鰻のかば焼きの境界線  ~カラメル画~

国技館のある両国(結婚当時からしばらく住んで居た)は鰻 どぜう屋さんが多く 店売りしているところもある。
舅は鰻の好きな人で一人前だけ自分で買ってきて 焼き直して食べていた。
匂いだけをおすそ分けされる身になれば店で食べてくればいいのにと思ったものだ。

その舅は土用の丑の日に家で皆揃って鰻を食べた日に亡くなった。
普段一人だけで食べていたバチがあたったわけでも 鰻にあたった訳でもなく心臓麻痺だった。
(舅の事をこんな風に書いたが夫の姉たちから私ほど舅に可愛がられた子はいないと うらやましいがられた)

f0346196_18144529.jpg
関東風の鰻は背開きで竹串に刺し蒸してから焼く。
蒸しかげん次第で鰻の柔らかさが決まるそうだ。
武士は腹開き(切腹をイメージする)を嫌うと言う説 鰻の泥臭さを抜く為に蒸すとも言われる。

関西風の鰻は金串に刺しいきなり焼く。

鰻と言えば浜名湖が思い浮かぶがほとんどの店が関東風のようだ。

うどんの薬味のネギも関東は白葱 関西は青ネギが多い。
境界地は箱根を超えた沼津 三島辺りから変わる。

うな丼とうな重の値段の違いが何故か判らないがつい見栄を張ってうな重を描いた。
見かけに寄らず美味しいの一言を添えよう。



by o-rudohime | 2017-07-22 13:05 | 絵手紙 | Comments(14)
Commented by ei5184 at 2017-07-22 13:24
私は美食家でもグルメでもなく、
何でも美味しく食する事が出来る口を持っています。
が、鰻の蒲焼とうどんは、関西でしか食べません。
両方とも過去に一度きりですが、東京で食した事がありますが、
以来2度と口にはしていません。今も現在進行形(笑)

Commented by aamori at 2017-07-22 13:45
関東と関西、壁ありです。
お互い食べ物は譲れないみたいです。
和歌山に住んでいたときも、ネギは絶対に、白を買ってました。
スーパーでは東京ネギと名前がついていて。
その他、色々と江戸、東京の味が、いいと思ってました。関西人に、東京は美味しくないとか言われると、腹が立ちました。
東京は不親切で冷たいとか言われても嫌。
ちなみに、木綿のハンカチーフも東京砂漠の歌の歌詞も嫌い。生まれ育ちが東京のこだわりです。
なかなか、わかってもらえないですかね。
東京は悪いという構図。地方は善。そうおもわれているようで。被害妄想?
Commented by 19510909 at 2017-07-22 13:50
こんにちは

いつもイイネとコメント、ありがとうございます <(_ _)>
たくさん食べられなくなってきましたので
鮨に焼き肉、鰻とか…ご馳走は高くっても中途半端なところで
妥協すると必ず「しまった」ってことになりますからね
Commented by ayayay0003 at 2017-07-22 14:23
こんにちは^^
確かに、関東と関西の違いというのは
あらゆる食べ物で有ると思います(^-^)
でも、私には、それ程強い拘りがあるわけではなく・・・
そんなに高尚なグルメでもなく・・・
多分、関東で食しても美味しいと感じると思います♫
ただ、住んでるのが四国なので鰻などの開きはやはり関西風しか
手に入らないので、自分で焼きますが腹開きのものになります~
25日は大忙しになるので今から気合いを入れていますー(笑)
お義父さま、好きな鰻を食べられてからの旅立ち、お幸せでしたね☆
Commented by zakkkan at 2017-07-22 14:47
そろそろ土用は丑の日
一昔・・う!!鰻が庶民にも容易く食べれたころ
それは「中国」という国のお陰だったかも・・(笑)

何時から?再びウナギは庶民の口からどんどん遠のいて・・(笑)

我が父親は、自分は食べないのに、食道楽な人でした
思い出しました
丁度「松茸」が出回りかけた頃、松茸も庶民には・・の呈です
松茸ご飯を設えた翌朝、還らぬ人となりましたね

想いで・・ボロボロ・・
お盆が近づいてきたのかしら・・

比較したくなるのが常です
極め付け・・俗物です、私は・・
ここを訪問させていただき、絵手紙を拝見させていただくと
一日・・少し反省、そして、納得の時間です
ありがとうございます・・
Commented by o-rudohime at 2017-07-22 17:09
☆eiさん
食べ物で関西 関東の比較をしやすいのがうどんと鰻ではないでしょうかね。
慣れとは恐ろしい物でうどん県で生まれ育ちながらでも長年住み慣れた関東式が美味しく感じるようになりました。
大阪の「まむし」にはギョッ!
Commented by umi_bari at 2017-07-22 17:11
鰻重は木のお重に、鰻丼は焼き物の丼に盛られていると
思っていたんですよ。
日本食の文化は東西南北で違いますね。
絶版なんですが、「天ぷらにソースをかけますか」で、
楽しく読めます。
「グルメスタイル」NIKKI STYLE 食べ物 新日本紀行で
読めるかもしれません。(電子版です)
その本の中の最後の項目の、日本橋から三条大橋まで東海道を自ら歩いて食文化を見極めたのが実に面白かったです。
葱、鰻、麵の出汁、味噌、サンマーメン、イルカ、モーニング、
実にバグースでした。
Commented by o-rudohime at 2017-07-22 17:18
☆ATSUKOさん
ATSUKOさんも鰻の記事を書かれていたのですよね。
土用の丑の日も近いと言う事で話題がかぶってしまいました。
もしかして少なくとも3代目になる家系なのでしょうか。
住めば都・・・どこの土地にでもなじみやすい性格なので一人で豪州暮らしが出来たと思います。
Commented by o-rudohime at 2017-07-22 17:26
☆パパリンさん
味の好みはそれぞれですから評判だけ聞いては行きません。
ましてや並んでまで食べようとは思わないですね。
パパリンさんは元シェフだったのでしょうか?
かなりの食通の様に伺えますが。
Commented by o-rudohime at 2017-07-22 17:32
☆アリスさん
アリスさんは白焼きを買って自分で最初から焼くのですか?
焼いたのを買ってきて温め直すしか出来ません。
当然たれも作られるのでしょうね すごい!
土用の丑の日が来ると舅を思い出します。
Commented by o-rudohime at 2017-07-22 18:21
☆zakkkanさん
今でも安い鰻は ほとんどが輸入品でしょうね。
養殖ウナギの方が脂がのっているから美味しいとも言われますが焼き方とたれ次第で味は大きく変わりますね。
松茸も年に数えるほどしか食べられませんね 出来る事なら国産を食べたいし。
カラメルで描きましたが難しいです。
Commented by o-rudohime at 2017-07-22 18:31
☆umi bariさん
鰻重とうな丼の違い各説があり面白いですね。
一般的に鰻重の方が上等に思えますね。
ランクも松竹梅に分かれたりとあり面白いです。
適量(鰻とご飯の量)が一番おいしく食べられると思います。
そう言えばアラックさんがいつか天婦羅にソースを話題にしたような気がしますが・・・
Commented by kazutanumi at 2017-07-23 10:03
鰻の季節ですね。
大好きなんですが、スーパーでの産地偽装や、中国産の残留水銀?などで、買って家で食べる事は無くなりました。
年に夏1~2度お店に行って食べるだけになりました。
こちらの地元は鰻が美味しいお店が沢山あります。
鰻の名産地へ行ったときは食べ比べに食べてみますが、浜名湖の鰻も美味しかったです。
後忘れられないのは、福岡県の柳川の鰻セイロ蒸し。あっさりしてて柔らかくて絶品でした。
さて、そろそろ食べに行こうかしら。(笑)

Commented by o-rudohime at 2017-07-24 23:54
☆かずたんさん
鰻の産地と言うだけあり浜名湖の鰻は美味しいですね。
浜名湖では関西風 関東風の鰻を食べさせる所があるのでうっかり店に入れませんね。
名古屋のひつまぶしも変わった食べ方の一つですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

ちょっと早めのクリスマスプレ..
at 2017-11-24 14:10
緊張のパレスチナ自治区
at 2017-11-24 06:04
3コマ漫画
at 2017-11-23 15:32
ダ・ヴィンチの[最後の晩餐]..
at 2017-11-23 11:43
イエスが拷問された鶏鳴教会
at 2017-11-23 05:58
恒例なので ~ツワブキ~
at 2017-11-22 16:16
イエスが最後に祈った万国民の..
at 2017-11-22 12:27
死者復活の山 オリーブ山 ~..
at 2017-11-22 06:10
説明の必要な絵
at 2017-11-21 17:35
念願叶って行った嘆きの壁 ~..
at 2017-11-21 04:41
心の垣根
at 2017-11-20 16:31
終日クルーズのエンターテイメント
at 2017-11-20 12:47
ロードス島ともお別れ
at 2017-11-20 05:49
戌の出番なし ~年賀状~
at 2017-11-19 15:39
中世にタイムスリップした様な..
at 2017-11-19 11:46

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

タグ

最新のコメント

こんにちは。 また 旅..
by pikorin77jp at 11:57
おはようございます^^ ..
by horopyonn-0624 at 08:33
☆かずたんさん 猫に見..
by o-rudohime at 21:03
☆かずたんさん 顔を描..
by o-rudohime at 20:57
にゃんこの毛繕いの様子が..
by kazutanumi at 20:01
あら可愛い。 洒落た可..
by kazutanumi at 19:58
☆umi bariさん ..
by o-rudohime at 16:43
☆ぴこさん 絵手紙の良..
by o-rudohime at 16:40
☆旅プラスさん プレゼ..
by o-rudohime at 16:37
☆ATSUKOさん ド..
by o-rudohime at 16:34

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
BAGUS!
たんぶーらんの戯言
コバチャンのBLOG
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
花の調べ
My slowlife ...
幻に魅せられて…
「ROMA」旅写ライター...
近所のネコ2
さぬき写真工房
がちゃぴん秀子の日記
気まぐれ日記
aviの額
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
花便り
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
月夜飛行船
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
花鳥撮三昧
Sauntering 
一場の写真 / 足立区リ...
ゆっくりゆったり
人生とは ?
美は観る者の眼の中にある
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
ぶらり散歩 ~四季折々フ...
Night Flight...
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
でん、でん、でん。。。。
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで行ってきます
ちゃたろうと気まま日記
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
トチノキの詩
小さな幸せ 田舎の主婦は...
俺の心旅
猫じまん
すまいるらいふCAFE ...
お転婆シニアのガーデニン...
slow life
ぎんネコ☆はうす
花々の記憶   hap...
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
リンデンの心のままに綴る...
ふくとぽん
Titanic of J...
続・感性の時代屋
チェロママ日記
インパクトブルー
kaorainne日記Ⅱ
さぬきジェンヌのおいしい日和
亀の遠写近写②
晴れ時々曇りな日
でんでんでん2
銀の絵手紙
へぇ、おおきに
バリ島大好き
気のむくままに・・・2
2016からのスタート:...
皇 昇   
貧乏なりに食べ歩く 第二幕

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ