2017年 02月 12日 ( 2 )

貴重な旅のお土産

旅に出かけても ばらまき用のお土産も必要なく断捨離の真っ最中なので自分へのお土産も珍しい食べ物以外は買わない。

f0346196_14275706.jpg
出先で美しい色の石があれば絵を描こうと拾い集めた時期もあった。

f0346196_14280478.jpg
過去に一度だけ描いたことがあるマツボックリ 描いている内に今どのあたりを描いているのか解らなくなり二度と描くまいと思っていた。
再チャレンジしてみたが難しい。

f0346196_14281362.jpg
これらも旅先で拾った思い出の品 一番大きいのはブータンのレストランに飾ってあったのを無理を言って頂いた。
交渉してくれた現地ガイドさんにかなりの金額のチップをあげたのを思い出す。
マツボックリに布を詰めクリスマスツリーを作った事もあった。
一番小さいのはメタセコイアのマツボックリ。

f0346196_14282084.jpg
バラの様なヒマラヤスギのマツボックリ 花びらの一枚から一本の木になるのだろうか。
マツボックリは「結んで開いて」をさせることが出来る。

by o-rudohime | 2017-02-12 14:52 | 絵手紙 | Comments(7)

ついに眉は唾でベトベト ~ドバイ~

ドバイは世界1と うたった所が砂漠の砂程あるのではと思ってしまう。

f0346196_16461793.jpg
f0346196_16462762.jpg
① 最初の世界一はドバイメトロ
2009年日本の企業4社とトルコの企業1社によって作られた全長74・6㎞(51駅)のドバイメトロ(モノレール)は無人運転。
朝夕は女子 子供専用車両がある。
駅ごとにテーマがあり地球のイメージした駅は茶色 空気は緑 水は青と白 火は赤とオレンジを基調としている。

我々が乗った時間的は混雑はしていなかったが座れるほどでもなかった。
若者が一人立ち 二人立ちして我々高齢者を座らせてくれた。
わずか4駅だけの体験ツアーだったが この行為は「世界一」と評価したくなった。

f0346196_16591685.jpg
f0346196_16592233.jpg
② アブダビの7つ星ホテル「エミレーツ・パレス」へ行った時は余りの金ぴかでげんなりしたが ここドバイのブルジュ・アル・アラブが世界一のホテル。
ホテルのアメニティはエルメスだそうだ・・それが「どうしたのよ」と言われても・・・

近くまで行く予定だったが丁度ホテル近くの競技場で自転車レースが行わ渋滞と交通規制があり行けなかった。

③ 世界最大のショッピングモール
f0346196_17051069.jpg
ショッピングモールの天井にはゴールドの龍が飾られていた。
丁度旧正月の季節 華僑の多い国(ブルジュ・アル・アラブの宿泊者の4割は華僑との噂がある)なのでその為に飾られているのかと思ったが1年中ここにいるらしい。

f0346196_17081162.jpg

f0346196_17181389.jpg
モールの中にあるスパーマーケットで皆さんお土産を買っていた。
世界何処の国へ行っても林檎[FUJI」はフジと書かれている。
他の林檎に比べ価格は高い。

f0346196_17113131.jpg
④ 世界一大きな水槽(モール内にある)
これはギネスで認証されている。
巾32.88m 深さ8.3m 香川県の企業が作った。

⑤ 世界一の噴水
f0346196_17250615.jpg
f0346196_17251552.jpg
5つのサークルに分かれ275mの長さの噴水装置から140m(ビル45階に相当する)の高さまで水が吹き上がる。
音楽に合わせ色々な形を見せてくれるがラスベガスのベラージオの方が見ていては楽しかった。
夜のライトアップは美しいだろうと思う。

③~⑤まではショッピングモールから見ることが出来る。

⑥噴水の背景にもなっている「ブルジュ・ハリファ」に登る。

f0346196_17474820.jpg
f0346196_17475662.jpg
チケットは前もって予約してあったのですぐに上ることが出来たがセキュリティ検査を受ける。

2010年に完成した時は「ブルジュ・ドバイ」と呼ばれていたがリーマン・ショックの影響でドバイ・ショックに見舞われ国家破産寸前になった。
アブダビから援助を受けタワーの名前をアブダビの王(写真の人)の名前を取って「ブルジュ・ハリファ」に変えた。
f0346196_17481223.jpg
噴水ショーが行われた場所

f0346196_17553501.jpg

f0346196_17554998.jpg
f0346196_17555548.jpg
高さ828m 最高階は160階(636m) 展望台は124階(442m)にある。
124階までわずか1分で到着する。

2020年(ドバイで万博が行われる)にはドバイにこれ以上高い「ザ・タワー」が完成(噂では1000m以上)するが高さは発表されていない。
又名前を変えることにならなければいいのだがと素人ながら思う。

見渡す限りまだまだ空き地だらけ すでに世界一高いタワーを持っているのだから何もこんなに高い建物を建てなくてもいいと思う。
この言葉はガイドも言っていたが「そうだよね そう思う」








by o-rudohime | 2017-02-12 07:22 | 旅の思い出 | Comments(12)


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

戌の出番なし ~年賀状~
at 2017-11-19 15:39
中世にタイムスリップした様な..
at 2017-11-19 11:46
ロードス騎士団の館 ~床のモ..
at 2017-11-19 05:35
案外正直な脳
at 2017-11-18 13:08
タベルナで超満腹
at 2017-11-18 06:09
世を嘆くなかれ ~衣被~
at 2017-11-17 16:18
元十字軍騎士団の病院だったん..
at 2017-11-17 11:46
ロングスティしたいロードス島
at 2017-11-17 04:21
隣の芝は青く見えるが・・・
at 2017-11-16 13:23
アテネ旧市街プラカ地区散策
at 2017-11-16 06:59
ひとつでもペア
at 2017-11-15 13:45
イマジネーション一杯のパルテ..
at 2017-11-15 08:02
失敗は必ずしも成功のもとではない
at 2017-11-14 12:30
神話の世界あれこれ
at 2017-11-14 06:38
ポパイのほうれん草
at 2017-11-13 11:59

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

☆アリスさん 間もなく..
by o-rudohime at 20:10
☆eiさん 版画をと思..
by o-rudohime at 20:07
☆ぎんネコさん ぎんネ..
by o-rudohime at 20:03
☆ぴこさん 犬の絵は余..
by o-rudohime at 19:58
年賀状、インクジェットの..
by ayayay0003 at 17:05
私は戌の出番を望みたいと..
by ei5184 at 16:39
獅子舞の絵手紙 すべて..
by horopyonn-0624 at 16:19
凄い可愛いワンコの絵です..
by pikorin77jp at 16:15
☆アリスさん ギリシア..
by o-rudohime at 13:52
☆かずたんさん ギリシ..
by o-rudohime at 13:46

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
BAGUS!
たんぶーらんの戯言
コバチャンのBLOG
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
花の調べ
My slowlife ...
幻に魅せられて…
「ROMA」旅写ライター...
近所のネコ2
さぬき写真工房
がちゃぴん秀子の日記
気まぐれ日記
aviの額
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
花便り
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
月夜飛行船
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
花鳥撮三昧
Sauntering 
ゆっくりゆったり
人生とは ?
美は観る者の眼の中にある
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
ぶらり散歩 ~四季折々フ...
Night Flight...
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
でん、でん、でん。。。。
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで行ってきます
ちゃたろうと気まま日記
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
トチノキの詩
小さな幸せ 田舎の主婦は...
俺の心旅
すまいるらいふCAFE ...
お転婆シニアのガーデニン...
slow life
ぎんネコ☆はうす
花々の記憶   
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
リンデンの心のままに綴る...
ふくとぽん
Titanic of J...
続・感性の時代屋
チェロママ日記
インパクトブルー
kaorainne日記Ⅱ
さぬきジェンヌのおいしい日和
亀の遠写近写②
晴れ時々曇りな日
でんでんでん2
銀の絵手紙
へぇ、おおきに
バリ島大好き
気のむくままに・・・2
2016からのスタート:...
皇 昇   
貧乏なりに食べ歩く 第二幕

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ