<   2015年 12月 ( 52 )   > この月の画像一覧

2015年 お世話になりました

f0346196_21274761.jpg
絵手紙を始めた事でブログを書き続けられました。
今年の旅のテーマは「祭り」 国内では風のおわら 阿波踊り 祇園祭など海外ではベネチュアの仮面カーニバル ブータンのツェチュ祭りベルサイユ宮殿の晩餐会等々 旅を話題にする事が出来た。

ブログを通して新しい出会いもあり 振り返れば充実した一年だった事に感謝。

つたない文章を読んで下さった方々に心より「ありがとうございました」

2016年が皆様にとって良い年となりますようにお祈りいたします。


by o-rudohime | 2015-12-31 08:38 | 絵手紙 | Comments(4)

猫のシッポ

f0346196_15315435.jpg
f0346196_15161928.jpg
植木屋さんがフェンス代わりの山茶花の剪定をしていたので小枝を貰ってネコヤナギに沿わせた。
ネコの尻尾が隠れていればちょっと火で温めしごくとポコッ!と銀色の尻尾が出てくる。

柳と言えば 柳のまな板は高級と言われている朴(ほお)や銀杏と別格の高級品。
柳包丁(刺身包丁)は万能包丁でこれさえあれば大抵の料理が出来る。

ほとんど料理を作らない者の講釈はこのあたりで。




by o-rudohime | 2015-12-30 15:42 | アレコレ話

万能薬の南天

庭のあるお宅には南天の木が植えられている所が多いと思う。
実家ではトイレ(昔の便所)の前に植えてあったが殺菌効果があるから?

近隣に食べ物をおすそ分けするとき必ず南天の葉を添えていた。
南天には殺菌作用と共に解毒作用がある。
もし食あたりした時は「どうぞ南天の葉を噛んでください」と言う訳ではないと思うが。

蜂に刺された時にも南天の葉をもんで汁を付けたりしていた。
祖母は車酔いをする人で遠出をするときは南天の葉を持って出かけていた。
何故だろうと思っていたが酔い止めにも効くようだ。

南天の葉 実を煎じれば咳止めになると聞いているが試したことはない。
漢方薬として結構用いられていると思える。

f0346196_12144180.jpg
お正月には木の物として松 千両万両と共に難点(南天)を飾る。
赤い実は触るとポロポロとこぼれやすいので要注意。


by o-rudohime | 2015-12-30 12:29 | 絵手紙

知っていましたか こんな話

2016年は申(猿)年 年賀状に「見ざる聞かざる言わざる」をモチーフにされた方もいるのではと思う。

日光東照宮の左甚五郎作の3匹の猿は有名。


f0346196_16004286.jpg
f0346196_16005182.jpg
ブータンへ行った時三人の僧の「見ざる聞かざる言わざる」のステッカーを買った。
インドの独立の父と呼ばれているガンジーは「悪を見るな 悪を聞くな 悪を言うな」を教えガンジーの三猿は有名。

三匹の猿の「見ざる聞かざる言わざる」は古代エジプト アンコールワットにも描かれているそうだ。
アメリカ イギリス などでも英語で「Three wise monkeys」として知られている。


f0346196_16005993.jpg
インドネシアバリ島では木で作られた猫がそれぞれポーズをとっている。

オーストラリア(猿は存在しない)ではカンガルーやコアラの「見ざる聞かざる言わざる」の格好をしている。

ペルー オーストリアは蛙  アメリカ イギリス ロシアなどでは猿。

ちょっと利口そうに書かせてもらうと
論語に「礼にあらざれば視るなかれ 礼にあざられば聴くなかれ 礼にあざられば言うなかれ 礼にあざらればおこなうなかれ」という一節がある。

鎌倉時代の説話集「沙石集」に「言わざると見ざると聞かざる世にはあり思わざるをばいまだ見ぬかな」と書かれている。
(ざる が四か所に書かれているが最後のざるは思わないの意味・・・余計なことは書かざるでした)

「見ざる聞かざる言わざる」は日本語の語呂合わせだけではないようだ。










by o-rudohime | 2015-12-29 16:48 | 絵手紙 | Comments(8)

あれってほめ言葉だったんだ

四方八方を建売住宅に囲まれた畑を見かける。
そんな畑が近所にもあり坪単価を考えると取れた作物の値段は如何ほどか。
そんな畑から採れた大根が寒干しされていた。

f0346196_15052510.jpg
昔 大根足とからかわれた事がある。
足首は人並み(と思っている)だがふくらはぎ辺りからグッと貫禄がある。

昔は少々曲がった大根でも売られていたが今どきの大根は太くても真っ直ぐでカッコいい。

結構頑固で意地っ張りな性格だが何時か「大根足」と言われた時は素直に「ありがとう」と言おう。



by o-rudohime | 2015-12-28 18:46 | 絵手紙

お許しのほどを ~絵手紙~

見た物に感動すると写真を写したくなる。
その写真を見て感激すると描きたくなる。

f0346196_16231632.jpg
「ちょっとそこまで」のブログを書いているei5184さんが冬空の下に侘しそうに見える蓮の葉の写真を掲載されていた。
見た途端に描いてみたいと思った.
似ても似つかない絵になってしまったが・・・・

去年は蓮の花を今年は蓮の葉の写真をパクってしまった。
仏の顔も三度 心優しいei様お許しのほどを。


by o-rudohime | 2015-12-28 07:23 | 絵手紙 | Comments(6)

遊んでいる場合じゃないんですがね

新国立競技場がキャッチフレーズ「木と緑のスタジアム」と言う事で決定された。

何が原因だったか忘れてしまったが木を大切にと言う事で割り箸まで節約をと言う時代があった。
最近は使い回しの塗り箸が使われる店があるがそれはそれでいいことだと思う。

しかし大きく育てる木のため間引く事も大切。

新国立競技場には加工された木が使われるそうだが塗り替え 植木等のメンテナンスの経費を考えると先々が思いやられる(様な気がする)

と言う事で
f0346196_09353627.jpg
我が家では見かけだけ木の雰囲気を味わっている。

f0346196_09354168.jpg
f0346196_09354965.jpg
ニュージランドで買った木の皮を組み合わせて作られた絵。

f0346196_09355553.jpg
北海道土産の木で作られたキツネ これが結構あれこれ組み合わせて遊べる。
先ず最初はグ~
f0346196_09360643.jpg
f0346196_09361109.png
f0346196_09403549.jpg
f0346196_09361778.jpg
f0346196_09530865.jpg
f0346196_09531475.jpg
f0346196_09531942.jpg
木の感触は矢張り良い。
しばらくキツネと遊んだ。

by o-rudohime | 2015-12-27 10:00 | アレコレ話 | Comments(2)

後いくつ寝るとお正月 ~絵手紙~

f0346196_16372706.jpg
除夜の鐘の音 幾つを聞いて あと一つで オメデトウ・・・都都逸でこんな唄がある。

2015年も後わずか あといくつ寝ると とカウントダウン。

2020年のオリンピックまであと1671日 誕生日まであと何日(待ち遠しいわけではないが)宇宙へロケットを上げる時のカウントダウンは10から? 

外国ではニューイヤーパーティでカウントダウンをしゼロになった瞬間 隣の見知らぬ人とでもハグをする。

除夜の鐘 人間には108の煩悩があるといわれ鐘を108撞く。
私には108では収まらない程煩悩があるが・・・

鐘は新年を迎えた時 最後のひと撞きをするのが正しいそうだが細かいことはなしで「おめでとうございます」を言いたい。





by o-rudohime | 2015-12-26 17:03 | 絵手紙 | Comments(4)

どの字を当てはめようかしら

フクロウは縁起の良い鳥なので年賀状に描いても良いそうです。

ギリシア神話では知恵の女神の使いとして学問の神様と崇められている。
そう言えばフクロウ博士なんて名乗っていた方がいましたね。

不苦労  苦労知らず
福来郎  福が舞い込む
福籠   福を一つにまとめる

当て字ながら使ってみたくなる時があります。
フクロウは首が270度回る事から商売人は縁起物として喜ばれる。

f0346196_22404173.jpg
この絵を見ても何を描いたか理解できないでしょうね

f0346196_22420405.jpg
梟の首が270度とまではいきませんが首を回した絵です。
(足がなければ なんとか梟らしく見えたでしょうか)

今年は少々遊び過ぎ収入以上にお金を使ってしまいました。
何とかやりくりしてして新年を迎えられそうです。



   


by o-rudohime | 2015-12-25 23:13 | 絵手紙

神様仏様仲良くご一緒に

初詣でに行った時 前年貰ったお札(おふだ)を治め御焚き上げをお願いする。
その時お札(おさつ)をお礼(おれい)に渡す。

仏壇 神棚の向きにもお約束事がある様だ。

神様と仏様を一緒にお祀りしたり向い合わせにするのは良くないと言われるが我が家には正式な仏壇も神棚もなく置き場所がないこともあり一応一緒にお祀りしてある。
(そうか~それで良い運が巡って来ないんだ。)

商売柄お不動様に商売繁盛のお札を観音菩薩の前にお祀りしてある。
(これは良くないのか?)

初詣でに行くと諸々のお願い事が出来るお札がずらりと並んでいるがすべてを買ってお祀りしたくなる。

キッチンには三宝荒神様 トイレには烏枢沙摩明王 北東の鬼門には金神方除 玄関には家内安全 縁結びの愛染明王様は今さら不要だし 通帳入れ用に御利益があると言われる黄色い袋はほしいわね。
祈願用の塩もあってもいい。

全てのお札を買うとお札が何枚も必要になってしまう。

ハタと思い付いた。

f0346196_17191424.jpg
せめて「吉祥宝来」家運を心機一転し福を招く開運 招福 魔除けとして心を込めて自分でお札を作ればいいんだ。

そうだ! これをプリントして売れば金銀財宝が・・・・こんな初夢が見たいものです。








by o-rudohime | 2015-12-25 08:15 | 絵手紙 | Comments(6)


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

BLUE HEAVEN ~ネ..
at 2017-05-01 07:34
またそのうちにネ
at 2017-04-30 14:17
お参り後の清々しい気持ち
at 2017-04-30 07:19
花は見たし信仰心は無し ~高..
at 2017-04-29 16:55
これって何分咲きって言うのかな
at 2017-04-29 07:08
頭の指示と体の動きは別
at 2017-04-28 14:18
食い気に勝るものなし
at 2017-04-28 07:26
四季の心で
at 2017-04-27 15:57
武雄温泉へ向かう前に ~武雄..
at 2017-04-27 07:17
人間ですもの・・・
at 2017-04-26 14:41
じゃぱにーず ~テディベア~
at 2017-04-26 06:47
雨の日はここに限るわね  ~..
at 2017-04-25 14:17
よみがえった母
at 2017-04-25 06:22
夜の輝き ~ハウステンボス~
at 2017-04-24 12:07
念力は更に強まった ~羽田か..
at 2017-04-24 06:51

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

☆旅プラスさん 地図を..
by o-rudohime at 14:54
☆かずたんさん 広いお..
by o-rudohime at 14:49
☆アリスさん 青空の元..
by o-rudohime at 14:32
行ったことが無い公園です..
by tabi-to-ryokou at 11:11
夕日が素晴らしいですね。..
by kazutanumi at 10:35
おはようございます^^ ..
by ayayay0003 at 08:37
アラック、お寺さんのお庭..
by umi_bari at 21:20
☆旅プラスさん 幸せ回..
by o-rudohime at 19:04
第61番高野寺の階段、凄..
by tabi-to-ryokou at 15:32
☆ぴこさん この大きさ..
by o-rudohime at 12:21

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
BAGUS!
たんぶーらんの戯言
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
花の調べ
My slowlife ...
ROMA - Phot...
近所のネコ2
さぬき写真工房
aviの額
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
Sauntering 
ゆっくりゆったり
人生とは ?
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
Night Flight...
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
でん、でん、でん。。。。
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
トチノキの詩
小さな幸せ 田舎暮らし ...
俺の心旅
やませみ物語
slow life
ぎんネコ☆はうす
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
リンデンの心のままに綴る...
ふくとぽん
続・感性の時代屋
チェロママ日記
kaorainne日記Ⅱ
さぬきジェンヌのおいしい日和
亀の遠写近写②
でんでんでん2
バリ島大好き
気のむくままに・・・2

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ