カテゴリ:陶芸( 40 )

お助けマンの隠れ場所

今日は土用の丑の日ですね。

さっそく関東風のウナギを食べてきました。
値段が少々高くても国産の鰻にしましたが養殖ウナギ程度の値段です。
他の魚の養殖場を見たことがありますがウナギの養殖も似たり寄ったりだと思うと国産にこだわる必要もなかったかとも思います。

最近は気温が高いながら風があるので窓もドアも明け放しエアコンはほとんど使っていません。
マンションなので夜も風が抜ける様窓は締めません。

f0346196_10152076.jpg
直径25cmほどの花器を作りました。
花は一度も活けた事がなく多目的器になっています。
f0346196_10151260.jpg
今はドアストッパーの猫や
f0346196_10145703.jpg
f0346196_10150512.jpg
f0346196_10145187.jpg
これらのドアストッパーの必要のない冬にはこの器の中にしまっておきます。

f0346196_13502580.jpg
ペットのもも太郎を放し飼いにしていますがリビングに入れない様に廊下には網戸をはめてあります。
昼間は眠っているのでドアストッパーの出番です。

看板に偽りなし タイトルに偽りありだったでしょうか。









by o-rudohime | 2017-07-25 14:07 | 陶芸

立っていろと言われれば立っていますよ

20数年陶芸をやっていたが やめて6年が過ぎている。
作陶をされている方のブログを見るともう一度始めてみたいと思うがそんな場所もなくあきらめざるを得ない。

f0346196_15243558.jpg
高さ50cm 39.4cm×18.5cm
偶然出来た梅花皮(カイラギ)もどき 

f0346196_15244689.jpg
高さ52cm 36×17.5cm
金彩を施した。

f0346196_15242146.jpg
高さ54cm 上径42cm 下径21cm
つるバラのつもり

時にはよじれて立っていられない作品も出来る。
花器を作ったわけではないのでおちょぼ口 花を活ければアッと云う間に倒れる事間違いなし。



by o-rudohime | 2017-07-20 04:51 | 陶芸

紫陽花三昧

陶芸をしている時 日常使う器はセットで作っていた。
10枚は少なくとも作らないと6枚セットにならない。
下手をすると半分以上失敗(波打ったりしてうまく重ねられない)することがある。

f0346196_16025331.jpg
紫陽花模様の皿(径14cm)を作ったがこの写真は3枚重ね 上手く重なり片づける時は楽である。
写真の写り方が悪いがくぼみはちゃんとある。

色を付けたいがアナベルと言う事で白のままにしてある。 

f0346196_16030477.jpg
f0346196_16031944.jpg
f0346196_16032522.jpg
f0346196_16033787.jpg
f0346196_16034369.jpg
最近の紫陽花は様々な色があるので挿し木が楽しみ。


by o-rudohime | 2017-07-06 14:38 | 陶芸

手放せない一品(逸品にあらず)

陶芸(焼き物)ほど化けるのが上手い下手がある物はないと思う。
プロでも窯あけした時 化けきれず叩き割るような作品が出来る事もある。

ド素人でも1生に一度くらいは名だたる陶芸家に負けない作品だ と自画自賛したくなる作品ができる時がある。
あくまで ただの思い込み 勘違いだが。
(ハイ 私は自分を盛り上げたり落ち込んだりを自由自在にできるんです) 

どうしても死ぬまで手放せない作品がある。
f0346196_18213551.jpg
f0346196_18214052.jpg
自分の骨壺を作りたかった。
残念ながら蓋を上手く作る技術がなく ただ蓋を乗せるだけ。
雲に導かれ天国へ行けます様にとさり気なく雲を描いた。

今は散骨するように遺言書を書いてあるのでこの骨壺は仮の住まい 終の棲家ではなくなった。

f0346196_05401680.jpg
f0346196_05402974.jpg
高さ45cmいつもながらの不安定な壺
焼き上がった時 早々に日本へ持ち帰った唯一手元にある壺。

地震保険を掛けたいくらいだが金額の査定が出来ず保険屋さんに断られるのが関の山。

 






by o-rudohime | 2017-07-01 05:51 | 陶芸 | Comments(26)

つい言いたくなる嘘  ~いい景色ですナ~

f0346196_13505878.jpg
径36cm 高さ63㎝ タイトルは「腹巻」です。
焼き物教室に通っていた頃自分の作品の目印は△です。
正面と思って作ったが後面の方が見栄えがする事しばしば それを証明する代表的な作品です。

焼き物は「いい景色」と言う言葉が使われますが景色の好き好きはそれぞれです。

・・と言う事で作った作品はいい景色が四方八方にあります。
f0346196_14052341.jpg
f0346196_14125875.jpg




by o-rudohime | 2017-02-10 14:13 | 陶芸 | Comments(6)

めったに使えないガス窯

陶芸教室へ通ってた時はほとんど電気窯だった。
自宅でも電気釜 年に数回ガス窯を使わせてくれることがあった。

f0346196_20190308.jpg
ガスは還元と言う方法で電気窯では出ない色が出る。
形も気合を入れて作る 高さ37cm 無地のはずがこんな模様が出てしまった。

f0346196_20184853.jpg
f0346196_20185268.jpg
高さ17cm 天目釉で黒くなるはずが渋い赤になり模様の所がマダラに黒。
いつもの事ながら裏側の方が良い色になっている。

f0346196_20185823.jpg
高さ38cm
渋好みなのでほぼ満足した作品。










by o-rudohime | 2016-05-23 05:29 | 陶芸

化粧しても化けきれない 

陶芸で同じものを数個作ったり 洋服でも気に入れば同じデザインの色違いを買ったりする習性がある。

陶芸で模様や色を付けずに無地の方が良かった場合やその反対の場合があるが焼き上がってみないとイメージ通りか解らない。
f0346196_17253642.jpg
f0346196_17252198.jpg
一応男の子 女の子を描いた珍味入れ。
縄文人の絵を真似た訳ではなくオリジナル。
トイレの標識でもない。

f0346196_17260552.jpg
f0346196_17255749.jpg
下の写真は一度掲載したことがあるがその前に同じような雰囲気のノッペリとした花器を作っていた。
見比べてもたいして変わりはないが自分なりのこだわりがある。


by o-rudohime | 2016-03-25 05:04 | 陶芸 | Comments(6)

花に囲まれていたいのよね

f0346196_09071469.jpg
径29cm×高さ19cm
陶芸を始めたきっかけは花器を作りたいと思ったのが始まり。
自作の花器に花を入れ知人に配りまくった時期もあった。

f0346196_09071982.jpg
f0346196_09072440.jpg
径27cm×16cm
パンフラワーも習ったことがあったので陶芸でクネクネ ヒラヒラを作るのはお手の物だった。
いざ花をと思った時背が高すぎたり口が広すぎたりと実用向きでないことを悟った物の方が多い。

f0346196_09073130.jpg
f0346196_09073579.jpg
f0346196_09073900.jpg
f0346196_09074372.jpg
f0346196_20521283.jpg
f0346196_20521686.jpg
f0346196_20522194.jpg
花に囲まれていたあの頃が懐かしい。

by o-rudohime | 2016-02-22 14:38 | 陶芸 | Comments(8)

さてどんな生き物がいるでしょうか?

陶芸で大きな物を丸く作るのは素人には少々難しいと思う。
素焼きの時満足しても釉薬をかけると根性が曲がっていなくても形がいびつになる事が多い。

そこで考えた 無い知恵を振り絞って。

f0346196_15534484.jpg
径36cm×深さ5cm エッチン技法 釉薬をスポイドに入れ模様を描き本焼き。
まぁ~ね~ こんなものよ。
猫をイメージしたのだがいそうでいない猫 芸術はアートだ!

f0346196_15533912.jpg
径35cm×深さ5cm
これは鳥をイメージした 猫と違ってすぐ見つかりそう。

このやり方ならチジミもなく型崩れしにくい。

(猫だの鳥だのと言っているが出来上がってそんな風に見えただけの嘘も方便 根性が曲がっていても丸く出来ます)


by o-rudohime | 2016-02-22 06:48 | 陶芸 | Comments(4)

運命の分かれ目

f0346196_13553864.jpg
豪州で引っ越す事3回 その都度陶芸窯用に電気工事をしてもらった。
水の使用が多いと市役所から注意されるが電気はいくら使ってもおとがめなし。

電気代を気にしながらも内職の如く作品を作っていた。
出来のいい物は棚に飾っていた。

f0346196_15340619.jpg
引っ越しの度に作品は入れ替わった。
玄関に置かれた棚は最後は書斎(スタディールーム)に追いやられた。

今手元にある作品はこの内の1個だけになった。

f0346196_13554684.jpg
f0346196_13555074.jpg
f0346196_13555562.jpg
f0346196_13555934.jpg
高さ31×18cm 灯りの影を楽しめるキャンドル。
中にひと周り小さい壺を入れ花器としても使える。

何となく消え去った焼き物今頃は・・・・




by o-rudohime | 2016-01-22 04:39 | 陶芸


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

ちょっと早めのクリスマスプレ..
at 2017-11-24 14:10
緊張のパレスチナ自治区
at 2017-11-24 06:04
3コマ漫画
at 2017-11-23 15:32
ダ・ヴィンチの[最後の晩餐]..
at 2017-11-23 11:43
イエスが拷問された鶏鳴教会
at 2017-11-23 05:58
恒例なので ~ツワブキ~
at 2017-11-22 16:16
イエスが最後に祈った万国民の..
at 2017-11-22 12:27
死者復活の山 オリーブ山 ~..
at 2017-11-22 06:10
説明の必要な絵
at 2017-11-21 17:35
念願叶って行った嘆きの壁 ~..
at 2017-11-21 04:41
心の垣根
at 2017-11-20 16:31
終日クルーズのエンターテイメント
at 2017-11-20 12:47
ロードス島ともお別れ
at 2017-11-20 05:49
戌の出番なし ~年賀状~
at 2017-11-19 15:39
中世にタイムスリップした様な..
at 2017-11-19 11:46

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

こんにちは。 また 旅..
by pikorin77jp at 11:57
おはようございます^^ ..
by horopyonn-0624 at 08:33
☆かずたんさん 猫に見..
by o-rudohime at 21:03
☆かずたんさん 顔を描..
by o-rudohime at 20:57
にゃんこの毛繕いの様子が..
by kazutanumi at 20:01
あら可愛い。 洒落た可..
by kazutanumi at 19:58
☆umi bariさん ..
by o-rudohime at 16:43
☆ぴこさん 絵手紙の良..
by o-rudohime at 16:40
☆旅プラスさん プレゼ..
by o-rudohime at 16:37
☆ATSUKOさん ド..
by o-rudohime at 16:34

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
BAGUS!
たんぶーらんの戯言
コバチャンのBLOG
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
花の調べ
My slowlife ...
幻に魅せられて…
「ROMA」旅写ライター...
近所のネコ2
さぬき写真工房
がちゃぴん秀子の日記
気まぐれ日記
aviの額
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
花便り
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
月夜飛行船
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
花鳥撮三昧
Sauntering 
一場の写真 / 足立区リ...
ゆっくりゆったり
人生とは ?
美は観る者の眼の中にある
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
ぶらり散歩 ~四季折々フ...
Night Flight...
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
でん、でん、でん。。。。
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで行ってきます
ちゃたろうと気まま日記
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
トチノキの詩
小さな幸せ 田舎の主婦は...
俺の心旅
猫じまん
すまいるらいふCAFE ...
お転婆シニアのガーデニン...
slow life
ぎんネコ☆はうす
花々の記憶   hap...
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
リンデンの心のままに綴る...
ふくとぽん
Titanic of J...
続・感性の時代屋
チェロママ日記
インパクトブルー
kaorainne日記Ⅱ
さぬきジェンヌのおいしい日和
亀の遠写近写②
晴れ時々曇りな日
でんでんでん2
銀の絵手紙
へぇ、おおきに
バリ島大好き
気のむくままに・・・2
2016からのスタート:...
皇 昇   
貧乏なりに食べ歩く 第二幕

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ