カテゴリ:ペットと絵手紙( 47 )

出っ歯なんて言わないで げっ歯類なの

f0346196_12065600.jpg
最近のトマトの種類を調べただけでも33種類もあった。
その中に「ももたろう」と言う名前のトマトがある。

ペットの袋モモンガも「もも太郎」と言う。
出生証明書によると今年で6歳になる。
寿命が12~15年と言うから人間なら40~50代 男盛りの年齢(60代の方 言葉のあやなのでお許しを) おじさんと呼ばれる年齢ではない。

f0346196_16155798.jpg
昼間はソファーに置いたこのバックの中で眠っています。
f0346196_12061668.jpg
夜行性なので眠っているのを無理やり起こした。
普通 寝顔は可愛いと言われるが これはひいき目に見てもおじさんです。

f0346196_12062708.jpg
f0346196_12063584.jpg
眠くて起きていられません。
リスなどと同じようにげっ歯類です。
ここまで歯が出ているのを飼い始めて初めて知りました。

f0346196_12064293.jpg
ただ今のハウスは室内履きがお気に入りです。
こんなに可愛いのよ。

f0346196_12064964.jpg
夜は夜で勿論寝ます。
起きている時間はほんの数時間 だからデブってしまうのかな。

出っ歯でデブ・・・最悪! 
そこが又たまらなく可愛いんですよ。





by o-rudohime | 2017-07-16 14:01 | ペットと絵手紙 | Comments(16)

やっと踏み出せた一歩

f0346196_05270047.jpg


半月余りの旅から帰り時差ぼけを言い訳に すっかり怠け者になっていた。

ある日テレビで今の状態では時差ボケなんて言っていられない 本ボケになる事を確信。
f0346196_09210836.jpg
当てはまる項目が最近増えたように感じた。
ヤバイ! と思いやっとブログを書き始めるきっかけが出来た。

旅に出ている間ペットのもも太郎は私より前後泊があるので長~い外泊になっていた。
f0346196_09203542.jpg
f0346196_09204181.jpg
f0346196_09204884.jpg
前回の旅からホームドクター? 宅でお世話になっている。
先生に開口一番「300gあった体重が275gになったけど健康には問題ないですよ」と言われた。

お~ぉ お前もダイエットに成功したのか 私もほんの僅かダイエットに成功したよ。

最初もも太郎に触ろうとしたとき「ギジ ギジ」と鳴き いかくされた。
忘れられたとは思いたくなく一人ぼっちにされたのを怒っているのだろうと良いように解釈。
いまでは昼間はフリースのソックスに潜り込んで眠り 夜もベタベタの甘えん坊。

f0346196_09012974.jpg
もも太郎のストレス解消法の一つに発泡スチロールをかじる事
私のストレス解消法の一つはプチプチをつぶすこと
似たもの親子?

ダイエット出来たお蔭でもも太郎の走る足音も軽やか ドタドタの音はしなくなった。
お互いにダイエット成功 しかしリバウンドもまじかの感あり。







by o-rudohime | 2017-06-10 05:33 | ペットと絵手紙 | Comments(10)

ウオンテッド

f0346196_21131730.jpg
ウオンッテドと言っても指名手配ではなく尋ね人の意味です。
この子を保護しています。

男の子で育ちがいいようで行儀もよく 絵と違ってとっても可愛いです。
年は幾つと聞くとジャンケンポンのチョキを出しました 2歳の様です。
おうちも名前もしゃべれません。

あの方の猫じゃないか うちの子じゃないかしらとお心当たりの方 イイネをポチ(ポチと言っても犬じゃないです 猫です)とお願いします。

by o-rudohime | 2017-03-20 14:17 | ペットと絵手紙

今じゃとても無理 ~鳥撮り~

最近 野鳥の写真を写されている方のブログを拝見させて頂くのが楽しみになった。
野鳥が来るのを根気よく待ち 動きをキャッチされている。

頭ほどではないが目が悪くなり眼鏡をかけていても遠くの物がよく見えなくなった。
カメラも少々は望遠になるが所詮デジカメ。
f0346196_11022582.jpg
f0346196_11023850.jpg
前回住んでいた豪州の家にはオウム インコ系の鳥たちが沢山やって来ていた。
動く鳥は写せなかった。

ワライカワセミで検索しても出てくる豪州特産のクカバラが懐いてくれた。
バードバスを作ってやってもクカバラはただジ~っと眺めるだけで使わない。

f0346196_11025311.jpg
餌の催促(笑っているのではありません) 朝夕やって来るので肉を与えていた。
日本のカワセミ ヤマセミと違って魚は取らず陸に住んで居る小動物 ネズミや蛇 時には小さな鳥を食べる。

f0346196_11030177.jpg
f0346196_11030799.jpg
f0346196_11031679.jpg
世界最大のカワセミの仲間だけあり大きさはカラスほどある。
名前の如くク ク ケカケカ~と遠くまで響きわたる大きな声で鳴く。
(初めてクカバラを教えてくれた方は気が狂ったような笑い声と表現された)

豪州は昔イギリス人の流刑島だったので囚人たちはクカバラの笑い声に癒されたそうだ。

原住民のアボリジニーは太陽が昇る前(夜中の3時ごろから鳴く時もあるが)に鳴く事から太陽を呼ぶ鳥と崇められている。

私も気分が良い時は一緒に笑いたくなるが そうでない時は「人を馬鹿にして」とムッとする。

f0346196_11032365.jpg
パステルで描いたクカバラ 2頭身に描けばクカバラに見えるのがいい。
ドンクサく見えるように性格はおおらかで木に叩き付け損なった肉を下に落とし カラスに横取りされることもある。
f0346196_11033531.jpg
サインをして額に入れれば仕上がり 飾ることなくしまってあるが久しぶりに取り出してみた。


by o-rudohime | 2017-03-15 13:13 | ペットと絵手紙 | Comments(10)

又もや言葉遊び ~絵手紙~

メールを書くようになり手紙を書かなくなった。
変換違いが時々あっても気楽に便りが出せるようになった。

f0346196_12185752.jpg
絵手紙を初めて手書きで字を書かなくてはならなくなってしまった。
簡単な字さえ思い出せず辞書に頼る。

あぁ~情けない こんなにバカになっていたとは!
・・と思う事もあるが辞書を引き「へぇ~面白い これはブログのネタに使える」と思う事もある。

「あきらめる」と言う字は諦めると書くことが多い。
思い切る 断念する 仕方なく悪条件を受け入れる 時に使う。

しかし明らめるとも書くそうだ。
諦めると言うネガティブな意味とは違い 真理を悟るという仏語からきた言葉でもある そうな。

多分「明らめました」と書くと字が違う! と言われそう。
しかし「諦めず明らめる」と書きながら意味不明と言う気もする。



by o-rudohime | 2017-03-13 12:57 | ペットと絵手紙 | Comments(10)

弘法大師なみか? 

諺に「弘法筆を選ばず」というのがある。
「弘法も筆の誤り」と言うのもあるが。

f0346196_12003078.jpg
最近は絵は綿棒(写真下)を使う事が多い。
いい線が出始めたと(あくまで自分だけの思い違いだが)思っているとすぐ墨で固くなり使えなくなる。

字は串にガーゼを巻き付けて作った筆もどきで書いた。
巻紙など大きな物に描く時はタオルで作った筆を使うがめったに描かない。

f0346196_12003789.jpg
f0346196_12004320.jpg
下手な絵なので「何だこれ?」と思われそうで数度登場する実物の写真を添付した。





by o-rudohime | 2017-02-11 14:22 | ペットと絵手紙 | Comments(8)

愛情の深さと写真の数

f0346196_13092030.jpg
シャムネコの「ハニー」とチンチラの「ごん」を飼っていた。
 
猫達が生きていた頃は豪州と日本を行ったり来たりの生活をしていた。
3年間の間に相次いで亡くなった時から豪州に住み着いてしまった。
夫が亡くなった時からは日本に住み着いている。

f0346196_07003909.jpg
ゴン専用のアルバム
「ごん」の写真は数冊のアルバムにいっぱいあるが「ハニー」の写真はアルバムから探さなければならないほど少ない。

f0346196_13093591.jpg
f0346196_13094003.jpg
f0346196_13094550.jpg
ゴンを描いた事はあるがハニーの絵は1枚もない。
ゴン同様に可愛がったつもりだったが・・・

f0346196_13095200.jpg
f0346196_13211588.jpg
お骨は分骨して埋葬してあるが一部は私と一緒に散骨してもらうよう壺に治めてある。
握りしめられるほど小さな瓶にも分骨 パソコンの横に置いてある。

ハニー享年18歳6か月
ごん享年13歳2か月
どちらも私の帰国を持って亡くなった。
命日は9月。


by o-rudohime | 2016-09-26 08:05 | ペットと絵手紙

ももちゃんナマケモノの後なら見栄えがするね

旅に出かける間 袋モモンガのもも太郎を15日間シッターさんに預けた。

f0346196_16445712.jpg
主食のトウモロコシを皮1枚残しラップでくるんで2分30秒チンすると美味しく出来上がる。
冷凍のトウモロコシと一緒に持たせた。

狭いゲージ暮らし 中を走り回ったのか預けた時伸びていた爪がすっかりすり減っていた。
何だか可哀想になった。
f0346196_14404020.jpg
?? 白目をむいている様に見えるが耳の後ろが目玉の様に見える。
(こちら向きに顔を隠している)

f0346196_14403407.jpg
f0346196_14402472.jpg
f0346196_14405693.jpg
ストレスから少しスリムになり 頭の禿げが拡大 本人は気にしていないので内緒。
ナマケモノより数倍 数十倍可愛いと思うのだけど。

f0346196_16145224.jpg
ももハウスと同じ色の菖蒲

f0346196_14410402.jpg
ヨーグルトを朝眠る前に飲ませる。

はい ではおやすみなさい。






by o-rudohime | 2016-04-25 03:44 | ペットと絵手紙 | Comments(14)

あなたはスナック派それともスナップ派

f0346196_20241573.jpg
f0346196_20242028.jpg
三寒四温 日増しに春が近づいているのを感じる様になりました。
それでも我が家のもも太郎 室温25度 3枚重ねの毛布が丁度寝こごちがいいようです。

f0346196_20234381.jpg
もも太郎 冷凍のそら豆に凝って毎日食べていたのがすっかり厭き 今は食べなくなりました。

f0346196_20240118.jpg
豆ごはんが食べたいのは私 

f0346196_20233524.jpg
もも太郎 今はサヤエンドウにはまっています(手作りの箸置きのエンドウには見向きもしません 当然ですよね)

サヤエンドウの豆しか食べないのでサヤは私が食べることになってしまいます。
残り物のサヤだけを食べるのも何だか侘しいですよ。

そこで豆知識
さやに入った豆の呼び方 「スナップエンドウ」と呼ぶ人「スナックエンドウ」と呼ぶ人もいます。
外来種のサヤエンドウ 輸入された時はスナップエンドウ(Snap garden peas)と呼ばれていたのをサカタの種やが商品名としてスナックエンドウと付けたそうです。

もも太郎に言わせれば(言ったのを翻訳)彼にとってはスナックだそうです。
主食はあくまでトウモロコシ。

f0346196_20225278.jpg
花より団子 今日も器用にサヤエンドウ豆の皮をむきながら食べています。










by o-rudohime | 2016-03-12 05:08 | ペットと絵手紙 | Comments(6)

上手くだませたわ

旅に出かける時 袋モモンガのもも太郎を1泊3000円でシッターしてもらっている。
それだけの値打ちがあり手厚く扱ってくれているがシャイなもも太郎は少しも懐かずギジギジとわめいて威嚇する。
f0346196_13052227.jpg
もも太郎の元ハウス 昼間はここで爆睡 爪切りに行く時もこれでお出かけ。
かなりくたびれて持ち歩くのが恥ずかしくなっていた。

f0346196_13053502.jpg
今回のマカオ旅行で もも太郎にシャネルのバックをニューハウス用に買ってきた。
??? シャネルじゃないわね どう見ても。
キルティングしているからそんな雰囲気 シャネルという事にした。
f0346196_13052978.jpg
もも太郎はすっかりその気になりお気に入りの様だ。
だますのは訳ないのよね。
でも少し気がとがめる。

f0346196_13055058.jpg
f0346196_13054437.jpg
仕方がないので無理をして好物のトウモロコシを買ってやった。
(割り箸で描いたトウモロコシ  アッ!「ま」抜けだ)


by o-rudohime | 2016-03-02 13:26 | ペットと絵手紙


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

ちょっと早めのクリスマスプレ..
at 2017-11-24 14:10
緊張のパレスチナ自治区
at 2017-11-24 06:04
3コマ漫画
at 2017-11-23 15:32
ダ・ヴィンチの[最後の晩餐]..
at 2017-11-23 11:43
イエスが拷問された鶏鳴教会
at 2017-11-23 05:58
恒例なので ~ツワブキ~
at 2017-11-22 16:16
イエスが最後に祈った万国民の..
at 2017-11-22 12:27
死者復活の山 オリーブ山 ~..
at 2017-11-22 06:10
説明の必要な絵
at 2017-11-21 17:35
念願叶って行った嘆きの壁 ~..
at 2017-11-21 04:41
心の垣根
at 2017-11-20 16:31
終日クルーズのエンターテイメント
at 2017-11-20 12:47
ロードス島ともお別れ
at 2017-11-20 05:49
戌の出番なし ~年賀状~
at 2017-11-19 15:39
中世にタイムスリップした様な..
at 2017-11-19 11:46

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

こんにちは。 また 旅..
by pikorin77jp at 11:57
おはようございます^^ ..
by horopyonn-0624 at 08:33
☆かずたんさん 猫に見..
by o-rudohime at 21:03
☆かずたんさん 顔を描..
by o-rudohime at 20:57
にゃんこの毛繕いの様子が..
by kazutanumi at 20:01
あら可愛い。 洒落た可..
by kazutanumi at 19:58
☆umi bariさん ..
by o-rudohime at 16:43
☆ぴこさん 絵手紙の良..
by o-rudohime at 16:40
☆旅プラスさん プレゼ..
by o-rudohime at 16:37
☆ATSUKOさん ド..
by o-rudohime at 16:34

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
BAGUS!
たんぶーらんの戯言
コバチャンのBLOG
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
花の調べ
My slowlife ...
幻に魅せられて…
「ROMA」旅写ライター...
近所のネコ2
さぬき写真工房
がちゃぴん秀子の日記
気まぐれ日記
aviの額
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
花便り
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
月夜飛行船
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
花鳥撮三昧
Sauntering 
一場の写真 / 足立区リ...
ゆっくりゆったり
人生とは ?
美は観る者の眼の中にある
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
ぶらり散歩 ~四季折々フ...
Night Flight...
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
でん、でん、でん。。。。
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで行ってきます
ちゃたろうと気まま日記
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
トチノキの詩
小さな幸せ 田舎の主婦は...
俺の心旅
猫じまん
すまいるらいふCAFE ...
お転婆シニアのガーデニン...
slow life
ぎんネコ☆はうす
花々の記憶   hap...
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
リンデンの心のままに綴る...
ふくとぽん
Titanic of J...
続・感性の時代屋
チェロママ日記
インパクトブルー
kaorainne日記Ⅱ
さぬきジェンヌのおいしい日和
亀の遠写近写②
晴れ時々曇りな日
でんでんでん2
銀の絵手紙
へぇ、おおきに
バリ島大好き
気のむくままに・・・2
2016からのスタート:...
皇 昇   
貧乏なりに食べ歩く 第二幕

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ