カテゴリ:旅の思い出( 446 )

食い気に勝るものなし

佐賀県武雄温泉へ行った。
御船山(みふねやま)の麓にある「竹林亭」に宿泊。
庭から直接御船山楽園に行きツツジを見ることが出来る。

f0346196_20210385.jpg
旅館なので玄関で履物を脱ぎ部屋に通される。
前回は紅葉見物 帰る時靴が温められていたのに感激したが今回はほどよき気温だった。

f0346196_20211085.jpg
中庭を見ながら通された部屋は露天風呂が付いていた。
f0346196_20211779.jpg
f0346196_20212689.jpg
部屋の前の庭はモミジが生い茂り立って見るとツツジが見える。
部屋から露天風呂が見える。
少々うっとうしく部屋が暗いので前回宿泊した部屋に変えてもらった。

f0346196_20213691.jpg
自分の家に帰った様な気分 縁側は歩く度にきしむ半割の竹で出来ている。
泥棒除けか?
この日の宿泊客は3組の様だった。

f0346196_20272856.jpg
・・・という訳で風呂場と露天風呂を写すことが出来た。
食事前にサッとひと風呂浴び温泉を味わうのはこれで終わり。

f0346196_20284149.jpg
f0346196_20285388.jpg
f0346196_20290624.jpg
f0346196_20302482.jpg
f0346196_20303884.jpg
f0346196_20304680.jpg
f0346196_20310528.jpg
f0346196_20311535.jpg
さすがに器は素晴らしい物が使われている。

温泉の醍醐味はこれに限る。





by o-rudohime | 2017-04-28 07:26 | 旅の思い出 | Comments(16)

武雄温泉へ向かう前に ~武雄神社参拝~

国内旅行の時は娘が細かく予定表を作ってくれる。
移動距離から道中見学するところ ランチはどのあたりで食べるなど旅行会社並み。

f0346196_15271587.jpg
f0346196_15272027.jpg
佐賀県にある武雄温泉(たけおおんせん)へ行く途中に武雄神社に参拝。
台湾からの観光客を乗せたバスが出発間際に武雄神社に到着。
お蔭で静かに由緒ある神社を御参りすることが出来た。

f0346196_15272802.jpg
この鳥居が能書きに書かれていた物
鳥居は独立して建っているが確かによく目にする鳥居とは違う。

f0346196_15273958.jpg
f0346196_15274509.jpg
阿吽の狛犬 立派なしめ飾りの首輪

f0346196_15275587.jpg
f0346196_15280131.jpg
本殿には鈴が3個もある。
参拝客が多いのが伺える。

当然真ん中の龍の額めがけて鈴緒を揺らす。

f0346196_15372761.jpg
f0346196_15373710.jpg
f0346196_15374946.jpg
f0346196_15375784.jpg
こちらの狛犬は横綱並みのしめ飾り 顔の半分以上が隠れどちらが阿か(狛犬の後左足が痛々しい)吽か解りにくい。

f0346196_15404029.jpg
f0346196_15402939.jpg
f0346196_15403498.jpg
全国共通 ご朱印をお願いした時は300円と相場が決まっている。
この神社は2ページにわたり書かれているので600円だった。
今は金が高い事だし 金色のスタンプだからと何となく納得。

f0346196_15443041.jpg
お参りの時は何度も息継ぎしながら階段を登ってきたが帰りはゆるい坂道をあっと言う間に下った。

















by o-rudohime | 2017-04-27 07:17 | 旅の思い出 | Comments(12)

じゃぱにーず ~テディベア~

嵐を九州から本土へ吹き飛ばした翌日のハウステンボスは晴れ
f0346196_11244775.jpg
f0346196_11245514.jpg
f0346196_11250157.jpg
f0346196_11251190.jpg
前日見逃した所へ行った。

f0346196_11265536.jpg
テディベア博物館
前回来た時もここは見逃していた。
f0346196_11270242.jpg
ほほ同年代のテディベア
いつまでもお変わりなく・・・

f0346196_11272062.jpg
f0346196_11272612.jpg
f0346196_11273235.jpg
じゃぱにーず姿のテディベア達 結構和服が似合っていた。

f0346196_11280054.jpg
世界は一つ仲良くね。

f0346196_14232454.jpg
f0346196_14233100.jpg
長崎から焼き物の県 佐賀県に行った。

ランチをする店を探しているとド派手な車が置かれている焼き物販売店兼レストランに吸い寄せられた。
ナンバーを付けていると言う事は公道を走っているのだろう。

さすがにこれに乗ってみたいとは思わなかった。




by o-rudohime | 2017-04-26 06:47 | 旅の思い出

雨の日はここに限るわね  ~雨の日のハウステンボス~

パレスハウステンボスで「花の芸術祭」フラワージャパンカップが行われていた。
生花なので順次入れ替えがあると思う。

f0346196_15100534.jpg
花のドレス

f0346196_15021600.jpg
f0346196_15024093.jpg
賞を取った作品 さすがだと思った。

f0346196_15022673.jpg
f0346196_15023254.jpg
活けた花の下が鏡になっているグッドアイデアの作品。

f0346196_15065236.jpg
f0346196_15065875.png
座間アキーバ氏の芸術的作品 
ド素人にはこの良さが解らなかった。

f0346196_15060702.jpg
f0346196_15055726.jpg
f0346196_15061390.jpg
f0346196_15055144.jpg
会場の入り口には
f0346196_15062786.jpg
f0346196_15063534.jpg
雨の日だったのでパレスハウステンボス内で鑑賞するには丁度良かった。



by o-rudohime | 2017-04-25 14:17 | 旅の思い出

夜の輝き ~ハウステンボス~

ハウステンボスは雨の為 予定のパレードは中止。
イルミネーションを夕暮れ時 傘を差しながら見た。
f0346196_21054003.jpg
f0346196_21054628.jpg
f0346196_21055454.jpg
f0346196_21060137.jpg
f0346196_21060857.jpg
パレスハウステンボスで行われた光のオーケストラジュエルイルミネーション
もう少し暗くなって見た方が美しかったと思ったがホテルアムステルダムの部屋から塔に写しだされるマッピングを見る予定があったのでこの時間になった。

f0346196_12033786.jpg
f0346196_12034327.jpg
f0346196_12035186.jpg
f0346196_12035964.jpg
f0346196_12040722.jpg
アートガーデン「光の滝」
日本一を誇る高さ66mの大滝

f0346196_21002740.jpg
f0346196_21003735.jpg
ホテルの前にある塔にマッピングが写しだされる。
f0346196_20591072.jpg
f0346196_20592241.jpg
f0346196_20594194.jpg
f0346196_20595101.jpg
f0346196_21000115.jpg
f0346196_21001311.jpg
フラワージャパンカップが行われていた。

by o-rudohime | 2017-04-24 12:07 | 旅の思い出 | Comments(16)

念力は更に強まった ~羽田から長崎へ~

まさか まさかの春の嵐に立ち向かっての旅の始まり
羽田から長崎へマイデージを使って出発。

長崎に雷 風雨注意報が出ていたが定時より遅れながらも出発した。

長崎に着陸できないかもしれない その時は大阪か羽田へ引き返す恐れありと機内アナウンスがあった。
機内では雷の稲光と音に驚かされた。


無事長崎に着陸 ハウステンボスへ向かった。

高速道路も普通の道路を走っても時間は変わらないと聞き一般道路を走った。
風雨で前が見えず 線路が海岸に沿って走っているところは波をかぶり電車は一時不通になったそうだ。

f0346196_16182095.jpg
f0346196_16183366.jpg
f0346196_16184084.jpg
f0346196_16184510.jpg
5月のゴールデンウイーク明けにオランダのアムステルダム発着のクルージングに出かける。
それに先がけてオランダの雰囲気を味わおうと言うのが目的。
チューリップ祭り最後の日だったが花は残っていた。

f0346196_06492013.jpg

f0346196_16310802.jpg
f0346196_16264479.jpg
ポーズをとってくれたマスコット イースターの飾りもあった。

f0346196_16330130.jpg
f0346196_16330852.jpg
f0346196_16331717.jpg
f0346196_16332409.jpg
ホテルアムステルダムのローラアシュレイDXの部屋を取った。
好みの可愛い部屋に満足。

f0346196_16333850.jpg
f0346196_16334453.jpg
部屋からの眺め 塔は夜になるとマッピングされ部屋から眺められる。

f0346196_16374836.jpg
専用のラウンジでアフタヌーンティや夜はナイトキャップを楽しむことが出来る。
無料で飲み放題・・それが目的でこのフロアーを選んだが外で食事をした時 飲み過ぎてしったのが残念。

夜はイルミネーションやマッピングを見学に行く。









by o-rudohime | 2017-04-24 06:51 | 旅の思い出 | Comments(10)

船内のご案内 ~エクスプローラー・オブザ・シーズ~

サイクロンの影響でかなり海が荒れ気味の中船は出航した。
f0346196_15335383.jpg
出航前にお決まりの避難訓練が指定のデッキで行われた。
エレベーターは使えず階段を下ったり登ったりした。

キャビンのベランダから覗けば テンダーボートが見える。
いざとなったらボートに飛び降りる勇気が・・ない!
矢張り階段を駆け下りるより仕方がないようだ。
f0346196_15340606.jpg
階段には船酔いした人の為に紙袋が用意されていたがこの様な光景は初めて見た。

エクスプローラー・オブザ・シーズの施設は・・

f0346196_15423211.jpg
・・と上記の様な施設がある。

エクスプローラー・オブザ・シーズならではの施設
f0346196_15434647.jpg
f0346196_15435259.jpg
最上階のデッキに鷹さ60mのロッククライミング・ウオールがある。

f0346196_15440216.jpg
f0346196_15440839.jpg
初心者にはとても無理だと思われるサーフイン 失敗すれば強制的に波が上まで運んでくれる。

f0346196_15441205.jpg
f0346196_06555962.jpg
アイススケートリング
ここでプロによるショーも行われる。
出港地がシドニーなので乗客の7割はオーストラリア人ではと思う。
スケートの演技を見慣れている日本人は拍手するほどでもないと思う場面でも拍手喝采。

ここからはどの船にもある施設
f0346196_15432578.jpg
f0346196_15433149.jpg
雰囲気的にジャグジーはちょっと日本人は入りにくい雰囲気の感がある。
プールサイドは朝食時間帯にはデッキチェアーの場所取りが始まり あっという間に埋まってしまう。 

f0346196_15574360.jpg
毎夜2回ショーが行われるシアター

f0346196_15594374.jpg
f0346196_15595101.jpg
ミニゴルフ ゲームセンターなど丁度イースター休暇に入ったため子供が多かった。

スイートルームは5人まで可 家族連れには格安。

f0346196_16035388.jpg












by o-rudohime | 2017-04-15 06:50 | 旅の思い出 | Comments(10)

初めて乗る大きな船 ~エクスプローラー・オブザ・シーズ~

今までで多分一番大きいのではと思う船「エクスプローラー・オブザ・シーズ」でニューカレドニア・南太平洋のクルーズに出かけた。

f0346196_07520104.jpg


f0346196_18012666.jpg
f0346196_19541689.jpg

138,000トン 全長311m 幅48m 全高63m 乗客数3114人 長さ高さではこれ以上大きいのに乗った事があるが幅が異常に広い船。

ほとんどの船会社がリピーターには特典が付くようになっている。
船に乗った回数ではなく日数で決められ まさかと思ったプラチナ会員になっていた。
手続きをした途端にバスローブが届き船長主催のパーティご招待 その他少々の特典があった。

キャビンは13階船の中央部分(矢印の所) エレベータのそばにあり14階にあるバッフェ(朝昼食をここで食べる)は部屋を出て数歩の所にある階段を登ればたどり着く。
船によっては往復600m以上歩いて食事に行くこともあった。
今回の旅で太ったのは 歩いて食事に行かなかったのが大きな原因の一つだと食べ過ぎが原因とは思わないようにしている。

f0346196_18152058.jpg
f0346196_18153693.jpg
迷子札変わりにドアに付けた自分祝い札。
f0346196_18155904.jpg
f0346196_18155181.jpg
クルーズの時はいつもミニスイートを取るが幅のある船だけあり今までで一番部屋が広かった。
f0346196_18161397.jpg
充実したクローゼット
f0346196_18160706.jpg
バスタブがあり鏡の後ろは化粧品などが収納できる。

f0346196_18432008.jpg
f0346196_18432694.jpg
13階エレベータホールから5階のプロムナードまでは吹き抜けになっている。

f0346196_18434534.jpg
f0346196_18482130.jpg
6階から5階へは ちょっと気取って歩きたい様な階段がある。
122mあるプロムナードにはカフェ ショップが並び 無料でお茶したりケーキを食べられるところもある。
f0346196_18545008.jpg
プロムナードを見下ろせるキャビンもあり 時々行われるパレードを部屋から見ることが出来る(灯りを付けていると部屋の中が丸見えと言う難点がある)

次回は施設をご案内いたします。








by o-rudohime | 2017-04-14 06:20 | 旅の思い出 | Comments(18)

旅の始まり ~シドニー~

今回はオーストラリアのシドニー発着のクルージングに出かけた。

ペットの「もも太郎」のシッタさんが出産の為預けることが出来なくなった。
爪切りをお願いしている獣医さんに初泊まり。
f0346196_14441856.jpg
f0346196_14443738.jpg
f0346196_14444348.jpg
お出かけとも知らずいつものバックハウスで寝支度。

f0346196_14445493.jpg
f0346196_14502357.jpg
目の前に餌がやってこないので自分で餌を探さなければならない事も知らず・・・考えただけでも可哀想で 可愛そうで。


旅の話のお決まり 雨女情報
f0346196_15014142.jpg
オーストラリア過去6年間で最大のサイクロン「デビー」がこれから向かうニューカレドニア方面に発生 シドニーにも影響があった。
雨の中のシドニー半日観光となった。

f0346196_15045867.jpg
f0346196_15051157.jpg
前回のクルージングではハーバブリッジをスレスレで通り過ぎたが今回のエクスプローラー・オブ・ザ・シーズは橋の外側に停泊していた。

f0346196_15050472.jpg
貝を模したデザインのオペラハウスの屋根はタイルの様な物をモザイクの様に張ってあり建物の内側はコンクリートの打ちっぱなし。
ゴールドコーストに住んで居た頃格安のJetstar(エアーバスそのまんま 席が決まってなく乗った順に座る飛行機)でオペラハウスへオペラを数回 聞きに行った事があり懐かしい。

f0346196_16244760.jpg
f0346196_16245362.jpg
キャビンからの眺め
飛行機の搭乗口が左側である様に 船も基本的に左舷に着岸(船に乗る時左舷側をリクエスト)するが今回の船は右舷側の部屋だった。

f0346196_05523519.jpg
夕刻うさぎが跳ねている様な白波がたつ荒波の中 終日航海が2日続く。
本が読め 絵手紙が描ける最高に嬉しい時間。












by o-rudohime | 2017-04-13 05:54 | 旅の思い出 | Comments(16)

遠目でも目立つドームのあるカーマライト教会 ~マルタ島~

道を歩いていてマリア像のあるありふれた建物を見付けた。
f0346196_17300799.jpg
f0346196_17301402.jpg
カーマライト教会
この教会が遠くから見た立派なドームのある教会とは思えなかった。
f0346196_17340472.jpg
中に入ると外観から想像ができないほどドームの明り取り 白を基調としているので明るかった。

f0346196_17444994.jpg
f0346196_17445508.jpg
ドームの高さは60mある。
第二次世界大戦の時ドイツの空爆にあい爆弾を落とされたが不発で教会内に避難していた人々にけがはなかったそうだ。
奇跡の教会と言われる。

f0346196_17484240.jpg
f0346196_17492690.jpg
f0346196_17491614.jpg
主祭壇 キリストを抱いたマリア様が描かれている。
f0346196_17450182.jpg
主祭壇の天井部分

f0346196_17544328.jpg
f0346196_17543837.jpg
子供の手を引いている人は さてどなたか?

f0346196_17542709.jpg
f0346196_17543212.jpg
キリストを抱いたマリア像 過去に見たマリア像の中で最も美しい様に感じた。
手に持ったパーティーバックの様なのは何だろう?

まさか遠くから眺めていたドームのある教会だとは思わず期待してない分 感激は大きかった。





by o-rudohime | 2017-03-20 07:10 | 旅の思い出 | Comments(10)


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

頭の指示と体の動きは別
at 2017-04-28 14:18
食い気に勝るものなし
at 2017-04-28 07:26
四季の心で
at 2017-04-27 15:57
武雄温泉へ向かう前に ~武雄..
at 2017-04-27 07:17
人間ですもの・・・
at 2017-04-26 14:41
じゃぱにーず ~テディベア~
at 2017-04-26 06:47
雨の日はここに限るわね  ~..
at 2017-04-25 14:17
よみがえった母
at 2017-04-25 06:22
夜の輝き ~ハウステンボス~
at 2017-04-24 12:07
念力は更に強まった ~羽田か..
at 2017-04-24 06:51
念力は使い果たしたはずだが・・・
at 2017-04-15 15:21
船内のご案内 ~エクスプロー..
at 2017-04-15 06:50
・・・そんなあなたがほしい
at 2017-04-14 15:12
初めて乗る大きな船 ~エクス..
at 2017-04-14 06:20
隣の芝は青く見える
at 2017-04-13 10:45

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

☆ぴこさん 部屋数は少..
by o-rudohime at 11:35
☆旅プラスさん つつじ..
by o-rudohime at 11:30
☆ATUKOさん 料理..
by o-rudohime at 11:23
☆かずたんさん 佐賀県..
by o-rudohime at 11:19
☆eiさん お風呂は1..
by o-rudohime at 11:16
☆アリスさん 庭から御..
by o-rudohime at 11:11
☆umi bariさん ..
by o-rudohime at 11:08
☆シンシアさん 本当に..
by o-rudohime at 10:48
つつじが咲いて、ちょうど..
by tabi-to-ryokou at 10:39
まァ、素敵なお宿、おいし..
by aamori at 09:13

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
BAGUS!
たんぶーらんの戯言
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
花の調べ
My slowlife ...
ROMA - Phot...
近所のネコ2
さぬき写真工房
aviの額
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
Sauntering 
ゆっくりゆったり
人生とは ?
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
Night Flight...
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
でん、でん、でん。。。。
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
トチノキの詩
小さな幸せ 田舎暮らし ...
俺の心旅
やませみ物語
slow life
ぎんネコ☆はうす
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
リンデンの心のままに綴る...
ふくとぽん
続・感性の時代屋
チェロママ日記
kaorainne日記Ⅱ
さぬきジェンヌのおいしい日和
亀の遠写近写②
でんでんでん2
バリ島大好き
気のむくままに・・・2

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ