カテゴリ:未分類( 11 )

ウィーン美術史美術館 ~最終~

写した絵の写真を掲載しきれません。
その中でもなじみのある絵を掲載いたします。

ウィーン美術史美術館へ ラファエロの「草原の聖母」だけでを見に来たい と言うマニアもいると聞きます。

ラファエロ
f0346196_08142318.jpg
f0346196_07564716.jpg
              草原の聖母

f0346196_14512531.jpg
              聖家族と聖ヨハネ
f0346196_14514262.jpg
              聖ヨハネと聖家族

f0346196_07561085.jpg
              聖マルガリータ

f0346196_14540850.jpg
ラファエロのコーナにはさり気なく数点が展示されていました。

徳島県にある大塚美術館でブリューゲルの絵を見た時に印象に残ったオリジナルもあった。

ブリューゲル

f0346196_15214743.jpg
f0346196_14594116.jpg
              雪中の狩人

f0346196_14594722.jpg
              バベルの塔

f0346196_14595313.jpg
              ゴルゴダの丘への行進

f0346196_15000238.jpg
              農民の婚宴

デユーラ
f0346196_15061145.jpg
              若きヴェネチュアの貴婦人

f0346196_15061781.jpg
              聖三位一体

f0346196_15062534.jpg
              聖母子

テントレット
f0346196_15111076.jpg
              スザンナの水浴

チャンスがあればもう一度行きたいウィーン美術史美術館だった。














by o-rudohime | 2017-01-10 15:58 | Comments(8)

田舎者にはTOBEオーベルジュリゾートの味は無理だった

TOBEオーベルジュリゾートの食事は全ての食材が愛媛県産を使ったフレンチを食べさせてくれる。
ここでもシェフ厳選特別メニューをオーダーしてあった。

f0346196_14270165.jpg
カウンターだけに灯りが当たる様になっている。
この日のカウンターには一つ席を開け 薄暗くて顔は良く見えなかったが話しぶりから上司と女子部下?らしき人達だけだった。

f0346196_14265208.jpg
3人のシェフ(了解を得て写真を写した)のうち右2人はアシスタントらしかった。
調理のほとんどは我々の後方にある奥の厨房で作られる。

f0346196_14271132.jpg
こんなのを見せられました。
1つ1つ産地と名前が説明されたが早く食べたく(ランチはそれなりに食べていたが)話は右から左。

お~ぉ まさか2人でこれを食べるのか?
メニューが無いので何がどんな風に料理されて出てくるのか期待大。

f0346196_14345207.jpg
いきなり地雷を踏んでしまった。
押し寿司もどき 魚を酢でしめたのは苦手なのに一口でパクッ。

f0346196_14345807.jpg
f0346196_14350914.jpg
器は砥部焼を使っているそうだ。
ビオラの花が添えられた…今見ても何だかは思い出さないが魚には違いなかった。
(こんな人にフレンチを食べさせるのは勿体ないと我ながら思う)

f0346196_14384560.jpg
キノコ類の野菜炒め風 フレンチなら何と呼ぶのだろうか
器は好み。

f0346196_14385213.jpg
塩分最高に控えめ なんと表現すればいいのか微妙な味。
とてもこんなに沢山食べられそうになく取り皿を貰って娘に渡すが自分のを持て余していた娘に睨まれてしまった。
せめてテーブルの上に塩胡椒が置かれていれば何とか食べられたのだが。

f0346196_14430656.jpg
パンは3種類 手を付けたのは1種類だけだったが美味しかった。

f0346196_14432218.jpg
美しい形の器にはポタージュ これは美味だった。

f0346196_15014687.jpg
アンコウの蒸し料理 蒸し方が悪く身がほぐれず食べれなかった。

f0346196_14455480.jpg
最初に見せてもらった愛媛産のステーキ 焼き加減を聞かれなかったので心配だったがミリアムレア 好みの焼き方でほっとした。
如何にも砥部焼と言う模様 オレンジ色は甘いソース

f0346196_14460277.jpg
ガラスの器がステキだったがデザートはお腹が(多分お腹ではなく胸が一杯だったような気がする)一杯で手が付けられなかった。

f0346196_14493660.jpg
f0346196_14494904.jpg
部屋に帰るとおにぎりとフルーツが届いていた。
数日間ならお米をたべなくても平気だがこの夜で一番おいしく感じたおにぎりだった。

f0346196_14514736.jpg
f0346196_14515381.jpg
朝食
スタッフが変わり いい塩梅の塩加減の料理で美味しく頂いた。
目の前で調理 ベーコン等はしっかりと油を落としてくれた。

これがオーベルジュの料理なのか 一度食べれて話題作りができて良かった。
(念のため味の好みは人それぞれ われら田舎者の親子には今ひとつ合わなかっただけ)

わざわざランチを食べに来る人もいると聞く。












by o-rudohime | 2016-11-30 07:13 | Comments(14)

海苔弁にあらず

東京都知事が書類が黒線で消されているのを「海苔弁のようだ」と言われたが今回はまさに海苔弁状態の写真になってしまった。

f0346196_19085996.jpg
棟方志向の小さな仏像を彫った絵手紙を送って下さった早笑子さんが「もも太郎ママへ」と(可愛い)もも太郎が彫られた住所印を又作って下さった。
海苔弁状態で雰囲気丸つぶれだがきっともも太郎に見せるとうぬぼれやのもも太郎「僕にそっくり!」と言うだろう。

f0346196_19093273.jpg
f0346196_19091379.jpg
猫好きを知っていらっしゃるので色々な表情の猫達

f0346196_19084784.jpg
3月生れなので彫って下さったと思う猫お雛様 クリスマスプレゼントに続いて誕生祝をして頂いた気がする。
(桜の花びらは3種類の印で作られている)

f0346196_19094545.jpg
大切に螺鈿細工の宝石箱に収めた。
又絵手紙を描くのが楽しみになった。







by o-rudohime | 2016-11-12 09:58 | Comments(4)

クルージングの夜のお楽しみ

クルージングをしていて「よくこんな態度の悪いクルーを雇ったもんだわ」と思うことは少ない。
契約制なので評判が悪いと次の採用が無いからだろと思う。

Holland Americaのクルーはフリッピン インドネシアの人たちで母国でしっかり教育され採用が決まる。

「Do not disturd」の札をドアノブに掛けておくとスチュアート(部屋係)は部屋に入って来ずタオル交換ベットメーキングなどをしてくれない。

ディナーから帰るとベットメーキングがされチョコレートとタオルアートがベットの上に置かれている。
f0346196_15190870.jpg
①オットセイ?
この船のタオルアートの特徴はハンドタオルとフェイスタオルで動物を作り目玉がある事。
f0346196_15343737.jpg
②蝶々?
f0346196_15350554.jpg
③金魚?
f0346196_15355738.jpg
④犬?
f0346196_15361482.jpg
⑤象 これは言い切れる。
f0346196_15362058.jpg
⑥コアラ
f0346196_15362974.jpg
⑦カメ
f0346196_15363848.jpg
f0346196_15364464.jpg
⑧モンキー
初日は荷ほどきが終わってなかったのでアートタオルは無し。
部屋にいる時 スチュワードにモンキーを作ってもらった。
あっと言う間に作ってくれたが対の目玉がなくこんな感じになってしまった。

f0346196_15365087.jpg
⑨アシカ?
過去数回クルージングしているが初日からタオルアートをしてくれたのは今回が初めてで嬉しかった。

クルー全員に行きわたる様にと毎日ホテルチップを一定額取られているがスチュワードにはお世話になるので昔風に枕銭をまとめて置く。





























by o-rudohime | 2016-11-07 05:26 | Comments(12)

5月25日生まれのあなたに

f0346196_15161579.jpg
f0346196_15162244.jpg
f0346196_15163194.jpg
f0346196_15162689.jpg
どの花言葉がお気に召しますかね。

パンジーの花は皆こちらに向かって微笑んでいるように見えるのよね。
イメージからは物思いはちょっとね。


by o-rudohime | 2016-05-25 15:19

夜明けを待ってテスト

昨日は風雨が強くマクロカメラを買いに出かけられなかった。
現カメラの説明書を読み返してみた。
夜が明けるのを待ちかねベランダの花を🌷マークがあるので押して撮影。
f0346196_06010577.jpg
f0346196_06011018.jpg
f0346196_06011618.jpg
f0346196_06012182.jpg
昨日のブログでは大騒ぎしたがこの程度なら写せる。
満足すべきか? モデル次第ではもっと美しく写せそうな予感がする。


by o-rudohime | 2016-04-18 06:08

マクロの世界とまではいかないが・・・

f0346196_15492399.jpg
f0346196_15492891.jpg
カンナの原種 林に咲いていたのを失敬して植えたのが花を付けた。

f0346196_15491239.jpg
f0346196_15491819.jpg
カンナと言えば真夏に生える黄色いカンナを思い浮かべるがこんな可愛いピンク色もある。

f0346196_15493794.jpg
f0346196_15494153.jpg
サボテン ヒョロヒョロと伸びたサボテンは普段は邪魔になるだけだが花を次々付け数日咲いている。

f0346196_15494782.jpg
f0346196_15495324.jpg
モンステラ―の花 真ん中の花芯は熟すると食べられる。

適当に水を与えておけば素人でも花を咲かせることが出来るので植木いじりは趣味の一つ。





by o-rudohime | 2015-09-01 08:59

覗きって結構病みつきになるのよね

デジカメ(デバ亀ではない)でそこそこの写真は写せる。
f0346196_07524583.jpg
f0346196_07524142.jpg
f0346196_07525007.jpg
色とりどりのペチュニアを寄せ植えしてあるのを写させてもらった。
花は余り変哲が無いのでドアップで。
f0346196_07525942.jpg
時には思いがけない者が写っている事がある。
f0346196_07534154.jpg
f0346196_07534784.jpg
ダリアを写し後で見るとおんぶした虫が写っていた。
こんな時は嬉しい。

f0346196_07594545.jpg
花を写したはずなのに主役は蟻になった。

f0346196_08031178.jpg
もっと美しい蝶々ならよかったのだが蛾でも良しとしょう。









by o-rudohime | 2015-04-20 08:07 | Comments(4)

宗主亡命中の寺~シッキムにあるムルテック寺院~

f0346196_12140400.jpg
ムルテック寺院に入るには先ずパスポートを預ける。
寺の表には銃を持った迷彩服の男たち・・とても寺参りと言う雰囲気ではない。

f0346196_12171658.jpg
境内の中は参拝客も居ず長閑。
f0346196_12092875.png
チベット仏教カルマ・カギュ派の総本山であるムルテック寺院はダライ・ラマと共にチベットから亡命してきたガギュ派宗主カルマバ16世が1969年に建てた総本山。

若き現宗主(写真の男性)カルマバ17世(亡くなったカルマバ16世の生まれ変わりとダライ・ラマも認めている)はインド ブッタガヤに2000年に亡命。

ラマイ・ダラもインドに亡命して50数年になるが後継者はまだ決まっていない。

インドは政治的配慮(中国に対して)から宗主のこの寺への訪問を拒否している。
また中国人もこの寺の参拝は許されていない・・・という事で警備が厳しい。

f0346196_12094915.jpg
f0346196_12094433.jpg
f0346196_12095592.jpg
寺院の中は撮影禁止 周りの壁に描かれた絵 説明してほしい?  
そりゃ無理と言うものでしょう。
資料を探してもこの寺院については何もなし。

f0346196_12311545.jpg
f0346196_12320364.jpg
修行僧たちの姿はあどけない。

f0346196_12100540.jpg
f0346196_12101072.jpg
f0346196_12101562.jpg
境内には動物も一緒に生活している様だ。
ウサギの左横にあるのは衣類の様でもあり布団の様でもあり・・質素倹約の戒めとして心に留めた(なんとなく嘘くさい文章だが)

2泊したガントク市場と街散策
f0346196_13044854.jpg
f0346196_13044109.jpg

f0346196_12442749.jpg
赤く見えるのはトウガラシ、料理も辛い物が多いが観光客用に辛みは抑えられていた。

f0346196_12443543.jpg
チーズを売っている若者
豆腐のような感触で良く料理に出て来た。

f0346196_12444147.jpg
オクラ、インゲンなどなじみの野菜が豊富に売られていた。

f0346196_12484883.jpg
f0346196_12490013.jpg
ホテルのウエルカムドリンクとして出されたコーヒリキュール?が美味しく酒屋さんへ連れて行ってもらった。
シッキム名物のラム酒やチェリーブランデーを試飲して飲み逃げ。

















by o-rudohime | 2015-04-12 12:59 | Comments(2)

パンテ・アイスレイ~メコン河クルージングの前に~

f0346196_08320983.jpg
f0346196_08330501.jpg
f0346196_08332284.jpg
f0346196_08333320.jpg
パンテ・アイスレイは「女の砦」と言う意味のヒンズー教寺院。
あちこちで美しいデバターの彫刻が見れ「東洋のモナリザ」と呼ばれる彫刻があるので有名。

f0346196_08381557.jpg
f0346196_08392180.jpg
f0346196_08404782.jpg
ラテライト(赤土)の煉瓦でつくられているため全体が紅色を帯び彫刻の彫が深いので美しい。
崩れていたのを修復した個所(象の所の様に)は色が違って見える。

f0346196_08465239.jpg
f0346196_08470170.jpg
この色合いは非常に違和感を感じるが年月が経つと同化されると説明があった。

f0346196_08495909.jpg
ヒンズー教の神シヴァ神と妻のパールヴァティーがシヴァ神の乗り物ナンディン牛に乗っている彫刻、パールヴァティーの顔が削り取られている。

f0346196_08560079.jpg
ここにも削り取られたナンディン牛があった。

f0346196_08575463.jpg
f0346196_08571662.jpg
ヒンズー教の神ガルーダと食いしん坊で自分の体まで食べてしまい顔だけが残ったと言われるカーラ。

f0346196_09004128.jpg

東洋のモナリザと呼ばれるデバター、遠くからしか見れないが他の場所でも同じようなデバター像が見れる。

f0346196_09005640.jpg
積み上げられたレンガにシダが・・・暑さの中ほっとする景色だった。




















by o-rudohime | 2014-12-26 09:08 | Comments(2)


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

かなり無理があるわね
at 2017-06-28 13:40
shall We Dance..
at 2017-06-28 05:26
おさなご
at 2017-06-27 13:05
ノーベル受賞者たちの晩餐会場..
at 2017-06-27 05:57
誤解なきように
at 2017-06-26 13:42
大きな勘違い市庁舎見学 ~ス..
at 2017-06-26 04:51
どっち向いて咲けばいいのサ ..
at 2017-06-25 13:23
サンクチュアリだったあの頃の..
at 2017-06-25 06:46
♪夢の中へ♪ ~探し物は見つ..
at 2017-06-24 12:58
ガムラスタン散策 ~ストック..
at 2017-06-24 06:44
大人の遊び~昼の部~
at 2017-06-23 12:43
ツアーはちゃんと日程表をこな..
at 2017-06-23 05:37
十薬の発想はよかったと思うの..
at 2017-06-22 13:05
石の教会とムーミン ~フィン..
at 2017-06-22 05:27
こんな雨の日は・・・
at 2017-06-21 13:10

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

☆旅プラスさん 絵 彫..
by o-rudohime at 18:13
☆zakkkanさん ..
by o-rudohime at 18:06
☆ATSUKOさん こ..
by o-rudohime at 17:52
☆パパリンさん スーパ..
by o-rudohime at 17:42
こんにちは、昼過ぎにコメ..
by tabi-to-ryokou at 16:21
旅の思い出は、色々あれど..
by zakkkan at 16:18
たしかに、足がゴツイ女神..
by aamori at 15:27
こちらにコメントさせてい..
by 19510909 at 14:12
☆アリスさん 結婚式に..
by o-rudohime at 14:00
☆eiさん 日本人なら..
by o-rudohime at 13:55

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
BAGUS!
たんぶーらんの戯言
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
花の調べ
My slowlife ...
ROMA - Phot...
近所のネコ2
さぬき写真工房
aviの額
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
Sauntering 
ゆっくりゆったり
人生とは ?
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
Night Flight...
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
でん、でん、でん。。。。
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
トチノキの詩
小さな幸せ 田舎暮らし ...
俺の心旅
slow life
ぎんネコ☆はうす
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
リンデンの心のままに綴る...
ふくとぽん
続・感性の時代屋
チェロママ日記
kaorainne日記Ⅱ
さぬきジェンヌのおいしい日和
亀の遠写近写②
でんでんでん2
へぇ、おおきに
バリ島大好き
気のむくままに・・・2

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ