<   2014年 06月 ( 42 )   > この月の画像一覧

地上の花火

花火の季節になった。
あの花火の音がお腹に響くのが好き、だから雷も大好き。

f0346196_12155978.jpg
こんなショボイ花火でも音さえ響けば・・・

f0346196_12460767.jpg

f0346196_12420261.jpg





f0346196_12152372.png
f0346196_12145233.jpg
花火を思わせる花々でも眺めて夏の夜空にうち上がる花火を想像しょう。

f0346196_12151040.jpg
チョロチョロ追いかけてくるネズミ花火は苦手じゃ。

by o-rudohime | 2014-06-30 12:24 | 絵手紙 | Comments(2)

猫も使いよう

遊び心で猫ポットを作った。
f0346196_07384440.jpg
f0346196_07442062.jpg
2色の土を使い釉薬はクリアをかけ土の色を生かしたドラネコの仕上がり。

f0346196_07490516.jpg
f0346196_07492792.jpg
お腹に穴をあけ忘れ水栽培(さつま芋)が出来る、これは怪我の功名と自分を納得させる。

f0346196_07532727.jpg
f0346196_07540866.jpg
f0346196_07542546.jpg
f0346196_07544723.jpg
時には鳥たちの弁当箱(パン食)にもなるが小さく食べにくいので喧嘩が絶えず早々に中止した。

あの猫たち今はいずこに行ったやら・・・野良猫になっていないのは確か。



by o-rudohime | 2014-06-30 07:59 | 陶芸 | Comments(0)

ラスベガス ~シルク・ド・ソレイユKAを見る~

先日東京でシルク・ド・ソレイユの「オーヴォ」を見た。
それと比べるのは無理があるがラスベガスのMGMグランドで[KA」を見た。
f0346196_10301825.jpg
ショーの行われるMGMホテル正面にはトレードマークの45tもあるライオンのブロンズ像がある。

f0346196_10303607.jpg
f0346196_10305364.jpg
ロビーには3食昼寝付きで何の苦労もないようなリラックスしすぎのライオンが寝そべっていた。

f0346196_10283556.jpg
パステル画、サインがないのは描き始めたものの猫か?と思われそうになった為。

f0346196_10293268.jpg
f0346196_10291651.jpg
f0346196_10281809.jpg
f0346196_10280330.jpg
f0346196_10274725.jpg
「カー」の舞台装置は舞台自身が上下前後に回転しその上をパチンコ玉のように忍者のように人間が跳ね回るのが印象深い。
メーキャップは日本の歌舞伎を思わせ準主役で日本女性タカハシノリコさんのバトントワリングが目を引いた。

f0346196_10495589.jpg
夜明けのラスベガス、ここでは昼夜関係なく人々が楽しめる町。










by o-rudohime | 2014-06-29 10:51 | 旅の思い出 | Comments(0)

ラスベガス~ホテルマンに吠える~

今、日本にもカジノを作って「ひと儲けしょうではないか」という話が出ている。
そうだ、今日はラスベガスへ行った時の事を話題にしょう。

f0346196_09104064.jpg
f0346196_09341972.jpg
友人がラスベガスへ行った時ホテル「ベラージオ」に宿泊したが非常に良かったという話を聞いた。
宿泊費が少し高いがカジノで一儲けすれば・・・もちろん狸の皮と化したが。

ホテルを予約するとき禁煙室、ベットは娘と2人(どちらもライオン並みのいびきをかくらしい)なのでツインベットをと指示する。
部屋のランクは中の上を予約したが通された部屋はキングサイズのベットにたばこ臭い部屋だった。
即部屋を変える様交渉、ランク下はだめとホテルマンに念押し、ここで少し吠えた。

f0346196_09101469.jpg
通された部屋は中央塔の左横にある32階のスイート、カジノで勝ったとしても泊まれないのではと思う部屋だった。
下の景色が見たくとも高所恐怖の為椅子に座り窓に足を突っ張って写した景色なのでスリッパが写ってしまった。

f0346196_09064326.jpg
シーズンごとに模様替えするボタニカルガーデンがフロント奥にあった。
ラスベガスのホテルのほとんどがカジノを通らなければエレベータホールへ行けないようになっている。
当然小さな子供がカジノを歩いている姿を見かける。

f0346196_09095837.jpg
f0346196_09114480.jpg
f0346196_09083687.jpg
f0346196_09092862.jpg
音楽に合わせ水のダンスが昼夜関係なく見れる。
シルク・ド・ソレイユ「オー」ショー(水のショー)を見たいと思っていたが2泊しかしないためクローズの日と重なりMGMグランドで行われている[KA」を予約した。









by o-rudohime | 2014-06-29 10:12 | 旅の思い出 | Comments(0)

大風呂敷じゃないわよ本当の話

オーストラリアでゴルフをしていてあの見るからにどんくさいコアラが夜行性の癖にフェアウエイを横切るのを見たときは感激しゴルフ気分はすっ飛んでしまった経験がある。

f0346196_08571015.png
豪州メルボルンの中心街にあるセントポール大聖堂。
メルボルンと言えばテニス、競馬のメルボルンカップ(女性が帽子を競う事でも有名)フットボールなどで有名。

メルボルンから100kmほど行った所に野生のコアラが必ず見れる場所があると言われ行った。
f0346196_09000693.png
f0346196_09002904.png
f0346196_09004805.jpg
f0346196_09010490.jpg
豪州にはユーカリの種類は多いがコアラが好む種類は限られている。
車が(排ガス規制はない)行きかう道路わきや民家の庭先などでゴロゴロとコアラが眠っていた。
高い木の不安定な細い枝で丸まっている姿はアリ塚と見間違えそうになる。
最も知人に「コアラが横切ります」の道路標識がある森にさしかかった時アリ塚を見つけるとコアラがいたネと教えるが。

f0346196_08592384.png
メルボルンから東40kmにあるダンティノン丘陵を蒸気機関車に揺られながら24kmほど観光することが出来る。
1900年初期に作られた全長91m、高さ12.8mの木橋があり下は一般道路。
シャッターチャンスを作るためとは思えないがカーブのきつい木橋だった。

コアラ好きの方にお勧めの観光。




by o-rudohime | 2014-06-28 09:34 | 旅の思い出 | Comments(0)

どっちを向いて笑えばいいの?

猫の額より狭いのではと思われるベランダにゴウヤとパッションフルーツを隣り合わせに植えてある。
今年のパッションフルーツは豊作、私くらい(以上と書きたいところだが)シワシワになれは食べ時だがまだしばらく先になりそう。
f0346196_07134008.jpg
パッションフルーツより一足先にゴーヤが食べ時となった。
去年は「大きくな~れ、大きくな~れ」と欲張っているうちに熟してしまい食べ時を逃した苦い(ゴーヤより)経験がある。
f0346196_07140561.jpg
朝ゴーヤの花の香に呼び寄せられ虫がやって来るが花は初めから雄雌に分かれているので受粉は必要ないような気がする。 が念のため筆で受粉させている。
花芯が黄色いのは雄、グリーンは雌花、ほとんどが黄色い花芯。

f0346196_07143414.jpg
f0346196_07150263.jpg
初物を食べると75日寿命が延びると言われている。
節分の恵方巻きは毎年食べる時の方向が変わるが「初物は東の太陽が昇る方向に向いて食べるとよい」と関東地方では言われている。
反対に西に向かって・・・・と言う地方もあるらしい。
いずれにしろ初物は美味しく頂ける。



by o-rudohime | 2014-06-28 07:37 | 絵手紙の花と野菜 | Comments(2)

浜名湖花博2014 ~ガーデンパーク~

f0346196_08144911.jpg
ガーデンパークは船に乗り各国のガーデンを模したのを見ながら回れる。
f0346196_08192322.jpg
f0346196_08141896.jpg
睡蓮は季節外れなのかあまり見る事が出来なかった。

f0346196_08243121.jpg
f0346196_08244787.jpg
f0346196_08245796.jpg
花はゆっくり散策しながら見るのが楽しい。

f0346196_08313540.jpg
チョコレートコスモスは華やかな色の中では目立った印象深い花だった。

f0346196_08310862.jpg
f0346196_08304485.jpg
f0346196_08315146.jpg
着物ショーと言うよりは帯を色々な花の形に結んで見せたショー。
どんな花と競っても負けないあでやかなお嬢さんたち。

f0346196_08221381.jpg
紫陽花ならではの手抜きをして描いてみた。


by o-rudohime | 2014-06-26 08:38 | 旅の思い出 | Comments(0)

浜名湖花博2014 ~温室の中~

花博は2カ所に分かれてあり「はまはくフラワーパーク」は徒歩かバスで移動する。
時間もあったので歩いて回った。
f0346196_07145614.jpg
入場すると正面に大きな温室が見える。
f0346196_07184451.jpg
f0346196_07190506.jpg
f0346196_07193418.jpg
温室の入り口には色見本の様にガーベラがディスプレイされていたが1つとして同じのはない。

f0346196_07250828.jpg
温室内一等席には富士山をイメージした胡蝶蘭、勿論生の胡蝶蘭である。

f0346196_07172446.jpg
f0346196_07153373.jpg
f0346196_07161581.jpg
6月9日に行ったがお天気は良く外は暑かったが温室の中の方が涼しかった。

f0346196_07282786.jpg
2日目にランチを食べに行ったホテルのロビーには楽器をイメージしたオブジェがおかれ飾られている花も素晴らしかった。







by o-rudohime | 2014-06-26 07:32 | 旅の思い出 | Comments(0)

浜名湖花博2014 ~なつかしい景色~

思わず「うわ~なつかしい」とつぶやいてしまった景色に出会った。
f0346196_06523287.jpg
f0346196_06520548.jpg
f0346196_06551202.jpg
ガゼボにはピンクの可愛いバラが絡まっていた。

少し前まで住んでいた家によく似ていた。
f0346196_06525866.jpg
f0346196_06540370.jpg
f0346196_06544917.jpg
洋画でガゼボの有る景色を見たとき憧れた、広い庭があれば・・そのチャンスがあった。
知人と2人でガゼボを組み立て小石を敷き詰めベンチとテーブルを置いた。
白いマンデヴィラをはわせ木陰を作った。
口の悪い知人は「あの鳥かごのある家」と言うが言えなくもない。

f0346196_06583499.jpg
f0346196_06584856.jpg
噴水も知人と穴を掘り水平になるよう苦労しながら据え付けた。 
水は巡回式だったがそのうちボウフラが湧き水草を入れメダカ鉢になってしまった。



by o-rudohime | 2014-06-26 07:10 | 旅の思い出 | Comments(2)

東南アジア旅行のお土産

東南アジア、特に中国、台湾へ旅行した時は自分へのお土産として急須を買う。
f0346196_07383595.jpg
f0346196_07390105.jpg
f0346196_07392213.jpg
どうしても小さくてまん丸いのが好みなのでつい似たようなのを買ってしまう。

f0346196_07395881.jpg

普段使いは高価のは使わない。
蓋と本体にひもが付いているのは台湾で手に入れたもの、中国ほど値段交渉をしてもあまり安くはしてくれない。
多分妥当な値段を付けているのだろう。

f0346196_07403558.jpg
好みの形ではないが玉(ぎょく)や石で作られ色が気に入って買った。
奥の急須は作りはあくまで飾り用で4000元(当時の日本円にして58440円、これはいくら値段交渉しても国立美術店だったので安くならなかった)

手前左の急須は中国長河三峡クルージングの時に買った。
ほしくて仕方がなかったが値段が気に入らず冷やかしで終わりキャビンに帰った。
夜懐にこの急須を隠し持った店主?がキャビンを訪れ(どうしてキャビンが解ったか不思議だったが丁度娘とベットの上で銭勘定していた)安くするから買ってほしいと言われた。
瞬時に娘がお金の一部を隠し「お金を持っていない」と言い大負けさせた思い出深い品。

f0346196_07410009.jpg
f0346196_07412776.jpg
f0346196_07421730.jpg
一番のお気に入り。
底にまで細工が施され南京の個人商店だったので店を出たり入ったりしながら値段交渉成立した思い出深い急須。





by o-rudohime | 2014-06-25 08:16 | 旅の思い出 | Comments(0)


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

ピーターラビットの世界
at 2017-08-21 04:35
禁断症状寸前
at 2017-07-29 14:31
花見用の弁当箱か?
at 2017-07-29 06:00
良縁は引き寄せるもの 待って..
at 2017-07-28 11:19
長刀鉾の縄がらみの縄
at 2017-07-28 06:11
花より団子~パッションフルーツ~
at 2017-07-27 16:52
海の宝石箱と呼ばれるイル・デ..
at 2017-07-27 05:47
安らぎと心の危機
at 2017-07-26 12:56
ニューカレドニア出たり入った..
at 2017-07-26 04:32
お助けマンの隠れ場所
at 2017-07-25 14:07
シアター以外でも楽しめるクルーズ
at 2017-07-25 06:22
途絶えた道
at 2017-07-24 13:27
空を飛ぶ
at 2017-07-24 06:13
覆水を盆に返そうと思えば出来る
at 2017-07-23 12:21
ミステリー・アイランドに立ち..
at 2017-07-23 06:30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

☆たむたむさん 1年ほ..
by o-rudohime at 17:55
☆旅プラスさん ニュー..
by o-rudohime at 17:49
☆かずたんさん まさか..
by o-rudohime at 17:39
☆ATSUKOさん 旅..
by o-rudohime at 17:36
☆ぴこさん 義父さま残..
by o-rudohime at 17:01
☆eiさん 今年は丁度..
by o-rudohime at 16:54
☆アリスさん アリスさ..
by o-rudohime at 16:48
☆でん母さん プラハは..
by o-rudohime at 16:44
☆パパリンさん ピータ..
by o-rudohime at 16:37
☆umi bariさん ..
by o-rudohime at 16:26

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
BAGUS!
たんぶーらんの戯言
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
花の調べ
My slowlife ...
「ROMA」旅写ライター...
近所のネコ2
さぬき写真工房
aviの額
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
Sauntering 
ゆっくりゆったり
人生とは ?
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
Night Flight...
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
でん、でん、でん。。。。
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
トチノキの詩
小さな幸せ 田舎の主婦は...
俺の心旅
slow life
ぎんネコ☆はうす
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
リンデンの心のままに綴る...
ふくとぽん
続・感性の時代屋
チェロママ日記
kaorainne日記Ⅱ
さぬきジェンヌのおいしい日和
亀の遠写近写②
でんでんでん2
へぇ、おおきに
バリ島大好き
気のむくままに・・・2

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ