の山 オリーブ山 ~..
at 2017-11-22 06:10
説明の必要な絵
at 2017-11-21 17:35
念願叶って行った嘆きの壁 ~..
at 2017-11-21 04:41
心の垣根
at 2017-11-20 16:31
終日クルーズのエンターテイメント
at 2017-11-20 12:47
ロードス島ともお別れ
at 2017-11-20 05:49
戌の出番なし ~年賀状~
at 2017-11-19 15:39
中世にタイムスリップした様な..
at 2017-11-19 11:46

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

こんにちは。 また 旅..
by pikorin77jp at 11:57
おはようございます^^ ..
by horopyonn-0624 at 08:33
☆かずたんさん 猫に見..
by o-rudohime at 21:03
☆かずたんさん 顔を描..
by o-rudohime at 20:57
にゃんこの毛繕いの様子が..
by kazutanumi at 20:01
あら可愛い。 洒落た可..
by kazutanumi at 19:58
☆umi bariさん ..
by o-rudohime at 16:43
☆ぴこさん 絵手紙の良..
by o-rudohime at 16:40
☆旅プラスさん プレゼ..
by o-rudohime at 16:37
☆ATSUKOさん ド..
by o-rudohime at 16:34

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
BAGUS!
たんぶーらんの戯言
コバチャンのBLOG
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
花の調べ
My slowlife ...
幻に魅せられて…
「ROMA」旅写ライター...
近所のネコ2
さぬき写真工房
がちゃぴん秀子の日記
気まぐれ日記
aviの額
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
花便り
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
月夜飛行船
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
花鳥撮三昧
Sauntering 
一場の写真 / 足立区リ...
ゆっくりゆったり
人生とは ?
美は観る者の眼の中にある
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
ぶらり散歩 ~四季折々フ...
Night Flight...
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
でん、でん、でん。。。。
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで行ってきます
ちゃたろうと気まま日記
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
トチノキの詩
小さな幸せ 田舎の主婦は...
俺の心旅
猫じまん
すまいるらいふCAFE ...
お転婆シニアのガーデニン...
slow life
ぎんネコ☆はうす
花々の記憶   hap...
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
リンデンの心のままに綴る...
ふくとぽん
Titanic of J...
続・感性の時代屋
チェロママ日記
インパクトブルー
kaorainne日記Ⅱ
さぬきジェンヌのおいしい日和
亀の遠写近写②
晴れ時々曇りな日
でんでんでん2
銀の絵手紙
へぇ、おおきに
バリ島大好き
気のむくままに・・・2
2016からのスタート:...
皇 昇   
貧乏なりに食べ歩く 第二幕

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ