「ほっ」と。キャンペーン

2017年 02月 09日 ( 2 )

大往生

タイトルに「大往生」と書いたがこの言葉は「天寿を全うする」と同じで高齢者が亡くなった時 身内が使う言葉で他人が使うべきではないようだ。
「ご冥福をお祈りします」と言うフレーズも神道 キリスト教 浄土真宗では使わない方が良い。

f0346196_10124329.jpg
娘婿の祖母と娘の祖母は今年誕生日が来れば共に100歳になる。

娘婿の祖母さんは元気でつい最近まで一人暮らしをしていたがついに施設でお世話になることになった。
大変信心深い人で檀家として寺に自分の全財産(かなりの資産家)をつぎ込んだようで身内には受けが悪かった。

ここ数年は年金だけで暮らしていた。
贅沢な生活をしてきた人で年金だけでは足らず身内に援助をしてもらっていた。

娘の祖母は10年以上前から施設でお世話になっていたが痴呆も進み今では寝たきりで眠ってばかりである。
娘の祖母の方が先に亡くなると誰もが思う様な状態がつづいている。

娘婿の祖母さんは110歳までは生きると言い続け痴呆が少々あるくらいだったのが 朝になって見ると亡くなっていた。

まさに天寿を全うした大往生だと思う(これを書いている私は遠い身内になる)

残念ながら息子2人には先立たれ残った息子も宗教の関係で喪主になるのかどうか身内が心配している。

今日 身内だけで告別式 過去に娘婿に何があったのか娘夫婦は参列しないと言う。


by o-rudohime | 2017-02-09 14:30 | 絵手紙

ホルムズ海峡を行ったり来たり ~ハッサブ~

[ハッサブ]へフィヨルドを見る為テンダーボート(船に積んである救命用の船 約150人乗りと書かれているが?)で陸まで行き そこからダウ船で3時間のフィヨルドクルーに出かけた。
f0346196_18425085.jpg
f0346196_18430819.jpg
f0346196_18425779.jpg
20人も乗れば満席になるダウ船
娘が書き込みでここの観光は寒いと言われているのを見付けていたのでそれなりの準備をして行った。
添乗員もそこまでは気が付かず説明しなかったので前日に又もや余計な一言「明日の観光は寒い様ですよ」と皆さんに伝えた。

小さな船なので絨毯の上に座っていても場所によっては波をかぶったり背もた(前方の場所)が低く不安定だったりと疲れる。

f0346196_18525150.jpg
f0346196_18524426.jpg
f0346196_18550758.jpg
大昔の地震によって海底がせり上がり出来たフィヨルドは珍しく今でも地質学者が訪れるそうだ。

f0346196_18555787.jpg
殺伐とした場所に民家が10数件 この住民はオマーン政府からの援助で医療費 学費(寄宿生活をしている)光熱費などが無料。
漁業で生計を立てているが食料品などの援助もある。

近寄って見たかったが境界線がありこれ以上近寄れないと言われた。

f0346196_18594902.jpg
f0346196_18593238.jpg
f0346196_18593870.jpg
波ひとつない小さな湾にはバナナフイッシュがいる。
バナナを投げると競って食べにくる。

f0346196_19010835.jpg
f0346196_19011621.jpg
かなりのスピードで走っているダウ船と競って付いて来るイルカ
今回のハイライトだった。

f0346196_19025552.jpg
ダウ船と我々が乗って来たMSCファンタジア(オレンジ色に見えるのがテンダーボート)
多くの乗客が訪れたので帰りのテンダーボート乗り場は長蛇の列。
年齢にかかわらず杖を持っている(使わなくても)人にやさしい国 その人達と付き添い人は優先的に先乗りさせてくれる。

わたしですか? 障害者1級ですが杖の必要な障害ではないので炎天下に並びましたよ。


















by o-rudohime | 2017-02-09 07:18 | 旅の思い出 | Comments(12)


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

至福の時
at 2017-02-19 07:06
もも太郎ママ なんと良い響き..
at 2017-02-18 13:54
イシュトバーン大聖堂のミイラ..
at 2017-02-18 07:21
つい本音が・・・
at 2017-02-17 14:27
聖イシュトヴァーン大聖堂  ..
at 2017-02-17 07:34
縁ありまして・・・
at 2017-02-16 14:08
丘の上の教会 ~ブダペスト~
at 2017-02-16 07:27
ひとこと「ありがとう」
at 2017-02-15 14:38
ハンガリーの首都 ブダ地区と..
at 2017-02-15 07:52
スロバキアの首都 ブラチスラヴァ
at 2017-02-14 13:58
しゃらくさい(写楽さい)
at 2017-02-14 02:28
申年も過ぎたことだし
at 2017-02-13 14:13
長いお付き合い有難うございま..
at 2017-02-13 07:20
貴重な旅のお土産
at 2017-02-12 14:52
ついに眉は唾でベトベト ~ド..
at 2017-02-12 07:22

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

可愛いね・・ かわいい..
by zakkkan at 14:33
初めまして、私も初めての..
by 茶々 at 15:08
☆かずたんさん キリス..
by o-rudohime at 14:20
☆muiさん 店でも「..
by o-rudohime at 14:16
☆かずたんさん かずた..
by o-rudohime at 14:10
〇〇のママならいいけれど..
by aamui at 10:51
うほっ。右手! イシュ..
by kazutanumi at 17:24
まずご縁に感謝です。 ..
by kazutanumi at 17:17
☆ぎんネコさん 旅行記..
by o-rudohime at 13:23
☆eiさん 日本の即身..
by o-rudohime at 13:18

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
BAGUS!
たんぶーらんの戯言
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
花の調べ
My slowlife ...
ROMA 【在ローマ ヘ...
近所のネコ2
さぬき写真工房
aviの額
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
Sauntering 
ゆっくりゆったり
人生とは ?
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
Night Flight...
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
でん、でん、でん。。。。
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
トチノキの詩
小さな幸せ 田舎暮らし ...
俺の心旅
やませみ物語
slow life
ぎんネコ☆はうす
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
リンデンの心のままに綴る...
ふくとぽん
続・感性の時代屋
チェロママ日記
kaorainne日記Ⅱ
さぬきジェンヌのおいしい日和
亀の遠写近写②
でんでんでん2
バリ島大好き

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ