やっとアムステルダムを出航 ~ビジョン・オブ・ザ・シーズ号~

f0346196_11262847.jpg
日本を発って2日目の夕刻17時(時差ー7時間)にやっとビジョン・オブ・ザ・シーズ号が出航する。
早朝からの観光でクタクタ 腹の虫は騒ぐし・・・
f0346196_11253587.jpg
f0346196_11254690.jpg
船は78,000トン 全長278m 幅32m 乗客数約2,000名 のそれほど大きい船ではない。
日本人は我々9人ツアーと別のツアー8人と添乗員。
海外在住の中国人が多く白人にチャイニーズかと聞かれた。
ヒソヒソ声で話しカラフルな服は着てなかったのだが・・・NO Japanese!


乗船はお昼過ぎだったのでランチは船で食べる。
83歳と最高齢のかなり耳の遠い薩摩男児がお一人様参加 添乗員の説明が聞こえなかった様でランチが食べられなかったようだ。
翌日も何かの勘違いで朝昼を食べる場所が解らずもう二度とクルーズは嫌だとご機嫌斜め。
「薩摩男子は頑固で気位が高くて場所を聞けないのよ」と九州女子が説明 この年齢の薩摩男子ならありえるかも。
以後常に添乗員が付き添うようになった。


f0346196_11255339.jpg
f0346196_11255868.jpg
バスタブのあるミニスイートをいつも使っている。
クローゼットが狭いが備え付けのハンガー 持参したハンガーでは足りず10個ほど借りる。
wのベットをツインベットに変えてもらう(離すだけ)

ツアー代金にチップ代は含まれているので必要ないが朝夕お世話になるスチュアート(部屋係)には枕銭ではなくまとまった金額を メインレストランのウエイター ソムリエにもそれなりのチップを渡している。

バスルームの排水溝が臭い 我慢できない程ではないが早々に伝え修理を何度かしてくれたが治らなかった。
部屋を変わるかと聞かれスイートルームなら変わりたいと言ったがそんな美味しい話はないですよね~
・・・と思ったら次回同じ会社の船に乗った時割引をしてくれる 更に乗船中に予約すればオンボード(船で使える商品券の様な物)が$500付くと聞き即来年の2月シンガポール発着を予約した。

臭いは排水溝は紙で蓋をし 洗面器は常に栓をするようにし何とか過ごせるようになった。

f0346196_11261829.jpg
f0346196_11260732.jpg
8階に部屋のあり中央エレベータホールから5階まで吹き抜けになっているホールを見下ろす。
見上げれば
f0346196_11550552.jpg
9階はビッフェ 11階まで見通せる。

f0346196_11551120.jpg
エレベータホールで出会った小さな紳士

f0346196_13090568.jpg
f0346196_13091211.jpg
シアターの緞帳
セリーヌディオンと共演したと言う4人組 歌声は流石に素晴らしく 知っている曲が多かったのが良かった。

最初の寄港地デンマークのスケーエンに上陸。





by o-rudohime | 2017-06-13 06:28 | 旅の思い出 | Comments(13)
Commented by manekinntetti at 2017-06-13 06:38
えー!日本人は19人だけなんですか
でも、海外生活をしていた姫お姉様だから全然と平気ですもんね。
九州男児のお話・・・まだまだ何かありそう^^;
添乗員さんが付いてるから大丈夫かな?他人事ながら心配・・・
可愛らしい紳士クン^^

姫お姉さまのドレス姿が見たいです~~~!!
見せてくださ~い♪興味深々♡
Commented by cynchia at 2017-06-13 07:39
おはようございます、楽しい旅のようですね、
続きを楽しみにしてます‼
Commented by ei5184 at 2017-06-13 07:48
アメリカ人の1000人超えには驚きです!
幾ら年金制度の違いで老後が楽しめるとしても、凄い数ですね~

さて、船出日和とでも言いましょうか、快晴の様子!
気持ちが高ぶりますね~ と思いきや、こんな豪華な部屋なのに排水口から悪臭とは!
臭いに敏感な私は多分部屋を替えてもらっていたと思います。
まだまだ色んなお話が聴こえて来そうですね(笑)
Commented by aamori at 2017-06-13 08:27
国籍別乗客数が興味深かったです。
アメリカ人が多い!!
インド、メキシコも意外に多い。ふうむ。
添乗員さんのお仕事って大変ですねぇ。と、、、
なんとなく今後のストーリーが知りたいです。、、気になる薩摩男。
それほど大きくないと言っても、大きなお船で。
わたしも、まいごになって、あさごはんどこ?とやりそうです。
Commented by kazutanumi at 2017-06-13 09:21
ビジョン・オブ・ザ・シーズ号、さほど大きくないと言いますが、豪華客船ですね!こんな船旅夢です。

排水管の臭いは残念でしたが、お部屋も素敵♪
意外と日本人の19人は少ないですね。
日本人は老後が心配でお金を使わないかな?苦笑

Commented by o-rudohime at 2017-06-13 09:52
☆テッチさん
船のツアーは会社も個人もキャンセルは厳しい規定があります。
人数が少なくても催行しない訳にはいかないでしょうね。
大型バスに9人私たちは後部座席が好きですが皆さん前方にちょこんと座っていました。
並んでシートに座っている方もいて好みはそれぞれでした。
九州男子 ディナーメニューは日本語ですがメニュー選びは添乗員任せで秘書を連れている様ですが他の方は面倒を見なくていいので文句なしです。
ちなみに九州男子 新芸術協会の理事で号24万円もする絵を描いているそうです。
旅先で自分を写すことは全くありません。
Commented by o-rudohime at 2017-06-13 09:59
☆eiさん
外国の方は内側の部屋をとり寝るだけ 後はイベントを楽しんでいますからそれ程お金はかからないと思います。
去年3回今年になって2度目の偶然の再会をしたご夫妻も上手に旅を楽しまれています。
バスルームの臭い 娘は最初は気が付かない程 奥ゆかしい日本人ならきっと文句を言わないと思います。
小さな事でも意に沿わない事はクレームをつける癖があり 吠えて良い思いをすることが結構あります。
Commented by o-rudohime at 2017-06-13 10:20
☆ATUKOさん
クルーズの添乗員程楽な仕事はないと思います。
毎日 日本語の新聞を発行してくれますが土台に英語版があり約するだけ 観光も現地ガイドが付きますからフリータイムは我々より楽しんでいます。
九州男子気になりますか?
いつも大きめのスニカーの紐をユルユル ある時私の前を歩いていてペタ!とこけ靴は遠くへすっ飛んで行ってしまいました。
健康の為水は一切飲まず持参の青汁を飲んで居る様で立ち上がる素早さには驚きました。
エレベータホールの近くに部屋をとるようにしていますので方向音痴の私でも徘徊しないですみました。
Commented by o-rudohime at 2017-06-13 10:28
☆かずたんさん
排水管はクレームを付けたおかげで次回のクルーズが格安で行けるようになり満足しています。
シンガポール発着のチケットもマイデージを貯めたのを使って賄えました。
我々のツアー代金はピンキリ(その差2倍)でしたが他のツアー会社の代金は全員がピンの値段でした。
後期高齢者 今使わなければ何時使うのでしょう! なんてホザイテいます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-06-13 10:45
ヨーロッパでは、どこに行っても中国人、韓国人の観光客に出会いますが、
国籍別乗客数には中国人、韓国人はいないんですね。
彼らにはまだクルーズ船の旅はポピュラーじゃないんでしょうか。
自分はいつも1人旅です。そして薩摩出身ではありませんが、
83歳になる前には1人旅は止めようかと(^。^)
Commented by zakkkan at 2017-06-13 15:20
恐らく・・ありえないでしょうから(笑)
夢と憧れの旅の一つが「船旅」
だがしかし、私のような庶民は、恐らく・・
時間の使い方に四苦八苦しそうです・・

が・・いいな~・・眺めさせていただける・・(笑)
Commented by o-rudohime at 2017-06-13 16:34
☆旅プラスさん
中韓国の人たちは飛行機と違って重量制限がないので買い物の為に日本へ船で来るようですがヨーロッパではまず見かけませんね。
華僑と呼ばれる人は本国の人とはかなり違いうるさくはないです。
80歳過ぎの御夫妻とご一緒した時は老老介護のようで皆さんが見かねてお手伝をしましたが感謝の心を持った方で こうでなくてはと思いました。
旅行はご夫妻そろってのお出かけが一番ですね。
Commented by o-rudohime at 2017-06-13 16:56
☆zakkkanさん
クルーズはゆる~い観光ですから物足りない方もいるでしょうね。
船内では分刻みで何らかのイベントがありアフタヌーンティやピザ ソフトクリームなどが好きな時に無料で食べられる 勿論ルームサービスで食事も出来無精者にはたまりません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

戌の出番なし ~年賀状~
at 2017-11-19 15:39
中世にタイムスリップした様な..
at 2017-11-19 11:46
ロードス騎士団の館 ~床のモ..
at 2017-11-19 05:35
案外正直な脳
at 2017-11-18 13:08
タベルナで超満腹
at 2017-11-18 06:09
世を嘆くなかれ ~衣被~
at 2017-11-17 16:18
元十字軍騎士団の病院だったん..
at 2017-11-17 11:46
ロングスティしたいロードス島
at 2017-11-17 04:21
隣の芝は青く見えるが・・・
at 2017-11-16 13:23
アテネ旧市街プラカ地区散策
at 2017-11-16 06:59
ひとつでもペア
at 2017-11-15 13:45
イマジネーション一杯のパルテ..
at 2017-11-15 08:02
失敗は必ずしも成功のもとではない
at 2017-11-14 12:30
神話の世界あれこれ
at 2017-11-14 06:38
ポパイのほうれん草
at 2017-11-13 11:59

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

タグ

最新のコメント

☆アリスさん 間もなく..
by o-rudohime at 20:10
☆eiさん 版画をと思..
by o-rudohime at 20:07
☆ぎんネコさん ぎんネ..
by o-rudohime at 20:03
☆ぴこさん 犬の絵は余..
by o-rudohime at 19:58
年賀状、インクジェットの..
by ayayay0003 at 17:05
私は戌の出番を望みたいと..
by ei5184 at 16:39
獅子舞の絵手紙 すべて..
by horopyonn-0624 at 16:19
凄い可愛いワンコの絵です..
by pikorin77jp at 16:15
☆アリスさん ギリシア..
by o-rudohime at 13:52
☆かずたんさん ギリシ..
by o-rudohime at 13:46

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
BAGUS!
たんぶーらんの戯言
コバチャンのBLOG
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
花の調べ
My slowlife ...
幻に魅せられて…
「ROMA」旅写ライター...
近所のネコ2
さぬき写真工房
がちゃぴん秀子の日記
気まぐれ日記
aviの額
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
花便り
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
月夜飛行船
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
花鳥撮三昧
Sauntering 
ゆっくりゆったり
人生とは ?
美は観る者の眼の中にある
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
ぶらり散歩 ~四季折々フ...
Night Flight...
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
でん、でん、でん。。。。
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで行ってきます
ちゃたろうと気まま日記
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
トチノキの詩
小さな幸せ 田舎の主婦は...
俺の心旅
すまいるらいふCAFE ...
お転婆シニアのガーデニン...
slow life
ぎんネコ☆はうす
花々の記憶   
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
リンデンの心のままに綴る...
ふくとぽん
Titanic of J...
続・感性の時代屋
チェロママ日記
インパクトブルー
kaorainne日記Ⅱ
さぬきジェンヌのおいしい日和
亀の遠写近写②
晴れ時々曇りな日
でんでんでん2
銀の絵手紙
へぇ、おおきに
バリ島大好き
気のむくままに・・・2
2016からのスタート:...
皇 昇   
貧乏なりに食べ歩く 第二幕

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ