田舎者に似合わなかったTOBEオーベルジュリゾート 

愛媛県で焼き物で有名な砥部(とべ)にあるTOBEオーベルジュリゾートに宿泊した。
説明するまでもないが「オーベルジュ」とは美味しい料理をゆっくりと堪能できる宿泊付きのレストランを意味する。

今回の旅の目的 美味しいものを食べようにピッタリだと思い目玉が飛び出るほど値段が高かったが一度は経験したいと予約した。

カーナビに目的周辺ですと言われたが小雨降る山の中 心細く思っているとシェフの様な服を着た人が道端で待っていてくれた。
おおよその到着時間は知らせていたが・・後で聞くとこのおもてなしがこのホテルのウリだそうだ。

f0346196_20154700.jpg
フロント兼バー兼ロビー
シックと言うかヘッドラインが欲しい暗さ(あくまで私的意見)
チエックインの手続きをしながらウエルカムドリンクの梅酒を頂く。

カートでフロントのある建物から10部屋しかないコテージ(2階になっている部分もある)「あじさい」の部屋まで案内してもらう。

f0346196_20201654.jpg
f0346196_20224975.jpg
フロアースタンドには紫陽花の絵が描かれシンプルな部屋だった。
右のテーブルに置かれている紐で結ばれた箱にはこのオーベルジュリゾートに秋篠宮さまが2014年に訪れた時のアルバムが鎮座ましていた。


f0346196_20202466.jpg
f0346196_20203300.jpg
写真正面は格子戸の付いたバスルーム 左側には池と紅葉し始めた景色が見える。
f0346196_20220976.jpg
ベットの右はクローゼットになっているがその中にテレビが・・テレビを見るにはフロントへ連絡しセットしてもらうらしい。

f0346196_20543481.jpg
f0346196_20544322.jpg
f0346196_20552019.jpg
格子戸を開ければガラスのドアがありバスルームになっている。
最初はトイレが丸見え どうしたものかとよくよく見渡せばカーテンが付いていてホッ!

シャワールームの天井にはヘッドスバがわりになるシャワーがあり窓側にバスタブがある。
深く大きいバスタブはお湯が貯まるには40分でも無理と思うほどだった。

キャンドルが1本置かれているが使う事もなかった。

f0346196_20545914.jpg
旅に出かける時はいつも持ち歩いているシャンプー リンスが同じブランドだったのが嬉しかった。

f0346196_21010421.jpg
バスタブから表の景色を眺める。
娘にお湯を張るのに時間がかかると聞き ここではシャワーしか使わなかった。

f0346196_20535595.jpg
冷蔵庫の中にあるアルコール以外は飲み放題。
こんな時に限っていつも飲むのは水だけ。

f0346196_21120024.jpg
広いテラスにはデッキチェアが置かれていた。

デッキからの景色は次回につづく。






by o-rudohime | 2016-11-29 07:52 | 旅の思い出


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

ちょっと早めのクリスマスプレ..
at 2017-11-24 14:10
緊張のパレスチナ自治区
at 2017-11-24 06:04
3コマ漫画
at 2017-11-23 15:32
ダ・ヴィンチの[最後の晩餐]..
at 2017-11-23 11:43
イエスが拷問された鶏鳴教会
at 2017-11-23 05:58
恒例なので ~ツワブキ~
at 2017-11-22 16:16
イエスが最後に祈った万国民の..
at 2017-11-22 12:27
死者復活の山 オリーブ山 ~..
at 2017-11-22 06:10
説明の必要な絵
at 2017-11-21 17:35
念願叶って行った嘆きの壁 ~..
at 2017-11-21 04:41
心の垣根
at 2017-11-20 16:31
終日クルーズのエンターテイメント
at 2017-11-20 12:47
ロードス島ともお別れ
at 2017-11-20 05:49
戌の出番なし ~年賀状~
at 2017-11-19 15:39
中世にタイムスリップした様な..
at 2017-11-19 11:46

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

こんにちは。 また 旅..
by pikorin77jp at 11:57
おはようございます^^ ..
by horopyonn-0624 at 08:33
☆かずたんさん 猫に見..
by o-rudohime at 21:03
☆かずたんさん 顔を描..
by o-rudohime at 20:57
にゃんこの毛繕いの様子が..
by kazutanumi at 20:01
あら可愛い。 洒落た可..
by kazutanumi at 19:58
☆umi bariさん ..
by o-rudohime at 16:43
☆ぴこさん 絵手紙の良..
by o-rudohime at 16:40
☆旅プラスさん プレゼ..
by o-rudohime at 16:37
☆ATSUKOさん ド..
by o-rudohime at 16:34

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
BAGUS!
たんぶーらんの戯言
コバチャンのBLOG
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
花の調べ
My slowlife ...
幻に魅せられて…
「ROMA」旅写ライター...
近所のネコ2
さぬき写真工房
がちゃぴん秀子の日記
気まぐれ日記
aviの額
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
花便り
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
月夜飛行船
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
花鳥撮三昧
Sauntering 
一場の写真 / 足立区リ...
ゆっくりゆったり
人生とは ?
美は観る者の眼の中にある
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
ぶらり散歩 ~四季折々フ...
Night Flight...
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
でん、でん、でん。。。。
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで行ってきます
ちゃたろうと気まま日記
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
トチノキの詩
小さな幸せ 田舎の主婦は...
俺の心旅
猫じまん
すまいるらいふCAFE ...
お転婆シニアのガーデニン...
slow life
ぎんネコ☆はうす
花々の記憶   hap...
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
リンデンの心のままに綴る...
ふくとぽん
Titanic of J...
続・感性の時代屋
チェロママ日記
インパクトブルー
kaorainne日記Ⅱ
さぬきジェンヌのおいしい日和
亀の遠写近写②
晴れ時々曇りな日
でんでんでん2
銀の絵手紙
へぇ、おおきに
バリ島大好き
気のむくままに・・・2
2016からのスタート:...
皇 昇   
貧乏なりに食べ歩く 第二幕

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ