<   2016年 03月 ( 39 )   > この月の画像一覧

しばらく開店休業で~す

f0346196_19013107.jpg
すっかり春の陽気になりました。
何となくウキウキ・・何となくではなくこれから旅に出かけるのでウキウキです。

f0346196_19023078.jpg
時差-14 飛行時間直通でヒューストンまで12時間(帰りは14時間) トケイソウも戸惑ってしまう時差です。

赤道線上にある島に赤い線を引き観光客に南半球から北半球 北半球から南半球へまたがせお金を取っていた商売上手な人がいたそうです。

機上で「アッ!赤道が見える」と人をだましたことはあります。
そうなんですよ 騙され窓から下をのぞき込んだ人がいました。

日付 時刻変更線はどのあたりでしょうかね 仕返しされない様に気を付けなければ。

ANAのアメリカ線ではラーメンが食べられます。
「博多一風堂」のしょうゆ味 インスタントラーメンではなく丼ぶりに入っています。
早い者勝ち 機内食よりそちら狙いでしょうか。

f0346196_19014629.jpg
5月の旅行がお流れ 後はふて寝して到着待ちです。


by o-rudohime | 2016-03-30 04:48 | 絵手紙

そして誰もいなくなった

5月初旬からオランダ ベルギー旅行を予定していた。
数日前 旅行会社に催行するか確認した所次から次とキャンセルが出て6名の参加者になったが催行すると言われた。

ついに昨夜 あの話は無かった事にと言われてしまった。
ま~ぁ テロ問題で騒がれているから止むをえないだろうと思う。

海外で日本人シェフの和食屋さんへ行くと思いのほか美味だったりこれが和食? と思う店に出会う。

豪州に住んで居た時自宅から20分ほど山に入った所に日本在住が長く お茶を教えているオーストラリア人がレストランを始めたと聞きゴルフ仲間と出かけた。
f0346196_21071543.jpg
家庭的な味のカレーをご馳走になった。
その時予約制で日曜日はランチですし懐石(約3500円)を始めたと聞き新し物好きのメンバーはすぐにOK。

f0346196_21072273.jpg
f0346196_21073202.jpg
トマトに突き刺ささった大根

f0346196_21073928.jpg
すじこと人参

f0346196_21074517.jpg
平貝のサンドイッチ風 街ですし屋を営んでいる日本人シェフ作
この店に出前をしていたようだ。

外国へ行くと量が多くとても食べきれないと思う事が多い。
塗り盆にセットされていたので前菜と思いパク! と食べ 次の料理を待っていた。

店の人に食べるのが早いと褒められた。

アララ~これでおしまい?
いくら少食の日本人でもこれで3500円(普段のランチは1000円ほど)では納得できない。

f0346196_21080586.jpg
f0346196_21081068.jpg
レストランの先にスプリングブルック国立公園があり見事な滝がある。

鮨懐石を食べた数日後に滝見物に行った時 定休日でもないのにレストランは人影一つなく建物だけが残っていた。
(そして誰もいなくなったのオチにむりがあるナ)












by o-rudohime | 2016-03-29 05:53 | アレコレ話 | Comments(14)

愛情深きもも太郎

f0346196_15590100.jpg
ネズミでもリスでもありません。
袋モモンガのもも太郎です。
ももちゃんと呼べばドタドタと足音高くやって来ます。

f0346196_15591517.jpg
夜(桃ちゃんにすれば昼間)はお気に入りの餌場で行儀よく食事をします。
結構カワイイでしょう?

f0346196_15592357.jpg
f0346196_15593142.jpg
f0346196_15593572.jpg
昼間の爆睡中に叩き起こし与えるおやつは入れ食い状態です。
いつもこの姿の掲載が多いのでデブのどこが可愛いのだろうと思われていそうな気がする。

f0346196_15594075.jpg
ちゃんとベットルームがあるのにこんな状態でうたた寝。
丸めたままベットまで運ぶ。

話は変わります。

f0346196_15594941.jpg
f0346196_15594447.jpg
野生のオウムに餌やりをしていると愛情深いきオウムがグルーミング中  の様に見える。
私が夜眠っている時 もも太郎も枕元に来て髪の毛をグルーミング なめたりひっぱたり モミモミと深い愛情を示してくれる。
朝起きた時の髪の毛の乱れ方でその日の愛情の深さが解る。

鳥たちがプロポーズするときダンスをしたり立派な巣を作ったり鳴き声でメスにアピールする。
身近で美しいと思うのは丹頂鶴の舞だろう。

亀のプロポーズはオスがメスの顔にピンタ そのピンタはのろまな亀とは思えない素早さらしい。
SMとは思えないが首を引っ込めればいいだろうにと思うがピンタを受ければOKの合図かも知れない。

カメレオンはダンスをしながら体をペタッと薄くするそうだ。

愛情深きもも太郎を2週間もシッターさん宅でゲージに閉じ込めることになる。
薄情者と言われても弁解の余地なし。


by o-rudohime | 2016-03-28 04:58 | アレコレ話 | Comments(12)

いくら季節の先取りと言っても

最近は季節感が無くなりつつあるように感じる。
真夏のイメージのダリアがもう植木屋さんに並んでいた。
f0346196_04311252.jpg
小さな苗から育てた色とりどりのダリアは存在感があった。

f0346196_15041298.jpg
f0346196_15041970.jpg
f0346196_15042784.jpg
f0346196_15043299.jpg
f0346196_15043974.jpg
おんぶした虫を見付けた。

f0346196_15045080.jpg
f0346196_15045798.jpg
こちらのダリアにはミツバチが足に大きな花粉玉を付けていた。

f0346196_15050355.jpg
30日成田からヒューストンまで飛びカリブ海14日間クルーズに出かける。

時差-14時間 30日朝日本を出発ヒューストン30日朝着という事でボケボケになりそう。 
しかし乗船する日が30日になるので船内で誕生祝をしてくれることになっている。
翌日31日は娘の誕生日なので連続のお祝いとなる。

アメリカ→コロンビア→パナマ→コスタリカ→メキシコを回る。
メキシコの国花はダリア。 


by o-rudohime | 2016-03-27 04:32 | 絵手紙の花と野菜 | Comments(18)

水ぬるむ春です

f0346196_17030359.jpg
すっかり周りは春景色になったが朝夕はまだまだ寒い。
朝帰りの月が西空でボンヤリとしていた。
しっかり目覚めていない私もボンヤリと眺めていた25日の朝の光景。

f0346196_17033246.jpg
ベランダで飼っているメダカの動きも活発になって来た。
暑さ寒さしのぎにクーラーボックスで飼っているが餌も良く食べるようになった。

写真は浅草「浅草寺」で池に投げ込まれるお賽銭の番をしている鯉 
冬は動作が鈍くそれでも投げ込まれるお賽銭を餌かと思いジィ~と目線をくれる。

f0346196_17033891.jpg
最近 四国生まれが原因とは思えないが大ボケ 小ボケ(大歩危小歩危は四国の観光名勝)が増えた。
皆様へのコメント コメント返しに誤字脱字 絵手紙に添える字間違い等が多すぎる。

おかみさんは経験したが神様じゃないんだもの 仕方がないわね。

by o-rudohime | 2016-03-26 05:18 | 絵手紙 | Comments(6)

HappyBirthday to you ~絵手紙~

f0346196_08450321.jpg
f0346196_08445503.jpg
f0346196_08450831.jpg
3月生れの方 お誕生日おめでとうございます。
絵に描いた餅ならぬケーキですが眺めるだけでも・・・

凧さ~ん聞こえるでしょうか 少し早いけど前祝と言う事でお好きなケーキ(多分チョコレートケーキだと思う)をどうぞ。

シンシアさんお誕生日おめでとうございます。

ぴこさんHappyBirthday!

おめでとう の催促ではありませんが私も3月生れです。

昔むかしその昔ジャクリーヌ・ササール主演映画「3月生れ」と言うのがあり3月生まれの女性は気まぐれ女の代名詞になった時期がありました。
妙に納得しました。

f0346196_08451525.jpg
滋子さんから絵手紙が届きました。
嬉しいです。
絵手紙教室では主催会社から誕生月にケーキをお祝いしてくれ皆さんと一緒に頂きます。
3月の絵手紙教室では先生も忘れていたようでパスされてしまいました。
食べ物の恨みは怖いですよ~ 存在感が薄い様です。


by o-rudohime | 2016-03-25 09:00 | 絵手紙 | Comments(22)

化粧しても化けきれない 

陶芸で同じものを数個作ったり 洋服でも気に入れば同じデザインの色違いを買ったりする習性がある。

陶芸で模様や色を付けずに無地の方が良かった場合やその反対の場合があるが焼き上がってみないとイメージ通りか解らない。
f0346196_17253642.jpg
f0346196_17252198.jpg
一応男の子 女の子を描いた珍味入れ。
縄文人の絵を真似た訳ではなくオリジナル。
トイレの標識でもない。

f0346196_17260552.jpg
f0346196_17255749.jpg
下の写真は一度掲載したことがあるがその前に同じような雰囲気のノッペリとした花器を作っていた。
見比べてもたいして変わりはないが自分なりのこだわりがある。


by o-rudohime | 2016-03-25 05:04 | 陶芸 | Comments(6)

とかく群れたがるムスカリ

f0346196_11534886.jpg
ムスカリが群生している光景が見れる季節になった。
球根から増えいつの間にか群れている。
割り箸で描いてみた。

f0346196_12000666.jpg
f0346196_12003266.jpg
名前が解らないがこんなブルーの花も野原で群れていた。


by o-rudohime | 2016-03-24 12:16 | 絵手紙の花と野菜

椿にもある洋顔 和顔

椿の花をを見るとオペラ「椿姫」(乾杯の歌はどなたも聞いたことがあると思う)が思い浮かぶ。

f0346196_17492123.jpg
f0346196_17190484.jpg
オペラ 椿姫の原作者 アレクサンドル・デュマ・フィスが経済的理由で2か月しか付き合えなかった高級娼婦マリー(写真の女性)が椿姫のモデルだと言われている。
f0346196_17191962.jpg
左側のマーブルの花には「JAPONICA」と言う名前が付けられていた。
納得できる雰囲気。

f0346196_17193466.jpg
椿がポトリと落ちた様が好き ジャリでなく苔の上ならなおさら好き。

f0346196_17194380.jpg
f0346196_17195400.jpg
f0346196_17200313.jpg
全ての椿は異国で見かけた花。

茶花に使われる雰囲気ではなく華やかである。


by o-rudohime | 2016-03-24 04:56 | | Comments(10)

特別ファンではないが・・・テレサテンのお墓

お彼岸に墓参りをされた方も多いと思う。

事情があり嫁ぎ先のお墓参りは去年を最後に行くのをやめた。
実家は遠く4基のお墓があるがお彼岸の日を外し 年に2回しかお参りが出来ず従妹に墓守を頼んである。

f0346196_13583895.jpg
f0346196_13583230.jpg
台湾へ行った時小さな家が日当たりの良い山の傾斜に建ち並んでいた・・と思ったらお墓だった。

f0346196_13584563.jpg
金宝山霊園にテレサテンのお墓があると聞き出かけた。
この霊園には要人 スターたちのお墓があり一見高級住宅地の様な錯覚を覚える様な大きく立派な家の形をしたお墓が多かった。
ゲートの犬小屋さえさすが~と思える。

f0346196_13585269.jpg
f0346196_13590210.jpg
テレサテンのお墓は愛区にあり広場と墓園に分かれている。
全体で100坪 墓園は50坪あると言われている。
センサーで人が通るとテレサテンの歌が聞こえるようになっている。
山の頂上にあり結構大きな音量 「うるさくてオチオチ眠っていられないよ」と何処からか聞こえたような・・・・

f0346196_13591351.jpg
f0346196_13591786.jpg
大きなピアノが先ず目につく。
鍵盤の上を踏むと音が出るようになっている。

f0346196_13592948.jpg
ト音記号がデザインされた広場を過ぎると墓園になる。
ト音記号形に季節ごとの花が植えられるそうだが行った時は少々寂しい状態だった。
f0346196_13594523.jpg
f0346196_13595258.jpg
南アフリカ産の大理石で墓碑が作られ棺の蓋にはバラの彫刻(白く見えるところ)されている。

♪時の流れに身を任せ・・・思わず口ずさんでいた。






by o-rudohime | 2016-03-23 05:07 | 旅の思い出 | Comments(10)


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

BLUE HEAVEN ~ネ..
at 2017-05-01 07:34
またそのうちにネ
at 2017-04-30 14:17
お参り後の清々しい気持ち
at 2017-04-30 07:19
花は見たし信仰心は無し ~高..
at 2017-04-29 16:55
これって何分咲きって言うのかな
at 2017-04-29 07:08
頭の指示と体の動きは別
at 2017-04-28 14:18
食い気に勝るものなし
at 2017-04-28 07:26
四季の心で
at 2017-04-27 15:57
武雄温泉へ向かう前に ~武雄..
at 2017-04-27 07:17
人間ですもの・・・
at 2017-04-26 14:41
じゃぱにーず ~テディベア~
at 2017-04-26 06:47
雨の日はここに限るわね  ~..
at 2017-04-25 14:17
よみがえった母
at 2017-04-25 06:22
夜の輝き ~ハウステンボス~
at 2017-04-24 12:07
念力は更に強まった ~羽田か..
at 2017-04-24 06:51

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

☆旅プラスさん 地図を..
by o-rudohime at 14:54
☆かずたんさん 広いお..
by o-rudohime at 14:49
☆アリスさん 青空の元..
by o-rudohime at 14:32
行ったことが無い公園です..
by tabi-to-ryokou at 11:11
夕日が素晴らしいですね。..
by kazutanumi at 10:35
おはようございます^^ ..
by ayayay0003 at 08:37
アラック、お寺さんのお庭..
by umi_bari at 21:20
☆旅プラスさん 幸せ回..
by o-rudohime at 19:04
第61番高野寺の階段、凄..
by tabi-to-ryokou at 15:32
☆ぴこさん この大きさ..
by o-rudohime at 12:21

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
BAGUS!
たんぶーらんの戯言
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
花の調べ
My slowlife ...
ROMA - Phot...
近所のネコ2
さぬき写真工房
aviの額
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
Sauntering 
ゆっくりゆったり
人生とは ?
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
Night Flight...
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
でん、でん、でん。。。。
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
トチノキの詩
小さな幸せ 田舎暮らし ...
俺の心旅
やませみ物語
slow life
ぎんネコ☆はうす
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
リンデンの心のままに綴る...
ふくとぽん
続・感性の時代屋
チェロママ日記
kaorainne日記Ⅱ
さぬきジェンヌのおいしい日和
亀の遠写近写②
でんでんでん2
バリ島大好き
気のむくままに・・・2

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ