<   2017年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

またそのうちにネ

ブロ友さんと交流をしている内に「チャンスがあれば会いたいですね」と言う事がある。
会えば旧知の如く話が弾み末永く付き合う。

絵手紙でも交流している方が「近くに来た時は電話をしてね」と電話番号を教えてくれる方がいて嬉しくなる。

半年ぶりに絵手紙の返事を頂き声が聞きたいと電話番号を知らせてくれたが・・・

f0346196_13550494.jpg
旅行先を選んでも縁がないのか何度かチャレンジしても行けない場所がある。
催行にならない 満員御礼 急用が出来て急きょキャンセル もうあきらめた方が良いのだろうか。

今更ながらですが九寨溝 7月の予定が都合が悪くなりキャンセル。
プルーポピーが見たかったのですが残念!






by o-rudohime | 2017-04-30 14:17 | 絵手紙

お参り後の清々しい気持ち

九州八十八カ所 第61番高野寺に石楠花を見て本堂に続く回廊を登って行く。

f0346196_19373404.jpg
幸せの回廊と呼ばれている。
癪投げ寺(しゃくなげでら)→ストレス解消→幸せの回廊・・わかったような解らない様な屁理屈の能書き。

f0346196_19374524.jpg
f0346196_19380057.jpg
f0346196_19380957.jpg
ご本尊様
ちょっと手の数が少ないようにも感じるがいざとなった時は猫の手でも借りるのだろう。

f0346196_19441135.jpg
f0346196_19441985.jpg
f0346196_19443086.jpg
ただ今特別拝観出来ると言われたがお釈迦様かお不動様の事か それとも・・・

f0346196_19444399.jpg
そろばんではありません こけしがズラ~ッと並んでいる。
子宝観音 子授け 安産 子育ての祈願として奉納されたようだ。

f0346196_19444987.jpg
焼き物の町らしい石楠花が描かれた飾り大皿が奉納されていた。

f0346196_07145757.jpg






by o-rudohime | 2017-04-30 07:19 | 旅の思い出 | Comments(11)

花は見たし信仰心は無し ~高野寺~

弘法大師が生まれた香川県善通寺の近くで生まれ育ったが信仰心は皆無。

佐賀県武雄市でツツジや藤を見る予定だったがまだ時期が早い様なので急きょ予定変更 石楠花を見に行った。
九州八十八カ所 第61番の普明山 高野寺へ行った。

f0346196_16290605.jpg
f0346196_16291900.jpg
小高い所に寺が見える。
石段を登るか履き物を脱ぎ回廊を通って本堂へ行ける。

f0346196_16310577.jpg
f0346196_16311520.jpg
本堂焼失後 180年ぶりの再建なので新しいものと古い物が入り混じって祭られている。
8体ある縁切り地蔵
今更縁を切りたい人はいないのでスルー。

f0346196_16385596.jpg
ボケ封じの観音様
数珠を繰りながらお参りをする。
少々手遅れだがお賽銭の威力で何とかお願いします。

f0346196_16384818.jpg
最近寺参りをしているとヨロズの神様仏様が祀られているところがある。
男でも女でもない観音様 ハグはせずハイタッチをした。

f0346196_16482055.jpg
f0346196_16483011.jpg
f0346196_16484690.jpg
樹齢300年という石楠花 1000本以上ある石楠花がモミジに混じって咲いていた。

f0346196_16524208.jpg
f0346196_16524738.jpg
回廊を登りながら本堂へ行く。




by o-rudohime | 2017-04-29 16:55 | 旅の思い出

これって何分咲きって言うのかな

今年になって早々に佐賀県武雄温泉にある御船山楽園へツツジと藤を見に行く計画をたてた。
四季折々何々祭りが行われ例年なら4月半ばからツツジと藤が見頃と聞き宿を予約した。

f0346196_15340178.jpg
樹齢200年のツツジの古木が宿の木戸を出た所にある。

f0346196_15392155.jpg
御船山(みふね)を背景に庭はすり鉢状に作られ何処から見てもツツジは美しく見ることが出来る。

f0346196_15444083.jpg
桜も一部が残り久留米ツツジとのコラボ。
少し遅れて平戸ツツジが咲き乱れる。
20万本あるつつじ祭りは5月7日までライトアップされる。

f0346196_15440953.jpg
f0346196_15441822.jpg
f0346196_15442584.jpg
f0346196_15443177.jpg
近くで見れば緑の方が多いが遠くから見ると緑がアクセントになってそれなりに美しい。

去年も紅葉の夜景が上手く写せなかったが・・・
f0346196_15471148.jpg
f0346196_15471732.jpg
f0346196_15472332.jpg
どうしてこうなるんだろう?

花の見ごろに出かける計画は直前の方が良いが宿が取れない心配もあり難しい。





by o-rudohime | 2017-04-29 07:08 | 旅の思い出 | Comments(18)

頭の指示と体の動きは別

最近食事中食べ物をよくこぼすようになった。

手が震えている訳でも食べ物が口に入る前に口を閉じこぼれる訳でもない。
口を開けたままにしていても届く前にこぼれ落ちる。
出来るだけ食器を体に近づけるようにしている。

近い将来 幼児用の食べ物を受け止めてくれるよだれかけが必要になるかもしれない。

朝 今日はあれとこれをしようと思いめぐらす。
いざとなれば何も今日やらなくとも日延べ。
これが日課になっている。

f0346196_13575635.jpg
f0346196_13580490.jpg
f0346196_13581076.jpg
絵手紙仲間にはいつも記念切手を貼る様にしている。

f0346196_13531477.jpg
f0346196_13531904.jpg
尾形光琳のアヤメの切手を手に入れた。
頭の指示に従い描き始めたが体(腕)は指示通りに動いてくれない。

毎度のことであるが。


by o-rudohime | 2017-04-28 14:18 | 絵手紙の花と野菜

食い気に勝るものなし

佐賀県武雄温泉へ行った。
御船山(みふねやま)の麓にある「竹林亭」に宿泊。
庭から直接御船山楽園に行きツツジを見ることが出来る。

f0346196_20210385.jpg
旅館なので玄関で履物を脱ぎ部屋に通される。
前回は紅葉見物 帰る時靴が温められていたのに感激したが今回はほどよき気温だった。

f0346196_20211085.jpg
中庭を見ながら通された部屋は露天風呂が付いていた。
f0346196_20211779.jpg
f0346196_20212689.jpg
部屋の前の庭はモミジが生い茂り立って見るとツツジが見える。
部屋から露天風呂が見える。
少々うっとうしく部屋が暗いので前回宿泊した部屋に変えてもらった。

f0346196_20213691.jpg
自分の家に帰った様な気分 縁側は歩く度にきしむ半割の竹で出来ている。
泥棒除けか?
この日の宿泊客は3組の様だった。

f0346196_20272856.jpg
・・・という訳で風呂場と露天風呂を写すことが出来た。
食事前にサッとひと風呂浴び温泉を味わうのはこれで終わり。

f0346196_20284149.jpg
f0346196_20285388.jpg
f0346196_20290624.jpg
f0346196_20302482.jpg
f0346196_20303884.jpg
f0346196_20304680.jpg
f0346196_20310528.jpg
f0346196_20311535.jpg
さすがに器は素晴らしい物が使われている。

温泉の醍醐味はこれに限る。





by o-rudohime | 2017-04-28 07:26 | 旅の思い出 | Comments(16)

四季の心で

本を読んでいて心に残った言葉をメモっておく。
どなたの言葉だったか・・・心の持ち方を教わった感がした。

 人に会う時は 春の様な暖かい心で
 仕事をするときは 夏の様な情熱的な心で
 物事を考える時は 秋の様な澄んだ心で
 自分を戒める時は 冬の様な厳しい心で

f0346196_15350117.jpg
「アリスのトリップ」のブログを書かれているアリスさんは料理の達人で読ませて頂いている内にお腹が騒ぎ出す。

先日(25日)これなら私でも作れストックして置けば便利と思う記事があった。
エノキを干して料理に使う記事
早速エノキを沢山買い込んだ翌日は・・・雨。

今日やっと干すことが出来た。

押し合い圧し合いのエノキが規則正しく整列している姿を見て描いた。


by o-rudohime | 2017-04-27 15:57 | 絵手紙の花と野菜

武雄温泉へ向かう前に ~武雄神社参拝~

国内旅行の時は娘が細かく予定表を作ってくれる。
移動距離から道中見学するところ ランチはどのあたりで食べるなど旅行会社並み。

f0346196_15271587.jpg
f0346196_15272027.jpg
佐賀県にある武雄温泉(たけおおんせん)へ行く途中に武雄神社に参拝。
台湾からの観光客を乗せたバスが出発間際に武雄神社に到着。
お蔭で静かに由緒ある神社を御参りすることが出来た。

f0346196_15272802.jpg
この鳥居が能書きに書かれていた物
鳥居は独立して建っているが確かによく目にする鳥居とは違う。

f0346196_15273958.jpg
f0346196_15274509.jpg
阿吽の狛犬 立派なしめ飾りの首輪

f0346196_15275587.jpg
f0346196_15280131.jpg
本殿には鈴が3個もある。
参拝客が多いのが伺える。

当然真ん中の龍の額めがけて鈴緒を揺らす。

f0346196_15372761.jpg
f0346196_15373710.jpg
f0346196_15374946.jpg
f0346196_15375784.jpg
こちらの狛犬は横綱並みのしめ飾り 顔の半分以上が隠れどちらが阿か(狛犬の後左足が痛々しい)吽か解りにくい。

f0346196_15404029.jpg
f0346196_15402939.jpg
f0346196_15403498.jpg
全国共通 ご朱印をお願いした時は300円と相場が決まっている。
この神社は2ページにわたり書かれているので600円だった。
今は金が高い事だし 金色のスタンプだからと何となく納得。

f0346196_15443041.jpg
お参りの時は何度も息継ぎしながら階段を登ってきたが帰りはゆるい坂道をあっと言う間に下った。

















by o-rudohime | 2017-04-27 07:17 | 旅の思い出 | Comments(12)

人間ですもの・・・

物は増やさない 
必要でない物は買わない・・と心に誓ってたはずなのに
置き場所も考えずに買ってしまった。
f0346196_14312045.jpg
佐賀県へ焼き物を見に行った先でつい大皿(40×17cm)を買ってしまった。
四季の花が書き込まれているので1年中出しっぱなしでいいかと思って。

f0346196_14311131.jpg
そりゃ反省もしますよ
後悔もしましたよ

また一つ利口になったといいたいところだが・・・・

by o-rudohime | 2017-04-26 14:41 | 絵手紙の花と野菜 | Comments(14)

じゃぱにーず ~テディベア~

嵐を九州から本土へ吹き飛ばした翌日のハウステンボスは晴れ
f0346196_11244775.jpg
f0346196_11245514.jpg
f0346196_11250157.jpg
f0346196_11251190.jpg
前日見逃した所へ行った。

f0346196_11265536.jpg
テディベア博物館
前回来た時もここは見逃していた。
f0346196_11270242.jpg
ほほ同年代のテディベア
いつまでもお変わりなく・・・

f0346196_11272062.jpg
f0346196_11272612.jpg
f0346196_11273235.jpg
じゃぱにーず姿のテディベア達 結構和服が似合っていた。

f0346196_11280054.jpg
世界は一つ仲良くね。

f0346196_14232454.jpg
f0346196_14233100.jpg
長崎から焼き物の県 佐賀県に行った。

ランチをする店を探しているとド派手な車が置かれている焼き物販売店兼レストランに吸い寄せられた。
ナンバーを付けていると言う事は公道を走っているのだろう。

さすがにこれに乗ってみたいとは思わなかった。




by o-rudohime | 2017-04-26 06:47 | 旅の思い出


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

ちょっと早めのクリスマスプレ..
at 2017-11-24 14:10
緊張のパレスチナ自治区
at 2017-11-24 06:04
3コマ漫画
at 2017-11-23 15:32
ダ・ヴィンチの[最後の晩餐]..
at 2017-11-23 11:43
イエスが拷問された鶏鳴教会
at 2017-11-23 05:58
恒例なので ~ツワブキ~
at 2017-11-22 16:16
イエスが最後に祈った万国民の..
at 2017-11-22 12:27
死者復活の山 オリーブ山 ~..
at 2017-11-22 06:10
説明の必要な絵
at 2017-11-21 17:35
念願叶って行った嘆きの壁 ~..
at 2017-11-21 04:41
心の垣根
at 2017-11-20 16:31
終日クルーズのエンターテイメント
at 2017-11-20 12:47
ロードス島ともお別れ
at 2017-11-20 05:49
戌の出番なし ~年賀状~
at 2017-11-19 15:39
中世にタイムスリップした様な..
at 2017-11-19 11:46

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

こんにちは。 また 旅..
by pikorin77jp at 11:57
おはようございます^^ ..
by horopyonn-0624 at 08:33
☆かずたんさん 猫に見..
by o-rudohime at 21:03
☆かずたんさん 顔を描..
by o-rudohime at 20:57
にゃんこの毛繕いの様子が..
by kazutanumi at 20:01
あら可愛い。 洒落た可..
by kazutanumi at 19:58
☆umi bariさん ..
by o-rudohime at 16:43
☆ぴこさん 絵手紙の良..
by o-rudohime at 16:40
☆旅プラスさん プレゼ..
by o-rudohime at 16:37
☆ATSUKOさん ド..
by o-rudohime at 16:34

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
BAGUS!
たんぶーらんの戯言
コバチャンのBLOG
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
花の調べ
My slowlife ...
幻に魅せられて…
「ROMA」旅写ライター...
近所のネコ2
さぬき写真工房
がちゃぴん秀子の日記
気まぐれ日記
aviの額
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
花便り
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
月夜飛行船
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
花鳥撮三昧
Sauntering 
一場の写真 / 足立区リ...
ゆっくりゆったり
人生とは ?
美は観る者の眼の中にある
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
ぶらり散歩 ~四季折々フ...
Night Flight...
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
でん、でん、でん。。。。
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで行ってきます
ちゃたろうと気まま日記
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
トチノキの詩
小さな幸せ 田舎の主婦は...
俺の心旅
猫じまん
すまいるらいふCAFE ...
お転婆シニアのガーデニン...
slow life
ぎんネコ☆はうす
花々の記憶   hap...
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
リンデンの心のままに綴る...
ふくとぽん
Titanic of J...
続・感性の時代屋
チェロママ日記
インパクトブルー
kaorainne日記Ⅱ
さぬきジェンヌのおいしい日和
亀の遠写近写②
晴れ時々曇りな日
でんでんでん2
銀の絵手紙
へぇ、おおきに
バリ島大好き
気のむくままに・・・2
2016からのスタート:...
皇 昇   
貧乏なりに食べ歩く 第二幕

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ