<   2015年 08月 ( 36 )   > この月の画像一覧

この世からあの世への絵手紙

f0346196_11295031.jpg
今日は夫の命日 あれから7年になるのね。
「終わり良ければ総て良し」と言う人ではなかったがもう少し年月が経てば許せるようになると思う。

でも命日は忘れてはいないのよ。


by o-rudohime | 2015-08-31 11:36 | 絵手紙

只今修行中 ~ワライカワセミのクッキーちゃん~

朝な夕なに雀親子がやって来る。
小雀はうるさく鳴きながら餌を目の前にしても自分で食べようとせず羽をバタバタするだけ。
子供が一人前に餌が食べられるようになるのはいつの事やら。

毎度おなじみのワライカワセミ(豪州ではクッカバラと呼ぶ)の子供の餌もらいデビューのお話です。

f0346196_18000196.jpg
Hello! クッカバラのクッキーだよ。
何度か会ってるよね 初めて肉を貰ったんだ。
一切れ投げて貰ったけどオタオタしているとまた一切れ飛んできた 更にまた一切れ。
餌って待っていると飛んでくるんだね   な~んて思っているような顔つき。

f0346196_18000711.jpg
f0346196_18001712.jpg
f0346196_18002277.jpg
f0346196_18003071.jpg
親にくっついて餌を貰いにやって来るが怖くて手渡しで受け取れない。

投げて貰った肉をやっとの思いで咥えた。

カラスがパンを貰ってはよく水に浸して食べていたけど・・・ちょっと違うよね、そうだ親たちは叩いて肉を伸ばしていたんだっけ。

f0346196_18182515.jpg
f0346196_18183373.jpg
フェンスの上でバランスをとりながら肉を叩くのはまだ少し練習が必要の様です。
叩こうとするとバランスを崩してしまいオットト ヤバイ!

f0346196_18183836.jpg
f0346196_18184303.jpg
他の鳥たち用の足場の良い餌台からフェンスめがけて叩き付けようとするが上手くいかない。
何度挑戦しても肉はそのままの形。

f0346196_18184713.jpg
f0346196_18185290.jpg
餌台の上で短い足を踏ん張って餌台の角で叩き付ける真似事を数度 丸呑も難しいようで何度も挑戦。

肉が飛び散り下でカラスがおこぼれを待ち受けているほど肉をのばすには修行がまだまだ足りないようです。

最後まで見届ける時間の長さにカメラを持っているこちらも力が入りくたびれてしまった。
















by o-rudohime | 2015-08-30 21:28 | アレコレ話 | Comments(2)

女性の永遠の憧れ ウエストのくびれどこまで望むのか

f0346196_22211318.jpg
世の中の女性の大部分がくびれたウエストにあこがれを持っていると思う。
(顔出ししていないしショートの黒髪だからと言って若かりし頃の私では・・・誰も間違ってもそんなこと思わないわね)
ここまでは望まないがそれに近いくびれのあるカボチャを見付けた。

f0346196_16175818.jpg
おもちゃかぼちゃと言うらしい。
瓢箪と見間違えるくびれのある形をしていた。

f0346196_22211998.jpg
f0346196_22212532.png
ちょっとくびれの少ないかぼちゃもある。
せめてこの程度のくびれはほしいわね。

f0346196_22213293.jpg
「風と共に去りぬ」のシーンでスカーレットが黒人女性のマミーにコルセットをしめあげてもらっているシーンを思い出した。
有名なラストシーンの言葉Tomorrow is another day(明日に望みを託して) 又違った意味でとらえた。
何事も明日から・・・・・

by o-rudohime | 2015-08-29 22:46 | 絵手紙の花と野菜 | Comments(4)

一度の失敗なら回り道と思えるが・・・

f0346196_16560486.jpg
絵手紙の基本は下書きなし なぞらず一筆書きの様に線を引く。
勿論筆の上部を持ってユックリ ユックリと。

全体を見ず線に集中して描いていると出来上がりはとんでもない形になることしばしば。
描き直すが矢張り最初に描いたのが一番味がある。
f0346196_16555440.jpg
これが実物の犬、最初に描いた絵の犬の顔が・・・・

と絵手紙について講釈をのべたが2度同じ失敗をしてしまった。

いいえ~絵は2度や3度では終わりません 部屋のキーを見失ってしまった。

1度は2泊の旅行から帰りいざドアを開けようといつも入れてあるスーツケースの隠しポケットをみるとキーが無い。
普段は携帯電は持ち歩かない。
別れたばかりの娘宅までスーツケースを引きずり2ブロック先まで歩いて行き預けてあるキーを貰って来た。
(この時は一時神隠しにあったようで数日後隠しポケットから見つかった)

2度目の失敗をやってしまった。
昨日娘と車で買い物に行きいざ・・・キーがない。
前回の失敗で学習 車を降りる時は必ずキーを手にして降りるようにしているがついうっかり確認をしなかった。
一分ほどの所の行きつけの美容院で電話を借り又もや娘にキーを持ってくるよう頼んだ。
(結果的には車のシートに落としていた)

一度で十分な失敗もあれば失敗があるからこそ練習を重ね上達する事もある。







by o-rudohime | 2015-08-29 07:57 | 絵手紙 | Comments(4)

猛暑も過ぎ去り・・・~カラメル画~

f0346196_07472616.jpg
去年に続き山椒の木にアゲハチョウが卵を産んでいたらしく葉が少しづつ食べられていった。
気味が悪いので幼虫を探すことはしない。
その内虫のフンも落ちなくなりは山椒の葉も沢山残ったままになった。

猛暑にやられたらしく蝶々になれなかったようだ。

雀も夏はあまり来なかったが最近はにぎやかに餌をついばんでいる。

少しづつ秋の気配を感じるようになった。


by o-rudohime | 2015-08-28 07:54 | 絵手紙

最後の寄港地名古屋金城ふ頭 ~ダイヤモンド・プリンセス

熊野の花火が中止になりテンション右肩下がりです。

出航7日目、初寄港となる名古屋金城ふ頭に入港。

f0346196_16161428.jpg
税関職員が乗り込んできます。
釜山からの入国となるので(釜山で下船しなくても)全員船上で税関審査 パスポートに入国の判を押してもらう。

名古屋初寄港という事もあり沢山の方が見学に来ていた。
関西方面 それより西にお住まいの方はここで下船する方も多いようでお出迎えもあるのではと思われる。

f0346196_16214827.jpg
f0346196_16220927.jpg
取材? ヘリコプターもやってきています。

最初の観光地熱田神宮へお参りに行きます。
f0346196_16162531.jpg
熱田神宮の鳥居は普通の鳥居と違い下の部分が柱から抜けていないのが特徴らしい。

f0346196_16163049.jpg
f0346196_16164926.jpg
f0346196_16164175.jpg
立派なクスノキ、弘法大師が植えたと言われている。

f0346196_16304719.jpg
f0346196_16305249.jpg
こんな土塀もあった。

f0346196_16421722.jpg
f0346196_16425896.jpg
想像していたより参道が短い(6万坪あるにしては)様に思った。
ここには三種の神器に一つ草薙の神剣(くさなぎのみつるぎ)が祀られ年間70余りの祭典 神事が行われる。

平成25年 創祀1900年の慶節を迎えた。

f0346196_16493060.jpg
夜のうちに孵化すべき蝉の幼虫がそろそろお昼ご飯をと言う時間なのに枯れ葉に隠れてゴソゴソ・・留守番をしているもも太郎の好物だが生きているのは流石に持ち帰れない。

この後12時前 有名店へ「ひつまぶし」を食べに行く。
2時間30分待ちの行列を横目にクルージング客は予約済みなのですぐ席に付けた。
ガイドと店の行き違いから40分で退室すべきところを1時間30分時間をとり炎天下でガイド待ちとなった。

念願のノリタケミュージアムにも行けた。

f0346196_17040523.jpg
f0346196_16430567.jpg
船は出航 盛大なお見送りを受ける。
応援団の様な扮装した人たちと掛け合い漫才の様なやり取り、最後に「西日で姿が見えないがさようなら」には笑ってしまった。

最後の晩餐はワインとメインコースでムール貝をダブルで注文 満足満足。

波も穏やかなクルージング 来年はきっと熊野の花火を見なくては。

















by o-rudohime | 2015-08-27 19:51 | 旅の思い出 | Comments(2)

よりによってこんな日に ~船上からの熊野花火見物~

f0346196_17140823.jpg
横浜から出港6日目(8月17日)熊野の花火をダイヤモンド・プリンセスの船上から見る予定。
その為キャビンのベランダから花火を見ようと左舷を選んだ。

怪しき雲行き・・・
当日の朝花火大会が行われるか否かアナウンスすると言われたがネットで早々に中止を知った。
午後7時から始まる花火のプログラムまで貰っていたのに残念!

f0346196_17141671.jpg
怒りの花火
f0346196_17142231.jpg
少し気分が落ち着いた花火

f0346196_17142775.jpg
心穏やかになった時の花火・・・・すべて想像の花火となった。

f0346196_17143508.jpg
クルーズはお金がかかり贅沢と思われている方がいるようだが日本発着のクルージングならそれほど値段が高いとは思わない。
部屋の値段はピンからキリまであるが食事、飲み物がいつでも好きなだけ食べられ寄港した時もオプションに加わらなければ無料のシャトルバスが出ているので好きな場所へ観光に行ける。

毎朝ラジオ体操や1マイル歩きましょう エクササイズなどスポーツや 何らかのイベント ダンス プロカメラマンによるデジカメの写し方 シアターでショーを見たりカジノもあり飽きることはない。

乗船すると先ずデポジット(クレジットカードでもよい)を入れクルーズカードを作ってもらう。
船内の買い物、アルコール類など有料の物 オプション観光 次回の予約のデポジットなどすべてクルーズカードで最終日に清算される。

クルーズカードは初乗りのブルーからエリート・メンバーの5種類あり常に首にかけていると上下船時などの時にも便利。

食事も日本人用に和食があり有料のレストランは$25支払えば結構美味な食事が好きな物を好きなだけ選び食べる事が出来る。

何だは船会社の回し者の様になったが・・・・



by o-rudohime | 2015-08-26 20:23 | 旅の思い出 | Comments(4)

今年は秋が長いんですって

f0346196_13065694.jpg
グリンカーテンの朝顔がそろそろ終盤を迎え始めた。

f0346196_13064886.jpg
白い朝顔の種を来年用に収穫した。
しぼむ頃には赤くなるブルーの朝顔は種なし・・残念。

f0346196_13063865.jpg

by o-rudohime | 2015-08-26 13:11 | 絵手紙の花と野菜

何故こんな日に韓国へ行くのだろう ~クルージング~

8月15日 ダイヤモンド・プリンセス号が釜山に入港する。

この日は日本敗戦の日 韓国にとっては独立記念日で祭日。

大韓航空は安いので旅行するとき距離がありビジネスクラスに乗りたいときは韓国経由で(数日滞在した)旅行をしていた。
ずいぶん前になるが8月15日には韓国に来ない方が良いと韓国在住の人に言われ避けるようにしていた。

長年住んでいた豪州でも4月25日の「アンザック・ディー」には日本人は外出しない方が良いとつい最近まで言われていた。
その日は日本人が交差点で立ち止まっていると生卵を投げられたり 家のフェンスに生卵を投げつけられた と言う話が流れたが被害にあった人の話は聞いていない。

f0346196_17092301.jpg
f0346196_17093169.jpg
f0346196_17093637.jpg
釜山港国際クルーズターミナルに着岸。
観光用のバスが待機。
オプショナル旅行の行き先は数か所から選ぶ。
日本を発つ前シャトルバスはあるのか聞いたがない様な事を言われ 今さら釜山観光もないと思ったが船内にいても仕方がないので釜山タワー 免税店付きを予約。

着いて見ればシャトルバスはちゃんと待機していた(来年は全ての停泊地のオプションは頼まないと良い勉強になった)

f0346196_17170607.jpg
f0346196_17171236.jpg
ダンサーにより歓迎のダンスが披露されていた。

f0346196_17172195.jpg
両替するバスも待機中。
ウオンは持っているので両替の必要はなかった。
ウオンを使い切りたい人様に帰りにお土産を買ってもらおうと土産やさんは店開きの最中だった。
瀑買いする日本人はいないと思うが・・・

f0346196_17234631.jpg
f0346196_17235339.jpg
f0346196_17235710.jpg
港から観光バスに乗り5分も走らないところでお巡りさんに停止命令 ヤバ!日本人が集団で来るので暴動でも起きているのか?
何の事はない 運転手がシートベルトをしていなくて罰金。

ガイドさん さり気なく「本日は韓国独立記念日で祭日」と言ったがその意味を理解した人はいたのかいないのか無反応。

街散策でもわざわざ写真を撮るほどの興味もなく屋根の上を歩いて居いた猫とスモモを売っていたおじさんを写したくらい。

f0346196_17311048.jpg
高さ120mまで登れる釜山タワーに上り夜景を見る。
f0346196_17310515.jpg
f0346196_17311569.jpg
エレベーターに乗るときタワーを一周する人の山 頂上に着いた途端に並び下りのエレベーターを待つ。
良い時間つぶしのなった。

f0346196_17312235.jpg
写したかったのは抱き合ったカップルではなく後ろに見える「愛のカギ」・・・フランスの橋げたが鍵の重さで壊れていたのを見たがそのうちこの柵も倒れるのではと思ってしまうほどすごい数だった。。

f0346196_17370453.jpg
ダイヤモンド・プリンセスの自分たちが使った部屋を写す。

いよいよ熊野に向かって出航。
















by o-rudohime | 2015-08-26 08:31 | 旅の思い出 | Comments(2)

時間はたっぷりあるのよねぇ~

f0346196_11531129.jpg
カレンダーを繰って見ると月マタギで旅行はしているけど丸々旅に出てない月は1月だけだった。
信念(すぐ揺らぐが)で1月と12月は旅に出かけないと決心している。
と言う訳で9月 10月 11月と旅の予定をしているが12月は娘一人で出かけるらしい。

来年は高齢の母がいるので早々旅行は出来そうにない。

自宅にいると麺類だけで米粒(ご飯)を食べない日が続く事は珍しくないが最近は外国に行くとご飯が無性に食べたくなる。
せめて麺類でもあればしのげるのだが。

クルージングで世界一周をしたいのが夢 時間はあるのだがお金がね~ぇ 残念ながら夢で終わりそう。

by o-rudohime | 2015-08-25 12:06 | 絵手紙


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

告白 じつは私も泥棒だったのです
at 2017-03-24 13:16
花泥棒の現場を押さえる
at 2017-03-24 07:36
ダンレライオン なんと怖い名..
at 2017-03-23 13:25
♪今はもう秋~♪
at 2017-03-23 07:44
お勧め通り美味しかった!
at 2017-03-22 19:43
あなたは長命寺派それとも 道..
at 2017-03-22 06:46
お勧めする訳ではありませんが
at 2017-03-21 16:16
雨の日もいいわね
at 2017-03-21 07:28
ウオンテッド
at 2017-03-20 14:17
遠目でも目立つドームのあるカ..
at 2017-03-20 07:10
つい他人と比較したくなる ~..
at 2017-03-19 14:13
マルタ島 あちらこちらの観光
at 2017-03-19 07:14
シフォンを丸めると ~絵手紙~
at 2017-03-18 14:16
騎士団の為の聖ヨハネ大聖堂 ..
at 2017-03-18 06:41
一足先の衣替え
at 2017-03-17 13:46

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

☆eiさん 木蓮に見え..
by o-rudohime at 19:08
☆アリスさん アリスさ..
by o-rudohime at 19:05
☆umi bariさん ..
by o-rudohime at 18:59
ハイ、植物音痴の私でも ..
by ei5184 at 18:42
himeさんの描かれたマ..
by ayayay0003 at 17:30
楽しいことにスイッチオン..
by umi_bari at 13:39
☆旅プラスさん 餌を差..
by o-rudohime at 12:44
☆ukicoさん 野生..
by o-rudohime at 12:39
キバタン器用ですね。 ..
by tabi-to-ryokou at 10:59
おはようございます♪ ..
by ukico32744 at 09:57

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
BAGUS!
たんぶーらんの戯言
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
花の調べ
My slowlife ...
ROMA 【在ローマ ヘ...
近所のネコ2
さぬき写真工房
aviの額
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
Sauntering 
ゆっくりゆったり
人生とは ?
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
Night Flight...
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
でん、でん、でん。。。。
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
トチノキの詩
小さな幸せ 田舎暮らし ...
俺の心旅
やませみ物語
slow life
ぎんネコ☆はうす
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
リンデンの心のままに綴る...
ふくとぽん
続・感性の時代屋
チェロママ日記
kaorainne日記Ⅱ
さぬきジェンヌのおいしい日和
亀の遠写近写②
でんでんでん2
バリ島大好き
気のむくままに・・・2

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ