カテゴリ:絵手紙の花と野菜( 202 )

かなり無理があるわね

100歳になる母の名前は百合江と当時にしてはシャレた名前ではないかと思う。

娘が生まれた時義父が百合子がいいと言った。
それはちょっと無理があるわね。
f0346196_11152999.jpg
母が大切にしていた象牙で作られた百合の花の帯どめを預かっている。
年月を得ていい色になっている。

f0346196_11325162.jpg
f0346196_11153559.jpg
立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花・・・
さすがにこの絵では見返り美人を振り向かせるには無理があるわね。




by o-rudohime | 2017-06-28 13:40 | 絵手紙の花と野菜

誤解なきように

f0346196_13191808.jpg
朝顔が咲き始めていますね。

なんて書くとエッ!これ朝顔 
そうでもないようだが・・・
f0346196_13183673.png
f0346196_13184327.png
f0346196_13190082.png
f0346196_13191014.png
こんな色もあるペチュニアです。
ハンギング風に仕立てても面白い。
花が終わった頃に刈り込むとそこから芽を出し再度花を楽しめる。

f0346196_13192689.jpg
f0346196_13193471.jpg
アメリカンブルー 数本貰って挿し木で育てた。

トランプ氏のネクタイはレッドカラーが多い。
時々アメリカンブルー色を絞めているが 好きな色なので出来ればやめてほしい。




by o-rudohime | 2017-06-26 13:42 | 絵手紙の花と野菜

どっち向いて咲けばいいのサ ~雨の日の向日葵~

本格的に梅雨がやって来たのでしょうか 今日は雨です。

ちょっとうっとうしい気分 こんな日は・・・
f0346196_11340905.jpg
パステル画の向日葵
写生が基本の絵手紙と違ってパステル画は全て写真を見ながら書いていました。
素直な色 太陽を求めている雰囲気の絵です  自分で言うのも何なんですが。

向日葵は太陽に向かって咲くと言われています。
呼び方もニチリンソウ ヒグルマ サンフラワー ソレイユ等とも呼ばれている。
最近は背丈が短く小さな花を咲かせるミニヒマワリが売られている。

大輪の向日葵の花言葉は「いつわりの富」「にせ金持ち」ですって。

昔々「ひまわり」と言う洋画があった。
挿入曲はヘンリー・マンシーニで曲を聴けば今でもあの切ない場面が思う浮かぶ。

f0346196_11312615.jpg
f0346196_11313205.jpg
ゴッホは数枚のヒマワリの絵を描いている。
3輪のヒマワリ 5輪 12輪 そして15輪のヒマワリを描いた絵が残っている。

独特の色は ゴッホの黄色 とも呼ばれている。

f0346196_12081145.jpg
雨の日はさわやかな色がいいわね。




by o-rudohime | 2017-06-25 13:23 | 絵手紙の花と野菜

♪夢の中へ♪ ~探し物は見つかりましたか~

井上陽水の歌に「夢の中へ」と言うのがある。
リズムカルで 「探し物は何ですか」 のフレーズから始まる歌詞も好き。

探しものだと言っても日常茶飯事になっている眼鏡や書類だけではない。

ロマンチックな話? をすれば女を探していた男が私を見付けてくれ 取りあえずメデタシ めでたし。

f0346196_09410659.jpg
f0346196_09404974.jpg
今よりは少し若い頃 急須や香炉を集めたことがあった。
骨董屋さんで好みの香炉が見付かった時は嬉しかった。

洋服屋さん 靴屋さん スーパーで食材を探すのも楽しい。

f0346196_09403614.jpg
あなたの探し物は何ですか?
見付かりましたか?




by o-rudohime | 2017-06-24 12:58 | 絵手紙の花と野菜 | Comments(12)

大人の遊び~昼の部~

f0346196_10002856.jpg
ストッキングに土やミズゴケを入れ芝の種を頭の形にして人形を作る。
カップに水を張り毛細細胞の原理を利用して芝を育てる。

坊主頭から角刈りに そして葉加瀬太郎風の髪形になってから遊びが始まる。
f0346196_10004228.jpg
f0346196_10004910.jpg
f0346196_10005663.jpg
最後はモヒカン刈りで終わる。
こんな遊びをいい年をした大人がやっている。

その昔茶髪にすると不良だのヤンキーだと言われた時代があった。

日本人も醤油顔からソース顔が多くなった昨今 カラスの濡れ羽色より少々色のついたヘアーの方が似合う人が多いように思う。
f0346196_10010772.jpg
f0346196_10011586.jpg
f0346196_10012294.jpg
幾つになってもバカな遊びがやめられない。


by o-rudohime | 2017-06-23 12:43 | 絵手紙の花と野菜 | Comments(12)

十薬の発想はよかったと思うのだが・・・

ドクダミの事を十薬とも毒痛めとも言われる。
f0346196_07260372.jpg
十薬(ドクダミ)の白く花弁と思われているのは総苞片(そうほうへん)と呼ばれるもので中央の黄色いしべの様なのが花だそうです。
ドクダミ→臭いと言うイメージを持っているがベトナムでは食材に使われる。

十薬と言われるだけあり薬効を持っている。
f0346196_07334094.jpg
これ以外にもデトックス効果もあり葉を乾燥してお茶代わり(利尿効果があるからだと思うが)にすればいい。
又発毛 育毛効果のあるとも言われている。

f0346196_07261019.jpg
総苞片が十字架にも見えた。
十薬の絵に添える言葉を何としても「白十字」と言う言葉を使いたかったが意味が違ってしまった。




by o-rudohime | 2017-06-22 13:05 | 絵手紙の花と野菜

閻魔大王のコレクション

子供の頃「嘘をつくと閻魔様に舌を抜かれる」と信心深い祖母に言われた。
お参りに行っても怖くて閻魔様の顔が見れなかった。

不思議に罪悪感なく嘘がつけるようになったら許しを乞う気持ちからか閻魔大王の顔が見れる様になった。

「嘘も方便」と言う言葉もある様に必要な嘘は許してほしい。
正直者はバカを見る と言う事もあるのだから。
f0346196_10382213.jpg
ウソ それも大ウソをつく職業の代表は政治家だと思う。
ほころびが段々大きくなり取り繕えなくなると秘書だの部下のせいにする。
大ウソが付けるほど地位が高くなっていくようにも思える。

正義の味方と思える弁護士も屁理屈をこねた嘘をつく。
誰が見ても有罪だろうと思っても無罪を主張 そんな時は弁護士が気の毒になる事もある。

夫が亡くなった時 夫とダブル不倫をしていた相手側の弁護士が「内縁関係だった〇〇さんは・・」と言った。
正妻のわたしを差し置いて何が内縁関係だ!
その後裁判所で若い相手側の弁護士がタジタジするまで追い詰め気がすんだ。

「地獄の沙汰も金次第」閻魔大王様 渡された金の出元を確かめて下さいよ。

f0346196_10381671.jpg
仏様は蓮華座(蓮の花)の座布団に座っていらっしゃる。
南無妙法蓮華経 地獄に仏と言う事もあります。
賄賂無しでも その節はよろしゅうお願い申し上げます。






by o-rudohime | 2017-06-20 12:27 | 絵手紙の花と野菜 | Comments(8)

間引けない花たち 

狭いベランダに歩ける場所を残しメダカの壺と植木鉢を並べている。
フェンスに掛けてあるポットには去年の種を撒いたポーチェリカ  ナスタチュームが育ち始めている。
f0346196_07105945.jpg
袋モモンガのもも太郎の為にピーナツを植えた。
花が咲き地中に潜って実になるが3所帯ではかなり狭すぎるような気がする。

f0346196_07110880.jpg
里芋も育てているがこれは鑑賞用 芋は期待してない。

f0346196_07101016.jpg
f0346196_07102162.jpg
f0346196_07103594.jpg
f0346196_07104255.jpg
風船カズラの種をばらまいた。
思いのほか沢山芽を出し間引くに間引けず大金をはたいて蔓をからめるフェンスを買った。

f0346196_07112626.jpg
f0346196_07113891.jpg
バッションフルーツ(時計草)も花をつけ始めた。
この季節に咲く花は実を付けない。
それでも もしかしてと思い花の元につまんでみるがすべてハズレ。

f0346196_07114755.jpg
楽しい時間は早く過ぎ いやな時の時間は少しも進まない。
同じように時は流れているのに・・・

by o-rudohime | 2017-06-17 13:17 | 絵手紙の花と野菜

色移ろいにけり ~ツユクサと万葉集~ 

雑草と言われるつゆ草の鮮やかなブルーが草陰から見え隠れしている。

染色家でもある「今が一番」のブログを書かれているぴこさんがつたない私の絵手紙に興味を示してくださっている。

f0346196_12313379.jpg
つゆ草は月草とも言われているのを万葉集から知った。
(いつかも書いたが薄学なので一夜付けならぬつい先ほど知ったばかり 絵もまだ乾き切っていないのをスキャン)

染色家でもあるぴこさんに捧げたい歌が万葉集の中に詠まれていた。
① 月草に衣ぞ染むる君がためまだらの衣すらむと思ひて
 (まだらに染まった衣をあなたに見てもらいたくて私の衣をツユクサで染めてみました)

② 月草に衣色どりすらめどもうつろふ色と言ふが苦しさ
 (ツユクサで衣を染めようと思うが色があせやすいと言うのが辛い)
 恋の歌のようにも思える。

③ 月草に衣はすらむ朝露に濡れての後はうつろひぬとも
 (ツユクサ色に染めよう 朝露に濡れた後は色が落ちてしまっても良い) 

下記の歌は私にピッタリ???
 百に千に人は言ふとも月草のうつろふ心我れ持ためやも
(人はあれこれと噂をするがツユクサの様に移ろう気持ちなど私は持っていませんよ)

「誰のこっちゃ」と笑い声が聞こえた気がするが・・・

by o-rudohime | 2017-06-14 13:15 | 絵手紙の花と野菜 | Comments(8)

夫婦みたいなものね

捨て子を拾って今年で3年目のアマリリスがやっと花を咲かせてくれた。
待てど暮らせど蕾が見えず今年は咲いてくれないのかとあきらめた頃だった。
f0346196_08393258.jpg
f0346196_08394325.jpg
f0346196_08400232.jpg
f0346196_08400998.jpg
f0346196_08401715.jpg
去年に続き今年も2輪だったが一気にベランダが華やかになった。

f0346196_08403495.jpg
あんなに仲良く くっ付いていた花が背中わせ ラブラブの時もあれば顔を見たくない時もある夫婦みたい。

by o-rudohime | 2017-06-13 13:41 | 絵手紙の花と野菜 | Comments(10)


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

かなり無理があるわね
at 2017-06-28 13:40
shall We Dance..
at 2017-06-28 05:26
おさなご
at 2017-06-27 13:05
ノーベル受賞者たちの晩餐会場..
at 2017-06-27 05:57
誤解なきように
at 2017-06-26 13:42
大きな勘違い市庁舎見学 ~ス..
at 2017-06-26 04:51
どっち向いて咲けばいいのサ ..
at 2017-06-25 13:23
サンクチュアリだったあの頃の..
at 2017-06-25 06:46
♪夢の中へ♪ ~探し物は見つ..
at 2017-06-24 12:58
ガムラスタン散策 ~ストック..
at 2017-06-24 06:44
大人の遊び~昼の部~
at 2017-06-23 12:43
ツアーはちゃんと日程表をこな..
at 2017-06-23 05:37
十薬の発想はよかったと思うの..
at 2017-06-22 13:05
石の教会とムーミン ~フィン..
at 2017-06-22 05:27
こんな雨の日は・・・
at 2017-06-21 13:10

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

☆旅プラスさん 絵 彫..
by o-rudohime at 18:13
☆zakkkanさん ..
by o-rudohime at 18:06
☆ATSUKOさん こ..
by o-rudohime at 17:52
☆パパリンさん スーパ..
by o-rudohime at 17:42
こんにちは、昼過ぎにコメ..
by tabi-to-ryokou at 16:21
旅の思い出は、色々あれど..
by zakkkan at 16:18
たしかに、足がゴツイ女神..
by aamori at 15:27
こちらにコメントさせてい..
by 19510909 at 14:12
☆アリスさん 結婚式に..
by o-rudohime at 14:00
☆eiさん 日本人なら..
by o-rudohime at 13:55

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
BAGUS!
たんぶーらんの戯言
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
花の調べ
My slowlife ...
ROMA - Phot...
近所のネコ2
さぬき写真工房
aviの額
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
Sauntering 
ゆっくりゆったり
人生とは ?
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
Night Flight...
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
でん、でん、でん。。。。
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
トチノキの詩
小さな幸せ 田舎暮らし ...
俺の心旅
slow life
ぎんネコ☆はうす
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
リンデンの心のままに綴る...
ふくとぽん
続・感性の時代屋
チェロママ日記
kaorainne日記Ⅱ
さぬきジェンヌのおいしい日和
亀の遠写近写②
でんでんでん2
へぇ、おおきに
バリ島大好き
気のむくままに・・・2

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ