インドガンジス川クルージング ~仏跡めぐり~

信仰心が薄くお釈迦様の事はほとんど知らず山登りは苦手なので登ろうか迷っていたが物売り、物乞いの多さに逃げ出すように登った霊鷲山(りょうじゅせん)は明治36年に日本人によって釈迦が8年間にわたって法華経を説いた場所であることを見付けたそうだ。
日本からも日蓮宗信者が多く訪れるようで近くのホテルでは日本メニュー(すし、うどんなど)があった(信仰心の薄さと知識のなさでこの程度のコメントしか書けないが常霊山本興寺や京都にある霊山正法寺、奈良にある霊山寺なども霊鷲山にちなんだ寺院)


f0346196_09083238.jpg
ハゲワシの首から上に似た山なので霊鷲山とよばれれ山頂は狭いが平らになっておりかつては建物があり釈迦の時代の王もこの山を訪れていたそうだ。

f0346196_09090681.jpg
f0346196_09085039.jpg
霊鷲山の麓で絵葉書を売っていたイケメン若者と山頂までの登りヘルパー代1000ルピーを500ルピーで交渉成立(下りは必要ないと言ったが絵葉書付で計1000ルピーと押し切られた)やっとの思いでたどり着いた山頂。
靴を脱ぎ(レンガで囲まれた寺院内は聖なる地)待ち構えていた男性に前に置かれた賽銭箱にお賽銭を入れる様に言われた様な気がし入れると汗でにじんだ背中をさすりながらお祈りらしきことをしてくれた。

頭が白くなった猿が現れ山頂まで登ったことを祝福してくれたように感じた達成感のあったひと時。

f0346196_09074711.jpg
f0346196_09075493.jpg
f0346196_09080287.jpg
f0346196_09081028.jpg
仏教の8大聖地ラージギルの竹林精舎跡
釈迦(ブッタ)の為に当時のビンビサーラ王が竹林に寺院を寄贈した場所。
沐浴用の池がありブッタの像があった。
各国から来た仏教徒がこの像の前でお祈りをする。

ここでも勉強不足出現、つい嵯峨野の竹林を思い浮かべそこに池があって・・・ぜひ見なくてはと思っていたが竹も少なくこんなものでした。

インドで見かけた花
f0346196_10304116.jpg
f0346196_10304759.jpg
f0346196_10305248.jpg
f0346196_10305889.jpg
ハイビスカス、ブーゲンビリア等も咲いていたが季節外れなのか花を見るチャンスは少なかった。

次回はお釈迦様が悟りを開いた菩提樹のある寺、これは見ごたえがあった。








by o-rudohime | 2014-09-19 10:34 | 旅の思い出 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


絵手紙を中心によもや話アレコレを書き綴っています。


by o-rudohime

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

ちょっと早めのクリスマスプレ..
at 2017-11-24 14:10
緊張のパレスチナ自治区
at 2017-11-24 06:04
3コマ漫画
at 2017-11-23 15:32
ダ・ヴィンチの[最後の晩餐]..
at 2017-11-23 11:43
イエスが拷問された鶏鳴教会
at 2017-11-23 05:58
恒例なので ~ツワブキ~
at 2017-11-22 16:16
イエスが最後に祈った万国民の..
at 2017-11-22 12:27
死者復活の山 オリーブ山 ~..
at 2017-11-22 06:10
説明の必要な絵
at 2017-11-21 17:35
念願叶って行った嘆きの壁 ~..
at 2017-11-21 04:41
心の垣根
at 2017-11-20 16:31
終日クルーズのエンターテイメント
at 2017-11-20 12:47
ロードス島ともお別れ
at 2017-11-20 05:49
戌の出番なし ~年賀状~
at 2017-11-19 15:39
中世にタイムスリップした様な..
at 2017-11-19 11:46

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

カテゴリ

全体
ペットと絵手紙
絵手紙の花と野菜

陶芸
アレコレ話
絵手紙
届いた絵手紙
母への絵手紙
旅の思い出
焼き物に花を入れる
未分類

画像一覧

最新のコメント

こんにちは。 また 旅..
by pikorin77jp at 11:57
おはようございます^^ ..
by horopyonn-0624 at 08:33
☆かずたんさん 猫に見..
by o-rudohime at 21:03
☆かずたんさん 顔を描..
by o-rudohime at 20:57
にゃんこの毛繕いの様子が..
by kazutanumi at 20:01
あら可愛い。 洒落た可..
by kazutanumi at 19:58
☆umi bariさん ..
by o-rudohime at 16:43
☆ぴこさん 絵手紙の良..
by o-rudohime at 16:40
☆旅プラスさん プレゼ..
by o-rudohime at 16:37
☆ATSUKOさん ド..
by o-rudohime at 16:34

ホームページ

お気に入りブログ

絵手紙の小窓
BAGUS!
たんぶーらんの戯言
コバチャンのBLOG
京都写真(Kyoto P...
毎日手紙を描こう★貰うと...
ネイチャーギャラリー
花の調べ
My slowlife ...
幻に魅せられて…
「ROMA」旅写ライター...
近所のネコ2
さぬき写真工房
がちゃぴん秀子の日記
気まぐれ日記
aviの額
元気もらって元気くばり
亀の遠写近写
Deep Season 
流れのほとり
花便り
気のむくままに・・・
雲母(KIRA)の舟に乗って
月夜飛行船
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵を描きながら
花鳥撮三昧
Sauntering 
一場の写真 / 足立区リ...
ゆっくりゆったり
人生とは ?
美は観る者の眼の中にある
夢心の絵手紙発信
ねこ旅また旅
子猫の迷い道Ⅱ
ぶらり散歩 ~四季折々フ...
Night Flight...
おのりの絵手紙あそび
休日登山日記
でん、でん、でん。。。。
クーのひとりごと
休日はタンデムツーリング
心のままに
アリスのトリップ
M'sの通勤カメラ
旅プラスの日記
御香屋14代あれこれ
ルリビタキの気まぐれPA...
ちょっとそこまで行ってきます
ちゃたろうと気まま日記
ちょっとそこまで
貧乏なりに食べ歩く
お花びより
一歩々 ~いっぽいっぽ~
写心食堂
かぎしっぽと私、時々バイク…
ゆうさんちのご飯日記
シンシアの部屋
トチノキの詩
小さな幸せ 田舎の主婦は...
俺の心旅
猫じまん
すまいるらいふCAFE ...
お転婆シニアのガーデニン...
slow life
ぎんネコ☆はうす
花々の記憶   hap...
花の香りに・・・♪魅せら...
ちえ窓
ヒロままの小さな部屋通信。
すずめtoめばるtoナマケモノ
今日のいちまい
今が一番
木陰のアムゼル2号庵
リンデンの心のままに綴る...
ふくとぽん
Titanic of J...
続・感性の時代屋
チェロママ日記
インパクトブルー
kaorainne日記Ⅱ
さぬきジェンヌのおいしい日和
亀の遠写近写②
晴れ時々曇りな日
でんでんでん2
銀の絵手紙
へぇ、おおきに
バリ島大好き
気のむくままに・・・2
2016からのスタート:...
皇 昇   
貧乏なりに食べ歩く 第二幕

最新のトラックバック

ルターの宗教改革に貢献し..
from dezire_photo &..
アルフォンス・ミュシャの..
from 感性の時代屋
「山のホテル」のツツジ園
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
旅行・お出かけ