涙の別れ ~スケーエン~

スケーエンを訪れる人はこれから書く2カ所を見る為に来る方がほとんどだろうと思う。

風が強い地域なので砂丘が少しづつ移動し 200年前に砂にうずまってしまった教会がある。
看板があったが読まなくても(読めないが)絵を見てなるほどと思う。
f0346196_13271327.jpg
f0346196_13370450.jpg
14世紀に作られた教会 当時はデンマーク(北海道くらいの面積)最大の教会だった。
16世紀頃から砂丘が教会近くまで押し寄せ今では塔の部分だけが残っている。
f0346196_13272225.jpg
f0346196_13273257.jpg
説明が無ければ下調べをしてないのでこれが教会だとも思えず教会だと聞いてもヘェ~で終わってしまう。
f0346196_13291284.jpg
手相を見てほしいのではありません。
震え上がる寒さ 引きこもりのエスカルゴ いつまでたっても角も槍も目玉も出せません。

スケーエンで最も有名なデンマーク最北端にあるグレーネン岬へ行く。

f0346196_05474544.jpg


f0346196_14091662.jpg
f0346196_14092165.jpg
砂浜なのでトラクターに曳かれて行く。
トラクターの先にあるマスコット? が気になる。

f0346196_14092988.jpg
きっと何か意味がありそうなおしゃぶりの数がすごい。
思わずしゃぶりたく・・・そんな人いないわね。
f0346196_05475318.jpg
砂浜にポツンとあるお土産屋さん 屋根は草に覆われ趣がある。

この場所は西のスケーラック海峡と東のカテガット海峡がぶつかり三角波がたつことで有名。
行った時は引き潮 海の波は見飽きているので写真は一枚もない。

f0346196_14184746.jpg
着岸した時とは大違いで離岸する時は寒空の中ブラスバンドが見送ってくれた。
f0346196_14185218.jpg
埠頭でも街の人たちの見送ってくれた。
手笛を港から船からとにぎやか だが何となく涙が出てくる港での別れ。
(港での別れにはトラウマがある 誰かに突っ込みを入れられたら・・・)

f0346196_14190489.jpg
翌日は終日航海


by o-rudohime | 2017-06-15 05:53 | 旅の思い出 | Comments(12)
Commented by manekinntetti at 2017-06-15 06:05
おはようございます~^^
ここを開いた時に「デゴブロック?」と思っちゃいました。
角も槍も目玉も出さないエスカルゴもトラクターの引いてる箱も
おしゃぶりも草で覆われてるお土産屋さんも、全てがおもちゃに見える♪ おまけに、ブラスバンドの人達は、おもちゃの兵隊さん?って♪
何もかもが可愛らしい街♡

港での別れのトラウマ・・・教えてくださ~い(^_-)-☆
Commented by umi_bari at 2017-06-15 06:06
絵のかなと同じ塔が残って居る、凄いですね。
船旅も、いろんな探訪が出来るのですね、
バグースです。
Commented by o-rudohime at 2017-06-15 09:09
☆テッチさん
テッチさん宅の美味しそうな冷やし中華を見て今日は冷やし中華かと思ったのですが関東地方は寒いです。
昨夜はもも太郎の為に暖エアコンを付けました。
スケーエンは小さな街なので歩いての散策は楽しかったです。
港での別れ・・気を持たせましたがたいした話ではないのですよ。
学生時代親公認のボーイフレンドが就職のため連絡船で去って行くのを見送った時汽笛を聞いてお互いに涙が出たと言う話 そのことを書いたラブレターを今でも大切に持っていると言う50年以上昔の話です。
Commented by o-rudohime at 2017-06-15 09:14
☆umi bariさん
現地ガイドさんがたどたどしい日本語で説明されると「ワタシ イミワカラナイアルヨ」ですがジョークを交えてのガイドさんだと結構内容を思い出せます。
3~4時間の観光が丁度いい年になってしまいました。
Commented by zakkkan at 2017-06-15 10:27
お見送り・・
これは、全くの赤の他人様でも、泣けます(笑)
涙腺が緩くなりすぎているせいか・・
この風景に、見ているだけでも、何故か郷愁を誘られて
旅の妙味を見た気持ちです
北欧は憧れの地です・・いつか??何時だろう・・
もう、無いかもしれないいつかに思いを馳せます(笑)
Commented by kazutanumi at 2017-06-15 13:41
砂浜だからバスの前がトラクターなんですね。
ほんと前の飾り、、、最初風船アート?と思いましたが、よく見たらおしゃぶり♪面白いけど謎ですね~。(笑)
船の見送りは、、、青春時代の甘酸っぱい涙を、思い出すんですね。
ロマンティック!
Commented by ei5184 at 2017-06-15 14:03
へえ~ 教会が殆ど埋まりましたか!
絵と比較できて一目瞭然でした(笑)

連絡船での別れ・・・私にはそんなロマンチックな想いでは
ありませんでした(笑)
Commented by o-rudohime at 2017-06-15 14:24
☆zakkkanさん
船の出航時の汽笛は郷愁があり見送りがあるとついホロリとしますね。
今回の航海中小さな島が点在 霧の多いところがあり汽笛が鳴りっぱなしでしたがそれはうるさく感じました。
遠くにある国ですが何時かはきっと行けますよ。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-06-15 14:29
教会の、before、afterは自然の驚異を教えてくれますね。
PCの前で、「スケーエン」って、スゲーエン じゃんと呟いてます(^。^)
グレーネン岬が、北海と、バルト海を隔てる岬ですね。
夏のひと時はよくても、冬はどんよりと暗くて、過酷な環境と思います。
連絡船で泣くといえば、勿論、石川さゆりさんですよ。
私もひとり~ 連絡せ~んに乗り~~♪
こごえそうな 鴎見つめ 泣いていました~~♪
自分には船での別れはないのですが、この歌を聞くと泣けてきます(^。^)
Commented by o-rudohime at 2017-06-15 14:31
☆かずたんさん
こう見えても気持ちは男気 でも結構ロマンチストなんですよ。
つゆ草同様 儚い恋で終わってしまいました。
今頃どうしているかな~
Commented by o-rudohime at 2017-06-15 14:36
☆eiさん
絵を見ないとガイドの説明だけでは想像がつきませんでした。
今は防風林が出来ていました。
瀬戸大橋が出来るまでは四国と本土を結ぶ連絡船がありました。
着離岸の光景が見たくてキャビンは左側を選ぶようにしています。
Commented by o-rudohime at 2017-06-15 16:30
☆旅プラスさん
映画では汽車で悲しい別れのシーンは多く見られますが空港や船での別れのシーンは少ない様に思えます。
波止場での別れの歌は歌謡曲向けなのか結構多いですね。
旅情のシーンなど今思い出してもため息が出ます。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

シアター以外でも楽しめるクルーズ
at 2017-07-25 06:22
途絶えた道
at 2017-07-24 13:27
空を飛ぶ
at 2017-07-24 06:13
覆水を盆に返そうと思えば出来る
at 2017-07-23 12:21
ミステリー・アイランドに立ち..
at 2017-07-23 06:30
鰻のかば焼きの境界線  ~カ..
at 2017-07-22 13:05
天国に一番近いと言うより天に..
at 2017-07-22 06:03
死んだふりする風船カズラ
at 2017-07-21 12:46
人間社会は少子化なんだって
at 2017-07-21 06:31
自分の分相応の査定
at 2017-07-20 13:34
立っていろと言われれば立って..
at 2017-07-20 04:51
目先だけ見ていても生きていける
at 2017-07-19 14:03
金庫発見か? 
at 2017-07-18 18:00
自然の中の人間
at 2017-07-17 13:31
尊き命
at 2017-07-17 05:33

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

タグ

最新のコメント

☆eiさん お褒めの言..
by o-rudohime at 08:24
☆かずたんさん 鰻の産..
by o-rudohime at 23:54
高所恐怖症の私ですが、景..
by ei5184 at 17:54
☆umi bariさん ..
by o-rudohime at 17:07
☆zakkkanさん ..
by o-rudohime at 17:03
☆旅プラスさん バヌア..
by o-rudohime at 16:55
☆かずたんさん 空以上..
by o-rudohime at 16:46
☆ATSUKOさん ヘ..
by o-rudohime at 16:42
☆アリスさん 船を真正..
by o-rudohime at 16:39
バヌアツ寄港ののハイライ..
by umi_bari at 15:35

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
BAGUS!
たんぶーらんの戯言
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
花の調べ
My slowlife ...
ROMA - Phot...
近所のネコ2
さぬき写真工房
aviの額
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
Sauntering 
ゆっくりゆったり
人生とは ?
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
Night Flight...
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
でん、でん、でん。。。。
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
トチノキの詩
小さな幸せ 田舎の主婦は...
俺の心旅
slow life
ぎんネコ☆はうす
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
リンデンの心のままに綴る...
ふくとぽん
続・感性の時代屋
チェロママ日記
kaorainne日記Ⅱ
さぬきジェンヌのおいしい日和
亀の遠写近写②
でんでんでん2
へぇ、おおきに
バリ島大好き
気のむくままに・・・2

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ