カテゴリ:絵手紙( 373 )

殿 どちらを召し上がりますか

今日はどんな絵を描こうかと毎朝悩むが本日は 昨日から決めてあった秋刀魚を書いた。

「旅プラス日記」を書かれている旅プラスさんが昨日「目黒のさんま」を話題にしていたのを読みこれだ!と思った。

秋刀魚を1匹丸々で焼く 半分に切って焼くと家庭によってそれぞれ。
秋刀魚の腹わたが美味しいと言う人もいる・・人それぞれ。

f0346196_12281741.jpg
盛り付けや皿一つで美味しそうに見える。

f0346196_13035539.jpg
焼き魚用に皿を作った(長さ29×11cm)

f0346196_13034875.jpg
23×12cm 煮魚向きではない。

f0346196_13034149.jpg
焼き魚なら白い器が一番無難だろう。

f0346196_13315899.jpg
[殿 どちらの秋刀魚を召し上がりますか」
「どっちもまずそうだな」
 
それを言っちゃおしまいですよ。
描いた本人ですらそう思っているのですから。











by o-rudohime | 2017-09-12 13:37 | 絵手紙 | Comments(14)

秋を楽しむ

すっかり朝夕は秋を感じるようになった。

枕草子の冒頭に
春は曙 夏は夜 秋は夕暮 冬は・・・と書かれている。

夕焼雲もすっかり秋の雲になっている。

f0346196_15204784.jpg
春の若葉 青葉はどれも同じ色をしている。
秋の紅葉は木によって 育った場所によって色が違うのが人生と同じように感じる。

楓 モミジの紅葉も美しいが 柿の葉の紅葉は特に赤く美しいと思う。
一つとして同じように色付いた葉はない。

実を付け紅葉が散り始める。
「最後に一花咲かせようか」と言う事もある。

自分らしい紅葉に染めてみるのもいいかなと思う。

・・・・やはり秋でしょうか センチメンタルになってしまった 私ともあろう者が。



by o-rudohime | 2017-09-09 15:49 | 絵手紙

Happy birthday to you

f0346196_09145970.jpg
「へえ おおきに」のブログを書かれているパパリンさんのお誕生日が明日9日だそうです。

何時もユニークな記事を書かれています。

お祝い事は早い方がいいでしょうか。

「緑寿 おめでとうございます」

by o-rudohime | 2017-09-08 09:20 | 絵手紙

ワタシは木に登るほうなので

f0346196_12135819.jpg
超有名なジャズトランぺッターが公衆の前で中学生にピンタを張った事についていろいろ言われている。

教師が一番手に負えないのが中学生だと聞いている。
子供のくせに大人になった気でいっぱしの事を言い行う子がいるように思う。
反抗期だと言えばそれまでだが。

中1年生の時 英語の教師に暗記をしていなかった数人と共にピンタをくらった。
以後英語は大嫌いになった。

褒められ悪い気がする人はいないと思う。
少々のお世辞なら受け入れる。

オリンピックに出場する団体競技の練習を見ていると体罰より厳しい言葉で叱り飛ばされていた。

飴(褒める)と鞭(叱る)の使い方一つで人生が変わるような気がする。

ワタシ 飴が大好き 鞭はいや! ず~っと昔から反抗期が続いている。



by o-rudohime | 2017-09-07 13:04 | 絵手紙

秋近し 季節の先取り ~カラメル画~

バカの一つ覚えで枯葉を描く時はカラメルで枯葉の雰囲気をいつも出している。

f0346196_18483702.jpg
f0346196_18482932.jpg

f0346196_19145198.jpg
枯れ葉の絵は 花が終わったと思っていたオーニソガラム・シルソイデス(子宝草)が2度目の花を付けた茎で描いた。
何で描いてもあまり違わないと思うが。



f0346196_19150412.jpg
鈴なりの風船カズラも色付いてきた。
秋が近づいているのを感じる。

f0346196_19151812.jpg
f0346196_19152354.jpg
夕焼けでパッションフルーツの葉がマンションベランダのへだて板(仕切り板)に写っていた。

夕日が少しづつ部屋の中に入る様になった。

♪いまはもう秋~誰もいない海♪


by o-rudohime | 2017-09-04 13:49 | 絵手紙 | Comments(10)

信じるも信じないもあなた次第

アイルランドやスコットランド移動中に牧場が沢山見れる。
ほとんどが羊で毛を刈り取られ寒そうなのや モコモコと暑そうなのがそれぞれ仕切られた所でいる。

時々牛を見かけるがごく普通の牛。

f0346196_13391024.jpg
ロン毛のハイランドキャトルは特別な場所で飼われているのであまり見かけない。

1日で晴れ 雨 曇りとめまぐるしく天気が変わる。
添乗員さんが真面目な顔で説明されたアイルランドの天気予報は「しゃがんだ牛が多いと間もなく雨が降って来る」と言う。
牛は眠る時 濡れた所を嫌うので雨が降る前に乾いた草の場所を確保する為らしい。

日本では「猫が顔を洗うと雨」とか「あま蛙が泣くと雨」「カラスが盛んに水浴びをすると雨」等と言う諺がある。

f0346196_13252885.jpg
f0346196_13253633.jpg
ニュージランドでは羊に道路を占領され一時通行止めになる事があったがここでは牛の大移動で一時停止になった。
これらの牛は乳牛なので乳しぼりの為小屋で眠るので場所取りの心配はない。

きっとあの牛は道草をしているので叱られるだろうと見ていると飼い主に尻尾を引っ張られて追い立てられていた。

のどかな田舎道も楽しい。






by o-rudohime | 2017-09-03 13:43 | 絵手紙

今でもさまよっているのかしら

毎年8月31日は亡夫の命日なので何かしらの記事を書いている。

かつては誕生日には黄色い薔薇を贈ってくれた人だった。

人の心は移ろいやすい。
亡くなる1か月ほど前に娘と私は夫から縁を切られた(決して離婚した訳では無い)
人様が聞いたなら「ウソ!作り話でしょう」と思われる様な事情から。

それでも仕事柄 そこそこの葬儀を行い 3回忌を行い7回忌もお墓参りに行った。

f0346196_11210465.jpg
始めは観音菩薩を描こうと思った。
素人が顔を描けば自分に似た顔を描くと言われている。
今日の自分の顔は鬼の形相以上の閻魔大王のような怖い顔をしていると思う。

f0346196_10510338.jpg
嫁ぎ先の過去帳を写し手元に置いてある。
オリジナルは人が住んで居ない夫の家の仏壇にあると思う。

もも太郎にかじられ少し痛んでいる過去帳 幸いと言うか不幸と言うか過去帳の日付は30日までしかない。
31日に亡くなった夫の戒名を書く場所も 今は書く気もない。

かねさんは夫の母親 横に並んで戒名を書いてあげられる日は来るだろうか。

ゴルフ場に続いてコメント不可にするべきかと迷った。
だってこんな記事のコメントってしずらいわよね。

閻魔大王の顔を見て「えっ!」と驚かれた方「明日はもう少し優しい顔に戻れるといいね」とか
「多分一生そのまんまの顔かもよ」 のコメントでもめげませんので・・・









by o-rudohime | 2017-08-31 12:15 | 絵手紙 | Comments(14)

後悔してるかって? まだ解らないわ

久しぶりにショッピングモールに出かけた。
目的はスーパマーケットだが何となくブラブラとウインドーショッピング。

靴屋さんでスエードの履きやすそうなシューズを見付けた。
f0346196_11204217.jpg
左右の色の違う靴が並べられていた。

昔乙女の頃 ジェームズ・ディーン主演の「理由なき反抗」の中でサル・ミネオが色違いの靴下を履いていた光景が思い浮かんだ。

最近は(昔からあったのか?)柄が同じで色違いの靴下が一組になって売られているが買う勇気がなかった。

どちらの色がいいか迷っていたらこれで1足ですって。
変わった物大好き人間飛びついて買ってしまいましたよ。

f0346196_11411883.jpg
f0346196_11412309.jpg
日が短くなりスカイツリーの右側に日が沈んでいたのがいつの間にやら大幅に位置が変わっていた 昨日の夕暮。
夕日とちょっと高価な靴を交互に眺めています。

f0346196_11410605.jpg
「誰もあんたの足元など見てないわよ」と言われそうな気がするが・・・




by o-rudohime | 2017-08-30 13:48 | 絵手紙 | Comments(22)

地道の積み重ねが大切

最近は何でも短時間で 短縮して出来る便利な世の中になった。

クッキングも時間をかけて煮ることなく圧力鍋であっと言う間に料理が出来る。
電子レンジならもっと時間が短縮できる。

国内旅行も新幹線に乗れば景色を楽しむこともなく目的地に着いてしまう。
車でもしかり 高速道路では景色など全く見えない。

古本屋で「30分で読めて成功と幸福力と人間力が付く」なんて帯コピーの本を見付けた。
30分で読めても成功も幸福などは早々簡単に手に入る訳がないと疑う。

絵も毎日描けばいいという訳ではなく 気を入れ丁寧にと思う。

f0346196_13251973.jpg
f0346196_13252903.jpg
f0346196_13253678.jpg
f0346196_13254369.jpg
最近はやぶ用で忙しく絵手紙を送るのも遅れ気味。

鳥シリーズを描こうと思ったが つい簡単な絵になり受け取った方の気持ちを考えると送るべきか迷いが生じる。

添えた言葉でごまかしがきくか そこが問題だ。



by o-rudohime | 2017-08-26 13:50 | 絵手紙

9月のBirthdayカード

絵手紙を交換している絵手友に出来る限りBirthdayカードを送るようにしている。

遊び呆けて書けない月もあるが8月はトンボの絵を描いた。

f0346196_10213377.jpg
f0346196_10214152.jpg
9月生まれの方が14名いらっしゃる。
珍しく巻紙に魚を 封筒にはミニカボチャを描いてみた。



by o-rudohime | 2017-08-22 12:58 | 絵手紙


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雨女返上したいのだけれども・・・
at 2017-09-13 13:13
ブロンテ家のお宅訪問
at 2017-09-13 06:34
殿 どちらを召し上がりますか
at 2017-09-12 13:37
ブロンテ姉妹が眠る教会 ~パ..
at 2017-09-12 07:48
手抜きの絵だなんてばれていま..
at 2017-09-11 16:28
「嵐が丘」ゆかりの地 ハワース
at 2017-09-11 07:40
季節の移り変わり ~ハスから..
at 2017-09-10 13:05
ウィンダミア湖の短いクルージング
at 2017-09-10 07:36
秋を楽しむ
at 2017-09-09 15:49
ウィンダミア湖 南端にあるホ..
at 2017-09-09 07:18
Happy birthday..
at 2017-09-08 09:20
ワーズワース 最終編
at 2017-09-08 06:08
ワタシは木に登るほうなので
at 2017-09-07 13:04
貧乏な訳ではなく信念を貫いた..
at 2017-09-07 05:57
なるほど そうなんだ
at 2017-09-06 12:49

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

美味しそうなサンマの絵手..
by kazutanumi at 08:45
エリカがヒースだと初めて..
by aamui at 07:56
☆旅プラスさん 同じ環..
by o-rudohime at 19:08
☆アリスさん 時代の流..
by o-rudohime at 19:02
こんにちは、父親がアルコ..
by tabi-to-ryokou at 14:27
ブロンテ家、こんな風に中..
by ayayay0003 at 12:36
☆sacromonste..
by o-rudohime at 12:10
☆ぴこさん 美しい着物..
by o-rudohime at 12:03
☆ATSUKOさん A..
by o-rudohime at 12:00
焦げ具合が、なんとも美味..
by horopyonn-0624 at 12:00

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
BAGUS!
たんぶーらんの戯言
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
花の調べ
My slowlife ...
「ROMA」旅写ライター...
近所のネコ2
さぬき写真工房
aviの額
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
Sauntering 
ゆっくりゆったり
人生とは ?
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
Night Flight...
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
でん、でん、でん。。。。
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
トチノキの詩
小さな幸せ 田舎の主婦は...
俺の心旅
slow life
ぎんネコ☆はうす
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
リンデンの心のままに綴る...
ふくとぽん
続・感性の時代屋
チェロママ日記
kaorainne日記Ⅱ
さぬきジェンヌのおいしい日和
亀の遠写近写②
でんでんでん2
へぇ、おおきに
バリ島大好き
気のむくままに・・・2

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ